流行に乗る!ジン&ウイスキー好きな人歓喜のカフェシリーズ

何気なく同僚5人くらいと「普段のお酒」の話になりました。

「私日本酒がダメなのー」

「最近ビールの泡が苦しくてダメ。でも同じ泡でもシャンパーニュはOK」

「私は若いころから焼酎だけです」

「えっ、私はワイン専門だけどビールも飲むよ」

と飲むものがバラバラ。

40代ともなると「飲みたくないものをわざわざおつきあいで飲まない」のですね。

最近は「すいません、(あまりお酒に強くないのでというムードを出しつつ)ガスウォーターください」と頼んでも大抵置いてありますし、飲み物の多様化はいいことです。

 

こんなに「ビジュアルのいいお酒」珍しくない?

さて、今日ご案内をいただいて感動したのがこのニッカ カフェシリーズです。

ぱっと見の段階で、何が置いてあるか文字が読めていなくても「ここがひときわ光り輝いている」ように感じました。街灯を見てしまった蛾ってこういう気持ちなのでしょうね。

もしバーなどでこのボトルを見かけることがあったら、もれなく「吸引される蛾」の心理をご体験いただけると思いますので、バーテンさんの背後の棚をしつこくチェックしてください。

特にジンのボトルの美麗さは素晴らしい。

「わあ、コーヒー味のジン? おいしそう!」と思いましたが、いきなり間違いです。

COFFEYはコーヒーという意味ではなく、カフェシリーズというブランド名。

カフェスチルという、「カフェさんという人が開発した蒸溜機」のお酒なのだそうです。「いわゆるコーヒーと味の点では関係ない」点が理解できず、最初ちょっと意味の通らない会話をしてしまいました。

 

ニッカのサイトを見ると「カフェスチルだからこそつくり得た、豊かな香味を持つスピリッツ」と書かれているのですが……

このジンは大人女性必飲だと思う

ごめん難しいことはよくわかんない、でも本当おいしい。

先にウォッカ(写真左の青いラベル)からいただきましたが、飲み慣れないので味の良しあしがよくわかりません。たぶんおいしい。というか、たぶん日本人でウォッカにうるさい人もあんまりいない気がします。ロシア人を見ている限り、たぶん水のように飲めることが重要なのではと思います。

続いてジン(右、緑)をいただくと……

ジンも普段飲まないのですが、口に入れた瞬間にぶわーーーーっとジン。すばらしく華やかな柑橘の香り。

「乱暴に説明すれば、ウォッカのようなクリーンな蒸溜酒に、ボタニカル(柑橘等の風味部分)をプラスすると、ジンになる」というようなことを教えていただきましたが、

これは柑橘ジュースかな?

いやいや確かにジンだな?

まてまて、ジンってこんなにおいしかったかな?

と脳内で会議するような素晴らしさです。ゆず、甘夏、ほんの少しの山椒など、和の柑橘の風味を感じるのもちょっと女性好みです。

 

どっちか1本あげるといわれたら死ぬほど悩む2本

写真左(グレーン) → 右(モルト)の順番で記事を書いています!

そして、40代女性とはいえあまり多数は存在しないと思われる「ウイスキーが好きな人」。

そんな各位なら「ニッカの人気シリーズです」というだけでご理解くださると思うのですが、まずこのカフェグレーン(左)がすごい。

私もウイスキーと言えば「ピーティだな」「ピーティじゃないな」程度のことしか判別できませんが、ひとくち飲んで

「……すいません、このぱああっと全方位に開く華やかさ、これは『ニッカっぽい』と表現してあってますでしょうか?」

「あってます、これはニッカが思うニッカっぽさです」

「!!!やっぱりニッカ好き!!!」

 

続いて、今年世界的なアワードで最高賞を受賞し、いま海外でも超高評価というカフェモルト(右)。

先に華やかなカフェグレーンを飲んでしまうと、ひとくちめで「うんうん、控えめで優等生っぽいウイスキー……?」と感じますが、違う、全然違う。あとからじわじわくるんです。

イケメンとすれ違ったとき、すれ違った2秒後くらいに脳内で「あれ、今の人イケメンだったかも…?」って気づいて振り返ることってありますよね。あの現象がウイスキーで起こります。書いていて意味わからないですが、実際に起きるので体験してください。

こんなの、左のイケメンと右のイケメンどっちにする?くらいの勢いで選べない。今日は華やかな左だけど、明日は端正な右の気分かもしれない。

ダメ押しの情報として、これらは仙台にある宮城峡蒸溜所での蒸溜。みなまで言わずともみなさん「ああ、なるほど宮城峡」という気持ちになると思います。

仕方ないから両方買いましょう。

 

 

でも大丈夫、そんな高くない。新宿信濃屋にはありました。現在のところバーなどでの扱いが多めなのだそう。お近くの酒販店にない場合は、公式オンラインショップをチェック。アマゾンでは実勢5,000円台です(2017年8月現在)。お安くはないけれど、この味なら円高にならない限りはこっちがいい…。

 

アサヒショップ(公式) http://beer.asahishop.net/

参考・アマゾン

ニッカ カフェモルト 700ml 

ニッカ カフェグレーン700ml

ニッカ カフェジン 700ml 

ニッカ カフェウオッカ 700ml

 

 

さて、これだけ書いてきて最後に何ですが、実は私結構な下戸です。飲んだ瞬間倒れるほどの弱さではありませんが、飲み会も乾杯だけビールであとはずっとウーロン茶です。

こうしたアルコール飲めない系の人材が心底オススメする蒸留酒記事、信頼していいのか自分でもよくわかりません! でも本当においしかったから! よろしくご査収ください!

スポンサーリンク

40代の肌づくりに必要な「腸」って…?科学的に正しい腸活を究極の美食でレクチャー!

季節の変わり目ごとに肌がゆらぐ40代。そろそろ秋の入り口ですから、身体をトータルに整えたいところ。そこで気になるキーワードが「腸活」ですが、正直に言って「どのくらい何を食べればいいのかわからない」という…

ザ ストリングス 表参道で最高の午後!キャスキッドソンのコラボアフタヌーンティー開催中

秋のさわやかな午後、表参道のケヤキ並木を眺めながら、優雅な本格アフタヌーンティーはいかがでしょう?ザ ストリングス 表参道1階のカフェ&ダイニング ゼルコヴァでは、ただいまロンドン発のライフスタイルブラン…

皮膚のセラミド、40代では「〇〇%」も減る…?知らなかった肌のこと

2007年にブランドが登場したアスタリフト。2010年、「ジェリー アクアリスタ」は登場するや大ヒットを記録します。当時は珍しかったジェル形状と高い浸透力で「肌が食べるジェリー」として導入アイテムの地位を確立…

【無印良品】大人気の化粧水はどれ?40代にオススメのスキンケアをタイプ別に詳解

私たちの日々の暮らしに寄り添い、いろいろな分野でいつでも支えてくれる無印良品。中でも、密かに愛用者が多いのがスキンケア分野です。ただ、何しろアイテム数が多いので、店頭のテスターでは「どれにすればいいの…

【無印良品】無敵の化粧直し!メイクパレットの人気組み合わせは?好評の8品はコレ

無印良品の店頭でいつも賑わっているコーナーの一つがメイクアイテム。アイカラーやファンデーション、チークなど、テスターはいつでもちょっと試してみたくなりますよね。従来から無印良品のアルミの名刺入れにコス…

45歳以上の女性必携!「マイナス5歳レンズ」でこの先の人生がグンと楽になる

40代の微妙な気持ちに寄り添い、丁寧なカウンセリングで最適な1本を選んでくれる「メガネの田中」。この春の「マイナス5歳メガネ」キャンペーンでは無料でパーソナルカラー診断を実施、店頭に出かけた人もたくさんい…

[PR]

この汗はホットフラッシュ?太っているせい?|100人の更年期#14

一般に、閉経の前後5年を更年期と呼びます。日本人の閉経の平均年齢は50歳なので、45-55歳の世代は更年期に当たる人が多いもの。身体の不調に苦しみ「更年期障害」の状態に至る人もいます。私ってもう更年期なの?…

ひとりで映画に行ける?ミュージカルは?40代がはじめてひとり観劇をしてわかったこと

オトナサローネで根強い人気を誇るのが「おひとりさまレベル」チェック記事。40代のおひとりさまがひとりでどこまでできるか、「ひとりでできるもん」レベルを客観的に考えてみた内容です。レベル1は「ファーストト…

更年期が「終わったあと」はどうなるの?59歳、駆け抜けた50代|100人の更年期#13

一般に、閉経の前後5年を更年期と呼びます。日本人の閉経の平均年齢は50歳なので、45-55歳の世代は更年期に当たる人が多いもの。身体の不調に苦しみ「更年期障害」の状態に至る人もいます。私ってもう更年期なの?…

自覚すれば救われる?40代の「なんとなく不調」は更年期かも

Sponsored By 小林製薬オトナサローネでは「100人の更年期」というインタビュー連載を通じ、ごく普通の日々を送る40代、50代女性のリアルな体調と気持ちの変化を取材しています。中でも目立つのは、特に40代の「……最…

[PR]

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事