この夏出会った男性を「彼氏」に変えるには、こまめな○○がマスト

海や山、花火大会にビアガーデン。夏は出かける先が多く、また異性との出会いも望める季節ですね。ですが、一期一会の巡り会い、そのときは盛り上がっても、落ち着いてしまえばやっぱり上手くいかないもの? 実際に「夏の出会い」を体験した人に話を聴くと、その後もお付き合いが続いているカップルは「連絡の継続」が恋心を育てるカギになっていました。

当たり前だと思われそうですが、知り合って日が浅い相手とLINEや電話を続けることは、関心と行動が必要で意外と労力を使うもの。今回は、そんな「夏の出会い」のエピソードをご紹介します。

 

悩むより会うことで気持ちを確認!

――合コンの代わりにセッティングされた花火大会での飲み会。幹事の友達が場所取りをしてくれたんだけど、交代の時間で一緒になったのが今の彼女でした。

買い出しに行っているほかのメンバーを待っている間に夏フェスの話で盛り上がり、ふたりとも行ったことがないのが逆にいろんな話題につながって、好きなジャンルやアーティストも同じだったことですっかり意気投合、飲み会が始まってもずっとふたりで話していました。花火があがるころには絶対にまた会いたいと心の中で思っていましたね。

すぐに連絡先を交換して、その後はこちらからマメにLINEしてまた音楽の話をしていたけど、お互いプライベートな話題になると何か照れくさく、テンションが下がるのが怖くて無理やり笑いをとるようなメッセージを送っていました。返信がないときなんか不安になったけど、彼女の方も「関心を持たれなくなるのが怖くて」と自分の話をなかなかできなかったそう。

このままじゃ先に進まないと思って、ある日思い切ってデートに誘うとすぐにOKの返事があり、今度はふたりきりで会ったのが飲み会から一ヶ月後。顔を合わせると前みたいに盛り上がって、やっぱり好きだなぁと実感、「これからも会いたいね」と自然に言ってしまって焦ったけど、彼女の方も「うん」と答えてくれて、そのままお付き合いすることになりました。フィーリングの良さを感じ続けるには実際に会って話すのが一番だと実感しましたね。(35歳/福祉)

 

――出会いの興奮が冷めてしまうと、改めて向き合うことが恥ずかしくなりますよね。特に離れているときは相手の様子を想像できないので余計に不安が募ります。それなら、いっそ実際に会って気持ちを確かめるのが恋を進める一番の近道です。

 

共通の趣味があれば会話に困らない

――参加しているダンスサークルの先生が、普段はレッスンを行っていないフィットネスジムでイベントに招待されたと聞き、サークル仲間と行ったとき。意気込んで参加したものの、いつもの顔ぶれと違い、広いスタジオにたくさんの人が集まった中で行うレッスンの熱気にすっかり呑まれてしまって普段通りの動きができず・・・。その後あった打ち上げではボーッと座っているだけの状態でした。

そんなときに声をかけてくれたのが、同じイベントに参加していた今の彼。ジムの会員さんだった彼は、一生懸命踊る私の姿を見ていてくれて、「とても楽しそうだったけど、何だか動きにくかった?」とお水を渡してくれました。ナンパかと思ったけど無理にお酒を進めるわけでもなく、ただダンスの話を楽しそうにする彼との時間は楽しくて、次はこちらのサークルに参加する約束をしてくれました。

そのときに連絡先を交換して、サークルがあるまではLINEでやり取りする日々。ダンスという共通の話題があるので会話に困ることがなく、お互いどんなレッスンを受けてきたかなど話すのは本当に新鮮でドキドキしていました。

結局、サークルに来てくれたときにこちらからお茶に誘い、LINEで説明しきれなかったことなどまた話しているうちにもっと会いたいと思うよりになり、彼から「今度は食事でも」と言われたときは思わず笑顔で頷いていました。彼の方は「スタジオで見かけたときから気になって」声をかけてくれたそうですが、LINEでも会っていてもきちんと距離をとってくれるところが信用できて、少しずつお互いのことを知り合っていって、お付き合いすることになりました。突然の出会いでも、趣味が合うとそれを通じて人柄を知っていけるので良いなと思います。(41歳/教員)

 

――今ではいろんなイベントにふたりで参加して幸せな思い出を増やしているとのことで、ひとりのときより世界が広がるような出会いは奇跡だなぁと思います。

 

連絡する、という行為は、相手に関心があるだけでは続きません。お互いに言葉のキャッチボールを楽しみたいという気持ちがないと、フェードアウトしてしまうのがほとんどでしょう。

相手が目の前にいないからこそ、話題やネタを考えるのは大変ですが、趣味や好みが少しでもわかっているとそこから話を広げることができます。いきなりプライベートな話は難しいですが、言葉を重ねることで少しずつ心を開いていけるのですね。

