40代独身OL、結婚したい一心でついコレに依存してしまった結末は?

簡単にお金が借りられることから年々キャッシングを利用する人が増えているようですが、ひとたび、返済が滞ってしまうと大変な事態になります。今回は、40代の独身派遣OL、R子さんの例をとりあげ、キャッシングの落とし穴についてお話したいと思います。

︎結婚したい一心で自分磨きに精をだす

R子さんは、中堅のIT系企業に派遣社員として勤める独身OL。毎月の手取りは23万円程度だそうですが、1人暮らしのため、家計に余裕はなく、貯金もできたりできなかったりのようです。

40代になり、仕事も派遣という立場で不安定、おつきあいをしている彼氏もいないので、とにかく将来が不安でたまらないとのこと。とにかく「結婚して安定したい」というのがR子さんの一番の願いでした。

R子さんは、友人からの紹介で、頻繁に合コンなどにも参加していましたが、気になる男性はみんな、若くてかわいい女性に好意を持ってしまうのだとか…。

そこで、一年発起して、スポーツクラブに、エステに歯科矯正にと若い子に負けないよう外見磨きに精をだし、洋服やバッグ、靴などもイマドキのものを頻繁に身につけて努力するようになりました。

ただし、R子さんの毎月の手取りの金額は23万円程度。前述の自分磨き作戦を全て実行するとなると、当然、毎月のお給料だけでは足りません。

そこで、R子さんは「キャッシング」を利用することにしました。

利息が膨らみ、ついに借金は数百万円に!

派遣とはいえ、毎月収入が入ってくるし、なんとか返済できるだろうと気軽な気持ちでキャッシングをしてしまったR子さん。結婚したい一心から自分磨きはエスカレートして、毎月生活費が足りなくなり、定期的にキャッシングを利用するようになりました。

R子さんが利用しているクレジットカードのキャッシングは、手持ちのカードをATMに入れて簡単な操作をするだけでお金が引き出せるので深く考えずに利用してしまう人が多いようですが、クレジットカードの金利は8%〜15%前後と高めに設定されています。

ちなみに、新規でキャッシングをする場合、今年の1月から全ての銀行で即日融資ができなくなっていますので、ご注意を。

R子さんも気軽にキャッシングをしてしまったものの、高い利息を支払うために翌月の給料の返済では家計のやりくりが厳しくなり、またキャッシングをしてしまうという悪循環に陥ってしまいました。

気がつけば、借金の金額は数百万円にも及んでしまったそうです…。

 

心の隙間に入り込む、キャッシングの罠にご用心!

R子さんは、なんとか借金を減らしたいと思いご相談にいらしゃいました。

借金をする習慣を修正するのはなかなか簡単なことではありませんが、ここで食い止めないと、大変な事態になってしまいます。

借金を減らすには、

①支出を把握して無駄を減らす

②少しでも多くの金額を毎月返す

③金利の低い金融機関に借り換えをすること

です。

借金癖がある人は、お金にズボラという傾向があるため、毎月何にいくらお金を使っているか全く気にしていない人がほとんどです。まずは、何にいくらお金を使っているか、支出を把握することが大切です。ただし、レシートを保管したり、それを家計簿に転記したりするとなると続かない人がほとんどでしょう。イマドキは、レシートをスマホで撮るだけで自動計算してくれる家計簿アプリもあるので、簡単な方法でやってみましょう。

支出を出してみると、意外に無駄使いをしていることがわかります。毎月1万円〜2万円でも、無駄使いをしていることがわかったら、毎月の返済金額に上乗せして返済しましょう。また、条件にもよりますが、金利が低い金融機関に借り換えをすることも検討しましょう。

これでも対処できない場合には、弁護士さんに債務整理をお願いするなどの方法をとります。

R子さんは、心を入れ替え、結婚よりも借金返済を第1に生活を見直し、少ずつ借金を返済しています。

今回のR子さんのように、不安な気持ちから冷静さを欠いた行動をしてしまうということは誰にでも起こりうることだと思います。とはいえ、一度、借金の罠にはまってしまうと、抜け出すのは至難の技。心が弱いときほど、自分なりのリフレッシュを心がけ、冷静になれる気持ちを保ちたいですね。

R子さんの例は突出した例だとは思いますが、もし、何かしらお金のことでモヤモヤと悩んでいることがあったら、ぜひ相談にいらしてください!

相談したい方は下記を覗いてみてくださいね。

「FP Café® 一生涯のお金の相談パートナーが見つかる場」

https://fpcafe.jp/

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

「信じられるのはお金だけ」世代!? 40代の平均貯金額とは

「信じられるのはお金だけ」という名言を残したマツコ・デラックスさん。老後のことを考えてお金を貯めているとのことでしたが、この言葉に激しく同意したアラフォー女性は…

独女がもらえる年金の平均額と、60歳までの目標貯金額を計算してみた!

独身女性が老後にかかるお金はおよそ5,400万円といわれています。この数字は、60歳以上の独身女性の毎月の生活費が全国平均15万円。平均余命が28.68年であることから算出さ…

なぜかお金が貯まらない人の3大理由「スタバ」「コンビニ」あと1つは?

