年収400万でも貯金できない女は「ダメな節約」してるかも?

 

「しっかりもの」女性のマネー事情

今や誰もが心がけている節約ですが、自分にあった節約法を選ばないと逆効果になってしまいます。気をつけて節約しているつもりが、かえって損しているのでは放置しておけませんね。

特に、いわゆる長女っぽい、「しっかりもの」タイプの女性は、「節約もしっかりできるはず」と、周囲の人も思っているのでチェックされず、逆効果の節約法をずっと続けていることも多いようです。

先日、相談に来たY子さんも「しっかりもの」タイプ。でも、「貯金がどうしてもできない、何がいけないのかもうわからない」と悩んでいました。

 

厳しすぎる予算設定はNG

Y子さんは埼玉県在住の39歳、独身。年収は約430万円で都内の会社に派遣社員として勤務しています。一人暮らしで、現在は賃貸のマンションに住んでいますが、昨年ごろから分譲マンションを買いたいな、と考え始めました。そのためにはまず、お金をためて資金作りをしなくてはいけません。

子供の頃から「しっかりもの」のY子さんは、無駄遣いの習慣も無く、働き始めてから手取り収入の30%以上は貯蓄にしていました。月の生活費は18万円未満でやりくりをしていましたが、家賃が7万なので、その他の支出はかなり節約しているわけです。

ところが現在の貯蓄残高は100万円には遠く及ばない金額しかありません。これではマンションの頭金には不十分ですし、そもそもなぜ貯まっていないのでしょう。

これは、Y子さんの厳しすぎる予算設定が逆効果になっていました。貯めたお金は年に数回の旅行費用として使っていたのですが、普段の節約から開放された旅先では、財布の紐が緩みっぱなしになっていたようです。

 

生活費の節約はほどほどに

さらに、最近は体調をくずしがちとの悩みもありました。身体の心配はもちろんですが、お金のことも不安になります。Y子さんは派遣社員なので、仕事を休むと収入減に直結するからです。しかも病院代や薬代がかかるので、生活費の予定が変わってしまいます。

そんな時、さらに生活費を節約するようでは、バランスのとれた食事や、必要な身体のメンテナンスができなくなって、さらに体調をくずしてしまうことにもなりかねません。

お金は大切ですが、身体の健康はもっと大切。生活費の節約はほどほどにしましょう。

 

律儀すぎる交際費に要注意

Y子さんのお金の使い道をさらに聞いていくと、交際費が少なくないことがわかりました。友人の結婚祝の出費がかさんだ時もありましたが、その後は出産祝が続きました。最近は親戚の子供たちの入学祝や成人祝などが毎年のようにあり、家計を圧迫しています。

年数回の旅行は友人と行っているのですが、宿泊先や観光する場所などのプランは自分だけで決められないので、自分のお財布事情は二の次になりがちです。

 

節約は年単位で考える

Y子さんは節約を月単位で考えていました。これを普段の支出とすると、旅行費や病院代、お祝いなどの交際費は特別な支出と考えられます。特別だから高額な出費も仕方ない、と思い込んでいると、年単位での収支は決して大きなプラスにはなりません。

特別な出費にも予算を立てて、生活費の節約は無理のない範囲にすると、ストレスなくお金が貯まりやすくなります。

 

Y子さんは、旅行費については旅行会社の「旅行積立」を利用して、計画的でおトクに旅行資金の準備をすることにしました。

食事はバランスよくとるように、自炊を中心に考えるようにしました。また、親戚へのお祝は、家族との連名で贈ることで節約するようにしました。

そして、少しずつマンション購入のための資金作りができるようになってきました。

しっかりものだから、と自分に厳しくなりすぎず、ちょうどいいペースを見つけることが、お金を貯める近道になります。

 

FPCafe登録パートナー   タケイ啓子)

 

 

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

「信じられるのはお金だけ」世代!? 40代の平均貯金額とは

「信じられるのはお金だけ」という名言を残したマツコ・デラックスさん。老後のことを考えてお金を貯めているとのことでしたが、この言葉に激しく同意したアラフォー女性は…

なぜかお金が貯まらない人の3大理由「スタバ」「コンビニ」あと1つは?

特に無駄づかいをしていないのになかなかお金が貯まらない…という人は多いようです。私のところにも「無駄づかいをしていないのにお金が貯まらない…」という相談で訪れる人…

お弁当越えのコスパ!「ランチ1回140円」で済ませる裏ワザ

お弁当vs外食ランチの差は一ヶ月どれくらい?仕事もプライベートも何かと忙しい40代。朝早く起きてお弁当づくりするのは大変です。話題のお店でご褒美ランチを楽しむことは…

年収300万と400万では結構違う?「お金の貯め方」のコツ

私のところには「無駄遣いを減らしたい」「お金を貯めたい、増やしたい」というご相談でやってくる40代女性が多いのですが、年収によって「お金の貯め方」のコツは違います…

