【ワークマン】この冬買って大ヒット!おすすめ暖かアウター8選

機能性とコスパの良さがワークマンの魅力です。アウターの機能性はかなり信頼できるもの。それにオジサン作業着なデザインではないものも豊富にあります。気軽に買って羽織れるワークマンのアウターをピックアップしました。

 

あると便利過ぎる?持ち運び楽な防寒レインジャケット

(引用:ワークマン公式オンラインショップ)エアシェルウォームレインジャケット カラー:ブラック、ライムイエロー、カーキ、オレンジ、ネイビー サイズ:S、M、L、LL、3L ¥ 2,900(税込価格)

 

エアシェルウォームレインジャケットはタイトなシルエットなので、サイズ感は小さめになっています。男女兼用ですが、袖が長め。でもインナーを着ること考えると、この長さがちょうどいいのではないでしょうか。

 

たたんでフードに収納できるポケッタブル仕様になっているジャケットなので、念のためにとバッグに入れておくと安心。また災害対策に用意している緊急バッグに入れておくのもおすすめです。

 

裾のゴムが着たときに気になるかもしれませんが、前を締めなくても充分に暖かいですし、身頃のみ中わた入りになっています。普段の羽織りものとしても優秀ですが、緊急時にも役立ちそうな機能性がワークマンらしさともいえます。

 

残りわずか?ちょうどいいカジュアルジャケット

(引用:ワークマン公式オンラインショップ)ユーティリティーM65タイプジャケット カラー:ダークベージュ、ブラック、タイガーブラック、アーミーグリーン サイズ:M、L、LL、3L ¥ 1,900(税込価格) ※オンラインストア終了 ブラック(M・L・LL・3L)/アーミーグリーン(M・L・LL・3L)/ダークベージュ(M・L・LL・3L)/タイガーブラック(L・3L)

 

完全な防風素材ではないけれど、軽い着心地だから普段着にいいユーティリティーM65タイプジャケット秋ですでに人気が高かったアウターです。サイズ感は普通でもシルエットが細いので、あまり気にせずに選んで大丈夫だったからでしょう。

 

袖の絞りはマジックテープではなくボタン式になっていて、収納できるフードもついています。質感もよくて軽くなっているため着心地もかなり良くなっています。撥水性能や防汚性能が高く、気軽に着られる超ハイコスパなアウターです。

 

縫製が甘いという声もありますが、ほつれのリペアが難しいものではないし、価格を考えてもコスパは良いといえるのではないでしょうか。別売りのインナーフリースベストをつけることでスリーシーズンぐらい着回しができそうなアウターです。

 

店頭にあったらラッキーな大ヒットフリースジャケット

(引用:ワークマン公式オンラインショップ)ストレッチフリースノンカラージャケット カラー:ホワイト、グレー、ブラック、キャメル、ネイビー サイズ:M、L、LL、3L ¥ 1,500(税込価格) ※キャメルは3Lが完売。

 

『お一人様1点限りのご購入とさせていただきます』とオンラインストアの注意書きがあるほど大ヒットしたのがストレッチフリースノンカラージャケットです。男女兼用でも、とにかくデザインが可愛いというポイントがあるからです。

 

生地は薄めですが、軽くて暖かくて、快適な着心地。その暖かさは愛用者に言わせれば薄手のダウンジャケット並みで風も通さないとのことです。ふわふわの肌触りなところも安心感と暖かさを感じさせてくれます。

 

男女兼用でメンズのサイズ採寸が基本ですが、サイズ感は少しタイトです。リラックスして着たいなら、1サイズ大きめで選んでもいいのですが、試着してからの購入がおすすめです。リーズナブル価格なので、ショップで発見したら、とりあえずチェックしましょう。

 

 

どんな道でも安全第一反射素材のフーディ―ジャケット

(引用:ワークマン公式オンラインショップ)EURO ULTIMATE(ユーロアルティメット)デュアルフーディー カラー:リフレクト、ホワイト、ブラック、タイガーストライプ サイズ:M、L、LL、3L ¥ 4,900(税込価格) ※オンラインストア終了 リフレクト(M・3L)

 

全体が反射素材というユニークさと暗闇でも反射で安全を守ってくれることで選びたくなるのが、EURO ULTIMATEデュアルフーディーです。特にリフレクトは大人気でオンラインストアではほぼ完売です。

 

気温が氷点下になるような地域以外でなら、オーバースペックなほど高性能な保温性があります。ジャケットはちょっと重めでズッシリですが、動きやすく、風も通しません。まさに機能性は完璧ではないでしょうか。

 

ジャケットの丈も長めで、お尻まで覆うので、かなり寒くなってからも役立ってくれるでしょう。なおユニクロのカジュアルなメンズアウターに近いサイズ感なので、目安として選びやすいことも大きな魅力です。

 

 

