50代に入ってからの老後資金準備「無理だわ」と思わずやってみたら意外とできる!

パート勤務の私が50代に入ってから、プラス1000万円の老後資金準備って無理だよね……?

「いえ、そんなこともないですよ」と断言するのは、更年期世代女性のマネー相談を専門とするFP集団・FPウェルのアイ所長。

「私のところに相談にやってくる女性のお客様には、学校卒業、企業に勤務して25歳ごろ結婚、いちどは専業主婦を選んで育児に専念し、40歳前後で下の子が手を離れたタイミングでパートに復帰。10年以上たったいまでは扶養内マックスまで働くという50代の女性が多くいらっしゃいます」

前編記事『「50代・貯金なし」からプラス1000万の老後資金は作れる?何から始めればいいですか?答えは意外な』に続く後編記事では、具体的な資金準備方法を教えてもらいます!

 

50代以降の資金準備には、どのような相談パターンがありますか?

資金形成を阻む要因というのもある程度パターンがあるそうですが、どのような点ですか?

 

「50代女性は2つのパターンにわかれます。1つはすでに子どもが独立している人たちのパターン。このみなさんは、自分のお小遣いを稼いでいる認識が大きく、自分のためにお金を使っています。もう1つは30代ラストから40代に入って出産した高齢出産組で、まだまだ育児中という人たちのパターン。特に正社員勤務を続けている人は、軒並み子どもに教育費をかけすぎている点が特徴です」

 

前者は扶養内マックスの月8万8000円まで働いていることが多く、給与のうち3万を推し活、3万を美容、残りはランチというように使い切る傾向があるそう。いっぽう後者は小・中学校受験、海外留学、高額な習い事の掛け持ちなど、教育費に糸目をつけず費やしていることが多いそう。

 

「どちらもご家庭の方針ですからよい悪いではないのですが、まずは現在地を知り、このままのペースだとどうなるのか、未来の予測をしてみることがおすすめです」

 

その「未来の予測」はどうすればできるのでしょうか?

 

「ライフシミュレーションの作成です。FPに依頼するとカウンセリングをしてシートを作成してもらえることが多いので、作ってくださいとお願いするといいでしょう。退職後の年金を含めた一生の収支の予測値が記入され、たとえば子どもの大学入学でいくら、家のリフォームでいくら、車の買い替えでいくらと、漠然と感じていた未来の出費を可視化することもできます」

 

じつは教育費にしろ医療費にしろ、お金は無尽蔵に永遠にかかるというわけではありません。

 

「大きな出費を伴うライフイベントは案外と決まっているので、この先に起きる大きな出費は合計いくらだなと確認することができます。いちど額がわかれば対策もわかり、老後資金を作るモチベーションがわくという声をよく聞きます」

 

確かに……そう言われてリストアップしてみると、たとえば我が家は子どもが1人なので大学卒業以降は教育費がかからないですとか、不安要素ばかりではないことに気づきます。

 

「漠然とした不安のままに放置せず、具体的な額と費目を把握することで対策が可能になるのです。例えば介護と実家のリフォームでたくさんお金がかかりそうだなと漠然と不安に思っていたところが、通算するとあと400万円準備できれば大丈夫、つまり車の買い替えを1回我慢すれば大丈夫だなとわかったりするのです」

 

もうひとつ大切なのは年金定期便のチェック。定年までの夫と自分の給与額はおよそ想定できるはずなので、その後の年金収入額の見当をつけ、お金の出入りのおおまかな動きをイメージしておくことが大事だとアイ所長は言います。

 

新NISAの口座はどこに作ればいい?作ったあとはどうすればいい?

一歩進んで新NISAを始めようと口座までは作れた、でもその先が怖くて……という場合はどうすればいいのでしょうか?

 

「まず、一人で新NISAまでたどりついたことが素晴らしい。自分をほめてください。あとはもう一歩、商品を選んで積み立てを始めるだけです。銘柄の選び方がわからないという質問をよく受けますが、それぞれの条件ごとにとれるリスクも違います。ここからがFPの本来の出番です(笑)。私も個別相談を無料でお受けしていますのでぜひご連絡ください」

 

そのもっと手前、そもそも口座開設をどこで行えばいいのかわからない人も多数います。どうすればいのでしょうか?

 

「最近はネット証券が人気ですが、もうひとつ、ご自身の給与受け取り口座で開設する手もあります。手数料という視点で見るならばネット証券がおすすめですが、開設方法がややこしくてわかりにくいという人は給与受け取り口座のある銀行に出向いて窓口で相談してみてもいいのかもしれません。何にせよ、まずは口座を開設しないと始まらないので、開設することです」

 

ありがとうございました。さっそく口座を何とかしてみます!

 

>>>前編『「50代・貯金なし」からプラス1000万の老後資金は作れる?何から始めればいいですか?答えは意外な

 

お話/FPウェル 所長 アイ

FP業界おせっかい人情派 ファイナンシャルプランナー

大阪府出身。大学卒業後、就職のため上京。就職氷河期になんとか手に入れた職で一生働き続けると意気込んでいたが、社内結婚と出産を経て周囲の圧力に負け、悩んだ末に退職を選んで専業主婦生活へ。しかし、父の会社の経営悪化、両親の熟年離婚をきっかけに「人に頼る人生ではいけない!」と奮起し、資産運用会社で働いていた経験、FPの資格を活かしてフリーランスのFP活動を始める。現在は3人の子育てをしながらファイナンシャルプランナーとして年間200件のマネーに関する相談に従事。「自分の人生は自分でデザインする」をモットーに、お客様の本音に寄り添う頼れるパートナーでありたいと日々活動しています。

ご相談お申し込み先
https://forms.office.com/r/sd0Fw9U4aH

 

▶FPウェルの連載「40代以降のお金相談」

 

【編集部からアンケート】 よりよいページづくりのために、
「あなたのこと」をお聞かせください!

▶ご協力くださる方はコチラから

 

スポンサーリンク