モテてモテて困った元クラブママ直伝!「勝手に男が落ちる」5つの心理テク

もうすぐクリスマス。意中の男性とのデートはもちろん、片思いの男性と親密になろうと夢見ている人も多いことでしょう。恋愛は「演出しだい」で驚くほどうまくいくもの。CA歴4年、クラブママ歴10年の蒼井凜花がお伝えいたします。

 

1・コーデに本当にさりげなく赤を取り入れておく

以前、「ホステスに学ぶ、驚くほど魅力アップのモテ色って」でもご紹介しましたが、クリスマスの時期こそ赤を取り入れましょう。ドレス、ストール、ハンカチ、ネイル、小物、アクセサリー類。ピアスやネイルほどの、ほんの小さなポイントでも「赤」の効果はやはり特別。男の本能を掻きたてるのです。いつもより情熱的な演出で男心を翻弄させてみてはいかがでしょう。

 

2・「ロマンティックな気分」へさりげなく誘導

男女をとりまく環境が、恋愛をよりドラマチックに導くのはもうご存知でしょう。解放感あるリゾート地や夜景の美しい場所で甘い言葉を囁かれれば、心揺れるのは当然のこと。よって、食事も簡素な蛍光灯の灯るレストランよりは、優雅なシャンデリア、ほのかに揺れるキャンドルが灯る店、美しい夜景を堪能できるムードある場所のほうが、圧倒的に二人の心が接近します。
私がクラブママ時代、お客さまに「食事はどこがいい?」と同伴の店を訊かれれば、必ず「食べものに好き嫌いはないので、ロマンティックな雰囲気の店」とリクエストしていました。ムーディーな空間のほうが、相手との距離が縮まるからです。(もちろん、味やサービスが極度に悪い店は論外ですが)
気になる男性に誘われたら、「何を食べるか」より「どこで食べるか」が重要。ロマンティックな気分に浸れる店を選んでくださいね。

 

3・「相手の45㎝以内」にさりげなく入る

 

相手との距離感やスキンシップが、どれほど男心を揺さぶり親近感を増すか、これはもう身を持って経験済みです。一般的に「パーソナルスペース」と呼ばれるものに、「恋人ゾーンは45センチ以内、友人ゾーンは45~120センチ以内」との法則があります。気になる男性は、ぜひ恋人ゾーンに入れて、「あなたとの接近を許可していますよ」との意思表示をしましょう。

ボディタッチに対して、二の足を踏んでしまう人は、

・並んで歩く際は、二の腕が触れるくらい接近してみる。

・華奢なヒールでよろめいて、とっさに男性の腕に掴まってみる。

・カウンターバーなどの隣り合った席で、一瞬だけひざを触れさせてみる。

・耳元に顔を寄せ、内緒話をする。
・「手相見せて」と彼の手に触れてみる。

というソフトな段階から試してみてください。

 

4・あらゆる瞬間常に口角を上げておく

 

以前もお伝えしましたが、「笑顔」は相手との心の垣根を取り去り、より親密さを増す行為に他なりません。待ち合わせ場所で会った時も、レストランでメニューを見る時も、もちろんおしゃべりの際も、口角をあげて笑みを浮かべましょう。愛らしく微笑む女性は、それだけでモテます。笑顔は男性に取って何よりのギフト。好感を持ってもらえるうえ、あなた自身も輝かせてくれるのです。

 

5・「面倒くさい女は嫌われる」ことを知っておく

30~50代の人生経験ある男性に「どんな女が嫌い?」と訊ねると、けっこうな確率で返ってくるのが「面倒くさい女」です。「スルーする」ということを知らず、何か問題があると納得するまでとことん話し合いに付き合わされる。「なぜ、約束を守れなかったか」「なぜ、連絡をくれなかったか」。時には「悪いと思うなら、ちゃんと謝って」と謝罪を求められる。「白黒つけたがり、グレーゾーンを許さない」「重い」「粘着質」なのがとてもウザいのだとか。

私自身も「見て見ぬふり」「スルー能力」「男を正論で追い詰めない」ことがいかに大切か、失敗を重ねて覚えていきました。

「スルー能力」は、恋愛、職場、友人、家族間でも重要なスキル。どうしても我慢できない事態が起これば、相手を追い詰めることなく、スマートに振る舞い、無言で縁を切りましょう。

 

いかがでしょう。赤の効果、雰囲気重視の空間、さりげないボディタッチ、笑顔、スルー能力を高める。意中の彼とドラマティックなクリスマスが過ごせますように。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク