いま注目のリバイバル「カールドライヤー」でふんわりヘアが簡単にできる!

1980年代に一世を風靡したカールドライヤー。それがいつの間にかアイロン全盛期になってしまい、カールドライヤーの需要は激減。

ところが! 昨年あたりから、各メーカーがカールドライヤーに再注目。その理由は

  • アイロンのような火傷の心配がない
  • ブラシ感覚で使えるのでテクニック不要
  • 短時間でスタイリングを完成させられる

この3つが挙げられます。

そこで今回は、最新のくるくるドライヤーを使った、ふんわりとしたいまどきスタイルをご紹介します。

 

今回使うのはこのドライヤー!

 

髪を傷めない低温でありながら、効率よく熱を髪全体に伝えます。濡れ髪、乾いた髪のどちらにも使える、美容室でも注目を浴びているカールドライヤー。

 

それでは早速TRY!

 

1 サイドの髪を根元から立ち上げる

カールドライヤーのスイッチをオン。サイドの髪の根元にコーム部分を差し込み、根元を立ち上げて毛流れと反対方向にとかします。2〜3回とかしたら、反対も同じように。

 

2 バックの髪も根元から立ち上げる

今度はバックの髪をとかします。ボリュームを与えたい部分の根元を立ち上げ、毛流れと反対方向に。2〜3回とかせばOK。

 

3 トップの髪を持ち上げ、毛先をワンカール

根元の立ち上げを終えたら、今度は同じ根元から髪を真上に少しずつ引き上げます。毛先部分はブラシを内側に半回転させて。他の部分でもうねりが気になる部分や、毛先のハネが気になる部分には同じプロセスを行います。

 

4 サイドの髪を持ち上げ、毛先をワンカール

サイドの髪をコームに全部乗せて、毛束が真横になるように持ち上げながらゆっくりとかします。毛先付近になったらコームを内側に半回転。毛先がバラつく場合は片手を添えましょう。

 

5 前髪を垂直に引き上げ、毛先をワンカール

前髪もサイドと同じく、すべての髪をコームに全部乗せます。その後、毛束を垂直に引き出し、ゆっくりとかします。毛先付近まで近づいたらコームを内側に半回転させます。

 

6 片側の髪を耳にかける

サイドをふんわりさせる場合、片側はタイトにした方がバランスが良く、しかもシャレ感が出せます。前髪が少ない方の毛束を耳にかけ、軽くワックスをつけます。

 

7 反対側のサイドの毛先を左右に広げる

反対側の髪はボリュームを強調させるため、毛先部分を左右に広げます。このとき、指にワックスをつけておくのがベター。最後に前髪にもワックスをつけ、形を整えます。

 

完成スタイルはこちら!

 

ハチ上にボリュームを与え、襟足はスッキリ。こうすると自然と顔がリフトアップされた印象に。

さらに耳を見せることで顔の輪郭が横に広がったように見えるため、面長顔をカバーすることも可能です。

 

カールドライヤーは乾いた髪でも使え、しかもアイロンに比べてダメージも少ないのが特徴。髪が傷みやすいアラフォーの強い見方になること間違いなし!

最近ブローがうまくいかないと悩んでいる人は、試しに使ってみてはいかが?

 

ちはる(RUALA)

原宿・表参道の著名サロンを経て、20年共に一緒に働いてきた同期の角薫さんと一緒に2016年サロンオープン。独特の感性と類稀なるテクニックで、リピーター率の高い女性美容師として人気。http://ruala.jp/

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代の伸ばしかけ肩上ボブもOK!簡単ヘアアレンジ3選

40代女性の間では、ミディアムと同様にボブヘアも人気。手入れが楽で、髪のダメージも抑えられ、しかも女性らしい雰囲気も出せるといいことばかり。「でも、アレンジできな…

40代、50代に「前髪」は必要!白髪も薄毛もカバーできる【前髪×ボブ】

なぜか、頭頂部や顔周りに集中して生えてくる白髪。鏡を見ると、分け目からピョンピョン元気に飛び出して気になります。もちろん毛穴が傷つくので抜くのはNG。染めるといっ…

3才若返ること間違いなし!40代の悩み別「似合う前髪」探し

髪質や顔の雰囲気だけでなく、着る服も変わってくる40代。「いつもと同じ」は安心するけれど、どこかで変化を求めている人が多い気がします。雰囲気を手っ取り早く変えるに…

40代でも痛くないロングヘア!「Sカール」でつくるオトナ髪って

特別なお手入れをしなくてもツヤツヤで、ハリ・コシがあった頃はヘアスタイルの選択肢が多くありましたが、髪の老化が進む40代になると一気に狭まる気がしませんか?髪質の…

時間がなくてもキレイに仕上がる! 巻かないアレンジ

まともなスタイリングをしなくても、カットさえキマっていれば何とかなる! そんなのは30代まで。40代になると、キレイにカットしてもクセやうねり、毛先のパサつきなど、…

