年収400万でも貯金できない女は「ダメな節約」してるかも?

 

「しっかりもの」女性のマネー事情

今や誰もが心がけている節約ですが、自分にあった節約法を選ばないと逆効果になってしまいます。気をつけて節約しているつもりが、かえって損しているのでは放置しておけませんね。

特に、いわゆる長女っぽい、「しっかりもの」タイプの女性は、「節約もしっかりできるはず」と、周囲の人も思っているのでチェックされず、逆効果の節約法をずっと続けていることも多いようです。

先日、相談に来たY子さんも「しっかりもの」タイプ。でも、「貯金がどうしてもできない、何がいけないのかもうわからない」と悩んでいました。

 

厳しすぎる予算設定はNG

Y子さんは埼玉県在住の39歳、独身。年収は約430万円で都内の会社に派遣社員として勤務しています。一人暮らしで、現在は賃貸のマンションに住んでいますが、昨年ごろから分譲マンションを買いたいな、と考え始めました。そのためにはまず、お金をためて資金作りをしなくてはいけません。

子供の頃から「しっかりもの」のY子さんは、無駄遣いの習慣も無く、働き始めてから手取り収入の30%以上は貯蓄にしていました。月の生活費は18万円未満でやりくりをしていましたが、家賃が7万なので、その他の支出はかなり節約しているわけです。

ところが現在の貯蓄残高は100万円には遠く及ばない金額しかありません。これではマンションの頭金には不十分ですし、そもそもなぜ貯まっていないのでしょう。

これは、Y子さんの厳しすぎる予算設定が逆効果になっていました。貯めたお金は年に数回の旅行費用として使っていたのですが、普段の節約から開放された旅先では、財布の紐が緩みっぱなしになっていたようです。

 

生活費の節約はほどほどに

さらに、最近は体調をくずしがちとの悩みもありました。身体の心配はもちろんですが、お金のことも不安になります。Y子さんは派遣社員なので、仕事を休むと収入減に直結するからです。しかも病院代や薬代がかかるので、生活費の予定が変わってしまいます。

そんな時、さらに生活費を節約するようでは、バランスのとれた食事や、必要な身体のメンテナンスができなくなって、さらに体調をくずしてしまうことにもなりかねません。

お金は大切ですが、身体の健康はもっと大切。生活費の節約はほどほどにしましょう。

 

律儀すぎる交際費に要注意

Y子さんのお金の使い道をさらに聞いていくと、交際費が少なくないことがわかりました。友人の結婚祝の出費がかさんだ時もありましたが、その後は出産祝が続きました。最近は親戚の子供たちの入学祝や成人祝などが毎年のようにあり、家計を圧迫しています。

年数回の旅行は友人と行っているのですが、宿泊先や観光する場所などのプランは自分だけで決められないので、自分のお財布事情は二の次になりがちです。

 

節約は年単位で考える

Y子さんは節約を月単位で考えていました。これを普段の支出とすると、旅行費や病院代、お祝いなどの交際費は特別な支出と考えられます。特別だから高額な出費も仕方ない、と思い込んでいると、年単位での収支は決して大きなプラスにはなりません。

特別な出費にも予算を立てて、生活費の節約は無理のない範囲にすると、ストレスなくお金が貯まりやすくなります。

 

Y子さんは、旅行費については旅行会社の「旅行積立」を利用して、計画的でおトクに旅行資金の準備をすることにしました。

食事はバランスよくとるように、自炊を中心に考えるようにしました。また、親戚へのお祝は、家族との連名で贈ることで節約するようにしました。

そして、少しずつマンション購入のための資金作りができるようになってきました。

しっかりものだから、と自分に厳しくなりすぎず、ちょうどいいペースを見つけることが、お金を貯める近道になります。

 

FPCafe登録パートナー   タケイ啓子)

 

 

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

「信じられるのはお金だけ」世代!? 40代の平均貯金額とは

「信じられるのはお金だけ」という名言を残したマツコ・デラックスさん。老後のことを考えてお金を貯めているとのことでしたが、この言葉に激しく同意したアラフォー女性は…

なぜかお金が貯まらない人の3大理由「スタバ」「コンビニ」あと1つは?

特に無駄づかいをしていないのになかなかお金が貯まらない…という人は多いようです。私のところにも「無駄づかいをしていないのにお金が貯まらない…」という相談で訪れる人…

年収300万と400万では結構違う?「お金の貯め方」のコツ

私のところには「無駄遣いを減らしたい」「お金を貯めたい、増やしたい」というご相談でやってくる40代女性が多いのですが、年収によって「お金の貯め方」のコツは違います…

お弁当越えのコスパ!「ランチ1回140円」で済ませる裏ワザ

お弁当vs外食ランチの差は一ヶ月どれくらい?仕事もプライベートも何かと忙しい40代。朝早く起きてお弁当づくりするのは大変です。話題のお店でご褒美ランチを楽しむことは…

気付けば貯金が300万円!年収300万円会社員が実行した3つのルール

貯金とは、「楽しみの先延ばし」です。お金を使わないでいることは、何かを我慢することになります。たとえば、新しい服とか、新しい家電とか。そういったものを得られる楽…

ほったらかしでも貯まる!「お財布を休ませる」方法って?

