【40女の恋愛事情】story2 私は彼の特別になれますか?-45歳・真由子の場合(2)-

ふとお芝居の感想をSNSに書いたら、その役者さんからレスが。

「この世の中で、誰かが私のことを気にしてくれていた」。

さっきまで舞台の上にいた彼を、20歳も年下の彼を、ドキドキしながらひとり公園で待つ……。

語られることのないアラフォー女性の恋愛事情をクローズアップした小説【40女の恋愛事情】。

1回目に続いて、story2-45歳・真由子の2回目です。

A Night in the Park

彼は、ベンチに座っていた私の隣に、当たり前のように腰を下ろした。

すごく距離が近い。

それにふたりきりでこんな風に会うなんてことも初めてで、胸がすごく苦しくなる。

 

間近にある彼の顔を正視できなくて、目線を落とし、胸元のスポーツブランドのロゴばかり、見つめてしまう。

ふたりきりになれた悦びよりも、いたたまれないような、早く帰りたいような気持ちになっていた。

 

「あのっ、スタンド、本当にありがとうございました!」

彼が頭を下げる。

こげ茶色の柔らかそうな髪が、ふわっと、私の顔の前を通る。

 

「僕、スタンド花いただいたの、初めてなんです。だから、どうしてもお礼を伝えたくて」

確かに、彼宛のお花が飾られているのを見たことはない。

スタンド花は、安くても2万円くらいはするので、彼にそこまで弾むようなファンは、まだいなかったのかもしれない。

 

「ほんとうに、ありがとうございました!」

満面の笑みを浮かべながら、彼が私に両手を差し出してくる。

一瞬、抱きしめられるのかと思った。

でも、彼が手のひらを近づけていったのは、私の両手で、ぎゅっ、と握られた。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事

LOVEに関する最新記事