今年こそ脱・おばさん! 40代女性が男を引き寄せる魅惑のくちグセって?

自分で自分を「やだ。おばさんっぽいかも」なんて、ハッとした経験はありませんか。

無意識に出ていたちょっとした仕草や口ぶりを「私も、おばさんになった」などと苦々しく感じる場面、ちょうどアラフォーくらいからお心当たりがある方もいらっしゃるのでは。あるいは、鏡に映った自分を見て「うーん。老けたわぁ」なんて人知れず、ため息をついたり。

こうなってくると「そろそろ、モテなくなるかも」なんて不安も、静かに頭をかすめます。

ところで、口ぐせひとつでその人の印象ってガラリと変わるもの。40代でも男を惹きつけてやまない女性ほど、口にしている言葉もあります。

今回は「今年こそ脱・おばさん!」をテーマに、40代女性が男性を引き寄せる魅惑の口グセをお話します。

 

1:周りがいい気分になる口調での「ありがとう」

 

「『ありがとう』は魔法の言葉」なんて表現されることもあるくらい、この言葉はまわりを笑顔にしてくれるフレーズです。

ところが、大人になるにつれて周囲への有り難い気持ちが薄れ、ちょっとやそっとでは「ありがとう」を口にしなくなっている女性も。または、口にしていたとしても心がこもっておらず、単なるセリフのような口ぶりで発している人もお見かけします。

モテる40代女性は、例外なく「ありがとう」「ありがとうございます」が、美しい。場面から言い方、表情にいたるまで、周囲がいい気分になる「ありがとう」が言えています。

40年以上も生きてくれば、並大抵の出来事には「ありがたい」と思わなくなっていたとしても、モテを狙っていくにあたっては、やっぱり「ありがとう」は鉄板なわけです。

 

2:優雅な口調で告げる「楽しい」

 

みんなでお酒を飲んでいる場面や、だれかと他愛もない話をしているときに、モテる40代女性ほど、素直に「楽しい」と伝えています。

「楽しい」は「あなたといると楽しい」が、相手の心に響く言葉。女性を喜ばせる自分に喜びを感じる男性も多いだけに「楽しい」と言ってくれる女性には、好感を抱きやすい傾向がある気がします。「もっと楽しませてあげたい!」なんて無意識で思う男性も少なくありません。また、誰かが「楽しい」って口にすると、その場の雰囲気も明るくなるので魔法の言葉であるのは、間違いのないお話。

大人の女性がキャピキャピした口調で「楽しい」を口にすると軽い印象が加速するので、ぜひ優雅な口調を意識してみてください。

 

3:メールでもLINEでも素直に伝える「嬉しい!」

 

だれかに何かをしてもらったときに「嬉しい」と思っても、その気持ちを表に出さずにポーカーフェイスになってしまう40代女性も。しかし、モテる女性はやっぱり「嬉しい」を伝えるのが上手です。

美味しいものやちょっとしたプレゼントをいただいたら、ちゃんと「嬉しい」を表現できる女性には「また何かをしてあげたい」と思うのも、男性たちの心理ですものね。メールやLINEでも「嬉しい」を伝えられるようになれば、今年からは脱・おばさん!

今年はもっと、異性からのお誘いも増えるかもしれません。

 

こうしてみると、私たちの感情の「喜怒哀楽」のうち、モテる女性が表現しているのは「喜」や「楽」にあります。大人になると喜怒哀楽を表に出さなくなってしまう女性も少なくありませんが、「怒」や「哀」は出さなくとも、「喜」や「楽」を伝えられる女性はやっぱりモテます。“かわいげ”が感じられるあたりが、こんな口グセがある40代女性がモテる理由のひとつなのではないかと私は思います。

40代になると「感情を隠すのが美徳」よろしく、若い頃より無愛想になってしまう女性も多いだけに、年齢を重ねるほどポジティブな感情を表に出す心がけが、モテにも通じると言っても過言ではないのです。

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

信じた僕がバカでした…!? 男が「騙された」と感じた40代独女の発言3パターン

40代が新しい恋愛をはじめるにあたっては、若いころのように“勢い”だけでなく、相手の恋愛へのスタンスや理想をさりげなく確認したうえで親密な関係へと発展するパターンも珍しくありません。「もう失敗したくない」…

保湿だけじゃ足りません…! 肌悩みが多い40代女性ほど「使っていないスキンケアコスメ」3選

「このところ、年齢よりも老けて見られることが増えた気がする」「40代になってから、どうもお肌の調子が慢性的に良くないかも」そんなお心当たりがあるならば、デイリーに使っているスキンケアコスメの見直しを図る…

白髪よりヤバいのはコッチ…男が「みっともない」と思う40代独女の残念髪3パターン

髪は、スタイリングの出来によってフレッシュなイメージにもなれば、オバサンぽくもなる“顔のフレーム”。それだけに、若見えやみずみずしい印象を狙っている40代女性ほど、決して手を抜くわけにはいかないパーツでも…

アンバランス…!? 同性は気にならずとも男は気にする「ダメメイク」の特徴3例

メイクの仕上げは、その日によって、多少の変化がつきもの。気温や体調だけでなく、メイクをしているときのテンションによっても、ちょっとした濃淡や質感などが微妙に異なることもあります。ところで、同性目線だと…

この歳でコレはないでしょ…! 男が40代女性の「キッチンまわりの悪癖」3例

「食の好み」は、男女の相性においても重要なテーマであるのは、間違いありません。味付けの“濃いor薄い”からはじまり、食材の合わせかたや、味噌汁に使う味噌の種類にいたるまで“好みの味”は、非常に幅広く、だから…

ねえ、それ自慢?オトコがドン引きする40代女性のキャリア話3選

40代ともなると、仕事ではそれなりにキャリアを積んできている女性も多いものです。実際、30代までの自分と比較しても、仕事に自信が増している実感があるかたも少なくないのではないでしょうか。ところがちまたには…

だらしないなぁ…男が一発でアウトだと感じる「40代女性のアイライン」NG3選

アイラインの出来は、目もとの印象のみならずメイク全体の印象をも左右する重要な部分。一方で、自分では自分が“目を閉じているときの様子”をしっかりとチェックするのは難しいことから、自分では「まぁそれなり」の…

無意識に言ってない? 恋愛に失敗する40代女性ほど口にしている魔のフレーズ3例

「掴み」はいいのに、交際が始まってしばらくすると、なぜか男性が距離を置き始めたりあからさまにテンションが下がったりすることに頭を抱えている40代女性もいらっしゃいます。「特に思い当たるところはないのに、…

非常識に見える…!? 使い方によって「上から目線オバサン」認定されるメールでの日本語3種

本人は“上から目線”で発しているつもりなんて毛頭ない言葉でも、相手の受け取りかたによっては「感じ悪いオバサンだなぁ……」となることもあります。特に、まだ相手のことがよくわかっていない段階では、なにげなく使…

新作プチプラ髪コスメ人気3「白髪」「うねり」プロの対策は

この春も、各メーカーから続々と春の新作コスメが展開中。気分が高揚しがちな春には、これまでとは違う“新しい自分”を目指して、コスメを新調する女性も少なくありません。「私もいろいろ物色中だけど、せっかく買う…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事