不倫をやめても40代女性が「結婚できなかった」3つの理由って?

結婚するために不倫をやめても、結婚に至らない女性には、どんな共通点があると思いますか。

若い頃には不倫を楽しみ、アラフォーになったくらいから「私も、1回くらいは結婚を」と、不倫関係から足を洗ったはずなのに……。

実は、不倫をやめても結婚できなかった40代女性たちには、やっぱりそれなりの理由が潜んでいるのです。

本人も、なかなか気づいていないその“ワナ”とはーー。

 

1:甘やかされるのに慣れていた

 

不倫関係の恋愛では、男には「自分が結婚している」という負い目があるので、浮気相手になってくれた女性を甘やかすタイプも少なくありません。

シングル同士の恋愛や対等な関係にある結婚とは異なり、快楽を与えてくれるだけの相手には、多くを求めない男が多いからです。

そして、不倫ばかりをしてきた女性の多くは、甘やかされるのに慣れてしまい、知らず知らずに、男に対して求めるものも大きくなっていることが。自分では甘えさせてもらっていた自覚がなくとも、不倫特有の“ぬるま湯”にどっぷり浸かってしまっていたわけです。

40代までの間ずっと“不倫”というぬるま湯につかってきた女性ほど、シングル同士の恋愛を始めた途端、恋人への不満しか抱かず「いい男がいない!」と口にしながら、結婚を逃しがちな実情があります。

 

2:刺激が足りなかった

 

どんなに穏やかに思える不倫恋愛でも、彼に妻子がいる以上は、常に障害がある恋をしてきたと言っても過言ではありません。

自分でも気づかないうちにスリルのある恋愛をしてきた女性は、いざ不倫をやめても、一般的な恋愛に物足りなさを感じ「今の彼といてもつまらない」を理由に、恋人との健全な関係を育めなくなります。不倫をしている間は、頭の片隅に常に妻や子どもの存在があるわけですから、自覚のないままに“スリルに満ちた恋愛”をしているわけです。

理性では「穏やかな結婚生活がいい」「普通の結婚ができればいい」と思っていても、これまでの恋愛で染み付いてきた“スリル”の感覚は、なかなか封印できるものではありません。

一般的な恋愛で得られる“スリル”はたまの喧嘩か恋人の浮気くらいですので、無意識にスリルを求めて相手に喧嘩をふっかけてしまい、これによって結婚が遠ざかる女性も。

 

3:相手を育てることができなかった

 

不倫に走る男の多くは、経済的にも社会的にも成功している人が多いことから、若い頃に不倫をしてきた女性ほど、既に“完成”している男に慣れています。

本来、恋愛にはお互いが相手を育てる喜びもあるはずですが、不倫関係だと、この“育てる”部分は基本的に妻に委ねられているため、長く不倫をしてきた女性ほど、恋人を育てるのが不得手な傾向にあります。「この男は、ここがダメだわ」などと恋人の欠点ばかりが目につき「私に見合う男はどこ?」と、婚活市場を彷徨うことに。

過去に不倫恋愛をしてきた相手の男だって、妻の努力によって育てられた結果なのに、長らく“育てる”という手間を放棄してきた40代女性ほど、常に完成した男を求めてしまい、ご縁があっても結婚まで至りません。

完成形の男でないと受け付けない自分に気づかぬまま、婚活を諦めて再び不倫関係に走る女性も珍しくないのです。

 

「私も1回くらいは結婚を」と不倫関係を解消しても、なかなか結婚に至らない女性は、これまでの恋愛で染み付いてきた稀有な経験がアダとなっています。

「今年こそ、不倫をやめて結婚する」そんなふうに口にしている女友達がいらっしゃったら、過去の不倫に仕掛けられていた“ワナ”にかからないよう、提言してあげるのも友情かもしれません。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

プラス10歳老け見えも…!? 確実に「うっかりオバ見え」を招くベースコスメ3選

使っているコスメによって「年齢以上のオバ見えを招いていた……!」なんて事態になれば、悔やんでも悔やみきれません。これまでの連載では、「この3色がワナ!40代の“うっかりオバ見え”ナチュラルチーク」「これがワ…

まさか使ってないですよね…?「うっかりオバ見え」を招く眉メイクアイテム4選

「うっかりオバ見え!」の原因が、デイリー使いのコスメにあるとしたら、だいぶショックです。これまでの連載では、「この3色がワナ!40代の“うっかりオバ見え”ナチュラルチーク」「これがワナ!“うっかりオバ見え”…

誤解なのに…「僕のほかにもパートナーがいそう」と思われる40代女性のLINE

誤解であっても事実であっても「この女性は、ひょっとして二股をかけようとしているのではなかろうか」と一度男性に思わせてしまえば、その後、あまりいい展開は望めなくなります。他方、真剣にパートナーを探してい…

「残念な眉メイク」になってない?40代にありがちな3大NGはコレ

「あの人、眉を描くのが下手すぎる」なんて思われていたら「だいぶショック」です。昨今はまだまだナチュラルメイクがトレンドですが、眉は顔の印象を大きく左右するパーツだけに、ちょっと失敗しているだけで「残念…

騙されたと思ってやってみて!40代の「マスカラ下手」が治るちょいコツ3つ

「マスカラを使うと、どうしてもダマになってしまって」や「マスカラの“ちょうどいいボリューム”が、わかりません」などの理由から、40代になってから“マスカラ離れ”をしてしまう女性も少なくありません。他方、若い…

口まわりのニキビ、40代はどうカバーする?「オバ見え回避」のコンシーラー術

口のまわりにブツブツが出てしまって、ファンデーションを塗ってもなかなかの主張をしている……。こんなシチュエーション、40代女性ならお心当たりがある方も、少なくないのではないでしょうか。かくいう私も、この原…

スッピンを諦めない! 「ノーファンデなのに美肌」を目指す40代の4つのマスト

ナチュラルメイクが流行を超えて定番となっている昨今だけに、40代のメイクでも“厚塗り感”や“白浮き感”のあるベースメイクは、ご法度とされがち。しかし、年代的に“スッピン”には自信がなくなってくる女性も少なくあ…

チーク下手な40代は必見! 誰でも「オバサンくさくならない」チークメイク3つのコツ

濃すぎても薄すぎても、“オバサンっぽさ”に繋がりやすいパーツメイクと言えば、真っ先に「チーク」が挙げられます。と同時に「私って、本当にチーク使いがヘタだわ……」と頭を抱えている40代も意外と多く「チークを使…

「この女、育ちが悪い…」一発ジャッジに繋がる40代女性のデンジャラスなLINE

40代にもなって身近な人から「育ちの悪い女だなぁ……」なんて思われるのは「とても不名誉」だと感じる女性は多いのではないでしょうか。しかし男性たちは、恋のお相手を探しているときほど「この子は、どんな背景があ…

アイライン下手すぎ…? 脱「ケバすぎオバサン」、ナチュラルに描く3つのコツ

「アイラインを描くと、どうもケバくなってしまう……」と頭を悩ませている40代女性って、意外と少なくありません。しかし若い頃と比べれば、自分比で目元の印象が弱くなってくる年代でもあるだけに、アイラインをデイ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LOVEに関する最新記事