触れない日はないといえるお財布。私たちも休みがないと疲れ切ってパワーがなくなってしまうように、お財布も休みがないとお金が貯まるパワーがなくなってしまいます。お金…

年収400万と500万、年間貯金額はこんなに違った!100万貯めるコツ

どうもお金が貯まらない、自分はムダ遣いばかりしている、そんな風に感じている方も多いのではないでしょうか? 昇給があまりされなくなった現代において、となりの人はど…

銀行口座を分けるだけで月5万貯まる?カンタン貯蓄の仕組みづくり

貯蓄は必要だと思っても、お財布にお金が入っているとついつい使ってしまうものです。かといって、我慢ばかりではストレスがたまって逆効果。貯蓄を成功させるには、手間が…

宝くじシーズン到来!高額当選した40代女性の「末路」は?

年末が近づいてくると、宝くじ売り場には一攫千金を求める人々が詰めかけ、長蛇の列になっているのを目にします。確かに、もし3億円も当たったら、夢も希望も広がりそうで…

月の手取り23万でも年100万円貯めた!40代女性のテクニック

1ヶ月の手取りが23万円、ボーナス37万円が年に2回、合計で1年間の手取り年収350万円。そんなに多い方ではないかもしれないこの年収で、1年間で100万円貯めた女性がいらっし…

「本多式」なら誰でも自然に貯まる!蓄財の神のとってもシンプルな教え

本多静六(1866-1952)という人物を知っていますか。本多静六は、明治から昭和にかけて活躍した林学博士で、東京の明治神宮や日比谷公園など多くの公園を設計しました。同時に、蓄財でも知る人ぞ知る有名人。今回は…

気付けば貯金が300万円!年収300万円会社員が実行した3つのルール

貯金とは、「楽しみの先延ばし」です。お金を使わないでいることは、何かを我慢することになります。たとえば、新しい服とか、新しい家電とか。そういったものを得られる楽しみを、我慢する必要があります。しかし今…

ほったらかしで年6000円もおトク!電子マネーを使うだけのカンタン節約技

電子マネーとは、レジで読み取り機にかざすだけで支払いができる、便利な「お金」のこと。カード型が多く、nanaco、WAON、Suica、PASMO、楽天Edyなどがあります。これらの電子マネーを使うと、ポイントがたまって現…

ヘアケアの正解をコストで比較すると?白髪・ボリューム・うねり【特集オトナの髪悩み】

困りごとをお金で解決、というと、まるで札束を積んで問答無用のイメージですが、意外と身近にありふれています。荷物が重いときに、頑張って抱えるよりもお金を払って配送にする。急いでいることきに、走るよりもタ…

節約に見えて実は浪費?!やるだけ損のダメ節約4

限られたお金は大切に使いたいものです。節約できるところはしっかり節約して、有効なお金の使い方をしたいですね。ところが、節約のように見えて実は浪費になっていることがあります。節約の頑張りが報われないどこ…

銀行預金が無意味になるかも?10年後に損しない40代のお金知識

銀行ATMの手数料が実質値上げになったり、銀行の営業日が平日9~15時までとは限らなくなったりなど、銀行のサービス内容が少しずつ、しかし確実に変わってきていることにお気づきでしょうか。今回は、変わりゆく銀行…

女性FPがそっと教える「お金にまつわるおいしい話のウソ」 3つの見抜き方

おいしい話にはウラがある、とはよく言われます。それでも、おいしい話に乗った挙句、損をさせられてしまう人は後を絶ちません。だましのウソはますます巧妙になり、「私だけは大丈夫」と思っている人が、実は一番危…

お金のプロって「1年で100万」どう貯めるんですか?FPタケイさんの場合

OTONA SALONEでマネー記事を連載している3人のFPに、まったく同じ「1年で100万貯めてくださいと言われたら、自分ならどうしますか?」という質問しました。三者三様の貯め方ノウハウ、いったいどんな内容なのでし…

銀行口座を分けるだけで月5万貯まる?カンタン貯蓄の仕組みづくり

貯蓄は必要だと思っても、お財布にお金が入っているとついつい使ってしまうものです。かといって、我慢ばかりではストレスがたまって逆効果。貯蓄を成功させるには、手間がかからず、放ったらかしでもお金が貯まる仕…

新年度の「かくれ値上げ商品」はコレ!値段ではなく量に注意すべし

新年度が始まり、新たなスタートをきった方も多いのではないでしょうか。新しい環境になっても、お金の収支はきちんと守っていきたいですね。冬の間は野菜の高値が続きましたが、最近は落ち着いてきています。しかし…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

MONEYに関する最新記事