「夏の出会い」を恋につなげていくには、お互いのことを知りたいと思う心を育てることが必須。そのためには、女性側もより男性に関わろうとする姿勢が重要です。貴重な機会だからこそ、新しい世界を見つけるようなワクワクを持って楽しみたいですね。

スポンサーリンク

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人からよく聞くのが、「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

僕たち、独女のコレに弱いです!男性が思わず「ドキドキする瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

「なぜ彼女は独身なの?」40代独女の本音とは【新連載】

はじめまして。イラストレーターのNobbyです。大学を卒業してすぐフリーランス人生が始まり、絵を描いたりトロンボーンを吹いたり歌ったり、とにかく好き放題で生きてきま…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

【男の本音】こんな40代独身女性になってない?男性ががっかりする原因3つ

現在恋人のいる40代独女の皆さま、楽しいお付き合いをしていますか? いくつになっても男性の目は厳しいもの、気を抜いていると「もうやーめた!」と恋心を放棄されてしま…

【男の本音】美人じゃないのに「なぜかモテる女」8つの特徴

あなたの周りにも、美人でもスタイルが良くもないのに、なぜか男性からモテたり、彼氏が途切れないタイプの女性はいませんか? かたや、美人で仕事もできてスタイルバツグ…

「君と社内恋愛は無理」。男が嫌がる40代独女の振る舞いって?

会社で見かけるアラフォー女性。いいなと思っていたけれど、接していくうちにおかしな人間関係に首をつっこんでいたり周りから敬遠されていたり、ちょっと首をかしげる場面を見るようになった。周りと良い関わりがで…

40代にもなって○○ができない?男性が「お相手いたしかねる」40代独女の痛いあいさつ3つ

朝オフィスに出勤したときや退社するタイミング、周りの人と挨拶をしていますか?「当然でしょ!」と答える40代独女が多いと思いますが、どんな表情で声をかけているか、どんな態度で相手の言葉を受け止めているか、…

必死なオバサン!男が思わずドン引きした40代独女の「ウザいお節介」って?

好きになった男性に振り向いてもらいたいのは当たり前。だから、積極的にコミュニケーションを取るのが好きになってもらうためには重要。確かにそうではありますが、それ、男性のリアクションをきちんと見ていますか…

「彼女にしたくない!」男性の心が急速に冷めた40代独女のバッグの扱い方NG例

気になる女性と楽しいデート。メイクも服も可愛いな、なんて思ったいたけれど、手にしたバッグの扱い方を見てがっかり……。小さなことですが、デート中は相手の持ち物につい目がいくので「こんなふうに触るのを見てび…

「彼、もしかして既婚者?」不安から暴走した40代独女の仰天行為とは

お付き合いしている彼氏がいるけど、独身だと思いこんでいたらどうもあやしい。本当は既婚者なのでは……?こんな不安を抱えながら交際を続けるのは、本当に苦しいですよね。本人に訊いてもはぐらかされてしまい、それ…

初デートで40代独女がびっくり!ありえへん男性のふるまいとは?

気になる男性との、最初のデート。相手がどんな様子で来るのか、どんな時間になるのか、ドキドキしますよね。でも、いざ行ってみたら男性の態度がちょっと受け入れられなくて、がっかりするなんてこともあります。「…

【40代男女の本音】「付き合わなければよかった女性&男性」の特徴

長く友人として接してきたけど、お互いに恋愛感情を持ったので恋人関係にステップアップ、というカップルもいると思います。ですが、いざ恋人としてお付き合いしてみると、思わぬ一面を見たり合わないところが多かっ…

それ、バレてるよ。男性が敬遠する「自分を”盛って”でも好かれたい」40代独女の特徴

男性にモテたい、意中の人に振り向いてもらいたいからと、自分をより魅力的に見せようとする40代独女、いませんか?プロフィールなどを”盛る”のは、一時的に男性の気を引くことはできてもそれを継続できないのが問題…

【大人の失恋】別れてよかった!40代独女が「付き合ってはいけない男」とは

誰かを好きになっても、いつも幸せな恋愛ができるとは限りません。相手に恋人がいたり好意を利用されたり、自分が望む未来とはかけ離れていても、「好きだから仕方ない」と関係を続けてきた40代独女たち。しかし、そ…

「近寄りたくない!」バーで男性が顔をしかめる40代独女の特徴

雰囲気のいい静かなバー。ゆっくりお酒を楽しみたい40代独女の中には、お気に入りのお店があるという人もいるでしょう。明るい照明に人の喧騒が当たり前の居酒屋と違い、落ち着いた空間でそれぞれの時間を楽しむバー…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事