【実例】ある日突然夫の借金が判明?こんな「ザル家計夫婦」に要注意

最近増えている、「おひとりさま夫婦」。生活費の分担はするけれど、それ以外のお小遣いや貯蓄のことにはお互いノータッチ。必要以上に干渉しないのは自由でいいのですが、お金のことはそれではすまないこともあります。新年を迎え、このパターンに当てはまる人は今年もいっそうの注意が必要です。

 

共働き夫婦は「おひとりさま」が2人いる状態になりがち

都内に住むS子さん(42歳)もそのひとり。45歳の夫はフリーランスで働くSE。S子さんは事務用品を扱う会社で働く派遣社員です。

S子さんが家賃、夫が生活費を出すというルールにして、それ以外はお互いに好きに使っています。S子さんは年収400万円ですが、夫の年収は不明。貯蓄残高も不明でした。

それでも順調な時には問題ありませんでした。S子さんも、一人暮らしの時より広い部屋に住み、自由に使えるお金が増え、夫婦の暮らしに満足していました。

ところが、S子さんの夫が入院することになってから事態は一変。お互いに干渉してこなかったことが、かえって仇となったのです。

 

突然判明!実は夫は借金まみれだった!

ある日、夫は出先でケガをして救急車で運ばれました。幸い足の骨折だけで、後遺症等は心配なさそうなので一安心です。

ところが、S子さんは夫の健康保険証や、銀行のキャッシュカードなどの貴重品がどこにあるのかわからず、自宅のあちこちを探すことに。

そして、夫が仕事で使う引き出しを探していたときに、カードローンの利用明細と督促状の束を見つけてしまったのです。しかもカードローンの利用残高は、すでにS子さんの年収以上の金額。少しは貯金もしているだろうと思っていたS子さんには衝撃の事実でした。

病室で夫に聞いても謝るばかり。さらに、国民健康保険の保険料未納も発覚。生命保険も解約していました。生命保険から入院・手術のための給付金が出ると思って、差額ベッド代のかかる個室にしたのに……。S子さんは病院に払うお金をどうしようかと考え込んでしまいました。

 

お金の収支はオープンに。貯蓄目標はシェアが基本

夫の急なケガと、お金の心配で精神的に参ってしまったS子さんでしたが、FP相談を利用したことで気持ちを切り替えられました。

冷静かつ合理的に考えて、病院に支払うお金はS子さんの貯金を取り崩すしかありません。

そして、カードローンは1日も早い完済を目標に、夫婦で協力しあうことが一番の近道です。

カードローンは夫が作った借金なので、夫婦で協力することに初めは納得がいかなかったS子さんでしたが、将来のことまで考えると協力せざるを得ないと半ばあきらめの境地に達したようです。

 

「借金も貯金も自己責任」と考えていた夫婦でしたが、では、いざという時に知らん顔ができるのか、と言えばそうではないわけです。

今回のようにお金の無い夫が入院したり、またはどちらかが病気になって仕事ができず収入が途絶えたり、年金や貯金の準備がないまま老後を迎えたり、人生のお金にまつわるリスクは様々です。

夫婦で乗り越えるためには、お互いに協力することがとても大切。毎月の収入と支出はオープンにして、貯蓄目標額は共有しておくことが基本です。

S子さん夫婦は、貯蓄の前にカードローンの借金返済が先ですが、夫婦でしっかり話せたことは、将来のためのいい機会になったようです。

 

夫婦は身近な他人。パートナーに言えないこともあるものですが、お金のことは別。締めるところは締めていかないといけませんね。

 

 

↓FP相談可能です!詳しくはリンク先から!↓

(FPCafe登録パートナー   タケイ啓子

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

「信じられるのはお金だけ」世代!? 40代の平均貯金額とは

「信じられるのはお金だけ」という名言を残したマツコ・デラックスさん。老後のことを考えてお金を貯めているとのことでしたが、この言葉に激しく同意したアラフォー女性は…

お弁当越えのコスパ!「ランチ1回140円」で済ませる裏ワザ

お弁当vs外食ランチの差は一ヶ月どれくらい?仕事もプライベートも何かと忙しい40代。朝早く起きてお弁当づくりするのは大変です。話題のお店でご褒美ランチを楽しむことは…

元国税芸人が見てきた「お金持ちが絶対やっていない」7つのこと

仕事が忙しくてお金のことなんて気にしていられない、気にはなるけどどうしていいかわからない、損をするのは嫌だけど積極的に調べたり聞いたりするのは億劫、そう考える女…

「1000万円貯蓄する人が買わないもの」とは?ごくごく普通な3つの答え

貯蓄をするなら、1000万円を目標にする人が増えています。40代で、1000万円以上の貯蓄がある人は20.2%*。この数字からは、決して無理な金額ではないようにも思えます。し…

気付けば貯金が300万円!年収300万円会社員が実行した3つのルール

貯金とは、「楽しみの先延ばし」です。お金を使わないでいることは、何かを我慢することになります。たとえば、新しい服とか、新しい家電とか。そういったものを得られる楽…

40代は借金世代!? 40代の平均「住宅ローン」残高とは

40代で住宅ローンを抱えている人の平均残高はいくらくらいなのだろう? 先日、アラフォーのときに都内の2LDKマンションを購入した知人の40代後半独女が「今年じゅうには住…

ほったらかしでも貯まる!「お財布を休ませる」方法って?

触れない日はないといえるお財布。私たちも休みがないと疲れ切ってパワーがなくなってしまうように、お財布も休みがないとお金が貯まるパワーがなくなってしまいます。お金…

銀行口座を分けるだけで月5万貯まる?カンタン貯蓄の仕組みづくり

貯蓄は必要だと思っても、お財布にお金が入っているとついつい使ってしまうものです。かといって、我慢ばかりではストレスがたまって逆効果。貯蓄を成功させるには、手間が…

月の手取り23万でも年100万円貯めた!40代女性のテクニック

1ヶ月の手取りが23万円、ボーナス37万円が年に2回、合計で1年間の手取り年収350万円。そんなに多い方ではないかもしれないこの年収で、1年間で100万円貯めた女性がいらっし…

お金のプロって「1年で100万」どう貯めるんですか?FPタケイさんの場合

OTONA SALONEでマネー記事を連載している3人のFPに、まったく同じ「1年で100万貯めてくださいと言われたら、自分ならどうしますか?」という質問しました。三者三様の貯…

節約もダイエットもメリハリが大事!出すとこ締めるとこをしっかり分けよう

節約をするのに、「とにかくお金は使わない」というやり方は、即効性はありますが続けるのが難しく、結局は元通りの家計にリバウンドしてしまいがち。このことは、ダイエットにもよく見られることです。とにかく食べ…

お金使わず楽しめる!「おトクな年末年始の過ごし方」3選

年末年始はまとまったお休みになることも多く、どのように過ごすか考えている人も多いのではないでしょうか。お出かけするのもよし、部屋でのんびりするのもよし、悩むのも楽しいですね。そして、せっかくならおトク…

2018年40代が買ってよかったもの・買わなきゃよかったもの3選

2018年はどんな一年だったでしょうか。良いこともあれば、悪いこともあり、禍福はあざなえる縄のごとし…。お買い物も同様に、買ってよかったと満足できるものもあれば、買わなきゃよかった、何で買ってしまったんだ…

年末に断捨離で「捨てていいもの」と「ダメなもの」は?

12月に入り、年末に向けて身の回りの断捨離を考えている人も多いのではないでしょうか。年内にすっきり片付けて、すがすがしい気持ちで新年をむかえたいですね。しかし、いざ始めてみると、捨ててよいものかどうか悩…

ダメ、持っててOKなカードは3枚まで!使い分けと賢い解約方法は?

よく行くお店やショッピングモールで、提携のクレジットカードを作ると、おトクになることがよくあります。ポイントアップや割引特典など、せっかくならメリットはしっかり受けておきたいものです。しかし、生活スタ…

50代になる前に、清算しておくべきお金のこと3つ

50代になると、いよいよ老後の暮らしが現実的になってきます。身の回りのあれこれを断捨離するなど、いらないものを整理して身軽になると同時に、老後への貯えもさらにすすめていきたい年代です。その大切な50代に、…

「1000万円貯蓄する人が買わないもの」とは?ごくごく普通な3つの答え

貯蓄をするなら、1000万円を目標にする人が増えています。40代で、1000万円以上の貯蓄がある人は20.2%*。この数字からは、決して無理な金額ではないようにも思えます。しかし、1000万円の貯蓄をする人は、そうでは…

貯金を短期で一気に増やしたい!1ヶ月で10万以上貯めるコツ10連発

暮らしを改めて、これからはずっと節約をしていけば貯金は増える、と頭では分かっていてもそれはちょっと大変そう。そう思ってなかなか節約生活に切り替えられない人は少なくありません。それなら、期間限定で節約し…

40代独身の平均貯金額が936万って本当?全然足りない私はどうすればいい?

大人の女性であれば、あふれる情報に振り回されすぎることもなく、自分のペースで着々と貯金をしている方が多いようです。人は人、自分は自分、という価値観は大切ですが、そうはいっても気になるのが他の人の貯金事…

40代で1000万円貯める人が2割もいる?コツは「自動」と「移動」

40代の平均貯蓄残高は588万円(金融広報中央委員会、「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査](平成28年)」)。その2倍近くの1000万円を貯めるのは、とてもハードルが高いように思えますが、本当にそ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

MONEYに関する最新記事