モテてモテて困った元クラブママ直伝!「勝手に男が落ちる」5つの心理テク

もうすぐクリスマス。意中の男性とのデートはもちろん、片思いの男性と親密になろうと夢見ている人も多いことでしょう。恋愛は「演出しだい」で驚くほどうまくいくもの。CA歴4年、クラブママ歴10年の蒼井凜花がお伝えいたします。

 

1・コーデに本当にさりげなく赤を取り入れておく

以前、「ホステスに学ぶ、驚くほど魅力アップのモテ色って」でもご紹介しましたが、クリスマスの時期こそ赤を取り入れましょう。ドレス、ストール、ハンカチ、ネイル、小物、アクセサリー類。ピアスやネイルほどの、ほんの小さなポイントでも「赤」の効果はやはり特別。男の本能を掻きたてるのです。いつもより情熱的な演出で男心を翻弄させてみてはいかがでしょう。

 

2・「ロマンティックな気分」へさりげなく誘導

男女をとりまく環境が、恋愛をよりドラマチックに導くのはもうご存知でしょう。解放感あるリゾート地や夜景の美しい場所で甘い言葉を囁かれれば、心揺れるのは当然のこと。よって、食事も簡素な蛍光灯の灯るレストランよりは、優雅なシャンデリア、ほのかに揺れるキャンドルが灯る店、美しい夜景を堪能できるムードある場所のほうが、圧倒的に二人の心が接近します。
私がクラブママ時代、お客さまに「食事はどこがいい?」と同伴の店を訊かれれば、必ず「食べものに好き嫌いはないので、ロマンティックな雰囲気の店」とリクエストしていました。ムーディーな空間のほうが、相手との距離が縮まるからです。(もちろん、味やサービスが極度に悪い店は論外ですが)
気になる男性に誘われたら、「何を食べるか」より「どこで食べるか」が重要。ロマンティックな気分に浸れる店を選んでくださいね。

 

3・「相手の45㎝以内」にさりげなく入る

 

相手との距離感やスキンシップが、どれほど男心を揺さぶり親近感を増すか、これはもう身を持って経験済みです。一般的に「パーソナルスペース」と呼ばれるものに、「恋人ゾーンは45センチ以内、友人ゾーンは45~120センチ以内」との法則があります。気になる男性は、ぜひ恋人ゾーンに入れて、「あなたとの接近を許可していますよ」との意思表示をしましょう。

ボディタッチに対して、二の足を踏んでしまう人は、

・並んで歩く際は、二の腕が触れるくらい接近してみる。

・華奢なヒールでよろめいて、とっさに男性の腕に掴まってみる。

・カウンターバーなどの隣り合った席で、一瞬だけひざを触れさせてみる。

・耳元に顔を寄せ、内緒話をする。
・「手相見せて」と彼の手に触れてみる。

というソフトな段階から試してみてください。

 

4・あらゆる瞬間常に口角を上げておく

 

以前もお伝えしましたが、「笑顔」は相手との心の垣根を取り去り、より親密さを増す行為に他なりません。待ち合わせ場所で会った時も、レストランでメニューを見る時も、もちろんおしゃべりの際も、口角をあげて笑みを浮かべましょう。愛らしく微笑む女性は、それだけでモテます。笑顔は男性に取って何よりのギフト。好感を持ってもらえるうえ、あなた自身も輝かせてくれるのです。

 

5・「面倒くさい女は嫌われる」ことを知っておく

30~50代の人生経験ある男性に「どんな女が嫌い?」と訊ねると、けっこうな確率で返ってくるのが「面倒くさい女」です。「スルーする」ということを知らず、何か問題があると納得するまでとことん話し合いに付き合わされる。「なぜ、約束を守れなかったか」「なぜ、連絡をくれなかったか」。時には「悪いと思うなら、ちゃんと謝って」と謝罪を求められる。「白黒つけたがり、グレーゾーンを許さない」「重い」「粘着質」なのがとてもウザいのだとか。

私自身も「見て見ぬふり」「スルー能力」「男を正論で追い詰めない」ことがいかに大切か、失敗を重ねて覚えていきました。

「スルー能力」は、恋愛、職場、友人、家族間でも重要なスキル。どうしても我慢できない事態が起これば、相手を追い詰めることなく、スマートに振る舞い、無言で縁を切りましょう。

 

いかがでしょう。赤の効果、雰囲気重視の空間、さりげないボディタッチ、笑顔、スルー能力を高める。意中の彼とドラマティックなクリスマスが過ごせますように。

 

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

僕たち、40代女性のコレに弱いです!男性がムラムラする「○○な瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

【男性心理】40代バツイチ男と結婚するために大切なこと

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返ります。

いちばん浮気性な男が多い血液型って…?ぶっちゃけアノ血液型です!

