「ちこ」ではありません。「知己」の読み方、知っていますか?

本記事では意外と読めない漢字のクイズを出題します。本記事でご紹介するのは「知己」です。

「知己」の読み方は?

「己を知る」という漢字から、なんとなく意味を読み取れた人は少なくないはずです。知己の読み方は「己」をどう読むかに懸かっていると考えます。「自己」や「利己」などでは「己」は「こ」と読まれますが、知己を「ちこ」と読むのは残念ながら不正解。

まずは正解を見てみましょう。

正解は……

「ちき」です。

知己とは

1 自分のことをよく理解してくれている人。親友。
2 知り合い。知人。

出典元:小学館 デジタル大辞泉

です。

己の読みには先で紹介した「こ」以外にも

  • 音読み コ・キ
  • 訓読み おのれ(常用漢字表外)つちのと

があります。

漢字の成り立ちを見てみると

象形。先端を引き出した糸筋の形にかたどり、糸のはし、ひいて、はじめの意を表す。「紀(キ)」の原字。

引用元:己|漢字一字|漢字ペディア

とあります。

他に「己」を「き」と読む言葉には

  • 克己(こっき)
    →自分の感情・欲望・邪念などにうちかつこと。(出典元:小学館 デジタル大辞泉)
  • 己丑(きちゅう)
    →十干と十二支とを組み合わせた第二六番目。つちのとうし。(出典元:同上)

がありますが、知己と克己以外で「己」を「き」と読む言葉はほとんど見かけません。日常生活においては、知己と克己自体、遭遇することが少ないかもしれません。本記事がきっかけで、読みと意味を覚えていただけると幸いです。

最後に「己」に関する豆知識を一つ。

「己」は「コ・こ」の元の漢字です。カタカナの「コ」は「己」の二画目まで、ひらがなの「こ」は「己」の草書体(速く書けるよう簡略化された書体)が元になっています。

 

参考文献:己|漢字一字|漢字ペディア

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク