「たいとらしい」ではありません。「態とらしい」の読み方、知っていますか?

2021.04.14 QUIZ

本記事では意外と読めない漢字のクイズを出題します。本記事でご紹介するのは「態とらしい」です。

「態とらしい」の読み方は?

まず「態とらしい」の「態」の部分を「熊(くま)」と読み間違えないよう注意しましょう!

「態」は「態度(たいど)」や「失態(しったい)」、「状態(じょうたい)」などでお馴染みの感じです。「熊」と読み間違えなかったとしても、「態とらしい」を「たいとらしい」と読むのは、残念ながら間違いです。

読み方を導き出すヒントは「態とらしい」の意味にあります。

態とらしいは、

いかにも意識してしたようで不自然である。

出典元:小学館 デジタル大辞泉

という意味です。

なんと読むかわかりましたか?

正解は……

「わざとらしい」です。

「態」の読みは

  • 音読み タイ(常用漢字表外)テイ
  • 訓読み(常用漢字表外)さま・わざ(と)

です。「『態』の後ろに送り仮名『と』がきたら『わざ』と読む」と覚えておくことをおすすめします。

送り仮名「と」が来ない場合でも「わざ」と読む例として「態態・態々(わざわざ)」がありますが、日常生活ではひらがなで表記されていることがほとんどです。ただ、「態」を「わざ」と読むことを知っていれば、「たいたい」と読み間違えることはなくなりそうです。

また「態」には

①さま。すがた。かたち。ようす。ありさま。
②心がまえ。身がまえ。
③わざと。わざわざ。

出典元:態|漢字一字|漢字ペディア

の意味があり、「態(ざま)」と読むこともあります。これは「なんという“ざま”だ」というように、様子や格好をあざけって言う語です。「様」が当てられている場合を多く見かけますが、「態」「様」のどちらでも表すことができます。

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
レビューライター 片山香帆

スポンサーリンク

スポンサーリンク