【クイズ】エスカレって何のことだか言える?意外に知らない!

「それ部長にエスカレして」と課長に言われました。

 

「エスカレ」は何のことでしょう。

 

エスカレーターを思い出して。

答えは「上長に指示を仰ぐこと」です。

 

「エスカレ」は「エスカレーション」の略で、上長の指示を仰ぐことなどを意味します。自分ではわからないことを上長や詳しい人にエスカレすることで適切な対応ができます。

この際、エスカレする理由と状況・情報をきちんと伝えることが大切です。顧客からクレームが入って自分では対応できなくなった時など、上長にエスカレして適切な判断を仰ぐことで早めの解決につなげることができるでしょう。
エスカレといえばエスカレーターを思い出す人もいるかもしれませんが、このエスカレは、まさにそのエスカレーター。下から上げる(上らせる)ことが由来です。

また、「エスカレしておいて」という言葉が広まるにつれ、単に「上長に伝える」という意味だけで一人歩きし始めているのが昨今の風潮です。しかし、「適切な対応」が付随しないエスカレにはあまり意味がありません。「終わったことを伝える」のではなく、解決のために手立てを考えてもらうことがエスカレの目的だからです。

とはいえ「うちの課長はエスカレすると不機嫌になる」という人もいるかもしれません。その場合は抜本的な改善が必要ですから、もっと上の人に「課長の不機嫌」についてエスカレし、よくよく話し合ってみてください。

 

★他の問題にもチャレンジ!

>>答えはこちら

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク