今すぐ封印して! 男性が「ぶりっ子だ…」と嫌悪感を抱くアラフォー女性の言動って?

「年齢不相応に、ぶりっ子な女性だ」と男性に思われるのは、名誉なことではありません。

本人は、ぶりっ子をしているつもりはなくとも、同世代の女性と比較して幼さが際立っていたり、変に“女”を売っているように見られると、途端にゲンナリしてしまう男性も。

「ぶりっ子をしているつもりはないけれど、もしかして、私も!?」とドキッな40代女性のみなさま。こんにちは、並木まきです。

今回は、アラフォー世代がしてしまうと、男性から「ぶりっ子だ!」と思われやすいデンジャラスな言動をお話します。

 

1:黄色い声でうるさい

「わぁ!」「きゃぁぁ」などの、“黄色い声”。

女性らしい話しかたではあるものの、声量が大きかったり頻度が多かったりと「うるさい」印象になると、途端にぶりっ子感が加速します。

ハタチそこそこの女性が口にする「きゃあぁ!」はかわいくても、酸いも甘いも嚙み分けているはずの40代女性がコレをしてしまうと、途端にわざとらしい印象に。

かっちりファッションに身を包み、パッと見は大人の魅力に溢れている女性が想定外の黄色い声を出すと、それだけで「ひょっとして、本当は頭が弱いのか……!?」の疑惑を抱いてしまう男性もいます。

40代の女性としての魅力は、黄色い声以外の面でアピールしていきたいところ。

 

2:「できない」をすぐに口にする

「私には、できないわぁ」「私には難しそう!誰かやって?」など、何かをすぐに「できない」と口にしてしまう40代女性も、ぶりっ子な疑惑を抱かれやすい傾向に。

「できない」の言い方そのものよりも、「いい歳して『できない』ってなんだよ」というゲンナリ感を男性に与えやすいのです。

40代ともなれば、それなりの経験を重ねてきている年代だけに、すぐに「できない!」を口にする女性には、違和感を抱く人も決して少なくありません。

すぐに男性に甘えようとする女性の姿は、即座に言いようのないぶりっ子感を醸し出すことも多く、周囲の男性に「本当はできるのに、わざと言ってないか?」と思わせてしまったら、その時点で即・ぶりっ子な印象になりがち。気をつけて!

 

3:「プンプン」「えへへ」と漫画調の言葉を使う

「もうっ!私、怒っちゃいましたからねっ。プンプン」

「あれ?そうでしたっけ?えへへ。間違えちゃいました!」

こんなふうに、漫画のセリフ口調を好んで言葉にする40代女性も、男性から「ぶりっ子しているなぁ……」と受け取られやすい傾向に。

ご本人は、ちょっとしたユーモアのつもりで発していても、大人世代の女性がこのような話しかたをすることには、嫌悪感を抱く男性もいます。

恋人同士でじゃれあっているシーンならばともかくとして、オフィスや飲み会の席など、オフィシャルな場での漫画口調は、周囲を震撼させます。

「私は、キャラクター的に許されているはず!」と思っている女性もいるかもしれませんが、40代になってからのこの手の口調は、笑いは取れてもモテは逃すパターンが多めです。

 

 

女性同士なら気にならない言動でも、異性である男性から見ると「40代にもなって、この女性はどうしちゃったんだ!?」と驚かれるものもあります。

「男性はぶりっ子な女性に弱い」というお話もなくはありませんが、アラフォー世代の女性には大人の余裕を求める男性のほうが圧倒的に多いのも現実。

お心当たりがあった女性は、今すぐぶりっ子戦術は封印したほうが、かえってモテるようになるかもしれません!

スポンサーリンク

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人からよく聞くのが、「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

僕たち、独女のコレに弱いです!男性が思わず「ドキドキする瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

【40代編集長の婚活記#10】モテ服メイクのルールを全部守ってみた

44歳、未婚独身、ペットなし、会社員。「どうして結婚しなかったんですか?」と聞かれても「別に……」とかつての某女優さんのようにしか言いようがない編集長アサミでござい…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

【40代編集長の婚活記#20】結婚できない40女は〇〇が多すぎる!?

44歳・独身・恋人いない歴7年。特に「結婚しない」とも「結婚したい」とも思っていなかったが、気づいたら40代で独女だったというOTONA SALONE編集長アサミが婚活を始めて…

「なぜ彼女は独身なの?」40代独女の本音とは【新連載】

はじめまして。イラストレーターのNobbyです。大学を卒業してすぐフリーランス人生が始まり、絵を描いたりトロンボーンを吹いたり歌ったり、とにかく好き放題で生きてきま…

ごめん圏外…男が「結婚はナシ」と即決する40代女性の初対面ファッション

ファッションは、その人の第一印象を左右する重要な要素。見た目だけでその人の内面までは計り知れないことは理解しつつも、身を包んでいる服によって「この人って、こんなタイプ?」の推測が働くのも心理です。では…

今すぐ真似したい!「感じのいい40代女性」好感メイク3つのポイント

「あの人って、なんか感じいいよね」「いい具合に年齢を重ねている女性って感じ」周囲からそんなふうに評されている40代女性には、意図せずともしなくとも、好感を与えるメイクが味方になっているケースも少なくあり…

オバ見え確定…! 40代女性をすこぶる老けさせるNGスキンケア

スキンケアは、美肌を育む基本。毎日の積み重ねもモノを言うテーマだけに、ちょっとしたNGが積み重なることによって、不用意な「オバサン化」を招く要素にもなりえるのが実情です。「そういえば、しばらくスキンケア…

お泊りデートでオバサン判定!40代女性が「ギョっとされた」3つのNG行動

お泊りデートは、意中の男性との心の距離を、さらに近づけるチャンス。ところが、少し気を抜いたがばかりに、男性から「オバサンくさい女性だな……」と残念なレッテルを貼られてしまった40代女性もチラホラです。「40…

「そりゃお別れされますよ…」男がドン引きする40代女性のダメ習慣

今どきは、婚歴のある独身者も、決して珍しくない時代。40代で独身の女性にも、過去に結婚をしていた過去がある人も少なくありません。そして、離婚歴があっても、恋愛や次の結婚に意欲的な女性だって珍しくなく「い…

ごめんダサいし昭和っぽい…男が「変だ」と感じる40代女性の定番メイク

クラシカルなテイストでまとめたメイクは、40代がすると大人の魅力が引き出される“オシャレ”になるはずだけれど、男性目線だと「いやいや、ダサいし昭和っぽいでしょ……」となることもあるようです。自分では、あえて…

19年夏「日焼け止め」選び方の正解は?40代はSPF、PA以外にコレをチェック!

本格的な日差しの強さを感じる日も多くなってきた今日この頃。デイリーのUV対策にも、本腰を入れたいシーズンの到来です。ところで、ドラッグストアをはじめとして、市場にはたくさんのUVアイテムがあるだけに「私に…

男の目は本当キビシイ…! 「この子、メイクが下手」と感じた40代女性の肌3つ

40代ともなると、ちょっとした不摂生や疲れによって、お肌の状態が不安定になるのも“あるある”です。そして、そんな女性たちの肌に向けている男性たちの視線は、こちらが思っている以上にシビアなものも……。男性の目…

令和なのに昭和感…40代が陥りがちな「古臭いアイメイク」って?

新元号「令和」の時代を迎え、ようやくその響きにも慣れてきた今日この頃。気持ちも新たに、新時代を清々しく迎えている人も、少なくないと思います。ところが、どんなに気持ちがフレッシュでも、メイクの出来によっ…

こんな白髪はイヤだ…男が嫌悪感を示す40代女性の白髪状態って?

年齢を重ねれば「お互い様」になってくる老化のひとつが、白髪。それだけに、同世代や目上世代の男性たちは、40代女性の白髪にも、女性が思っている以上に寛容な実態もあります。しかし「お互い様ではあるけれど、こ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LOVEに関する最新記事