不倫がバレる?その瞬間、相手のオトコはどういう態度を取る?

後ろ指をさされる関係とわかっていても、やめられない不毛なつながり。

不倫を選ぶ女性たちの背景には何があるのか、またこれからどうするのか、垣間見えた胸の内をご紹介します。

前編はこちら

【不倫の精算#23後編】

これまでの記事はこちら

ある日突然、母親がキレた。相手の妻ではなく、自分の母が

「ああもう、言うんじゃなかった!」

 

先日久しぶりにJさんから連絡をもらい、いつものカフェで待ち合わせしたとき、Jさんはテーブルに頬杖をついてだらしなく背中を丸めていた。

 

母親から出かけることについて愚痴を言われる日は多くなり、最初は機嫌をとろうとお菓子を買って帰ったりしていたJさんだったが、ストレスに耐えられなくなったそうだ。

 

「それで、ある日ついに

『いい加減にしてほしい。

私にもプライベートがあるから』

って、はっきり言ったのね。

そうしたら、母が

『じゃあどうして会っている人の話をしないの?

男性と会ってるなら、どうして紹介してくれないの?』

って、すごい剣幕で言うのよ。

ああそう思ってたんだなぁってわかったけど、でもさ、絶対に彼のことは言えないじゃん……」

 

電話でそう聞いたときは、

「心配するんだろうね、教えてほしいって思うのが親なんだろうね」

とすぐに返すことができた。

 

だが、彼女が抱える問題は、そこではなかった。

 

カレの反応で思い知ってしまった。本当にこの関係は「体だけ」だと

Jさんは、母親の干渉を不倫の彼に話したそうだ。

 

「それこそ、軽い愚痴って感じで言ったのよ。

母親がうるさいの、でも何とか言い訳してるって」

 

だが、彼の反応はJさんの予想とは正反対だった。

 

「何かいい手立てというか、違う会い方を考えてくれるかなって思っていたんだけど、違ったのよ。

『そういう面倒なことは持ち込まないでほしい』

って、それが最初の言葉だった。

それから、親の話は気が萎えるからしたくないとか監視されていないかとか、私の気持ちはまったくのスルー。

もう、呆然としちゃって……」

 

電話の向こうで、Jさんの声はわずかに震えていた。

共感してくれると思っていたのに、自分の話に明らかな嫌悪感を見せる彼に、はじめて“他人”を感じたことがありありと伝わった。

 

まるで私も、私の母親も、彼にとってはお荷物のよう。

じゃあ、何のために不倫を続けているの?

 

声にならないJさんの戸惑いに、

「あのさ、そんな人じゃもう、これからもうまくやっていけるとは思えないし……」

と言いかけた。

 

別れるなら今だ。素直にそう思った。

だが、こちらの言葉が言い終わる前に、Jさんは

「それはイヤよ!」

と叫んだ。

 

「相手の家庭の事情」を無視する男に、あなたが身も心も捧げる意味って?

電話ではちゃんと話せないからと会う約束をした今日、Jさんは虚ろな目で頬杖をつき、話すのも億劫そうに

「言わなければよかった」

を繰り返していた。

 

結婚はしなくてもいい、体の弱い母親のため、家族と過ごしたいから実家暮らしのままでいい、その気楽さをとうとうと語っていた以前とは、まるで違う重苦しさだった。

 

「はっきり言うけどさ」

意を決して、今日伝えるべき言葉を思い出す。

 

「不倫であっても、相手の家庭の事情を無視する男なんて、正直ろくなもんじゃないと思うよ。

だって、歩み寄る気はないんでしょ?

あなたのお母さんの不安を解消する方法とか、何も考えてくれないでしょ?

そんな男と関係を続けたって、あなただけが板挟みで苦しくなるだけだよ」

 

また遮るかと思ったが、Jさんは視線を外したままじっとその言葉を聞いていた。

 

「わかるよ、自分の母親のせいで関係が終わるって思うと納得いかないよ。

でも、私はね、これで相手の男の人間性が見えたっていうか」

 

「そうよね、そんな男よね」

力をこめたJさんの言葉が響き、息を呑むと同時にこちらを振り返る周りの人の視線を感じた。

 

不倫ならば「誠意」がなくてもいいのか。私の気持ちはどこへいくのか

「しょせん不倫だもん、鬱陶しいわよね、こんな身内の話。

でも、じゃあこれで終わりねって、何なのよ。私の気持ちはどうなるのよ」

 

まったくこちらを見ないまま、Jさんの言葉は続く。

「悔しいじゃない」

 

呪いのような低い声は、寄り添ってくれない彼でも関係の邪魔をする母親でもなく、「身動きの取れない自分」への怒りのように感じた。

 

彼女はわかっているのだ。

逆の立場なら、おそらく自分も彼と同じ気持ちになるだろうと。

湿っぽい家庭の現実を性の快感に持ち込むのは無粋だと。

関わりたくない、そっちで勝手にやってくれと。

それが不倫なのだと。

 

一口も飲んでいないアイスティーのグラスを映す彼女の瞳に、やっと光が入った。

「でも」

身を起こし、髪をなでつけて勢いよくマスクを外したJさんは、ストローに手をかける。

「これが、あなたの言う現実なのよね」

 

これから彼女が乗り越えないといけないものは多い。

不倫の彼との関係が「母親のせいで終わる」痛みと、明るい未来がすでに絶たれた彼への未練と、そしてこれからその事実を背負っていく自分と。

「……」

そのどれも、私には否定する材料はない。いっしょにため息をついた。

 

<<<前編はこちら

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク