不倫をやめても40代女性が「結婚できなかった」3つの理由って?

結婚するために不倫をやめても、結婚に至らない女性には、どんな共通点があると思いますか。

若い頃には不倫を楽しみ、アラフォーになったくらいから「私も、1回くらいは結婚を」と、不倫関係から足を洗ったはずなのに……。

実は、不倫をやめても結婚できなかった40代女性たちには、やっぱりそれなりの理由が潜んでいるのです。

本人も、なかなか気づいていないその“ワナ”とはーー。

 

1:甘やかされるのに慣れていた

 

不倫関係の恋愛では、男には「自分が結婚している」という負い目があるので、浮気相手になってくれた女性を甘やかすタイプも少なくありません。

シングル同士の恋愛や対等な関係にある結婚とは異なり、快楽を与えてくれるだけの相手には、多くを求めない男が多いからです。

そして、不倫ばかりをしてきた女性の多くは、甘やかされるのに慣れてしまい、知らず知らずに、男に対して求めるものも大きくなっていることが。自分では甘えさせてもらっていた自覚がなくとも、不倫特有の“ぬるま湯”にどっぷり浸かってしまっていたわけです。

40代までの間ずっと“不倫”というぬるま湯につかってきた女性ほど、シングル同士の恋愛を始めた途端、恋人への不満しか抱かず「いい男がいない!」と口にしながら、結婚を逃しがちな実情があります。

 

2:刺激が足りなかった

 

どんなに穏やかに思える不倫恋愛でも、彼に妻子がいる以上は、常に障害がある恋をしてきたと言っても過言ではありません。

自分でも気づかないうちにスリルのある恋愛をしてきた女性は、いざ不倫をやめても、一般的な恋愛に物足りなさを感じ「今の彼といてもつまらない」を理由に、恋人との健全な関係を育めなくなります。不倫をしている間は、頭の片隅に常に妻や子どもの存在があるわけですから、自覚のないままに“スリルに満ちた恋愛”をしているわけです。

理性では「穏やかな結婚生活がいい」「普通の結婚ができればいい」と思っていても、これまでの恋愛で染み付いてきた“スリル”の感覚は、なかなか封印できるものではありません。

一般的な恋愛で得られる“スリル”はたまの喧嘩か恋人の浮気くらいですので、無意識にスリルを求めて相手に喧嘩をふっかけてしまい、これによって結婚が遠ざかる女性も。

 

3:相手を育てることができなかった

 

不倫に走る男の多くは、経済的にも社会的にも成功している人が多いことから、若い頃に不倫をしてきた女性ほど、既に“完成”している男に慣れています。

本来、恋愛にはお互いが相手を育てる喜びもあるはずですが、不倫関係だと、この“育てる”部分は基本的に妻に委ねられているため、長く不倫をしてきた女性ほど、恋人を育てるのが不得手な傾向にあります。「この男は、ここがダメだわ」などと恋人の欠点ばかりが目につき「私に見合う男はどこ?」と、婚活市場を彷徨うことに。

過去に不倫恋愛をしてきた相手の男だって、妻の努力によって育てられた結果なのに、長らく“育てる”という手間を放棄してきた40代女性ほど、常に完成した男を求めてしまい、ご縁があっても結婚まで至りません。

完成形の男でないと受け付けない自分に気づかぬまま、婚活を諦めて再び不倫関係に走る女性も珍しくないのです。

 

「私も1回くらいは結婚を」と不倫関係を解消しても、なかなか結婚に至らない女性は、これまでの恋愛で染み付いてきた稀有な経験がアダとなっています。

「今年こそ、不倫をやめて結婚する」そんなふうに口にしている女友達がいらっしゃったら、過去の不倫に仕掛けられていた“ワナ”にかからないよう、提言してあげるのも友情かもしれません。

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

男は敏感…!「ひょっとして性格ブス?」の疑惑を向けられる40代女性の傾向3選

外見の印象がどうであれ「あー、性格ブスってやつね」と男性に思われれば、恋愛チャンスは激減するのが常。パートナー探しを真剣に進めている男性ほど「性格のいい女性とのご縁を狙っています!」も多いだけに、ちょ…

食事会に出没…!? パッと見で「深入りしたくない40代女性」3大NGな傾向って…?

出会いの場においては、パッと見で周囲に好感を与える女性もいれば、残念ながら「あ。この人とは、深入りしたくないな」と思われてしまう人もいるのが実情。パートナーを求めているタイミングや婚活を意識している時…

「ざんねんな40代女性って、こんな人」男性たちの意見が辛辣だけど的を射ていた…

今から、ちょっと不快な言葉を連呼します。ご不快に思われるかたもいらっしゃるかもなので、先に謝っておきます、ごめんなさい。実は私、ついこの前「ざんねんな女性」について真正面から、男性たちと語りあう機会が…

ウソみたいなホントの話…たった「コレだけ」で3kgやせ見えに成功しました!

年末年始には、ふだんより飲食する機会も増えがちなだけに「気をつけていても、太った」を招きやすい時期。美容家として活動する私も、この年末年始で、御多分に洩れず2kg弱増えました。デイリーにヨガやストレッチ…

パートナーは大丈夫? 「イケてない風貌のオジサン」だと彼女や妻にもダサい疑惑が…!?

彼氏や夫などが、いわゆる「イケてる」部類だと「奥さんがしっかりしているのだろう」「彼女がちゃんとしているのだろう」などと、“内助の功(!)”的な評価を受けがち。一方で、失礼ながらも“見るからにイケてない風…

オバサン上等! 男が思う「コムスメには絶対に負けない」40代女の魅力って…?

「女は若いほどいい」なんて女性からするとイラっとする言葉も耳にするものの、ちまたには「40代くらいの女性のほうが、付き合いやすい」と口にする男性も多いのは確か。今どきの40代は、ひと昔前と比べても気力も見…

接触してこなくても図々しいオバサン…! 40代再婚女性たちが「許せない」元妻エピソード3選

いまや、夫婦のどちらか、あるいは双方が再婚というカップルだって珍しくない時代。過去があるのは悪いことではないけれど、そこで“過去”が“過去”で済まされず、“現在”にまで影響を及ぼすとなると、ウンザリするのも…

20・30代ならよくても…「40代ではさすがにナシ」男に厳しいジャッジを下される女の特徴3例

20代や30代なら「アリ」でも、40代だと「ナシ」になることって、恋愛シーンにおいてはそれなりにあるようです。出会いの場での会話ひとつにも「40代にもなって、さすがにキツイ……」と辛辣なジャッジを下されているケ…

そのアピールいりません! 男が「聞き捨てならない」と嫌悪感を抱く話題3パターン

出会いの場において「私って、こんな人です」をさりげなくアピールするのは、自己PRの観点からはとても重要な心がけ。しかしこの手のアピールは、“やりすぎ”、“あからさますぎ”になった時点で、男性からは嫌悪感を抱…

悪評がここから立つ…!? 後輩女性に不評な40代女性の「金遣い」3選

「彼女になる女性は、後輩女性からも慕われているような性格の人がいい」「結婚を考えたときには、世代を問わずに好かれる女性が好ましいよな」こんなふうに考える男性も少なくなく、“身近な年下女性”からどう思われ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LOVEに関する最新記事