改めて、40代おひとりさまが恋愛を楽しむための3つの心得

「おひとりさま」という言葉が流行して久しいですが、アラフォー女性の恋愛って実際はどうなのでしょうか。

彼氏ができなくて寂しい思いをしている? いいえ、「おひとりさま」を楽しんでいるアラフォー女性こそ、肩の力を抜いて相手との時間を楽しんでいるものです。

そこには、「焦らない」「急かさない」「頑張らない」という3つのコツがあります。

筆者の周りにいる素敵な「おひとりさま」の恋愛スタイルをご紹介します!

 

ひとりで過ごすことに「焦らない」

例えば、付き合っている恋人がいても、基本は「ひとりで過ごす」時間を大切にしているアラフォー女性。

5歳年上の恋人とは、共通の趣味であるマラソンのサークルで平日に2回ほど会い、週末はのんびりとデートや旅行を楽しむような、気ままなお付き合いを楽しんでいます。

周りから「結婚しないの?」とよく訊かれていますが、返す言葉は決まって「焦っていないから」

それが見栄を張った姿ではなく、本当にそうなんだなと思うのは、仕事の帰りに好きなワインを買い、自分の好きなものを作って食べ、映画を観たり読書をしたりとひとりの時間を十分に愛していることがわかるからです。

一度、家に呼ばれて遊びに行ったとき、小ぢんまりとした部屋には彼女の好きな作家の本が並ぶ本棚がしつらえてあり、洗濯したてのカーテンからは良い匂いがして、清潔なキッチンは使い込まれたフライパンやカトラリーが綺麗に並んでいました。

あぁ、ここは彼女のテリトリーなんだと、淹れてくれたコーヒーを飲みながら感じたことを思い出します。

ひとりで過ごす空間は決して寂しいものではなく、むしろ他人をゆったりと受け入れてくれる居心地の良さがありました。

ひとりの時間を愛している彼女にとって、結婚を焦るような恋愛は逆に窮屈なものでしょう。

自分の生活と恋人と過ごす時間のバランスを上手に取り、相手に依存しない恋愛を好きなように楽しむ姿勢は、素敵な「おひとりさま」の姿を教えてくれました。

 

愛されないと!と自分を「急かさない」

趣味の場所で知り合ったアラフォー女性は、まさに「年下男子に追いかけられる恋」の真っ最中でした。

飛び抜けて美人なわけでも、モデル並みのスタイルを持っているわけでもない彼女ですが、「これは真似したい」と心から思ったのは、とにかく「会話が上手い」こと。

男性が何気なく「新しく財布を買いたいんだけど、どっちにするか決められなくて・・・」と話すのを聞いて、「好きなブランドのやつは気になるよね」と頷きながら、「長く使うものだから何より愛着の湧くものを基準に私は選んでるよ」とさらりとアドバイスしていました。

「こっちにすれば?」と示すでもなく、一緒に悩むでもなく、自分の基準を話すことで相手に選ぶヒントだけ与える。

些細なことかもしれませんが、決して押し付けがましくない言葉が年下男子には受け入れやすく、会話のたびに彼女の「個性」を知る機会が増えた彼はすっかり彼女の魅力にハマっていました。

彼女は、特に好かれたくてそうしているわけではありません。

モテたい、仲良くなりたいという気持ちが強いと、どこか「私を受け入れてよ!」という意図が行動に見えます。

それがない分、素直に人と関わることができるので、自然と彼女の個性が伝わるのですね。

彼女は、アラフォーという自分の年齢を真っ直ぐ受け止めていて、無理に若い世代の人たちに混ざることもせず、常にマイペースな調子で周りと接していたところも自然体でした。

愛されたいと自分をアピールし過ぎると、それは敬遠される原因にもなります。

自分を「急かさない」ことが、「おひとりさま」でもモテる秘訣かもしれません。

 

アレもこれもと「頑張らない」

 

友人のアラフォー女性は、料理が苦手です。ですが、数年の付き合いになる恋人とは毎週ふたりでキッチンに立っているそうです。

以前は「もっと料理できるようにならないと、彼氏ができない!」と焦っていましたが、料理教室に通っても一向に上達せず、そのうち「ひとりでキッチンに立つのは寂しい」からと頑張ることを止めました。

合コンで出会った彼氏とはすぐ馬が合い、交際まで発展しましたが、あるとき「料理が得意じゃないからふたりでやらない?」と持ちかけたそうです。

恋人の方は特に問題がなかったらしく、それからは毎週ふたりで買い物に行き、食材を買い込んではいろいろな料理に挑戦しています。

「海外の料理番組って楽しいよ!それを観ながら作ると盛り上がって」

と笑顔で話す姿を見ていると、「頑張らない」こともアラフォー女性の恋愛では大切なのかもしれないと思います。

一緒に力を合わせる「ふたりだけの楽しみ」があると、お付き合いは刺激に富んだものになります。数年経っても、ふたりの親密度は以前と変わりません。

彼女は「アラフォーなのに料理もできないなんて」というコンプレックスを捨て、「できないならふたりでやればいい」と自分なりの価値観を得ました。それは、実際に頑張ってみてダメだったら無理に自分に強制しなくていいんだという、「自分を愛している」姿にほかなりません。

「おひとりさま」の恋愛は、アレもこれもと頑張るのを止めることが、さらに良い関係を恋人と築ける近道にもなるといえます。

 

 

「おひとりさま」で恋愛を楽しんでいるアラフォー女性たちは、みんな「自由」であることを受け止めています。

モテたいと無理な努力もせず、恋人がいても自分の時間を手放さず、今しか持てない自由をしっかり満喫している姿は、決して寂しく映るものではありません。

「おひとりさま」の恋愛がもっと楽しくなるコツは、自分を愛し、相手も尊重することが一番かもしれませんね。

スポンサーリンク

結婚していない40代の独身女性に共通する9つの特徴【40歳独女あるある】

40代で独身女性というと「バツイチ」か「性格が悪い」か「異性にまったく興味がない」のいずれかだろうと言われる、44歳独身・結婚歴ナシのOTONA SALONE編集長のアサミです…

【40代編集長の婚活記#10】モテ服メイクのルールを全部守ってみた

44歳、未婚独身、ペットなし、会社員。「どうして結婚しなかったんですか?」と聞かれても「別に……」とかつての某女優さんのようにしか言いようがない編集長アサミでござい…

【40代編集長の婚活記#20】結婚できない40女は〇〇が多すぎる!?

44歳・独身・恋人いない歴7年。特に「結婚しない」とも「結婚したい」とも思っていなかったが、気づいたら40代で独女だったというOTONA SALONE編集長アサミが婚活を始めて…

#37 40代独女が「婚活」を半年やってわかったこと【40代編集長の婚活記】

アラフォーになっても結婚をしないまま、独身で45歳をむかえたOTONA SALONE編集長アサミの連載婚活記。婚活パーティに参加したのは半年前、1度はデートに至るものの、その…

【40代編集長の婚活記#19】ハイスペックなのに結婚できない男5つの特徴

婚活パーティで出会った有名企業勤務のエリートさんとのワクワクしながら初デートへ行った44歳・OTONA SALONE編集長アサミです。しかしエリートさんが25分遅刻したり、話し…

#116  40代独女が「久しぶりのデート」で驚いたこと【40代編集長の婚活記】

恋人いない歴9年超の恋愛ご無沙汰女子、OTONA SALONE編集長・アサミ。40代の婚活をスタートさせて2年以上経つも、いまだ恋人すらできず。どこかで知り合ったであろう謎の男…

【40代編集長の婚活記#11】40代独女初めての婚活パーティ前編

ついに人生初、婚活パーティに足を踏み入れることになった44歳・未婚独身の編集長アサミでございます。婚活アドバイスのプロ、恋愛結婚カウンセラーの先生の指導にのっとっ…

#102 初めての「個室婚活」に行ってみた【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は、かなり険しい道のりだという。婚活歴1年11カ月となるOTONA SALONE編集長・アサミ(46歳)は、まさにそれに直面していた。婚活パーティ、婚活アプリ、元カレ…

