「まる」ではありません。「摩る」の読み方、知っていますか?

本記事では意外と読めない漢字のクイズを出題します。本記事でご紹介するのは「摩る」です。

「摩る」の読み方は?

「摩」を使った言葉には「摩擦」や「摩耗」などがあります。でも送り仮名がついたことで「え、なんて読むの?」と戸惑った人も少なくないのでは?

まずは正解を見てみましょう。

正解は…

「さする」です。

摩るの意味は

手のひらなどでからだや物の表面を、くりかえし軽くこする。

出典元:小学館 デジタル大辞泉

です。摩るの他に「擦る」と表すこともあります。

「摩」には

①する。さする。こする。
②みがく。とぐ。
③せまる。とどく。
④梵語(ボンゴ)の音訳に用いる。

出典元:摩|漢字一字|漢字ペディア

といった意味があり、①と②の意味をもつ熟語においては「磨」と書き換えることができます。

「磨」においても、

①みがく。とぐ。
②つとめる。はげむ。
③する。すりへる。
④梵語(ボンゴ)の音訳に用いられる。

出典元:磨|漢字一字|漢字ペディア

のうち①と③は「摩」と書き換えられることが示されています。

そのため「摩耗」や「研摩」は「磨耗」や「研磨」と書くことができますが、「磨」の②の意味を表す「琢磨」や「練磨」には「摩」を用いることができないので要注意です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク