体がよろこぶ幸せごはん。新オープンの「東京ヘルシー」レストラン3選

体の喜ぶ声が聞こえてきそうな「daidokoro料理」はいかが?

体が野菜を欲していると感じた時に駆け込みたいレストラン、見つけました。2017年1月にオープンしたばかりの「もうひとつのdaidokoro」です。池袋の商業ビルのなかで、日中(11時~17時)は選べるお惣菜のレストランとして、夜はイベントスペースとして営業を行っています。

同店では、旬に畑でたくさん取れる形が不揃いでも元気なお野菜を「豊作野菜」と名付け、これらを適正価格で買い付け、できる限り余すところなく使用。料理監修を務める台所料理人柳谷晃子さんは、「できるだけ手を加えず、素材そのものを食べていただきたい」と、シンプルな調理を心がけた「daidokoro料理」を提供します。

11時から15時(14時半ラストオーダー)に提供するランチメニューは、「選べるお惣菜ランチ」(1,550円~)。豊作野菜の蒸し野菜、土鍋ご飯、具沢山の味噌汁または野菜のスープ、お漬物、ひとくち甘味、お茶のほか、選べる5種のお惣菜は、海藻や野菜中心のものを4種、5種目は肉やお魚、精進のいずれかを1種が選べます。大地の恵みが感じられる蒸し野菜だけでも食べに行く価値あり! 自家製調味料とともに頬ばれば、ほら、体が喜び声が聞こえてきませんか。食材やメニューは季節によって変わるので、どんなメニューがいただけるかも楽しみ。「もったいない」の精神が息づいたレストラン、自宅の近くにあったらいいのに~!

 

15時から17時(16時半ラストオーダー)は、「daidokoroの一汁二菜のひと皿」(ご飯と味噌汁とお惣菜のワンプレート、850円)、「daidokoroのさっとひと皿」(おうどんや丼ぶりなど日替わりで、750円〜)を提供。ランチタイムを逃してしまったときにも重宝します。

「もうひとつのdaidokoro」
住所:東京都豊島区東池袋 1‒8‒1 WACCA5F 池袋レストランフロア
Tel:03-6914-0588
http://daidokoro.wacca.tokyo/

おしゃれに美味しく、ヴィーガンが楽しむならここ!

2016年11月にリニューアルオープンを果たした、虎ノ門ヒルズの「above(アバヴ)」の新コンセプトは、アメリカ西海岸の香りがするオーガニックレストラン。料理は「美と健康」を意識し、契約農家から届く新鮮野菜やオーガニック食材を使用して毎日お店で手作り。健康的でありながら豪快な料理が楽しめ、また、動物性のものを一切使わないヴィーガンメニューやグルテンフリーのメニューも充実させました。

「ホワイトエッグオムレツ ケール&チアシード」(1,490円)、具材もソースもバンズも植物性の材料で作った完全ヴィーガン「テンペカツとアボカドのヴィーガンバーガー」(1,690円)、「5種のキノコとカリフラワーのサラダ~発酵黒にんにくドレッシング~」(1,290円)、薬味やスパイスで味を変化させるのも楽しい「チキンブレストとアボカドの食べるスープ」(1,090円)など、気になるヘルシー料理が多数ラインナップ。

プレゼンテーションもフォトジェニックで、ヴィーガンでなくても、ヴィーガンに凝ってしまいそうなメニューがずらり。おしゃれに、体にいいものがいただけるのは、女性にはうれしいですよね!

「above 虎ノ門ヒルズ」
住所:東京都港区虎ノ門1-23-3 虎ノ門ヒルズ森タワー2F
Tel:03-3539-4560

発酵食品がファッショナブルに進化!