「浮気性な男だけは掴みたくない!」と思っている女性は多いもの。40代になってまで、ハラハラする恋愛トラブルには巻き込まれたくない本音だってあります。では、浮気性な…

【男の本音】美人じゃないのに「なぜかモテる女」8つの特徴

あなたの周りにも、美人でもスタイルが良くもないのに、なぜか男性からモテたり、彼氏が途切れないタイプの女性はいませんか? かたや、美人で仕事もできてスタイルバツグ…

#37 40代独女が「婚活」を半年やってわかったこと【40代編集長の婚活記】

アラフォーになっても結婚をしないまま、独身で45歳をむかえたOTONA SALONE編集長アサミの連載婚活記。婚活パーティに参加したのは半年前、1度はデートに至るものの、その…

「オトコに追わせる女」はこうして作る。元CAのあざといモテテクって?

年齢を重ねるほど重要になる「清潔感」。特にお客さまの目に留まりやすいのが手先、足先、髪の毛先などの「先端ケア」。流行のファッションに身を包み、ヘアメイクも万全なのに、これらへの気配りがおろそかだと、残…

モテてモテて困ったCAが「モテの3大疑問」にお答えします!

時代は変わっても、世の男性にとってCAは「高嶺の花」であるようです。彼女たちのモテの秘訣はなんでしょう?今回はサイトに寄せられた疑問点を、CA歴4年、クラブママ歴10年の筆者がお答えしたいと思います。…

港区男子1万人をこれで手中に!「永遠にモテる格言4」by六本木高級クラブママ

男性に夢を与え、非日常を楽しんでもらう夜の高級クラブ。美と若さ、トーク術、心くばりなど、女性が自分の価値を最大限に売る熾烈な競争の場でもあります。男性客に選ばれ、リピートされる女性になるためには何を心…

隙とギャップで男を落とす!なぜかモテる女がさりげなく張るワナ3つ

「モテる女には隙がある」「女はギャップが大事」とは言うものの、その具体案がイマイチわからないという女性が多いのが現実。確かに、「上手な隙」「ギャップ萌え」の箇所は人それぞれですね。今回はホステスも使う…

一瞬で男がゲンメツ!クラブママが指摘する「女性の言動」4つのNG

なにげなく放った言葉、とった行動が、男性を幻滅に導くことがあります。無神経・無頓着な言動は、恋愛や仕事において、取りかえしのつかない事態を招きかねません。前回の「ルックス編」に続き、今回は「言動編」を…

こんなところを見られてる!クラブママが指摘する「男の視線の先」4つのNGポイント

女のモテには「適度な隙」が必要と言われますが、隙をこえて「ズボラ」「だらしない」領域まで達してしまうと、元も子もありません。今回は「えっ、男性ってそんなところも見ているの?」という意外な声を、CA歴4…

クラブママ直伝!40代50代の老化を早める「姿勢ブス」4つの習慣って?

軽やかなファッションにチェンジする春の到来ですが、体のラインが一目瞭然なだけに、「姿勢ブス」の女性を多く見かけます。ファッションやヘアメイクが決まっていても、姿勢の悪さで「ブス」の烙印を押されてしまう…

CA直伝!これだけは押さえて「モテ美脚」の基本4選

軽やかなファッションに身を包み、お出かけしたくなるこの季節。気になってしまうのが、冬の間に溜まってしまった脂肪。中でも脚は目立つ部位だけに悩みも深刻です。CA経験者の筆者自身も、むくみ体質のうえ、機内…

CA流「必ず結果を出す」美ボディダイエット5つの秘策

様々なダイエットにトライしても、途中で挫折したり、リバウンドをくりかえす女性は結構多いのではないでしょうか?私も、今でこそ166センチ、48キロ代をキープしていますが、新人CA時代は不規則なフライト生…

元CAが明かす「ここだけは必死にやっています!」モテルックス4か条

洗練された身のこなしが求められるCAたち。保安要員であるとともに、接客要員であるのですから、好感を抱いてもらう「ルックス作り」には余念がありません。第一印象の良さは、その後の人間関係を左右する重要事項…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LOVEに関する最新記事