「ただいま」のあと簡単にできる!「冬のアウターや靴のウイルス対策」

2020.12.16 WELLNESS

寒さが本格化し、ニットやダウン、コート類の着用が不可欠になってきました。こうした冬の外出着は、どれも自宅で手軽に洗濯がしづらいもの。また、靴底にもウイルスや雑菌がついているという話も耳にしますが、靴を毎日丸洗いするわけにもいきません。冬のアウターや靴のウイルス対策は、どうするのがいいでしょう?玄関で簡単にできる方法を調べてみました。

ウイルスは服やバッグにもついてくる

外出から帰ったら、手を洗うのが基本。でも、ウイルスは手にだけつくわけではありません。

 

人込みなどで、服やバッグにウイルスが付着している可能性もあるのです。衣類の場合、洗濯をすればウイルスを除去することもできますが、コートやダウンジャケットを着るたびに洗濯するのは非現実的。また、ニットなども毎回洗濯するという人は大変ですよね。

 

バッグなども、洗いにくいアイテムですし、マフラーや手袋、帽子なども毎日洗濯するのは無理があります。

willtool(ウィルトール) をシュッ!簡単に除菌できる

そこで、おすすめしたいのが100%天然由来成分を使用した「will tool」という抗菌・除菌スプレー

 

「willtool」は塩素やエチルアルコール、防腐剤などのケミカル成分は一切使っていません。その一方で、主成分の脂肪酸フラボノイドは、天然の抗生物質と言われるほど抗菌力が高いのが特長なんですって。

 

北里大学医療衛生学部がインフルエンザウィルスに対して行った試験によれば、「will tool」を加えることでウィルスは99.98%が死滅したとのこと。

 

3時間後でも99.97%以上が活性していない状態だったそうです。

 

実は、アルコールや次亜塩素酸は、菌やウィルスに対し即効性はあるものの、すぐに気化したり水に変わってしまい、抗菌効果は続きません。

 

それに対して「will tool」はコーティング作用があるので、水分が揮発したあとでも、なんと7日間以上は確実に抗菌・抗ウィルス効果が持続するのだとか。

will toolの詳細をチェック

 

靴底もwill tool でウイルス対策をしたい

今では、外出後の手洗いは誰もが実行している対策です。でも、忘れがちなのが靴の対策。

 

外出中、知らないうちに雑菌やウイルスの上を歩いてしまうことがあります。外出から帰って、靴裏をそのままにしていると、家の中にウイルスを持ち込んでしまいかねません。

 

玄関先でシュッとひと吹きして、靴の抗菌・除菌対策をする習慣を身に着けておきたいですね。

 

マスクの除菌にも大活躍

 

実は「will tool 」は飲料水検査にも合格している製品。なので、安心してマスク除菌にも活用できます。

 

お肌と同じ弱酸性なので、マスクが肌に触れても心配ご無用。またニオイがないので、マスクの内側に噴霧したあとにつけても違和感はありません。

 

キッチン用品や食品にも使用できる!

また、飲料水検査にも合格している商品だから、赤ちゃんや小さなお子さんやペットが口に入れてしてしまっても大丈夫。おもちゃなど身近に触れるものを除菌するにはうってつけです。

 

それどころか、生鮮食品やパン、お餅…などに噴霧すれば、雑菌やカビ類の繁殖を防ぐので、長持ちさせる効果だってあるのだとか。

 

意外に思われるかもしれませんが、乾燥する冬は食中毒を起こす可能性が高まっています。我が家ではまな板やふきん、食品の保存容器など、キッチン用品の消毒にも大活躍です。

 

しっかり対策をして、安心に毎日を過ごしたいですね。

「100%天然由来 抗菌・除菌スプレー will tool(ウィルトール)」
【内容量】300ml
【希望小売価格】2,310円(税込・送料別)

will toolを体感してみる

 

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
OTONA SALONE編集部 鵜沢みな子

スポンサーリンク

スポンサーリンク