動きやすく邪魔にならないトラックジャケット

(引用:ワークマン公式オンラインショップ)MOVE ACTIVE TRACK(ムーブアクティブトラック)ジャケット カラー:チャコール杢、ブラック、キャメル、グレー杢 サイズ:M、L、LL、3L ¥ 1,900(税込価格) ※オンラインストア終了ブラック(LL)

 

自宅で肌寒いときに羽織るのにちょうど良いのがMOVE ACTIVE TRACKジャケット。スポーツアイテムだからこその綿25%と軽い着心地や良くシンプルなデザインで冷えから守ってくれます。もちろん気軽に着て、ガシガシ洗えるところも大きな魅力です。

 

着すぎると暑いけれど、軽く羽織らないと寒いというときに便利なアウターでもあるので、着込むほどではないけれど、羽織らないと寒いというちょっとした近所への外出の際にも便利です。

 

元々スポーツウェアなので、運動不足解消の室内でのエクササイズにもいいかもしれません。便利アイテムとして、おすすめしたいアウターです。

 

 

 

店頭にあれば買い!コート感覚でも着られるのフーディーボアフリース

(引用:ワークマン公式オンラインショップ)シープボアフリース ウォームフーディ カラー:レオパホワイト、カモグレー、ブラック、レオパブラック、レオパキャメル、カモイエロー、カモカーキ サイズ:M、L、LL、3L ¥ 1,900(税込価格) ※オンラインストア終了 ブラック(M・L・LL・3L)/カモグレー(M・L・LL・3L)/カモカーキ(M・L・LL)/カモイエロー(M・L・LL)/レオパブラック(M・L・LL・3L)/レオパホワイト(M・L・LL・3L)/レオパキャメル(M・L・LL・3L)

 

シープボアフリース ウォームフーディはナイロンとフリースのミックスになったデザインです。ゆったりシルエットなので、サイズ感は大きめなので、インナーに何を着ても大丈夫です。そのせいかオンラインストアではかなり完売しているカラーも増えています。

 

メッシュの裏地があり、フリースを脱ぐ際特有の引っかかりがない親切設計も人気のポイント。ただしポイントになっているボアフリースの毛が抜けやすいので、洗濯する際には必ずネットに入れてどうぞ。

 

保温性も十分でゆったりシルエットも可愛いのですが、ワークマンならではの少しオラついたプリントが仕込まれているので、ここも要チェックです(笑)。しかし人気の理由はこの微妙なオラつきかもしれませんね。

 

 

超プチプラかつ超軽量ブルゾン

(引用:ワークマン公式オンラインショップ)WM CRAFT(クラフト)ウォームブルゾン カラー:ブラック、レッド、ブルー サイズ:縦:M、L、LL、3L ¥1,900(税込価格) ※オンラインストア終了 ブラック(4L)

 

WM CRAFTウォームブルゾンは気密性が高く保たれていて、北風が吹いても吹き込むことがありません。素材も軽くて、着ていて暖かいけれど肩がこるということもない、お疲れ気味の大人にも優しい着心地です。

 

メンズサイズを基本として作られていますが、サイズ感は細身なデザインのせいか少し小さめ。女性ならMかLでちょうどいいくらい。着心地にゆとりが欲しい場合はワンサイズ上を選ぶのが無難かもしれません。

 

軽量なブルゾンなので、動きやすい上に動いててもあまり蒸れにくいという素材でもあるので、安心感があります。170cmくらいの身長の男性だと少し丈が短いようですが、女性ならさほど不安がありません。気になる場合はボトムやインナーで調整するのがオススメ。

 

 

機能性が優秀なカジュアルジャケット

(引用:ワークマン公式オンラインショップ)CORDURA(R)EURO(コーデュラユーロ) ウォームジャケット カラー:ネオンホワイト、チャコール、ネオンレッド、ネオンイエロー、ネイビー、タイガーストライプ、インディゴブルー サイズ:S、M、L、LL、3L、4L ¥2,900(税込価格) ※オンラインストア終了 タイガーストライプ(4L)/インディゴブルー(S)

 

超フィットスタイルだから、武骨過ぎないCORDURA(R)EUROウォームジャケットは普段の羽織りものにおすすめです。折りたたみフードが首の後ろにあったり、着てみると軽くて動きやすい素材だったり、と親切設計で気軽に羽織れます。

 

破れやすい袖口のゴムをカバーするように生地が縫い込まれていたり、着ていて窮屈さを与えずに動きやすくさせてあったりと細部が工夫されています。もちろん風も通しません。

 

薄手のインナーやニットを着て、上からこれ一枚で充分暖かいジャケットです。もしもインナーを重ね着したりするコーデを楽しみたいなら、スリムめなサイズ感を考えてワンサイズアップでも良いかもしれません。しかしメンズサイズ採寸なので、あまり気にしなくていいかも。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク