岩井志麻子「結婚しない女」と「セックスレスの男」が、増えた理由を考える

別にテレビは分厚くてもいいし、日本男児は仮性包茎でいいし、日本女性は一重瞼でいいわけよ。

電化製品を売る側が薄型がカッコいいと宣伝し、美容業界がムケてなきゃ男らしくないと印象操作し、マスコミが美女はみな二重瞼であるかのように演出したのね。

 

モノや美学は踊らされるのに

でも業者や業界に踊らされるな、なんて私がいえる立場にはない。

新製品を欲しがらなきゃ発展はないし、コンプレックスは厄介なものだけど解消や克服は幸福や活力につながるし、化粧や道具を使いこなして美しく装う工夫は、それ自体が楽しいもんね。

とはいえ結婚は素晴らしいものだ、しなければ一人前じゃない、と昔から喧伝されているわりに、独身者が増え続けている。

 

性的にも解放されているのに

性的にもどんどん解放されている。

結婚するまでは処女でとか、既婚者の恋愛や婚外セックスは厳禁なんていう人の方がもはや少数派だ。

エロ雑誌はコンビニでも読めるし、AVもDVD買わなくたってスマホで無料で見放題。

出会い系サイトも風俗店も山盛り。

なのに、セックスレスが増え続けている。

 

恋愛とセックスはバーチャルで満足

みんなが持ってる物は欲しいし、見た目はみんなと同じでなきゃイヤ。

だけど結婚とセックスは、人並みで準備万端の自分ならその気になりさえすればできる。

セックスも恋愛も疑似やバーチャルで充分に満足できてるから、リアルは早急には必要ないってことか。

 

全員が結婚する世の中にしたいなら

昔は、男は結婚しなきゃなかなかセックスできなかったし、女も結婚しなきゃ生活できない人が大半だった。

エロ本も入手困難、エロ映画も映画館でしか観られなかった。

だから今、セックスそのものを盛んにして結婚を全員がする流れに持っていこうとするなら、エロ環境や生活水準を昭和の始めに戻さなきゃならない。

それは不可能だろう。

 

一重、独身、セックスレスだとしても

そもそも一重瞼だと視界が狭くなるなら手術した方がいいけど、そりゃないもん。

一重瞼が魅力の人もたくさんいるわけで。

独身でセックスレスだと若死にするなら対策、対処は必要だけど、それもない。

独身でもセックスはできるし、既婚者も恋はできる。

 

金無し男でも、セックスレスでも

私の最初の結婚は古風というのか、いろんな意味で旦那いなきゃ生きられなかった。

今の再婚は娯楽。

私に稼ぎあるから、金無しの可愛い男を選べた。

セックスも今はレス気味だけど、別にいい。

厚いテレビはダサいみたいに、稼げる男でなきゃとかセックスレスはみじめだとか、特に「欲してない何か」を売りつけようとする人が身近にいないからね。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代で結婚できた女性がやっていた「男の選び方」4つのルール

アラフォー&アラフィフで結婚できる女性には、ある共通項がありました。美魔女じゃないとダメ? それとも良妻賢母タイプ?いいえ! ある一つのことが実行できる人ばっか…

「出産していない女性」は性格がキツイ!? それは〇〇が原因だった

女性は、子どもを産んで母になると「強くなる」。未婚・未産の女性は、年齢を重ねていくと「きつくなる」といわれる。そりゃあ、母親は子どもを守るために強くなるだろうし…

【おひとりさま】 なぜか40代独身がすすめられる、幸せのための15のこと 【あるある】

世間というものは40代未婚のおひとりさまの行く末を心配してくださるのか、いろいろなものをすすめられます。独女の幸せを考えて、親族から、友人から、知人から、先輩から…

40代・おひとりさまが始めるべき「ゆる断捨離」3つの理由

40代になって、少しずつモノを捨てている。ビシっと断捨離というより、かなり断続的にゆるゆるやっているので「ゆる断捨離」とでも言いましょうか。かれこれ一年くらいゆる…

40代婚活中の独女が、台湾で人気のスポット「占い横丁」で恋愛運を占ってみた

40代にして初めての婚活をスタートさせた編集長アサミです。恋愛結婚カウンセラーの水野真由美先生にカウンセリングを受けている途中ではありますが、ホントに婚活がうまく…

40代未産女性は危険がいっぱい!リスクが高い病気リスト<子宮編>

子どもを産んだ人、産んでいない人。女性は二通りのどちらかになりますが、近年は子どもを産んでいない女性が増えてきました。1986年に男女雇用機会均等法が施行され、女性…

おひとりさま化が止まらない!? 「生涯未婚率」が過去最高を記録!

