今すぐ封印して! 男性が「ぶりっ子だ…」と嫌悪感を抱くアラフォー女性の言動って?

「年齢不相応に、ぶりっ子な女性だ」と男性に思われるのは、名誉なことではありません。

本人は、ぶりっ子をしているつもりはなくとも、同世代の女性と比較して幼さが際立っていたり、変に“女”を売っているように見られると、途端にゲンナリしてしまう男性も。

「ぶりっ子をしているつもりはないけれど、もしかして、私も!?」とドキッな40代女性のみなさま。こんにちは、並木まきです。

今回は、アラフォー世代がしてしまうと、男性から「ぶりっ子だ!」と思われやすいデンジャラスな言動をお話します。

 

1:黄色い声でうるさい

「わぁ!」「きゃぁぁ」などの、“黄色い声”。

女性らしい話しかたではあるものの、声量が大きかったり頻度が多かったりと「うるさい」印象になると、途端にぶりっ子感が加速します。

ハタチそこそこの女性が口にする「きゃあぁ!」はかわいくても、酸いも甘いも嚙み分けているはずの40代女性がコレをしてしまうと、途端にわざとらしい印象に。

かっちりファッションに身を包み、パッと見は大人の魅力に溢れている女性が想定外の黄色い声を出すと、それだけで「ひょっとして、本当は頭が弱いのか……!?」の疑惑を抱いてしまう男性もいます。

40代の女性としての魅力は、黄色い声以外の面でアピールしていきたいところ。

 

2:「できない」をすぐに口にする

「私には、できないわぁ」「私には難しそう!誰かやって?」など、何かをすぐに「できない」と口にしてしまう40代女性も、ぶりっ子な疑惑を抱かれやすい傾向に。

「できない」の言い方そのものよりも、「いい歳して『できない』ってなんだよ」というゲンナリ感を男性に与えやすいのです。

40代ともなれば、それなりの経験を重ねてきている年代だけに、すぐに「できない!」を口にする女性には、違和感を抱く人も決して少なくありません。

すぐに男性に甘えようとする女性の姿は、即座に言いようのないぶりっ子感を醸し出すことも多く、周囲の男性に「本当はできるのに、わざと言ってないか?」と思わせてしまったら、その時点で即・ぶりっ子な印象になりがち。気をつけて!

 

3:「プンプン」「えへへ」と漫画調の言葉を使う

「もうっ!私、怒っちゃいましたからねっ。プンプン」

「あれ?そうでしたっけ?えへへ。間違えちゃいました!」

こんなふうに、漫画のセリフ口調を好んで言葉にする40代女性も、男性から「ぶりっ子しているなぁ……」と受け取られやすい傾向に。

ご本人は、ちょっとしたユーモアのつもりで発していても、大人世代の女性がこのような話しかたをすることには、嫌悪感を抱く男性もいます。

恋人同士でじゃれあっているシーンならばともかくとして、オフィスや飲み会の席など、オフィシャルな場での漫画口調は、周囲を震撼させます。

「私は、キャラクター的に許されているはず!」と思っている女性もいるかもしれませんが、40代になってからのこの手の口調は、笑いは取れてもモテは逃すパターンが多めです。

 

 

女性同士なら気にならない言動でも、異性である男性から見ると「40代にもなって、この女性はどうしちゃったんだ!?」と驚かれるものもあります。

「男性はぶりっ子な女性に弱い」というお話もなくはありませんが、アラフォー世代の女性には大人の余裕を求める男性のほうが圧倒的に多いのも現実。

お心当たりがあった女性は、今すぐぶりっ子戦術は封印したほうが、かえってモテるようになるかもしれません!

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人からよく聞くのが、「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

僕たち、独女のコレに弱いです!男性が思わず「ドキドキする瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

【40代編集長の婚活記#10】モテ服メイクのルールを全部守ってみた

44歳、未婚独身、ペットなし、会社員。「どうして結婚しなかったんですか?」と聞かれても「別に……」とかつての某女優さんのようにしか言いようがない編集長アサミでござい…

【40代編集長の婚活記#20】結婚できない40女は〇〇が多すぎる!?

44歳・独身・恋人いない歴7年。特に「結婚しない」とも「結婚したい」とも思っていなかったが、気づいたら40代で独女だったというOTONA SALONE編集長アサミが婚活を始めて…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

【男性心理】40代バツイチ男と結婚するために大切なこと

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返ります。

失礼ながら、幸薄そう…! 男が「貧相な顔」認定する40代女性のメイク癖3例

自分では、きちんと身なりを整えているつもりでも、男性目線だと「幸薄そう」「貧相」などの不名誉なジャッジをくだされていることもあります。では、男性たちが、そんなネガティブな評価をくだしがちな顔の特徴とは…

いい雰囲気だったけど…男が一瞬で「付き合うのは遠慮しておこう」と感じた40代独女のニオイって?

意中の男性と、いい雰囲気になっていたのに、理由もわからずに距離を置かれてしまった……という話は、そう珍しくもありません。とは言っても、気に入っている相手から避けられているのは、いくつになっても女性にとっ…

もしや腹黒…? 男が一瞬で警戒した「40代独女の不用意なひと言」3パターン

男女の出会いでは、不用意に発した言葉ひとつで「この人の本性は、きっとこんな感じなんだろう……」を邪推されるリスクもあります。本人にはそこまでの悪意がなくとも、それを聞いた男性が「もしかして、この女性は“…

オフィスで印象最悪…「いかにもオバサン」な40代女性のお仕事姿3選

社内恋愛を狙っていてもそうではなくとも、オフィスでの印象は、上げておくに越したことはないもの。そして、デスクでのちょっとした振る舞いは、思っている以上に男性たちの目に留まっているのも傾向のようです。魑…

頼もしい…! 男が「この人を大事にしなくちゃ」と40代彼女に感じた瞬間3パターン

ご縁あって交際に発展しても、おつきあいを重ねていく過程で「この子を大事にしなくちゃ」と、より愛おしさが増すこともあれば、その逆もあるのが男性心理。では、いわゆる“本命”として付き合っている相手のふとした…

スニーカーもパンプスも…!? 男が一発で「ナシ」認定した40代女性の足もと3パターン

先日、こちらの記事『踵パカパカよりヤバいのは…? ダメな40代女性ほど履きがちな「パンプス」ワースト3とその対策』にて、ダメな40代のレッテルを貼られかねないデンジャラスなパンプスの特徴をご紹介しました。足も…

「この人はキープでいいや」と男に思われる…?アウトな40代女性の言動って

40代の恋愛でも「キープ」や「セカンド」の話は皆無ではなく、むしろ「いい具合に年齢を重ねているし、物分かりがよさそうだ」などの男側の勝手な誤解によって、真剣恋愛の対象から外されてしまっている女性もいます…

男から「育ちが悪そうに見える40代女性」のメイク直しにまつわる振る舞い3選

実際の育ちがどうであれ「育ちが悪そうに見える女」を嫌う男が多いのも、実情です。デート中のちょっとした振る舞いによって「ひょっとすると、育ちが悪いタイプだな」などとジャッジをうけてしまえば、関係の行方に…

その顔、どうしちゃったの…!? 男が引いた「40代女性の気合メイク」3パターン

「その顔、どうしちゃったの!?」なんて思われるのは、相手が誰であれ、避けたいのが私たちのホンネ。しかし気合いを入れたメイクや、「今日だけは失敗したくない!」と思う日に限って、ふだんより“力んだメイク”にな…

踵パカパカよりヤバいのは…? ダメな40代女性ほど履きがちな「パンプス」ワースト3とその対策

周囲からの好感度が高く、“デキる”イメージの女性ほど、“足もと”にも気を配っていると言われます。実際、ワーコルが2月10日の「パンプスの日」にちなんで実施した『働く女性の靴(パンプス)に関する意識調査』によ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LOVEに関する最新記事