【クイズ】CTって何の略だか言える?意外に知らない!

病院で検査をする際に使われるCTスキャン。

 

「CT」は何の略でしょう。

 

身体の断層を画像にします。

答えは「Computed Tomography」です。

 

「CT」は「Computed Tomography」の略。日本語では「コンピューター断層撮影」といいます。は、放射線などを利用して物体をしらべ、コンピュータを用いて処理するのがCTで、物体の内部構造を画像として構成する技術だけではなく、それを行うための機器のことも指します。

「断層」ということばでわかるように、調べる対象を輪切りにするような検査です。レントゲンにさらに高い技術を加えてより精密な検査を行います。

CTとMRI(Magnetic Resonance Imaging、磁気共鳴画像診断装置)は一見すると似ていますが、実はまったく異なります。CTがX線検査と同様のX線を利用し、体内の状態を断面像として描くのに対し、MRIは磁石と電波を利用して体内の状態を断面像として描きだします。どちら使うかは、症状や見たい部位によって判断します。

CTはMRIより検査時間が短くて済みますが、被ばくというデメリットがあります。MRIはペースメーカーをつけている人などは使用することができません。

CTもMRIも日々どんどん進化し、しっかり病気を見つけてくれる機器ですから、健康に不安がある人は早めの検査を受けましょう。また、日ごろから健康を保つよう心がけましょう。

 

★他の問題にもチャレンジ!

>>>答えはこちら

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク