不倫をやめても40代女性が「結婚できなかった」3つの理由って?

結婚するために不倫をやめても、結婚に至らない女性には、どんな共通点があると思いますか。

若い頃には不倫を楽しみ、アラフォーになったくらいから「私も、1回くらいは結婚を」と、不倫関係から足を洗ったはずなのに……。

実は、不倫をやめても結婚できなかった40代女性たちには、やっぱりそれなりの理由が潜んでいるのです。

本人も、なかなか気づいていないその“ワナ”とはーー。

 

1:甘やかされるのに慣れていた

 

不倫関係の恋愛では、男には「自分が結婚している」という負い目があるので、浮気相手になってくれた女性を甘やかすタイプも少なくありません。

シングル同士の恋愛や対等な関係にある結婚とは異なり、快楽を与えてくれるだけの相手には、多くを求めない男が多いからです。

そして、不倫ばかりをしてきた女性の多くは、甘やかされるのに慣れてしまい、知らず知らずに、男に対して求めるものも大きくなっていることが。自分では甘えさせてもらっていた自覚がなくとも、不倫特有の“ぬるま湯”にどっぷり浸かってしまっていたわけです。

40代までの間ずっと“不倫”というぬるま湯につかってきた女性ほど、シングル同士の恋愛を始めた途端、恋人への不満しか抱かず「いい男がいない!」と口にしながら、結婚を逃しがちな実情があります。

 

2:刺激が足りなかった

 

どんなに穏やかに思える不倫恋愛でも、彼に妻子がいる以上は、常に障害がある恋をしてきたと言っても過言ではありません。

自分でも気づかないうちにスリルのある恋愛をしてきた女性は、いざ不倫をやめても、一般的な恋愛に物足りなさを感じ「今の彼といてもつまらない」を理由に、恋人との健全な関係を育めなくなります。不倫をしている間は、頭の片隅に常に妻や子どもの存在があるわけですから、自覚のないままに“スリルに満ちた恋愛”をしているわけです。

理性では「穏やかな結婚生活がいい」「普通の結婚ができればいい」と思っていても、これまでの恋愛で染み付いてきた“スリル”の感覚は、なかなか封印できるものではありません。

一般的な恋愛で得られる“スリル”はたまの喧嘩か恋人の浮気くらいですので、無意識にスリルを求めて相手に喧嘩をふっかけてしまい、これによって結婚が遠ざかる女性も。

 

3:相手を育てることができなかった

 

不倫に走る男の多くは、経済的にも社会的にも成功している人が多いことから、若い頃に不倫をしてきた女性ほど、既に“完成”している男に慣れています。

本来、恋愛にはお互いが相手を育てる喜びもあるはずですが、不倫関係だと、この“育てる”部分は基本的に妻に委ねられているため、長く不倫をしてきた女性ほど、恋人を育てるのが不得手な傾向にあります。「この男は、ここがダメだわ」などと恋人の欠点ばかりが目につき「私に見合う男はどこ?」と、婚活市場を彷徨うことに。

過去に不倫恋愛をしてきた相手の男だって、妻の努力によって育てられた結果なのに、長らく“育てる”という手間を放棄してきた40代女性ほど、常に完成した男を求めてしまい、ご縁があっても結婚まで至りません。

完成形の男でないと受け付けない自分に気づかぬまま、婚活を諦めて再び不倫関係に走る女性も珍しくないのです。

 

「私も1回くらいは結婚を」と不倫関係を解消しても、なかなか結婚に至らない女性は、これまでの恋愛で染み付いてきた稀有な経験がアダとなっています。

「今年こそ、不倫をやめて結婚する」そんなふうに口にしている女友達がいらっしゃったら、過去の不倫に仕掛けられていた“ワナ”にかからないよう、提言してあげるのも友情かもしれません。

スポンサーリンク

男から「一目惚れ」されやすい40代女性の好感メイク…知っておきたい3大特徴って?

第一印象がすこぶるいいと、男性から、一目惚れされる確率も上がりがち。「40代ともなれば、なかなか一目惚れなんて、ないでしょ?」などとは思うなかれ。メイクによる印象によっても、男性の視線を惹きつける術にな…

いますね、こういう女…男が「友だちになるのもイヤ」な40代女性の傾向

大人になってからの男女の出会いが、すべてが“恋愛対象としてのジャッジメント”に繋がるわけではありませんよね。「友人として、仲良くしてみたい」「趣味の仲間として、距離を縮めたい」などなど、男女の関係を目的…

実は男もイラっとしてる?「無自覚マウントオバサン」がSNSで書きがちなフレーズ3つ

対面での会話中でも、SNSに投稿されている一文でも「意識高い系」と言われる40代女性たちの発言に、イラっとしている男性は決して珍しくないようです。当人は、周囲を苛立たせるつもりがなかったとしても、まわりに…

「アノ前髪もちょっと…」男が密かにガッカリしている40代女性の3大NGヘア

加齢とともに女性を悩ませがちなヘアの課題としては、“白髪”に加えて、“薄毛”があります。「20年前の自分の写真を見て、びっくり! 気づかなかったけれど、かなり髪が減っていた……」なんてドキッも、40代には珍しい…

ごめん圏外…男が「結婚はナシ」と即決する40代女性の初対面ファッション

ファッションは、その人の第一印象を左右する重要な要素。見た目だけでその人の内面までは計り知れないことは理解しつつも、身を包んでいる服によって「この人って、こんなタイプ?」の推測が働くのも心理です。では…

今すぐ真似したい!「感じのいい40代女性」好感メイク3つのポイント

「あの人って、なんか感じいいよね」「いい具合に年齢を重ねている女性って感じ」周囲からそんなふうに評されている40代女性には、意図せずともしなくとも、好感を与えるメイクが味方になっているケースも少なくあり…

オバ見え確定…! 40代女性をすこぶる老けさせるNGスキンケア

スキンケアは、美肌を育む基本。毎日の積み重ねもモノを言うテーマだけに、ちょっとしたNGが積み重なることによって、不用意な「オバサン化」を招く要素にもなりえるのが実情です。「そういえば、しばらくスキンケア…

お泊りデートでオバサン判定!40代女性が「ギョっとされた」3つのNG行動

お泊りデートは、意中の男性との心の距離を、さらに近づけるチャンス。ところが、少し気を抜いたがばかりに、男性から「オバサンくさい女性だな……」と残念なレッテルを貼られてしまった40代女性もチラホラです。「40…

「そりゃお別れされますよ…」男がドン引きする40代女性のダメ習慣

今どきは、婚歴のある独身者も、決して珍しくない時代。40代で独身の女性にも、過去に結婚をしていた過去がある人も少なくありません。そして、離婚歴があっても、恋愛や次の結婚に意欲的な女性だって珍しくなく「い…

ごめんダサいし昭和っぽい…男が「変だ」と感じる40代女性の定番メイク

クラシカルなテイストでまとめたメイクは、40代がすると大人の魅力が引き出される“オシャレ”になるはずだけれど、男性目線だと「いやいや、ダサいし昭和っぽいでしょ……」となることもあるようです。自分では、あえて…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LOVEに関する最新記事