合コン相手に「ゲンナリされる」40代女性のお礼LINE

合コンや紹介で知り合った相手に、その夜あるいは翌日に、“お礼”のLINEをする女性は多いはず。

「鉄は熱いうちに打て」ではありませんが、今後も会いたいと思う相手へのお礼は、あまり時間をあけないほうが得策なのも確かです。

ところで、そんな“お礼LINE”のちょっとした文面のせいで、お相手から「ないな」と思われるのは、とても残念。

ご好評をいただいている“LINEのアレコレ”から、今回は40代女性が送ると男性がゲンナリしやすいお礼LINEの特徴に迫ります。

 

1:次回をほのめかしつつ“多忙アピール”が入っている

 

「今日はありがとうございました!」のお礼に加え、気になった相手には、“次回”に繋げる文を加えている女性は多いはず。

40代ともなれば、狙った獲物(!)を次につなげるくらいのLINEは「お茶の子さいさい」と口にする方も、決して少なくありません。

しかし「次はよろしければ、お話に出ていた●●でも」などと隙を見せつつも「来週から新プロジェクトが始まり来月の下旬まではプライベートの時間がとりにくいのですが」などの“多忙アピール”がセットになっていると「ないな」と感じる男性も多いです。

この手のLINEは、誘える時期が限られているので返事に困ってしまうのも然りですが、隙を見せているのか距離を置きたいのか、その真意を測りかねてしまうのも傾向。女性としては「ここが、ピンポイントで余裕のある時期なので、この頃に!」と言いたいだけでも、40代女性と同じくらい多忙を極めているであろうお相手にとっては、返事のしにくいLINEに。

 

2:男性から見て面倒くさい話をセットで送ってくる

 

会っているときにちょっとした愚痴や相談を聞いてもらった間柄だと、お礼のLINEでは「お話を聞いていただき、ありがとうございました」や「いいアドバイスをいただき、心が軽くなりました」などのちょっとしたメッセージも添える女性が多いはず。

しかし、それで済んでいればなんの問題もないものの「そういえば、他にもこんなことがあって」と、多少はもとの話題に関連した話であっても新たな愚痴や相談がお礼とセットになっていると、その時点でウンザリする男性も少なくありません。

女性としては会話のキャッチボールを狙って、新たな話題を提供したつもりでも、男性にしてみれば「しつこいな」や「実は、愚痴っぽいタイプか!?」などの疑惑を抱きやすいのです。

仮に、会っているときに嬉々としてアドバイスをしてくれたとしても、人の相談事を聞くのが特別に好きなわけではない男性も多いので、ここの判断を見誤ると空気の読めない女疑惑も向けられがち。ご注意を。

 

3:お礼だけでなく質問攻めになっている

 

モテテクとしては「男性との会話を続けるには、質問文を送るのがカギ」が定番でもあります。

しかしだからと言って、お礼のメッセージに「~はお好きですか?」「●●でしょうか?」などと疑問文ばかりが組み込まれていると、返事がほしい真意がバレバレになる上に、かなり積極的な性格がうかがえ「押されている」と感じる男性も。

使い古されているモテテクは、男性側だって「100も承知」ですし、40代にもなってそんな風に古典的なモテテクを使ってまで会話を盛り上げようとしているあたりに、言いようのない必死な雰囲気を嗅ぎ取りゲンナリしてしまうのも傾向です。

それなりの恋愛経験を積んでいる男性ほど、この手の古典テクにはウンザリ……と口にする人も少なくないので、気をつけておいて損はありません。

 

自分も気に入っている女性からのお礼LINEであれば、どんな内容であっても喜ぶ男性が多いものの「そこまででもない」のレベルで送られてくるLINEには、シビアなジャッジを下す男性も少なくないです。

今やお礼LINEは礼儀でもありますが「いいかも」と思う相手に送るからといって、前のめりになりすぎている印象を醸し出してしまうのだけは避けるべきなのは間違いなさそうです。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

僕たち、40代女性のコレに弱いです!男性がムラムラする「○○な瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

【男性心理】40代バツイチ男と結婚するために大切なこと

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返ります。

いちばん浮気性な男が多い血液型って…?ぶっちゃけアノ血液型です!