初心者でも失敗しない! 自分で前髪ちょいカットの注意点

あなたが美容室に通うのはどれくらいの頻度ですか?40代女性の場合、実は半年に1回が最も多いと言われています。次に多いのが3ヶ月に1回。多忙である上に、子育て中のマ…

40代の困り髪に「効いた」リアルな対策は?朝から晩までケアテク辞典【特集オトナの髪悩み】

40代ともなると髪にまったく悩みがない人はゼロではと思います。これまで特にトラブルない、「何もしなくてもまっすぐピカピカの髪」だった人ですらさすがに髪に年齢が出始…

あなたの運命を変える髪型、こうして手に入れよう!さとゆみヘアカウンセリング【新連載】

こんにちは。『女の運命は髪で変わる』の著者、佐藤友美(さとゆみ)です。先日、OTONA SALONE編集部で、「髪型がうまくいかないと思っている女性は、たいてい、髪型のオー…

猛暑こそハーフアップ! 大人のハーフアレンジ10選

今年の夏は災害レベルの暑さ! ジャマな髪はフルアップで襟足スッキリヘアにしがちですが、強い日差しでフルアップは危険がいっぱい!というのも、首後ろは日焼け止めをつ…

薄毛が気になる40代女性は「パックリ分け目」を隠して!簡単3つのテクは?

髪がやせてきた、手触りが悪い、スタイルが決まらなくなってきた……。年々感じる髪の老化。毛量の多さに悩まされてきた私も、最近はボリュームが減ってきたなと感じ始めてい…

ズボラ向け!どうしても髪がパサつく人の「絶対できる」オバ髪脱出ケア3選

これからの季節。髪の悩みで一番に挙げられるのが「髪の乾燥」。若々しい髪に欠かせないツヤを失ってしまっては、オバ髪まっしぐら!油分多めの太髪・剛毛な私でも、40歳を過ぎたら髪の乾燥に悩まされることに。すぐ…

パーマをかけずにふんわり髪に見せるヘアデザインスタイル7選

40歳を過ぎると、髪のコシが突然なくなって、ペチャンコヘアに悩まされていませんか?46年間剛毛・太毛・そして硬い毛の私でも、最近では髪の分け目がかなりはっきりしてきました。なので、本来ならパーマをかけてふ…

脱出!「さえない前髪」。40代が若見えするセルフカット3つの法則とは?

下ろし前髪、流し前髪、かきあげ、シースルー、オールバック、センターパート、etc……。前髪のデザインは数あるけれど、40代女性は「下ろし前髪」が最も多いのだそう。その理由は、手入れが楽なのはもちろん、額のシ…

【結べないボブ】も「ちょいアレンジ」で5歳若見え!4つの正解

寝ぐせがつきにくく、手入れが簡単な肩上カットのボブスタイル。でも、オバさんボブなんて陰口叩かれてるかも……?その原因は、ズバリ手抜きスタイリング。「ボブは寝ぐせがついてなければ整ってる」なんて思ってたら…

定番ボブ、1つ結びでもこんなにエレガント!5分以内のヘアアレンジ3選

アラフォー世代で最も多いと言われているのが、結べる長さのボブスタイル。手入れがしやすく、髪のパサつきも抑えられてツヤ髪がキープできる、大人にうってつけのヘアスタイルですよね。でも、ボブって意外と服装が…

オバ髪はスタイリングで回避できる! 2つの「若見え仕上げ」で美人髪に

40歳を過ぎると、突如訪れる髪の老化現象。パサつき髪やうねりを防ぐために入念なヘアケアを行ったり、マメに美容室に通ってメンテナンスをする。それでも、どういうわけかババ臭い髪型。そんな人は、いま一度スタイ…

100均ヘアゴムでもイタくない! プチプラアクセで簡単なオトナのヘアアレンジ

シンプルなアレンジのとき、たまにはヘアアクセを使って変化をつけたくなること、ありません? とはいえ、高価なヘアアクセは出番があまりないから、購入するのはちょっと気が引けちゃいますよね。となると、やっぱ…

そのアメピンが「オバ髪」の原因!? ピン少なめでできるオバ髪脱却アレンジ

髪の長さが中途半端だったり、レイヤーが多く入ってると、まとめた髪から予想外の後れ毛が。そんなとき、ついついアメピンに頼ってしまいますよね。でも、このアメピン。使い方次第ではオバ髪になってしまってること…

浴衣美人の秘訣はまとめ髪にアリ! 大人のセルフ浴衣アレンジ

最近では若い子の間では浴衣を着る文化が浸透しつつありますが、大人はまだまだ消極的。確かに着付けは面倒ですし、動きにくい。そもそも浴衣なんて持ってないって人もいるでしょう。でも皆さん。大人の女性ならでは…

猛暑こそハーフアップ! 大人のハーフアレンジ10選

今年の夏は災害レベルの暑さ! ジャマな髪はフルアップで襟足スッキリヘアにしがちですが、強い日差しでフルアップは危険がいっぱい!というのも、首後ろは日焼け止めをつけにくく、さらに日差しを浴びやすい場所。…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事