「やたらと男にフラれる」女性にありがちな残念3大NG言動

大型連休には独特の解放感もあって、普段よりも大胆な気持ちになる女性もいらっしゃるのではないでしょうか。

恋人がいる人は日頃はできないデートを、仕事から離れて思いっきり満喫できる貴重な機会でもあります。

ところが巷には、大型連休に「フラれちゃった」「恋人と別れた」なんてお話もゴロゴロ。

そこで今回は、開放的な気分になりがちな大型連休に、男性から「NO」を突きつけられやすい女性のNGな振る舞いに迫ります。

 

1:潜在的な問題を持ち出してとことん話し合おうとする

 

どんなに愛し合っている恋人同士でも、もともとは他人。大なり小なりなにかしらの課題や問題を抱えているカップルだって珍しくありません。

そして、普段は仕事の忙しさを理由に話し合いを後回しにしているテーマがある場合「連休には、たっぷり時間があるから」と、やたらに話し合いをしたがる女性もいますが、これは男性からすると息が詰まる提案に……。

せっかく開放的な気分になっているところに、わざわざふたりの間に潜んでいるテーマを引っ張り出し、結論が出るまで詰められるとなれば、ウンザリ感が強まってしかり。

話し合いを進めていく過程で「こんなにつまらない連休を過ごさなくてはならないなんて、この女性とはもう一緒に居たくない」と感じ、NOを突きつけられる可能性も高まるのです。

 

2:機が熟していないのに結婚の意思を明確にしようとする

 

婚活をしている女性や、お付き合いをしている彼とそろそろゴールインをしたい女性ほど「この連休中に、彼に真意を聞いてみよう」と気合いが入ってしまう人も少なくないかもしれません。

しかし、せっかくの休暇中に「私たち、これからどうするの?」「結婚する気、あるの?」などと将来の話を詰められる男性の立場からすると、こちらもウンザリ感が高まるシチュエーションに。

結婚する意思が固まっている男性なら、わざわざ女性から「どうするの?」と詰められなくとも、どこかのタイミングで自ら口にしているはず。それを女性側から確認しないとならない関係性ということは、彼は結婚の意思がまだ固まっていない表れでもあります。

「面倒な女だな、こんな女と結婚なんてしたいわけないだろ」を招き、結婚の話を詰めようとしたばかりに「NO」を突きつけられるリスクが大なのです。

 

3:ひとりの時間を認めず常に一緒に過ごそうとする

 

日頃から「休暇中には毎日、私と過ごして当たり前」と思っている女性も、連休中に男性から「NO」を突きつけられやすい傾向にあります。

大学生や20代の若い頃ならばともかく、仕事の責任も大きくなり日頃のストレスも溜まりまくっている男性にしてみれば「休暇中には、自分のペースで過ごしたい日もある」のも一般的なのに「休みなのに、なんで一緒に居られないの?」「私と会わないで、誰とどこでなにをするつもり? まさか他にも女性がいるの!?」などと文句を言われるだけでウンザリ。

成熟した大人の関係を築きたい世代だけに、この言動が引き金となり「こんな口うるさい束縛女とは、一緒に居たくない!」と感じ「NO」を突きつける男性だって珍しくないのです。

 

普段より恋愛に割ける時間が増える大型連休は、カップルが互いの絆を深める絶好のチャンスでもあります。

ところが、男性がウンザリするような言動をしてしまい「君とは無理だ」と言われてしまう残念な女性も。お心当たりがある方は、気をつけておいて損はないかと思います。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

僕たち、40代女性のコレに弱いです!男性がムラムラする「○○な瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

【40代編集長の婚活記#20】結婚できない40女は〇〇が多すぎる!?

44歳・独身・恋人いない歴7年。特に「結婚しない」とも「結婚したい」とも思っていなかったが、気づいたら40代で独女だったというOTONA SALONE編集長アサミが婚活を始めて…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

【男性心理】40代バツイチ男と結婚するために大切なこと

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返ります。

【40代編集長の婚活記#10】モテ服メイクのルールを全部守ってみた

44歳、未婚独身、ペットなし、会社員。「どうして結婚しなかったんですか?」と聞かれても「別に……」とかつての某女優さんのようにしか言いようがない編集長アサミでござい…

いちばん浮気性な男が多い血液型って…?ぶっちゃけアノ血液型です!

「浮気性な男だけは掴みたくない!」と思っている女性は多いもの。40代になってまで、ハラハラする恋愛トラブルには巻き込まれたくない本音だってあります。では、浮気性な…

「40代後半でそれは痛くない…?」トレンドと紙一重な問題児コスメ6

40代になったら、ミーハー感や若作り感による“痛々しさ”しか出さないコスメは、断捨離すべきタイミングでもあります。個性的なメイクは似合っていれば「おしゃれ!」であるのは間違いないものの、自分の想定外に「あ…

今すぐ捨てて! 使っていると痛い目にあう過去のトレンドコスメ5選

年齢を重ねると「流行だから」という理由だけでは、トレンドに飛びつかなくなる女性も増えてきます。他方、メイクに関しては自分なりの“定番”が確立していて、ちょっとしたコスメを買い足したら使い切るまでは長く愛…

断捨離中でも捨てないで! また買うハメになりがちなコスメ5選

ミニマルな生活に憧れている女性ほど「コスメも、大幅に断捨離!」を合言葉にしていらっしゃるかもしれません。近年は「空前のナチュラルメイクブーム」と言えるくらい、華美なメイクをしない人も増えているので、最…

デキるフリ男にはご用心…! みんなが選んだ「仕事がデキる男」が多い血液型は…?

「仕事がデキる男」は、お好きですか?将来を考えると「やっぱり結婚するなら、仕事がデキる男がいい!」と思っていらっしゃる女性も少なくないかと思います。日本人はとかく“血液型”による傾向分類を好む傾向もあり…

1,000円あったらコレ買って! 40代の美をアップデートするプチプラコスメ6選

最近は、プチプラのコスメでも優秀なものが多く「コレがあったら、日々の美容が格段に楽しくなる!」な優秀アイテムもたくさん。仮に予算が『1,000円』だとしても、40代のみなさまに自信をもって「ぜひ、手元に置い…

ツヤ肌ファンデも!? 婚活中の40代女性が今すぐ捨てるべき断捨離コスメリスト7

婚活を意識しているタイミングでは、良くも悪くも“男ウケ”を狙える見た目に注目したほうが、“モテ”を極められるのは確か。「我が道をいく美容道」も素敵ではあるけれど、男視線と女視線はときに異なるだけに、女性か…

だいぶショック!「一発で男性の好感度がダウンする」40代女性の3大NGメイク

婚活中でもそうではなくとも、働く40代女性としては「周囲にいる異性からの好感度は、上げておくに越したことはない!」と思っていらっしゃる方だって多いはず。好感度はちょっとしたパーツの印象によっても大きく左…

食事デートで「次のお誘いがこない」40代女性。明日からの3大心得って?

先日は、映画デートで「次回は誘わない!」と判断されやすい40代女性の傾向をこちらの記事「デートで“次はないね…”とジャッジされる40代女性の3大NG行為はコレ」でお届けしました。40代女性の恋の始まりにまつわる定…

「一途な男」が多いのはダントツあの血液型!? 見分けやすい基準って?

パートナーが一途な男性だと、女性の安心感は高まります。いつも浮気の心配をしたり不安を抱いたりさせられる相手との恋愛も刺激的ではあるけれど、年齢を重ねるほど、穏やかなお相手と愛情に満ちた日々を送りたい女…

ちょっと待った! 男が悪い意味で「二度見する」40独女の3大NGメイク

婚活中の女性ほど、異性から注目されないよりはされるに越したことはないけれど、悪い意味で“二度見”されるような注目の集め方は、あまり嬉しくない方も多いのではないでしょうか。ともすると「気合いが入った日のメ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LOVEに関する最新記事