「浮気性な男だけは掴みたくない!」と思っている女性は多いもの。40代になってまで、ハラハラする恋愛トラブルには巻き込まれたくない本音だってあります。では、浮気性な…

【男の本音】美人じゃないのに「なぜかモテる女」8つの特徴

あなたの周りにも、美人でもスタイルが良くもないのに、なぜか男性からモテたり、彼氏が途切れないタイプの女性はいませんか? かたや、美人で仕事もできてスタイルバツグ…

#37 40代独女が「婚活」を半年やってわかったこと【40代編集長の婚活記】

アラフォーになっても結婚をしないまま、独身で45歳をむかえたOTONA SALONE編集長アサミの連載婚活記。婚活パーティに参加したのは半年前、1度はデートに至るものの、その…

ウッカリで男性ドン引き! 40代が「育ちが悪い女性だな」と思われる夏のお誘いLINE3選

ちょっとしたLINEのせいで「この女性は、なんだか育ちが悪そうだ」と男性に思わせてしまえば、その後の展開にもなにかと響きがちです。いい大人になっていれば、相手の“育ち”は気にせずに恋愛に発展する男女も少なく…

一瞬で恋愛圏外!「男に逃げ出される」40代女性がつい送ってるLINEの傾向3つ

“つかみ”はよくとも、いざ深い仲になった途端に、男性から避けられてしまう40代女性もチラホラお見かけします。容姿端麗で仕事もバリバリこなし「私は、それなりのレベルの女」を自負しているのに、なぜか男性と長続…

モテてるつもりが逆に滑稽…! 40代が「やめたほうがいい」美容テク3選

「40代だけど、今年はモテを極めるわ!」は、決して悪い心がけではないはず。婚活でも恋愛市場でも、モテる40代になれば、それだけ選択肢も増えるわけですから、モテないよりもモテたほうが、いろんな面でも有利です…

まだ使っているならオバ見えの原因…! 40代が「真夏には捨てるべき」コスメリスト5

暑くなってくると、身の回りをサッパリと整理したくなる女性も、かなりいらっしゃるのではないでしょうか。気温や湿度が高い毎日だと、なにをするのにもやや億劫なのもホンネです。結果、毎日のルーティンや習慣も、…

気づけば老け見え! 酷暑にやりがちな40代の3大NG美容ルーティン

本格的な暑さが到来してきた今時分は、“老け見え”を招くちょっとした悪習慣が身につきやすい魔の時期でもあります。他方、気温や湿度が高いなかで精力的に仕事をしていれば、過ごしやすい気候の時期と比較して、どう…

若見えのつもりが逆に老け見え!本当は「やらなくていい」40代の美容テク3選

メイクやファッションなどの外見に気合いが入りすぎると、うっかり“間違った若見え路線”にも走りがちです。実際のところ、美意識が高い女性がアレやコレやと入念にお手入れするほどに、かえって老け見えを招いている…

気づけばだいぶ損…! 男性から「ダメな40代」と誤解されるメイクの3大NG

女性のメイクを見て「この女性は、きっとこんな性格だろう」と推測が働くのも、男性心理の常。まだ相手のことをよく知らない段階では、第一印象のイメージによって性格を判断したくなるのは、男女問わず「あるある」…

美人でも社内恋愛の対象外に…! 40代の「嫌われお局」ってこんな女性

職場で「あの人みたいには、絶対になりたくない!」なんて後輩たちから白い目で見られてしまえば、その噂が男性たちの耳に届き、恋のチャンスだって逃しかねません。また本人が社内恋愛を狙っているわけではなくとも…

本人はまだイケてるつもりでも! 「気づけばオバサン」な40代女性の3大特徴

自分ではオバ見えを回避しているつもりなのに「気づけば、オバサン扱いされていた!」なんてことになれば、悔やんでも悔やみきれません。しかし年月とは残酷なもので、自分では「私はまだまだ若い」と思っていても、…

実は小ジワは問題なし!? 若く見られる女性と私の「決定的な違い」3つ

年齢を重ねても若いイメージで通っている女性もいれば、残念ながらも「年齢相応」あるいは「実年齢より、老けて見える」と評される女性もいます。他方、それなりの年齢に達していることは決して悪いことではないだけ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事