2016年11月にオープンした、「発酵デリカテッセン カフェテリア Kouji&ko(コウジアンドコー)」は、発酵食品をファッショナブルな食スタイルに進化させたカフェテリア。

商品開発は、発酵学者・小泉武夫氏のアドバイスのもと、有名レストランで料理長を歴任した大島今日シェフが担当。既存のイメージにとらわれず、よりスタイリッシュに、豊かなおいしさを生み出していく新たなスタイル「ヌーベル ハッコー(Nouvelle Hakkou)」をコンセプトに、日本の伝統的な発酵食品を始め、チーズやヨーグルトなどを使用してメニュー開発を行っているのだそう。

その同店の看板メニューが、厳選された素材を、見ているだけで楽しくなるような、色鮮やかなタルトのスタイルで提供する「ディッシュデリ」(378円~702円)です。ワンハンドでいただける気軽さもあり、イートインはもちろん、テイクアウトで購入していく人も多いとか。

惣菜系はもちろん、スイーツも充実! エスプレッソの代わりに濃く煮出した麦茶を使い、カフェインレスに仕上げた「甘酒と焙煎大麦のティラミス風」(594円)や、京都 大徳寺発祥の寺納豆「大徳寺納豆」の塩味とトッピングのピスタチオがアクセントになっている「抹茶レアチーズケーキの大徳寺納豆添え」(486円)、3年熟成した本みりん「福来純」を使った「福来純三年熟成本みりんのモンブラン」(594円)などの華やかなアイテムたちは、パーティーの手土産にもおすすめです。

グリーンサラダに在来種の野菜とトッピングを各々3種類選択し、さらに発酵ドレッシングをセレクトして作る「カスタムグリーンサラダ」(Sサイズ 972円)もぜひチェックしたいところ。栽培される季節が限定される在来種の野菜は、野菜そのものの味や色の濃さ、野菜の持つパワーにこだわり、季節ごとに旬のものを飛騨高山、能登、京都、宮崎などから取り寄せているんですって。

各種アミノ酸や、マグネシウムやカルシウムも含まれた、白樺の樹液を使った「白樺樹液と米麹のジュース」(864円)や甘酒を使った「甘酒チャイ(ホット/アイス)」(810円)、アールグレイをトニックウォーターで割った「スパークリングアールグレイ」(810円)など、ドリンクも発酵食材を使ったメニューが豊富です。

「発酵デリカテッセン カフェテリア Kouji&ko」
住所:東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2 新宿高島屋8階
http://foodandpartners.co.jp/koujiandko/
※「発酵デリカテッセン カフェテリア Kouji&ko」の価格はすべて税込

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

トイレのあとが「くさい」人。実はそれ異常なんです

日本人女性の98%が排泄に関する悩みを持っているのだそう。この記事を読んでいる人ほぼ全員と言っていいでしょう。さらに、うんちのあとにトイレがくさいのは、実は「よく…

スーパーで買えるもの限定! おいしいワインを選ぶ7つのコツとソムリエおすすめワインを教えます

最近、スーパーでのワインの品揃えが豊富になってきました。スーパーは身近にあるので急に飲みたくなっても気軽に買うことができてとても便利。また、食材と一緒にワインが…

めんつゆにモッツァレラを漬けると驚きの味に!

「モッツアレラチーズをめんつゆに漬けると美味しいらしいよ」と聞きました。何それおいしそう! とりあえず漬けてみたところ、1・モッツァレラを買ってくる 2・めんつ…

日本一おいしくて簡単な生甘酒の作り方! ダイエット&便秘&美肌の飲み方

最近、なんだか甘酒が気になりませんか? ふと気がつくと、近所のスーパーでも売り場面積を拡大中です。関西には「ひやしあめ」という夏の定番飲料がありますが、関東の人…

なにげヘルシー! 「サッポロ一番塩」包丁いらないズボラレシピ4つ

みなさん、袋めんは何がいちばんお好きですか?最近、カップ焼きそばは地域ごとに売れ筋がまったく違うことが知られるようになりました。北海道はやきそば弁当、東日本はペ…

40代がやせるためには○○を食べるべし!オススメおやつ4選

「ダイエット中はおやつ厳禁」というのは、常識のように見えて、じつはちょっと古い考え方。「我慢」と「根性」だけのダイエットは続かない上、ストレスがかかりすぎて確実…

コンビニで全部手に入る!オススメワインと5分でできるちょい足しレシピ

最近、コンビニのワインコーナーが充実してきました。ワインが身近になっている証拠ですね。でも、コンビニに売っているワインって美味しいの?悪酔いしそう、、、。と不安…

2週間で5キロやせたアイドル! 「もち麦ダイエット」が食べてやせる理由とは?

