【クイズ】タピオカの原料って何だか言える?意外に知らない!

ブームは去りつつありますが、まだまだ飲んでいる人も多いタピオカドリンク。

 

「タピオカの原料」は何でしょう。

 

デンプンの1種です。

答えは「キャッサバの根茎から製造したデンプン」です。

 

「タピオカ」は「キャッサバの根茎から製造したデンプン」。キャッサバは南米や北東ブラジルが原産のイモ類で、根茎に多くのデンプンを持つことから世界各地で重要な作物として栽培されています。「タピオカ」はブラジルの先住民の言葉で「デンプン」を指すところからそう呼ばれるようになったとか。

糊化させたタピオカを容器に入れて丸い形に乾燥させたものを「スターチボール」「タピオカパール」などと呼びます。これを煮戻したものがわたしたちがよく目にする「タピオカ」です。黒や白の色はあとから着色されています。

なお、キャッサバはバイオエタノールに加工されることもあり、これからの技術に必要な栽培植物だと考えられています。食用・工業用といま大注目だといえるかもしれません。

去年の大ブームは去り、閉店したお店もありますが、タピオカミルクティーなどのタピオカ入りドリンクはすっかり定着した感じがあります。そもそも、昨年のブームも何度目かのものだったタピオカ。

次のブームの際にはどんなかたちで登場するのか、その日を楽しみに待ちましょう。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク