そのスキンケアは老化を加速する!?40代が陥りやすいNGスキンケアテク

年々美容液の金額は高くなっている&アイテム数は増えているのに、なんとなく効果を感じにくい…そんな人は使い方を間違えているからかも?

今回はアイテムの効果をより感じるために絶対避けたいNGスキンケアテクニックをご紹介します。

 

■紫外線対策は夏だけはNG

夏になれば日差しが強くなり、紫外線に対しての意識が高まりますが、盲点なのは秋冬の紫外線。一年の中で紫外線量が増えるのは春から夏にかけて(3月~9月)ですが、10月以降も紫外線が注いでいないわけではありません。紫外線量は減りますがゼロになるわけではないのです。

老化の最大原因は“紫外線・乾燥”と言われています。ですので、秋冬になっても忘れずに紫外線対策を。室内にいても窓際にいれば紫外線の影響を受けると言われているので、40代になったら紫外線対策は年中無休と心得ましょう。

 

■高額アイテムをちょっとずつ使う

各ブランドから発売されている“エイジングライン”は他のラインに比べて価格が高めに設定されています。価格が高いのは開発費用がかかっていたり、効果が期待できる成分がふんだんに使われていたりすることが理由なのですが、ただ単に“塗る・与える”アイテムを使っていればOKと思っていませんか?

高額な化粧品を使ってもなかなか効果が実感できない…と感じている人に話を聞いてみると、「効果だったので少しずつ使っています」という人もチラホラ。でも残念ながら適量使わなければ効果実感が薄まってしまうというもの。パッケージや説明書で指定された量はしっかり使いましょう。

 

■絶対止めて!ゴシゴシ洗顔

化粧品を変えたのになかなか効果が実感できない…という時はお肌表面が荒れていたり、毛穴が詰まっていたりする可能性があります。その理由の一つとして正しい洗顔ができていないことが挙げられます。洗顔やクレンジングをする際、必要以上に擦り洗いをして肌に摩擦・刺激を与えていることで肌のバリア機能を低下させてしまい、使うコスメの効果を最大限に活かせない可能性があります。

洗顔・クレンジング時に皮膚が激しく動くほどゴシゴシしたりするのはNG。40代に突入したら洗い方を見直してくださいね。

 

■大切なのは水分と油分のバランス

肌の状態を左右するのは水分と油分のバランスです。水分が不足すれば当然乾燥するのですが、油分とのバランスが崩れることで皮脂が過剰に分泌→日中のお化粧直しの回数が増えてその度にお肌の水分も奪われて余計にバランスが崩れる…というバッドスパイラルに陥ってしまう可能性も。

そんな時に気を付けたいのは乳液やクリームの塗り過ぎ。もちろん“塗る・与える”ケアは大切です。「お肌の乾燥が気になるんだからクリームをたっぷり塗ればいいでしょ!」と思っている人が多く、油分の多い乳液やクリームを多く使いがちですが、実はその前に使う化粧水や美容液をどのように使うかも大切なんです。

お肌は水分を生み出すことができません。最初に水分をしっかり与えておいてあげなければ油分が多いクリームなどで蓋をしてしますとお肌内部の水分不足でかえって皮脂が出やすくなり、よりバランスが崩れてしまうのです。

クリームをちゃんとつけているのに乾燥が気になる…という人は、化粧水の量をこれまでの2倍に増やして、お肌がモチモチするくらい付けるようにしてみてください。1週間ほどで状態変化に気づくと思いますよ。

 

今回は今使っている化粧品の効果をよりアップさせるために避けたいNGテクニックをご紹介しました。とても基本的なことですので、改めてご自分のスキンケアを見直してみてくださいね。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

ほうれい線よりもケアすべきは、不幸顔印象を与える小鼻の横にある溝だった!【顔筋ケアのパイオニアKatsuyoが教えるアンチエイジングケアPart3】

年齢とともに深まるほうれい線、気になりますよね。確かに、ほうれい線があるのとないのとでは、見た目年齢が全く違います。しかし、ほうれい線とは笑ったときにできる境界…

ストレスの肌荒れに悩む人へ! 口周りの吹き出物・大人ニキビを改善する4つの習慣 【BEFORE→AFTER】

口の周りやあごに吹き出物ができてなかなか治らない、ちょっとよくなってもまた繰り返すという大人のニキビ。鏡を見るたびにイヤになるほどの赤いブツブツ……そんな悩みを抱…

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

若見えは「目元」で決まる!老化させない5つのアイケア

ひたひたとアラフォーの目元にしのびよる老化。いつものメイクをしているつもりが、写真を見て「このおばさんは本当に私?」と愕然とする瞬間がいつかやってきます。そう、…

唇を「オバさん」化させない!40代が知るべき4つのポイント

いくつになっても唇は大きさや形よりもコンディションの良さで美しさが決まるパーツ。つまり乾燥してガサガサしていたら、唇の魅力が損なわれます。ガサガサ唇はリップメイ…

ナチュラルメイクがただのすっぴんに?「やらなさ過ぎ」メイク脱却術

最近「化粧しているのに『ちゃんとメイクしたら?』と言われた…」と落ち込んでいたアラフォー友人。確かに毎日ちゃんとメイクをしているようなのですが、メイクにメリハリ…

外見は綺麗なのに…「おばさんだよね」と言われる40代女性の3大NGな仕草

外見が美しくても、周りから「おばさんだよね」と言われちゃう残念な40代女性もいらっしゃいます。メイクやファッションに気を使っていても、ちょっとした仕草のせいで「や…

ひそかに「オバサンくさい」とささやかれかねない赤リップの悲劇

毎シーズンメイクトレンドが発表され、ここ2~3年は「赤リップ」が流行っていますね。商品を手に取った瞬間「可愛い~」とテンションが上がるものの、40代になると赤リップの使い方を間違えると、一気にババくさい顔…

これも使える!ZARAのニットスカートの着回し力が高いワケ

3か月目を迎えた「ザラコ」企画。ザラは価格が手ごろなのにトレンド感満載のアイテムが豊富なので、旬なアイテムを身につけてオシャレに見られたい人にとって必須ブランドですね。でも、デザインが凝っていると何と…

ZARAならトレンドアイテムでもここまで着回せる!神3アイテム

「40代美容家がガチでZARAだけ着回して毎日コーデを紹介する」通称ザラコ企画。9月からスタートし、11月にはボトムスを中心とした6着を投入しつつ着回しました。最近特に活躍しているアイテムをご紹介したいと思いま…

11月はZARAで何買った?「使えすぎる6アイテム」まとめて紹介!

秋、9月にスタートした「ザラコ」企画。いよいよ3か月目に突入しました!つい無地のアイテムを買ってしまい、つい同じようなコーディネートをしてしまう「ムジコ」だった私が、ZARAでコーディネートを考慮して買い物…

これぞ進化系!ますます簡単に描けちゃうアイブロウパウダー3選

メイクのお悩みでダントツに多いのが「眉がうまく描けない」というご相談。確かに色選びや形など気をつけるべきポイントがたくさんあって困ってしまうと思いますが、眉が上手く描けない人はアイテムにこだわってみて…

40代は脱・厚塗り!ファンデーションのやりがち3大NGと正解は

ひと昔前は「色白=美人」のように言われていましたが、最近は色白よりも健康的に見せるメイクの方が主流です。年齢を重ねるとくすみやシミを隠したくてつい厚塗りになりがちですが、それじゃおばさんメイク一直線!…

顔色がぱっと華やぐ!40代なら押さえておきたいリップメイク3つのコツ

年を重ねる毎に難しく感じる口紅選び。顔を華やかに見せたいと派手な色を選んでみたものなんとなくしっくり来ない……そんな経験はありませんか?顔色が悪く見えたくないけど、一体何色を選べば良いの?という方のため…

40代こそマスカラを雑につけちゃダメ!まつ毛メイク見落としがちな3ポイント

マスカラは付いていればいいでしょ……とパパッと仕上げている人はいませんか?顔全体のバランスで言えば確かに小さなパーツですが、実はマスカラはぼやっとした目もとの印象をパッと華やかに見せる重要ポイントです。…

ZARAで買うべきは「ちょいトレンド」!買って良かったザラアイテムまとめ

9月から続けている「ザラコ」企画。いよいよ10月の最終週になりました。読者の方から「毎回参考にしてます」「記事を見てザラに買い物に行きました」と嬉しいお声をいただき、嬉しい限りです。今回は10月第4週、後半…

疲れにくいヒールの高さは5.5cm!美脚効果を狙うなら7cmヒールもおすすめ

「40代が品よく見える」をテーマに、9月からのキープアイテム4着と10月から新たに投入した7着、合計11着の着回しをご紹介してきた10月の「ザラコ」もいよいよ終盤に差しかかってきました。今回は10月第4週、前半の3…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事