テレビ番組『究極の〇×SHOW 超問!真実か?ウソか?』で、ぽっちゃり系アイドルグループPottyaの犬童舞子さんと橋本一愛さんが2週間で5kgやせた「もち麦ダイエット」。1日…

牡蠣を食べる人なら知っておきたいたった1つのこと

突然ですが、大手町ってご利用になりますか?世界に名だたるビジネス街・大手町の、サンケイプラザ前に突然白いテントが登場。何だこれはと思ったら……牡蠣小屋!4月7日まで…

【マンガエッセイ】迷わず購入!台湾の調味料”鵝油金葱”!

前回の続きです、前のお話は→こちらそれはおフランスとの融合!?日本ではあまり馴染みのない”ガチョウ料理”だけど、台湾では結構街にお店がある。読んで字のごとく漢字一…

「苔めぐり」は秋もオススメ。苔が美しい京都の5つの寺院

四季ごとに異なる表情を見せる京都。このところ、外国人の観光客に大人気ですが、日本人だって大好きですよね。個性的な寺院や、ご飯、スイーツ……。魅力的な要素がたくさんあります。今回の提案は「苔」をめぐる京都…

「意識高い系」北海道リゾートステイ、おひとりさまが体験してみたら…?

21気づけば夏も終わりの気配。あー夏らしいこと全然していないな。だからといって暑いのも勘弁だけど……。長く休みは取れないけれど、2日くらいならなんとかなる! そんなわけでこの夏は北海道で、2日間のリゾートス…

焼き鳥デートによし、コスパよし!行列店から独立の新店、五反田「とり口」

カジュアルなものから高級系まで、焼鳥のお店っていろいろありますよね。そもそも私、個人的には焼鳥って、日本が誇るべき食文化のひとつだと思っています。庶民系からおハイソ系まで、TPOに合わせて選べるのも優秀…

日本初上陸&東京初進出。いまチェックすべきスイーツ3つとは?

まだまだ暑さが続くなか、日本初上陸、東京初進出となる、気になるスイーツショップのオープンが控えています。話題となること必至のショップたち、アドレスに加えておいて損はないはずです。ハワイ生まれのバナナソ…

ドン・ペリニヨンかき氷登場!いつもとは違う「大人のかき氷」に注目が集まっています

夏真っ盛り! かき氷がおいしいシーズンです。 個性的なかき氷、フォトジェニックなかき氷、多々ありますが、大人ですもの。大人ならではのかき氷で、ほろ酔いになってみません?「ドン・ペリニヨン」使用。究極の…

特別な1日を始めるなら。おひとりさまとっておきの朝食スポット3選

充実した朝の時間が過ごせると、その1日幸せな気分でいられたりするものです。素敵な朝ごはんは、ひときわ特別な1日を演出してくれるはず。 大枚をはたかなくても心ときめく、「日常」の延長で楽しめる、でもちゃー…

常備したい!自宅でひとりでサクっといただける、イケてるレトルト3選

料理はしたくない。でも外食も面倒くさ~い。帰りが遅くなった日の夕食や休日の昼食など、手間をかけず、さくっと、でもおいしく食事をしたい──という時、ありますよね。外に出るのが億劫になるほどの猛暑の夏、いつ…

ビアガーデンもヘルシー&おしゃれ!大人の女性が行きたいのはココ

夏の風物詩といえば、やっぱり「ビアガーデン」。少し暑さがやわらいだ、仕事帰りの一杯、堪えられません。そして、夏本番を迎えた今、街は個性的な「ビアガーデン」であふれています。でも、大人ですもの、女性です…

涼を届ける。オトナが喜ぶハイクラスな夏の手土産3選

友人の家をたずねたときなどセンスのある手土産を持参できると、ちょっとオンナの株、上がるような気がしません? でも、夏の手土産ってなにげに難易度高し。でもね、ちゃーんとあるんです。夏のわくわくした気分を…

この夏はSNS映えするひんやりスイーツで乗り切って!

いきなり暑さが本格化。今年も夏の到来です。ポップで、かわいいひんやりスイーツで、夏気分をもっと盛り上げましょ。パステルカラーがキュートな「乙女パフェ!」に夢中表参道の「エンポリオ アルマーニ カフェ」で…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事