この夏出会った男性を「彼氏」に変えるには、こまめな○○がマスト

海や山、花火大会にビアガーデン。夏は出かける先が多く、また異性との出会いも望める季節ですね。ですが、一期一会の巡り会い、そのときは盛り上がっても、落ち着いてしまえばやっぱり上手くいかないもの? 実際に「夏の出会い」を体験した人に話を聴くと、その後もお付き合いが続いているカップルは「連絡の継続」が恋心を育てるカギになっていました。

当たり前だと思われそうですが、知り合って日が浅い相手とLINEや電話を続けることは、関心と行動が必要で意外と労力を使うもの。今回は、そんな「夏の出会い」のエピソードをご紹介します。

 

悩むより会うことで気持ちを確認!

――合コンの代わりにセッティングされた花火大会での飲み会。幹事の友達が場所取りをしてくれたんだけど、交代の時間で一緒になったのが今の彼女でした。

買い出しに行っているほかのメンバーを待っている間に夏フェスの話で盛り上がり、ふたりとも行ったことがないのが逆にいろんな話題につながって、好きなジャンルやアーティストも同じだったことですっかり意気投合、飲み会が始まってもずっとふたりで話していました。花火があがるころには絶対にまた会いたいと心の中で思っていましたね。

すぐに連絡先を交換して、その後はこちらからマメにLINEしてまた音楽の話をしていたけど、お互いプライベートな話題になると何か照れくさく、テンションが下がるのが怖くて無理やり笑いをとるようなメッセージを送っていました。返信がないときなんか不安になったけど、彼女の方も「関心を持たれなくなるのが怖くて」と自分の話をなかなかできなかったそう。

このままじゃ先に進まないと思って、ある日思い切ってデートに誘うとすぐにOKの返事があり、今度はふたりきりで会ったのが飲み会から一ヶ月後。顔を合わせると前みたいに盛り上がって、やっぱり好きだなぁと実感、「これからも会いたいね」と自然に言ってしまって焦ったけど、彼女の方も「うん」と答えてくれて、そのままお付き合いすることになりました。フィーリングの良さを感じ続けるには実際に会って話すのが一番だと実感しましたね。(35歳/福祉)

 

――出会いの興奮が冷めてしまうと、改めて向き合うことが恥ずかしくなりますよね。特に離れているときは相手の様子を想像できないので余計に不安が募ります。それなら、いっそ実際に会って気持ちを確かめるのが恋を進める一番の近道です。

 

共通の趣味があれば会話に困らない

――参加しているダンスサークルの先生が、普段はレッスンを行っていないフィットネスジムでイベントに招待されたと聞き、サークル仲間と行ったとき。意気込んで参加したものの、いつもの顔ぶれと違い、広いスタジオにたくさんの人が集まった中で行うレッスンの熱気にすっかり呑まれてしまって普段通りの動きができず・・・。その後あった打ち上げではボーッと座っているだけの状態でした。

そんなときに声をかけてくれたのが、同じイベントに参加していた今の彼。ジムの会員さんだった彼は、一生懸命踊る私の姿を見ていてくれて、「とても楽しそうだったけど、何だか動きにくかった?」とお水を渡してくれました。ナンパかと思ったけど無理にお酒を進めるわけでもなく、ただダンスの話を楽しそうにする彼との時間は楽しくて、次はこちらのサークルに参加する約束をしてくれました。

そのときに連絡先を交換して、サークルがあるまではLINEでやり取りする日々。ダンスという共通の話題があるので会話に困ることがなく、お互いどんなレッスンを受けてきたかなど話すのは本当に新鮮でドキドキしていました。

結局、サークルに来てくれたときにこちらからお茶に誘い、LINEで説明しきれなかったことなどまた話しているうちにもっと会いたいと思うよりになり、彼から「今度は食事でも」と言われたときは思わず笑顔で頷いていました。彼の方は「スタジオで見かけたときから気になって」声をかけてくれたそうですが、LINEでも会っていてもきちんと距離をとってくれるところが信用できて、少しずつお互いのことを知り合っていって、お付き合いすることになりました。突然の出会いでも、趣味が合うとそれを通じて人柄を知っていけるので良いなと思います。(41歳/教員)

 

――今ではいろんなイベントにふたりで参加して幸せな思い出を増やしているとのことで、ひとりのときより世界が広がるような出会いは奇跡だなぁと思います。

 

連絡する、という行為は、相手に関心があるだけでは続きません。お互いに言葉のキャッチボールを楽しみたいという気持ちがないと、フェードアウトしてしまうのがほとんどでしょう。

相手が目の前にいないからこそ、話題やネタを考えるのは大変ですが、趣味や好みが少しでもわかっているとそこから話を広げることができます。いきなりプライベートな話は難しいですが、言葉を重ねることで少しずつ心を開いていけるのですね。

「夏の出会い」を恋につなげていくには、お互いのことを知りたいと思う心を育てることが必須。そのためには、女性側もより男性に関わろうとする姿勢が重要です。貴重な機会だからこそ、新しい世界を見つけるようなワクワクを持って楽しみたいですね。

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人からよく聞くのが、「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

僕たち、独女のコレに弱いです!男性が思わず「ドキドキする瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

【男性心理】40代バツイチ男と結婚するために大切なこと

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返ります。

【男の本音】こんな40代独身女性になってない?男性ががっかりする原因3つ

現在恋人のいる40代独女の皆さま、楽しいお付き合いをしていますか? いくつになっても男性の目は厳しいもの、気を抜いていると「もうやーめた!」と恋心を放棄されてしま…

【男の本音】美人じゃないのに「なぜかモテる女」8つの特徴

あなたの周りにも、美人でもスタイルが良くもないのに、なぜか男性からモテたり、彼氏が途切れないタイプの女性はいませんか? かたや、美人で仕事もできてスタイルバツグ…

愛される40代独女は「自然体」?男性目線でグッとくるところを聞いてみた

「自然体の女性はモテる」とよく耳にしますが、実際に”自然体”ってどんな状態のことを指すのでしょうか。程よく気の抜けた自分を見せているつもりでも、男性から見れば意外と「演出している」ことはバレてしまうもの…

春デートのココでバレる!男もガッカリな40代独女の「カン違い態度」3選

あたたかい陽気が続くようになると、春の訪れを感じますね。冬の間は出不精だった人でも、春になるとお出かけしたくなるという男女は多く、デートの機会も増えるもの。ですが、イベントが多い春デートではちょっとし…

やらかした!40代独女が大慌てになった「花粉症のときの失敗談」6選

今年も花粉症のつらい症状に悩む40代独女は多いと思います。特に今年は花粉の飛散量が多く、「薬が効かない」「去年よりひどい」という声がちらほら。くしゃみや鼻水などで集中力が下がる花粉症の症状は、思わぬ失態…

これぞオバ見え!男性がショックを受けた40代独女のアクセって?

仕事でもプライベートでも、リングやピアスなどのアクセサリーを身につける女性は多いと思います。自分では似合うと思っていても、男性が目にして思わず「え、それ!?」とショックを受けるようなものだったら……。男…

思わず惚れ直す……!オフィスで好感度の高い40代独女の”イメチェン”って?

転職や異動などで環境が変わる人の多い春は、イメチェンして心機一転を考える40代独女もいるかもしれませんね。これまでと同じ環境で過ごす人でも、雰囲気が変われば周りの人の目にも新鮮に映るもの。オフィスで男性…

「絶対やめてほしい」と男性が思う、40代独女の花粉症アピール

暖かくなってくると、花粉症に悩まされる人が多くなります。薬やマスクが手放せない、会社でも常に目薬をさしながらパソコン……なんて、ツラいですよね。ですが、周りに人がいるオフィスでは、花粉症のときもマナーが…

それアリなの…?男があ然とした40代独女の「オフィスの引き出しの中身」

オフィスのデスク、引き出しの中身は整理整頓していますか?頻繁に開け閉めするデスクの引き出しは、他人のところだとつい目がいってしまうもの。男性が思わずあ然となった40代独女の「引き出しの中身」には、その人…

なぜか職場で年下男子にモテる40代女。その「ヌケ方」の特徴は

年下男子にとって、40代の女性は恋心も尊敬の念も抱いてしまう存在。「交際がかなっても、ついていくのが大変かな」と思うと尻込みしてしまいますが、年上であっても同じ目線でお付き合いができそうな女性にはまっす…

ギョッ、オバサンスマホだ…僕は見たくなかった40代独女のアウトな「スマホ使い」

いまや生活の必需品ともいえるスマートフォン。持っていないという人のほうが少なくなりました。出番が増える一方で、その使い方が問題視されることもしばしば。SNSなどでは”マナー違反”が目立つ投稿を目にすること…

うーん、アウト。男性が「依存されそう」と思った40代独女の恋愛模様

ある人に好意を持っても、過去の恋愛話を聞いて「ちょっとアウトかな」と諦めてしまうことって、ないですか?良いお付き合いがイメージできないと、せっかく芽生えた好意も育ちにくいですよね。特に依存体質であるこ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事