特に無駄づかいをしていないのになかなかお金が貯まらない…という人は多いようです。私のところにも「無駄づかいをしていないのにお金が貯まらない…」という相談で訪れる人…

年収300万と400万では結構違う?「お金の貯め方」のコツ

私のところには「無駄遣いを減らしたい」「お金を貯めたい、増やしたい」というご相談でやってくる40代女性が多いのですが、年収によって「お金の貯め方」のコツは違います…

【マネー専門家の事例】40代女性の平均貯蓄額はどれくらい?

かつて、落語家のヨネスケがリポーターを務めた「突撃!隣の晩ごはん」という超人気番組がありましたね。隣の家の晩ごはんが気になるのと同じくらい、隣の家の人や友達の貯…

銀行口座を分けるだけで月5万貯まる?カンタン貯蓄の仕組みづくり

貯蓄は必要だと思っても、お財布にお金が入っているとついつい使ってしまうものです。かといって、我慢ばかりではストレスがたまって逆効果。貯蓄を成功させるには、手間が…

年収400万と500万、年間貯金額はこんなに違った!100万貯めるコツ

どうもお金が貯まらない、自分はムダ遣いばかりしている、そんな風に感じている方も多いのではないでしょうか? 昇給があまりされなくなった現代において、となりの人はど…

宝くじシーズン到来!高額当選した40代女性の「末路」は?

年末が近づいてくると、宝くじ売り場には一攫千金を求める人々が詰めかけ、長蛇の列になっているのを目にします。確かに、もし3億円も当たったら、夢も希望も広がりそうで…

お金のプロって「1年で100万」どう貯めるんですか?FPタケイさんの場合

OTONA SALONEでマネー記事を連載している3人のFPに、まったく同じ「1年で100万貯めてくださいと言われたら、自分ならどうしますか?」という質問しました。三者三様の貯…

月の手取り23万でも年100万円貯めた!40代女性のテクニック

1ヶ月の手取りが23万円、ボーナス37万円が年に2回、合計で1年間の手取り年収350万円。そんなに多い方ではないかもしれないこの年収で、1年間で100万円貯めた女性がいらっし…

40代シングル女性が「買ってはいけない」マンションとは

40代になり一生独身かも…と思うと、「家でも買っておこう」とばかりに、マンション購入を考える人も少なくないと思いますが、マンションを購入する時に資産価値や生活の利便性などをきちんと考えて買わないと、家が…

別居の親を扶養に入れると4万円得?40代が知るべき2つの注意点とは

40代といえば、親が高齢になり親の生活も心配になるお年頃ですね。特に自分が会社員でそれなりに収入を得ていて、親が年金生活者という場合、親を自分の扶養に入れるべきかどうか悩む人が少なくないでしょう。そこで…

普通預金の金利は0.001%…。超低金利時代のお得な預け先とは

依然続く超低金利の銀行預金。大手都市銀行の普通預金の金利は0.001%となっており、100万円を1年間預けても1年後の利息は10円(税引前)と雀の涙程度…。普通預金だけにお金を預けていても全くお金は増えません。かと…

「無駄遣いをしてないのに貯金できない」人のザル財布とは

私のところには、「特に無駄遣いをしているわけではないのに、お金が貯まらない…」という40代高収入シングル女性からの相談が少なくありません。高収入なのに「貯まらない」のはなぜなのか。40代高年収女性の消費行…

もしかしてうちも「モラハラ夫」…?気づいたときまずすべきお金の注意点

少し前、芸能人の三船美佳さんと高橋ジョージさん元夫妻の離婚で話題になった「モラハラ」。モラハラとは、「モラル・ハラスメント」の略で、精神的暴力、精神的虐待のことです。加害者は、態度や言葉によるいやがら…

宝くじシーズン到来!高額当選した40代女性の「末路」は?

年末が近づいてくると、宝くじ売り場には一攫千金を求める人々が詰めかけ、長蛇の列になっているのを目にします。確かに、もし3億円も当たったら、夢も希望も広がりそうですが、あるデータを見ると、宝くじに当たっ…

40代でマンションを買う女性が陥りがちな落とし穴

40代になり、恋人もいないとなると、ふと頭をよぎるのが「この先もずっと独身かもしれない…」という不安。もし、一生独身ならマンションでも買って住む家は確保しておきたいと思うのが乙女心というものでしょう。た…

小銭貯金もバカにならない!楽しんで貯められる貯金箱とは

「お金を貯める」というと、妙に肩に力が入ってしまう人も多いと思いますが、気楽に楽しんで貯めるなら「小銭貯金」がオススメです。私は買い物したあとのおつりの小銭を貯金箱に入れるようにしているのですが、これ…

大不評「プレフラ」の背後で、ミスドやジョナサンがこんなにお得に!

経済産業省や経団連が連携して始まった、月末金曜日に早めの退社を促す「プレミアムフライデー」。15時に仕事を終わらせて、その後の時間を買い物や余暇に充てる消費喚起のキャンペーンですが、今年の2月に導入して…

年収300万と400万では結構違う?「お金の貯め方」のコツ

私のところには「無駄遣いを減らしたい」「お金を貯めたい、増やしたい」というご相談でやってくる40代女性が多いのですが、年収によって「お金の貯め方」のコツは違います。そこで、今回は、年収300万円、400万円、…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

MONEYに関する最新記事