【クイズ】HPVって何の略だか言える?意外に知らない!

新型コロナウイルス出現以前、医学分野でワクチンが話題になることが多かったHPV。

 

HPV」は何の略でしょう。

 

がんの原因になるウイルスです。

答えは「Human papillomavirus」です。

 

「HPV」は英語の「Human papillomavirus」の略。日本では「ヒトパピローマウイルス」として知られています。人間においては、皮膚に感染する型と粘膜に感染する型があり、なんと100種類以上の型が発見されているウイルス。一部の型が子宮頸部がんの原因になることが判っています。

 

HPVはがん化との関連から、低リスク型HPVと高リスク型HPVとに分類されます。もっとも、高リスク型HPVに感染したからといって必ずしもがん化するわけではなく、感染してもほとんどが一過性の感染であり、免疫力により自然に消失します。高リスク型が10年以上の長い期間持続感染することによって子宮頸がんに進行する可能性が出てくるようですが、これに当てはまる人すべてがガンになるわけではありません。

 

また、性交渉による感染が多いものですが、すべてが性交渉によるものとは言えないウイルスです。

 

2006年6月にメルク社のワクチンが米国で承認されて以降、欧米諸国では接種が行われています。日本でも2013年4月より予防接種法に基づき小学6年生~高校1年生相当の女子を対象に定期接種化されました。現在、自治体から接種対象者に個別に接種を奨めるような積極的勧奨は中断されていますが、定期接種としての位置づけに変化はなく、公費助成による接種も可能です。

新型コロナウイルスのワクチンの話題が毎日のように取りざたされていますが、ワクチンには怖い面もあります。しっかりと知識を持ったうえでの接種が望ましいといえるでしょう。

 

*編集部より/記事内容に誤りがありました。深くお詫びし、訂正します。(1月29日)

 

 

★他の問題にもチャレンジ!

>>答えはこちら

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク