辺見えみりがお手本。40代を素敵に見せる2大ショートスタイル

中谷美紀さんや木村佳乃さん、シシド・カフカさんなど、昨年は髪をバッサリカットする有名人が多かったように感じます。

とくに私たちと同世代のアラフォー女優の髪型チェンジは印象的でした。

中谷さんや木村さんのように潔いショートカットにするのはちょっと勇気がいりますが、菅野美穂さんや広末涼子さんのようなショートボブならマネができそうな気がします。

そこで、今回は40代でもおしゃれに可愛く変身できるショートスタイルをご紹介します。

 

辺見えみり風ふんわりショートボブ

くせ毛っぽいうねりがおしゃれな雰囲気をかもし出す。担当/鵜野香織さん(ZACC raffine)

トップから毛先にかけてゆるい動きをつけたショートボブ。顔まわりに長い毛束があるので、短くするのはちょっと……と躊躇している人でもトライしやすいスタイルです。

髪を短くするとクールな印象になるという人でも、曲線を描く毛束があることで女性らしさをしっかりとアピールできます。

また、ボリューム不足に悩む人でもふんわり感がキープできるのもいいところ。

トップから前髪へとつながる毛束が奥行きを感じさせるスタイル。

生え際もさみしくなってきますから、分け目をあいまいにした毛流れでおしゃれにカバー。立体感があることで、華やかな印象に。

顔を包み込むようなラインで顔もキュッと小さく。こめかみを隠すのがポイントです。

横からのシルエットも素敵です。大きくうねる毛束がやわらかそうな質感を演出。パーマをかけるのを敬遠する人もいますが、ふんわり感が欲しい人はぜひ挑戦してみてください。

 

広末涼子風丸みショートボブ

頭の形がキレイに見えるシルエットが素敵。担当/佐野みづほさん(ZACC raffine)

あごラインに設定した前下がりのショートボブ。あごのラインがシャープに見えるだけでなく、首もほっそり見えるので顔のたるみが気になるアラフォーにはぴったり。

えり足はスッキリと短め、顔まわりの毛束を長くすることで挑戦しやすいスタイルに。

髪が長い人がいきなり短くするのは抵抗があると思いますが、顔まわりに長い毛束があることで大きく印象が変わらないので取り入れやすいとのこと。

 

後頭部の丸みからくびれるようにえり足をキュッとさせるのがポイント。

短くてもくびれをつくることで、頭の形がキレイに見えて首もほっそりとした印象になります。

後頭部にボリュームが必要といってもあまり高い位置にふくらみを設定するとマダム感が出てしまうので、要注意!

もちろん、美容師さんはプロですからその人の骨格や頭の形に合わせてボリューム出しも調整してくれます。

 

「年齢を重ねると髪が扱いにくくなり、短くされるお客さまが増えます。確かに扱いやすくなりますが、似合う似合わないという問題が出てきますよね。まずは、顔まわりを長めに残したスタイルから挑戦してみてください。エラの部分が隠れる長さがあると顔型をカバーしやすいんです。そこから徐々に調整していくといいのではないでしょうか」(佐野さん)

 

「髪を短くすることでかえってまとまりにくくなる人もいると思います。そんな人はパーマをプラスしてみてください。自分で巻くのは面倒、上手にできないという方もパーマをかけたほうがラクにスタイリングができます。もちろん、髪質によってはかけないほうがいい場合もあるので、担当の美容師さんに相談をしてみてください。ツヤも失われてきますから、素髪のままよりはスタイリング剤を使ってツヤ髪に整えることも大切です」(鵜野さん)

 

教えてくれた人

ZACC raffine

佐野みづほさん

鵜野香織さん

東京・青山にある有名サロンのスタイリスト。佐野さんは木村佳乃さん風のショートスタイル、鵜野さんは辺見えみりさん風のショートボブ。マネしたいスタイルのおふたりです。

 

撮影/和田しょういちさん(ZACC vie)

 

 

 

 

スポンサーリンク

40代は「毛先だけパーマ」で若見え!ボブ・セミロング・ショート、2019夏ヘアスタイル4選

髪に元気がない、ボリュームが減ってきた、髪がうねってまとまらない。30代後半から徐々に感じはじめる髪の変化。老け見えする要因でもあるぺたんこ髪問題は、40代女性にとって大きなテーマです。問題解決には日々の…

白髪のセルフカバーは、染めるのではなくアレを使って!5つの白髪ケア法

いくつかの白髪に関する意識調査をチェックしたところ、白髪染めをやめるタイミングは65才前後という結果が。60代半ばになればあきらめがつくのか、面倒になるのかは44才の私には未知の世界ですが、たしかに60代まで…

「白髪を抜くと増える」?髪と頭皮5つのウソとホント

テレビや雑誌に加え、インターネットの普及により情報があふれる時代。子どものころから考えると情報量が全く違いますよね。どの情報を信じていいのか、受け取る側のスキルが試される時代です。口コミや知人からの情…

前髪悩みに「シースルー前髪」!40代でも痛くないおススメ8選

美容室に行くと悩むのが前髪です。顔の印象を決めるパーツなので、いつもと変えるだけでも勇気がいるのにトレンドを取り入れるとなるとハードルは高め。特におでこが透けて見える「シースルーバング」は若づくりに見…

ベタベタおばさん髪脱出!ヘアオイル、バームの使い方の正解は?オススメ商品は?

つくり込みすぎない、抜けのあるヘアがトレンド。そんな今っぽいナチュラルな束感づくりに欠かせないのがヘアオイルとバームです。ボディの保湿にも使えるものが多く、髪が肌についても安心という点も人気の理由。ウ…

その紫外線、白髪や薄毛の原因かも!? 4月からは「守りケア」が大切

桜の便りははやかったのに、4月に入り寒さが戻ってきましたね。天候がくるくると変わり不安定な4月は、肌も荒れやすい時期。ということは、頭皮もトラブルが起きやすい季節です。気温の上昇で頭皮も汗をかきやすくな…

使うのはマジックカーラーのみ!前髪や生え際の「ぺたんこゾーン」をふんわり仕上げる3つのコツ

髪に元気がなくなってくるとペタンとしたトップがついつい気になり、前髪や生え際ゾーンは忘れがち。まだまだはっきり薄い!と感じる年齢ではありませんが、ペタンとしやすくなりさみしい印象に。顔まわりはパッと目…

この春40代にショート&ボブが人気!若見えヘアトップ3

重いコートを脱ぎ、薄着になると身も心も軽やかに。年を重ねても春はなぜだかウキウキしてしまいます。そんなウキウキ感にあわせて髪型も春仕様にチェンジしませんか? 40代のぺたんこ髪でもふんわり見えるショート…

暗髪でもおしゃれに見える!簡単「ひとつ結び」で3変化

白髪をしっかりと染めるとどうしても髪色は暗くなります。また、若づくりになりそうと髪色を落ち着かせる人も増えてくる40代。地味に見えがちな暗髪でひとつ結びにしたらオバさん指数が上がってしまいそうですが、ち…

もう失敗しない!「白髪染め」色選びは肌タイプより〇〇が重要だった

白髪染めはカラーバリエーションが少ない、暗い色に仕上がってしまうというのは昔の話。今は薬剤の進化でトレンドカラーも取り入れられるようになりました。また、カラーの手法もさまざまなので、白髪まじりでも色遊…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事