日本人の「生涯未婚率」が過去最高の数字を記録したことが、厚生労働省による国立社会保障・人口問題研究所の調査でわかった。2015年に行われた調査では、男性の生涯未婚率…

おひとりさま旅歓迎!金曜夜から1泊できる箱根・熱海・軽井沢の温泉

温泉に行きたい。一人で静かに湯船につかってぼーっとしたい。いま、オフィスからそのまま行きたい。でも、温泉旅館は夕飯の時間に間に合わない……。と思っていたら、実は「…

家でひとりが好きな人は内向型?リラックスのツボを40代女性読者に聞いてみた

みなさんはリラックスといったらどんなことを連想しますか?どんなことを、どんなものと楽しんでいますか?ドラマといっしょにお気に入りの台湾茶を楽しんだり、 ワインや…

40代おひとりさま「婚活よりも先に」始めたほうがいい4つのこと

婚活歴1年3カ月のOTONA SALONE編集長・アサミです。昨年より「40代編集長の婚活記」を執筆しているが、実は婚活よりも前に始めていた活動がある。それは「終活」。実は、40…

岩井志麻子 40代「オバサンと呼ばれたくない」女性がいて

オバサンと呼ばれたくない。と、真剣にいう一回りほど下の女性がいて、きょとんとしてしまった。誰も呼んでないじゃん。そりゃ世間一般的にはギャルじゃないけど、おしゃれだしきれいだし。私も彼女が年下というのも…

岩井志麻子「そろそろ閉経…」と思い始める40代女性に伝えたいこと

私自身が五十代も半ばとなり、閉経もした。少なくとも自然の状態、つまり医療行為をしない状態であれば絶対、妊娠はしない。当然、出産もない。50代になって思うこと子どもがいない五十代の女達は、「自分は生涯、子…

岩井志麻子 私も#me too だったのか? キャリア女性とセクハラ問題

痴漢された女性に、あなたが派手な格好してたからでしょ、とか。性被害に遭った女性に、二人きりになるなんてあなたにもその気があったんじゃないの、とか。さすがにそんな典型的なセカンドレイプみたいなことをいっ…

岩井志麻子 雑誌ではわからない【男の本音】というもの

直接会ってのインタビューではなく、簡単に電話でコメントをってのがときどきある。その中で、「あっ、また来たな」と苦笑させられる男性記者が何人かいる。私が「女の本音」をぶっちゃけたら「女の本音を教えてほし…

岩井志麻子「ヤレない美人とヤレるブス」のモテ問題を考える

だいたい、モテるモテないというのは、男と女で大きく概念も現場も違うものなのだ。女のモテる基準、男のモテる基準女はなんたって、チヤホヤが命。合コンに出ていわゆるお持ち帰りがなくても、あちこちから誘いかか…

岩井志麻子「美人」でも「キレイ」でもない、40女の生きる道

「いい女」といわれたい。そりゃまぁ、たいていの女はそう願うとは思うけれど。特に最近、その気持ちが強くなってきたと感じたら。ずばり、あなたは四十路になったのです。そしてあなたはもはや、美人」「きれい」と…

岩井志麻子 40歳を過ぎると「みんなセックスレス」問題について

子どもの頃、親に必ず怒られる言い方として、「みんな持ってるもん」「みんなやってるのに」というのがあった。「あれ買って~、みんな持ってるもん」そういうと親は決まって、「本当にクラス全員、いや、日本中の子…

岩井志麻子 女が「更年期」を迎えて変わってきたこと

私は丈夫で呑気だが、毎晩飲んでるし高カロリーな食べ物好きだし、常にしょうもないことにウジウジもイライラもしている。そんな私だから、という前置きと、そんな私でも、という前置きで話すのは更年期についてだ。…

岩井志麻子 40代からの、本当に「痛い女」について考える

私は心が黒い女だが、「あの女って痛い」と思ったことはない。世間では、若作りする女や熟年になって恋する女、自己評価が高過ぎる女、等々を痛いと称するらしいが、私にとってそういう女達は、若作りしている女、熟…

岩井志麻子が勝手に予想。不倫報道の次に来る「女の色恋」2018

いや~、去年は不倫報道ってのがすごかったね。誰もが知る大物から、誰それってな小物まで。人妻のパンツかぶった写真は流出するわ、「一線は超えてない」「体をほぐしてもらっていただけ」といった、後々まで語り継…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LIFESTYLEに関する最新記事