「1000万円貯蓄する人が買わないもの」とは?ごくごく普通な3つの答え

貯蓄をするなら、1000万円を目標にする人が増えています。40代で、1000万円以上の貯蓄がある人は20.2%*。この数字からは、決して無理な金額ではないようにも思えます。し…

元国税芸人が見てきた「お金持ちが絶対やっていない」7つのこと

仕事が忙しくてお金のことなんて気にしていられない、気にはなるけどどうしていいかわからない、損をするのは嫌だけど積極的に調べたり聞いたりするのは億劫、そう考える女…

40代は借金世代!? 40代の平均「住宅ローン」残高とは

40代で住宅ローンを抱えている人の平均残高はいくらくらいなのだろう? 先日、アラフォーのときに都内の2LDKマンションを購入した知人の40代後半独女が「今年じゅうには住…

気付けば貯金が300万円!年収300万円会社員が実行した3つのルール

貯金とは、「楽しみの先延ばし」です。お金を使わないでいることは、何かを我慢することになります。たとえば、新しい服とか、新しい家電とか。そういったものを得られる楽…

通勤にバス定期券を買うと月に2,390円も損?知らなかった「バス特」活用

通勤にバスを利用している方も多いのではないでしょうか。バスも会社から定期代が支給されているから、と鉄道と同様に定期券を購入していませんか。実は損をしているかもし…

ほったらかしでも貯まる!「お財布を休ませる」方法って?

触れない日はないといえるお財布。私たちも休みがないと疲れ切ってパワーがなくなってしまうように、お財布も休みがないとお金が貯まるパワーがなくなってしまいます。お金…

気をつけて!お礼のつもりで現金を包むと「超失礼」になるケースが5つもある!

結婚式やお葬式では、お金を包むことが常識とされています。また、入学や就職などのお祝いにも現金を贈ることが多いかもしれません。しかし、なかにはお金を渡すことが失礼にあたることもあります。せっかく心をこめ…

お金に愛される!「しぐさ」「髪」「○○」で金運オーラを引き寄せる

「いかにもリッチ」な雰囲気は、お金をかけなくても出すことができます。リッチオーラはお金を引き寄せ、価値ある人脈を広げてくれることもあります。貧乏くさく見えるより、リッチに見えるほうが気分もあがるので、…

1年で100万貯金できるヒトたちは「自分の○○」を例外なく知ってた!

世の中には様々な貯蓄法がありますが、自分に合った方法を選ぶことが大切です。合わない方法では続けることが難しく、ストレスがたまる上に、我慢の反動で浪費に走れば後には何も残りません。そんな無駄な努力をする…

満月と新月、人が浪費しやすいのはどっちだと思う?答えは納得のこちら

月の満ち欠けは人の心にも影響を与えると言われています。お金を計画的に使おうと思っていても、衝動買いをしたり、厳しい節約を始めたり、出費のコントロールが難しいと感じているなら、月のバイオリズムに注目して…

家計簿つけても貯まらない人!「ごく当たり前」の原因は

家計簿には2種類あります。それは、「貯まる家計簿」と、「貯まらない家計簿」です。節約には、収支の把握が欠かせません。そのため、家計簿をつけようと考える人も多いでしょう。オトナサローネ世代なら、1度は家計…

年末年始にお金を使いすぎた人!この「究極の節約術」で今月を乗り切れ!

お正月休みは旅行や帰省、バーゲンセール、お年玉など、出費がかさむイベントが続きます。年に一度のことだから、とつい財布のヒモがゆるんでしまうことも多く、1月中旬を過ぎた頃には散財したことに青くなっている…

パート、非正規なら貯蓄額より○○に注目?働き方別「全員貯まる」貯金法

「一年の計は元旦にあり」、貯蓄は計画が大切です。2019年はいくら貯蓄をしたいか、目標はいかがでしょうか。せっかく目標金額を決めたら、効率よく達成したいですね。そこで大切になるのが貯蓄方法です。昨今はさま…

節約もダイエットもメリハリが大事!出すとこ締めるとこをしっかり分けよう

節約をするのに、「とにかくお金は使わない」というやり方は、即効性はありますが続けるのが難しく、結局は元通りの家計にリバウンドしてしまいがち。このことは、ダイエットにもよく見られることです。とにかく食べ…

お金使わず楽しめる!「おトクな年末年始の過ごし方」3選

年末年始はまとまったお休みになることも多く、どのように過ごすか考えている人も多いのではないでしょうか。お出かけするのもよし、部屋でのんびりするのもよし、悩むのも楽しいですね。そして、せっかくならおトク…

2018年40代が買ってよかったもの・買わなきゃよかったもの3選

2018年はどんな一年だったでしょうか。良いこともあれば、悪いこともあり、禍福はあざなえる縄のごとし…。お買い物も同様に、買ってよかったと満足できるものもあれば、買わなきゃよかった、何で買ってしまったんだ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

MONEYに関する最新記事