40代独女が惚れ直した!「旅行中のトラブル」で彼氏が見せた“神対応”

旅行中は無事に過ごせるのが一番ですが、ふとしたことでトラブルが発生することもありますよね。

そんなとき、彼氏が見せた“神対応”に思わず惚れ直した40代独女のエピソードを集めてみました。

何か起こったときこそ、その人の人間性が垣間見えるもの。

男性のどんな姿に40代独女は愛情を深くしたのでしょうか。

 

体調が悪くなった私のために彼氏がホテルにお願いしたこと

「予定ではもう少し先のはずだったのに、彼氏と旅行中に生理が始まってしまって、ものすごく焦りました。

お腹は痛いし倦怠感もあるし、コンビニでナプキンは買えたものの一緒にいる彼氏に申し訳なくて。

観光地ではケーブルカーで山頂に行く予定でしたが、どうにも動けず中止にしてもらい、何度も謝る私に

『次に来た楽しみに取っておこうよ。

それより、今日は早めに宿に行って休もう』

と言ってくれて、チェックインもやってくれました。

部屋に入ったとき、仲居さんが来てくれたのですが、

『お布団を敷かせてもらいますね。

それと、もし飲めるようでしたら、こちらをどうぞ』

って、鎮痛剤を渡してくれたんです。

フロントで彼氏が私の体調を伝えてくれたらしく、恥ずかしい反面本当にありがたくて、惚れ直しました。

ホテルにあるお土産屋さんでお菓子を買ってきてくれて、

『今日はこれ食べて、明日動けそうなら○○に行こう』

って、ずっと気遣ってくれるのがうれしかった……。

旅行は大変だったけど、彼氏の“神対応”は今でもいい思い出です」(36歳/公務員)

 

★ 普段と環境が変わると、予定ではまだだったはずの生理が急に始まるなど、経験のある40代独女は多いのではないでしょうか。

それが旅行中ともなると、余計に気が滅入るし彼氏にも申し訳なさでいっぱいになります。

ホテルでの対応もそうですが、筆者が感動したのは、男性の「次に来た楽しみに取っておこうよ」という言葉。

落胆ではなく“次”を残したこんな言葉が出るのは、彼女への愛情が深い証です。

こんな彼氏と一緒だったら、何処へ旅行しても信頼して楽しめますね。

 

居酒屋で絡んできた地元の人に彼氏が一喝

「以前、彼氏との旅行中に入った居酒屋で、地元の人に絡まれました。

隣のテーブルにいた若い男性グループでしたが、彼氏がトイレに行った隙に話しかけてきて、私たちが県外から来たとわかると

『じゃあ俺たちと飲もうよ、いいところ教えてあげる』

って、ジョッキを持って私たちの席に座ろうとしたんですよね。

彼氏がいるってわかっているはずなのに、数人で迫ってくるので本当に怖かったです。

思わず店員さんを呼ぼうとしたときに彼氏が戻ってきて、様子を見るなり

『何やってるの!?』

と一喝。

普段は温和でにこにことしている人なのに、そのときは怒りで顔が真っ赤、目がつり上がっていました。

それを聞いた店員さんが飛んできてくれて、私たちを遠くのテーブル席に案内してくれました。

店員さんは平謝りだったけど、冷静に戻った彼氏は

『いや、あなたが謝ることじゃないですよ。

こちらこそ、大声を出してすみませんでした』

といつものような穏やかな声で返していました。

このトラブル以外は何事もなく楽しめたのですが、これがあって以来、居酒屋では必ず個室を予約するようになって、頼もしいなと思いました。

短時間のことで私は何もできなかったけど、このときの彼氏の男らしい姿をいま思い出してもドキドキしますね」(42歳/看護師)

 

★ 「彼氏、メガネをかけていておとなしそうに見えるから、このときはそれでなめられたのかも」と女性は話していましたが、愛する女性が知らない男たちに囲まれているのを見れば、尋常でいられなくなるのは当たり前です。

ためらいもなく大声で叱りつけるのは、怒りが大きいから。

男性の、彼女を守りたい気持ちが伝わりますよね。

旅行先でこんなトラブルが起こるのは残念ですが、それも“神対応”ではねのける彼氏の強さ、素晴らしいなと思います。

 

 

何が起こるかわからないのが旅行でもありますが、突然のことでも彼女のことをしっかり考えてくれる彼氏の姿を見れば、信頼も愛情も強くなります。

トラブルもいい思い出に変えてくれるのは、“彼氏力“のおかげ。

こんな男性とは、絆を大切にお付き合いを続けていきたいですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク