【クイズ】VARって何の略だか言える?意外に知らない!

サッカーの試合でVARを目にすることが増えました。

 

「VAR」は何の略でしょう。

 

決定権は持っていません。

答えは「Video Assistant Referee」です。

 

「VAR」は「Video Assistant Referee(ビデオ・アシスタント・レフェリー)」の略。サッカーの試合でビデオ判定を担当する審判員と、そのシステムのことです。

VARはいくつかの大会での試験的に導入されたのち、2018年から国際サッカー評議会 (IFAB) が定めるサッカー競技規則記載の公式ルールとなりました。ただし、採用できるのはIFABの認可を受けた組織のみです。

初めてVARが導入されたFIFAワールドカップである2018年のロシア大会では、それまでにくらべてファウルなどが減少。反対にPKが増えたり、選手の抗議が減ったりするなどの効果がみられました。

VARは主審をアシストする審判員であり、判定自体は主審が下すのが基本。VARの意見を受け入れるかどうかも主審が決定します。一方、主審が自分の判定後に疑問が生じたときは、VARに助言を求めることができます。VARは試合を常にチェックしていますが、決定権はありません。

日本では、2019年9月のJリーグカップ・プライムステージ準々決勝から公式戦に導入。Jリーグでは、2020年のJ1リーグの第1節で初めて運用が行われましたが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響による中断後、第2節から最終節までは運用を見合わせることになっています。

 

 

★他の問題にもチャレンジ!

>>>答えはこちら

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク