辺見えみりがお手本。40代を素敵に見せる2大ショートスタイル

中谷美紀さんや木村佳乃さん、シシド・カフカさんなど、昨年は髪をバッサリカットする有名人が多かったように感じます。

とくに私たちと同世代のアラフォー女優の髪型チェンジは印象的でした。

中谷さんや木村さんのように潔いショートカットにするのはちょっと勇気がいりますが、菅野美穂さんや広末涼子さんのようなショートボブならマネができそうな気がします。

そこで、今回は40代でもおしゃれに可愛く変身できるショートスタイルをご紹介します。

 

辺見えみり風ふんわりショートボブ

くせ毛っぽいうねりがおしゃれな雰囲気をかもし出す。担当/鵜野香織さん(ZACC raffine)

トップから毛先にかけてゆるい動きをつけたショートボブ。顔まわりに長い毛束があるので、短くするのはちょっと……と躊躇している人でもトライしやすいスタイルです。

髪を短くするとクールな印象になるという人でも、曲線を描く毛束があることで女性らしさをしっかりとアピールできます。

また、ボリューム不足に悩む人でもふんわり感がキープできるのもいいところ。

トップから前髪へとつながる毛束が奥行きを感じさせるスタイル。

生え際もさみしくなってきますから、分け目をあいまいにした毛流れでおしゃれにカバー。立体感があることで、華やかな印象に。

顔を包み込むようなラインで顔もキュッと小さく。こめかみを隠すのがポイントです。

横からのシルエットも素敵です。大きくうねる毛束がやわらかそうな質感を演出。パーマをかけるのを敬遠する人もいますが、ふんわり感が欲しい人はぜひ挑戦してみてください。

 

広末涼子風丸みショートボブ

頭の形がキレイに見えるシルエットが素敵。担当/佐野みづほさん(ZACC raffine)

あごラインに設定した前下がりのショートボブ。あごのラインがシャープに見えるだけでなく、首もほっそり見えるので顔のたるみが気になるアラフォーにはぴったり。

えり足はスッキリと短め、顔まわりの毛束を長くすることで挑戦しやすいスタイルに。

髪が長い人がいきなり短くするのは抵抗があると思いますが、顔まわりに長い毛束があることで大きく印象が変わらないので取り入れやすいとのこと。

 

後頭部の丸みからくびれるようにえり足をキュッとさせるのがポイント。

短くてもくびれをつくることで、頭の形がキレイに見えて首もほっそりとした印象になります。

後頭部にボリュームが必要といってもあまり高い位置にふくらみを設定するとマダム感が出てしまうので、要注意!

もちろん、美容師さんはプロですからその人の骨格や頭の形に合わせてボリューム出しも調整してくれます。

 

「年齢を重ねると髪が扱いにくくなり、短くされるお客さまが増えます。確かに扱いやすくなりますが、似合う似合わないという問題が出てきますよね。まずは、顔まわりを長めに残したスタイルから挑戦してみてください。エラの部分が隠れる長さがあると顔型をカバーしやすいんです。そこから徐々に調整していくといいのではないでしょうか」(佐野さん)

 

「髪を短くすることでかえってまとまりにくくなる人もいると思います。そんな人はパーマをプラスしてみてください。自分で巻くのは面倒、上手にできないという方もパーマをかけたほうがラクにスタイリングができます。もちろん、髪質によってはかけないほうがいい場合もあるので、担当の美容師さんに相談をしてみてください。ツヤも失われてきますから、素髪のままよりはスタイリング剤を使ってツヤ髪に整えることも大切です」(鵜野さん)

 

教えてくれた人

ZACC raffine

佐野みづほさん

鵜野香織さん

東京・青山にある有名サロンのスタイリスト。佐野さんは木村佳乃さん風のショートスタイル、鵜野さんは辺見えみりさん風のショートボブ。マネしたいスタイルのおふたりです。

 

撮影/和田しょういちさん(ZACC vie)

 

 

 

 

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

薄毛が気になる40代女性は「パックリ分け目」を隠して!簡単3つのテクは?

髪がやせてきた、手触りが悪い、スタイルが決まらなくなってきた……。年々感じる髪の老化。毛量の多さに悩まされてきた私も、最近はボリュームが減ってきたなと感じ始めています。電車に乗っていると座っている人達の…

「ひとつ結びのゴム」どれを使えばいいの?ゆるまない切れない、プロの選び方は

ゴム1本でできる簡単アレンジのド定番・ひとつ結び。40代にとって「オバサン度が上がる」ので、できれば避けたいまとめ髪でもありますが、難しいことはできないし、パパッとできるお手軽アレンジとしてはやっぱりハ…

髪が多い・硬い人。スクリューピンなら「おしゃれまとめ髪」が簡単に!使いこなしテク

おだんごなどアップヘアに欠かせないアメピン。「さす方向がわからない」「させたと思ってたのに浮いてきた」「ピン1本では留まらない」など、簡単そうで扱いが難しいアイテムです。たしかに「ピン1本でOK」と書かれ…

頭皮がたるむと5歳老け見え?40代マスト「カンタン頭皮ケア」3つの新意識

アラサー女子たちの悩みは目元のシワが多いようですが、アラフォーになると気になるのはほうれい線。年々深くなってきたなと感じるにっくき線は頬のたるみが原因です。ハリを出す美容液やクリームを使ったり、マッサ…

まとめ髪が「疲れたオバさん」にならない40代のヘアアレンジって?

結婚式などお呼ばれの際はヘアサロンでセットをお願いするという人は多いと思います。40代になると同窓会のためにセットにくる人が増えるんだとか。張り切りすぎるのは恥ずかしいけれど、いつも通りも「オバさんにな…

前髪を変えるだけ!「老け見え」と「朝のめんどくさい」を解決する方法

「髪は女の命」。このフレーズを何度書いただろうというくらい、これまで使ってきましたが、「髪」というよりも「前髪は女の命」だなと最近気づきました。顔の印象を左右するのは前髪(顔まわりも含む)だし、もちろ…

暑いけど寒い!「冷房疲れ」のだるさを予防するあたためワザ5つ

例年、昼間しかクーラーを使っていなかった私もさすがにこの暑さには勝てず、ほぼ1日中クーラーを使っています。電気代を見るのが怖いのですが、一番怖いのは体の冷え。冷房による体のだるさを感じている人も多いの…

話題のパウダースタイリング剤。果たして「40代のオバ髪」を救えるのか!?

40代の髪悩みといえば白髪と薄毛(ボリューム不足)。私も白髪には悩まされ、定期的にサロンで染めてもらっていますが、次々と生えてくる白髪に追いつかなくなっている今日この頃…。毛量が多く、まだボリューム不足…

若づくりは痛い! 40代「オトナのポニーテール」の正解とは?

40代になって凝ったアレンジをすると「ムリしちゃって」「若づくりじゃない?」と思われそうで、無難なひとつ結びに落ち着いてしまいがち。素敵に見えるアレンジはないかとテレビや雑誌で日々、40代の芸能人やモデル…

ゴム1本なのに「オバサンぽくない」3分まとめ髪。40代が生活感を出さないおくれ毛のコツ

「今日は30度か、ちょっと涼しいな」と感覚がおかしくなっている今日この頃。暑い暑いと言っていても気温が下がるわけではないので、いかに暑さをしのぐかを考えるようになりました。日傘をさしたり、涼しい素材の服…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事