【40代編集長の婚活記#16】恋愛でモテない独女ほどアレが多い

「♪じれったいじれったい、結婚するとかしないとかなら~」な“熟女A”ことOTONA SALONE編集長アサミ(44歳)。さっさとメールに返信してデートに行ってこい!……とじれったく…

#110 婚活に「行き詰まった独女」の駆け込み寺とは?【40代編集長の婚活記】

恋人いない歴9年超えのだいぶ“ご無沙汰女子”、OTONA SALONE編集長・アサミ。未婚・独身・46歳。「40代の婚活」を始めて早2年、婚活パーティや婚活アプリ、知人の紹介など、…

「あなた最低!」40代独女が別れを決意した男のセリフ

恋人とのケンカは気分の良いものではないですが、そのときに言われたひどいことがショックで交際そのものを考え直してしまう、ということはありませんか?頭に血がのぼると、ついきつい言葉を吐いてしまいがち。普段…

「俺たち付き合ってないよ!」男が知らない内に彼女の座に座る40代独女の恐怖

仲のいい同僚や女友達。確かに距離感は近いけれど、決してお付き合いしているつもりはない。それが、知らない間に周りからは”彼女”と認定され、本人も何だかその気で振る舞っている……なんて、男性にとってはびっくり…

「君と社内恋愛は無理」。男が嫌がる40代独女の振る舞いって?

会社で見かけるアラフォー女性。いいなと思っていたけれど、接していくうちにおかしな人間関係に首をつっこんでいたり周りから敬遠されていたり、ちょっと首をかしげる場面を見るようになった。周りと良い関わりがで…

40代にもなって○○ができない?男性が「お相手いたしかねる」40代独女の痛いあいさつ3つ

朝オフィスに出勤したときや退社するタイミング、周りの人と挨拶をしていますか?「当然でしょ!」と答える40代独女が多いと思いますが、どんな表情で声をかけているか、どんな態度で相手の言葉を受け止めているか、…

必死なオバサン!男が思わずドン引きした40代独女の「ウザいお節介」って?

好きになった男性に振り向いてもらいたいのは当たり前。だから、積極的にコミュニケーションを取るのが好きになってもらうためには重要。確かにそうではありますが、それ、男性のリアクションをきちんと見ていますか…

「彼女にしたくない!」男性の心が急速に冷めた40代独女のバッグの扱い方NG例

気になる女性と楽しいデート。メイクも服も可愛いな、なんて思ったいたけれど、手にしたバッグの扱い方を見てがっかり……。小さなことですが、デート中は相手の持ち物につい目がいくので「こんなふうに触るのを見てび…

「彼、もしかして既婚者?」不安から暴走した40代独女の仰天行為とは

お付き合いしている彼氏がいるけど、独身だと思いこんでいたらどうもあやしい。本当は既婚者なのでは……?こんな不安を抱えながら交際を続けるのは、本当に苦しいですよね。本人に訊いてもはぐらかされてしまい、それ…

初デートで40代独女がびっくり!ありえへん男性のふるまいとは?

気になる男性との、最初のデート。相手がどんな様子で来るのか、どんな時間になるのか、ドキドキしますよね。でも、いざ行ってみたら男性の態度がちょっと受け入れられなくて、がっかりするなんてこともあります。「…

【40代男女の本音】「付き合わなければよかった女性&男性」の特徴

長く友人として接してきたけど、お互いに恋愛感情を持ったので恋人関係にステップアップ、というカップルもいると思います。ですが、いざ恋人としてお付き合いしてみると、思わぬ一面を見たり合わないところが多かっ…

それ、バレてるよ。男性が敬遠する「自分を”盛って”でも好かれたい」40代独女の特徴

男性にモテたい、意中の人に振り向いてもらいたいからと、自分をより魅力的に見せようとする40代独女、いませんか?プロフィールなどを”盛る”のは、一時的に男性の気を引くことはできてもそれを継続できないのが問題…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事