そのレシート捨てないで!「お金に変わる領収書・レシート」はコレ

確定申告の季節が終わり、花粉症が猛威をふるっているこの時期……。ぜひしておいてもらいたいことがあります。それは、医療機関はもちろんのこと、市販薬に関しても、領収書やレシートを捨てないで保管しておくことなのです。コンビニで買った場合も同様ですので、レシートの見直し習慣を今のうちにつけて!

 

保管すべき領収書・レシートは?

 

 

取っておくべき領収書やレシートは、

  • 病院の診察を受けたとき
  • 処方箋をもらうときに支払ったとき
  • 市販薬を購入したとき

に受け取るものです。

 

医療費控除に使用できる

 

 

医療費控除は、その年にかかった医療費の合計が10万円以上の場合、オーバーした分について、所得税を控除するよ、という制度です。簡単にいいますと、医療費控除は、病院などの医療費がかかってしまったときに、「多く払った分だけ、税金を少なくするね」という国の施策です。

 

医療費控除の対象は?

医療費控除の対象となる領収書やレシートは、

・病院を受診した治療費

・処方箋の費用

・市販薬(第1類医薬品、第2類医薬品、第3類医薬品)

になります。

 

どのくらい返ってくる?

所得税が20%かかっている場合、たとえば、2018年の医療費が合計15万円だった場合、確定申告をすると10万円を超えた部分の5万円についての20%である1万円が返ってきます。

 

医療費って、特に審美歯科でインプラントを入れたり、セラミックを入れたりすると、高額な費用がかかりますよね。こうした治療費も含めていいので、意外に10万円は超えます。

 

セルフメディケーション税制の適用に利用できる

 

 

注目すべきは、2017年から始まった「セルフメディケーション税制」です。こちらは、従来処方箋でないともらえなかった薬が市販薬になっているものが特徴で、1万2千円以上8万8千円以下の金額が対象です。医療費控除よりも金額が少ないので、利用しやすいのがメリットです。

「セルフメディケーション=自己治療・自己服薬」などと意味し、医療機関を受診せずに、自分で判断して治した人を対象に、税金を優遇するという制度です。

 

対象商品は?

セルフメディケーション税制の対象商品は、「スイッチOTC医薬品」です。この薬を買ったときのレシートのみが申請するときに必要となります。「スイッチOTC医薬品って何のことか分からない」と思うかもしれません。しかし、セルフメディケーション税制の対象とされる薬は、その外箱やレシートに分かりやすく書かれていますので、簡単に判別できますよ。

 

 

どのくらい返ってくる?

合計金額が1万2千円を超えた部分から、最大8万8千円までです。

たとえば、8万円で、所得税が20%かかっている場合、1万6千円が返ってきます。

 

現在、花粉が多く飛んでいますが、花粉症の薬は7日分で1,400円くらいするので、2か月分では8週分でも11,200円です。風邪が流行るシーズンには風邪薬を購入するでしょうから、1万2千円は超える可能性が高いのです。

 

条件がある

自分で予防につとめていることが条件になっており、会社の健康診断を受けていることとか、インフルエンザの予防接種を受けたこととか、セルフメディケーション税制の恩恵を受けるための条件があります。

 

 

 

今の時点ではどちらを選ぶか考えなくていい

 

とにかく領収書やレシートをまとめておきましょう。2018年が終わってから計算し、より税金が返ってくる方で確定申告すればいいのです。

 

レシートや領収書は、税金が返ってくるいわば金券と同じです。大切に保管しましょう。

スポンサーリンク

面倒なのは最初だけ!ほったらかしでお金が貯まる方法、試しませんか?

2017年1月から個人型確定拠出年金(iDeCo イデコ)の対象者がぐーんと拡大し、加入できるようになった方も増えました。また、2018年1月から、払い込みの月などを選べるようになったため、より利用しやすくなりまし…

お財布の買い替えどきって?2018金運最強の「春財布」はこの日に!

いつも節約しているのに、お金が思っているより貯まらない。神頼みや縁起を担ぎたい。そんな方に向けて、春ならではの金運を引き寄せる方法をお伝えします。縁起はいいほどいい。「春財布」は最強!春にお財布を買っ…

確定申告、間合わなかった人もあきらめないで!まだお金は戻る

毎年、受付開始がニュースになるほどの確定申告。2017年度は終わってしまい、「すっかり忘れてた!」という方もいるかもしれません。でも、まだ間に合うかもしれません。「自分には関係ない?」あるかもしれません。…

今年こそ100万貯める!「利息のリターン以上」なお得おもしろ定期預金5選

お正月のドタバタも落ち着き、ボーナスで買わなければいけないものや、予定していた支出が無事に済んだころでしょうか? 今年こそは100万円貯めたい、でもただ貯めるだけじゃつまらない。「面白い定期預金で貯めた…

買わないで!新年の運気が下がる「ダメ福袋」3つの見抜き方とは

12月から1月2月と、セールや福袋の登場に心躍り、ついつい財布のヒモも緩みがちです。でも、待ってください。買うときはわくわくしても、結局着なかった、使わなかった、という場合もあるのです。そうなると、お得な…

安物買いの銭失いって本当?ブランドバッグの費用対効果を考える

世の中に「安物買いの銭失い」という言葉があります。この言葉は、安いものを買っても、質がそれほどよくないためにすぐ買い換えなければならないことから、結局のトータルコストはかかってしまうため却って損になっ…

年収400万と500万、年間貯金額はこんなに違った!100万貯めるコツ

どうもお金が貯まらない、自分はムダ遣いばかりしている、そんな風に感じている方も多いのではないでしょうか? 昇給があまりされなくなった現代において、となりの人はどのくらい貯金をしているのでしょうか?気に…

最新統計に見る「女性の平均年収」の低さ。なんでこうなるの?

今年も国税庁から平均年収に関する統計が発表されました。今回はこの「平成28年分民間給与実態統計調査」をもとに、気になる「みんなの平均年収」を見ていきましょう。女性は毎年平均年収が低い結果になっていますが…

通勤にバス定期券を買うと月に2,390円も損?知らなかった「バス特」活用

通勤にバスを利用している方も多いのではないでしょうか。バスも会社から定期代が支給されているから、と鉄道と同様に定期券を購入していませんか。実は損をしているかもしれませんよ。今回は、このバスの通勤定期券…

知ってた?電子マネーで電気代やクルマ税をお得に納付できるらしい!

税金を納めることは義務のひとつですが、少しでも節約になればうれしいですよね。そして人気急上昇の電子マネーを利用して納めたい!という方も多いのでは?今回は、税金や公共料金を納めるときのお得ワザをご紹介し…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

MONEYに関する最新記事