「やたらと男にフラれる」女性にありがちな残念3大NG言動

大型連休には独特の解放感もあって、普段よりも大胆な気持ちになる女性もいらっしゃるのではないでしょうか。

恋人がいる人は日頃はできないデートを、仕事から離れて思いっきり満喫できる貴重な機会でもあります。

ところが巷には、大型連休に「フラれちゃった」「恋人と別れた」なんてお話もゴロゴロ。

そこで今回は、開放的な気分になりがちな大型連休に、男性から「NO」を突きつけられやすい女性のNGな振る舞いに迫ります。

 

1:潜在的な問題を持ち出してとことん話し合おうとする

 

どんなに愛し合っている恋人同士でも、もともとは他人。大なり小なりなにかしらの課題や問題を抱えているカップルだって珍しくありません。

そして、普段は仕事の忙しさを理由に話し合いを後回しにしているテーマがある場合「連休には、たっぷり時間があるから」と、やたらに話し合いをしたがる女性もいますが、これは男性からすると息が詰まる提案に……。

せっかく開放的な気分になっているところに、わざわざふたりの間に潜んでいるテーマを引っ張り出し、結論が出るまで詰められるとなれば、ウンザリ感が強まってしかり。

話し合いを進めていく過程で「こんなにつまらない連休を過ごさなくてはならないなんて、この女性とはもう一緒に居たくない」と感じ、NOを突きつけられる可能性も高まるのです。

 

2:機が熟していないのに結婚の意思を明確にしようとする

 

婚活をしている女性や、お付き合いをしている彼とそろそろゴールインをしたい女性ほど「この連休中に、彼に真意を聞いてみよう」と気合いが入ってしまう人も少なくないかもしれません。

しかし、せっかくの休暇中に「私たち、これからどうするの?」「結婚する気、あるの?」などと将来の話を詰められる男性の立場からすると、こちらもウンザリ感が高まるシチュエーションに。

結婚する意思が固まっている男性なら、わざわざ女性から「どうするの?」と詰められなくとも、どこかのタイミングで自ら口にしているはず。それを女性側から確認しないとならない関係性ということは、彼は結婚の意思がまだ固まっていない表れでもあります。

「面倒な女だな、こんな女と結婚なんてしたいわけないだろ」を招き、結婚の話を詰めようとしたばかりに「NO」を突きつけられるリスクが大なのです。

 

3:ひとりの時間を認めず常に一緒に過ごそうとする

 

日頃から「休暇中には毎日、私と過ごして当たり前」と思っている女性も、連休中に男性から「NO」を突きつけられやすい傾向にあります。

大学生や20代の若い頃ならばともかく、仕事の責任も大きくなり日頃のストレスも溜まりまくっている男性にしてみれば「休暇中には、自分のペースで過ごしたい日もある」のも一般的なのに「休みなのに、なんで一緒に居られないの?」「私と会わないで、誰とどこでなにをするつもり? まさか他にも女性がいるの!?」などと文句を言われるだけでウンザリ。

成熟した大人の関係を築きたい世代だけに、この言動が引き金となり「こんな口うるさい束縛女とは、一緒に居たくない!」と感じ「NO」を突きつける男性だって珍しくないのです。

 

普段より恋愛に割ける時間が増える大型連休は、カップルが互いの絆を深める絶好のチャンスでもあります。

ところが、男性がウンザリするような言動をしてしまい「君とは無理だ」と言われてしまう残念な女性も。お心当たりがある方は、気をつけておいて損はないかと思います。

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人から、よく聞くのが「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

僕たち、独女のコレに弱いです!男性が思わず「ムラムラする瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

【40代編集長の婚活記#10】モテ服メイクのルールを全部守ってみた

44歳、未婚独身、ペットなし、会社員。「どうして結婚しなかったんですか?」と聞かれても「別に……」とかつての某女優さんのようにしか言いようがない編集長アサミでござい…

【40代編集長の婚活記#20】結婚できない40女は〇〇が多すぎる!?

44歳・独身・恋人いない歴7年。特に「結婚しない」とも「結婚したい」とも思っていなかったが、気づいたら40代で独女だったというOTONA SALONE編集長アサミが婚活を始めて…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

【男性心理】40代バツイチ男と結婚するために大切なこと

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返ります。

「ごめん…汚いオバサンにしか見えないかも」男が嫌悪感を抱く40代女性のメイク3例

メイクの仕上げ方によって「この人って、こんなタイプなんだろうな」を推測される要素になるのも実情。パッと見たときに「イケてないメイク」だと感じさせてしまえば、男性たちからは「汚いオバサンにしか見えないん…

若見えの極意ココにあり⁉︎ 「気づけばおばさん」を回避する目周りのちょこっとメイクテク3選

きちんとメイクをしている女性でも「なんだか、オバサンくさい」「あの人って、生活感のあるオバサンにしか見えないよね」などとざんねんな印象を周囲に与えていることも、しばしば。せっかくメイクをするならば、40…

30代までは不要でも…40代になったら絶対に「手元にあったほうがいい」コスメ3選

年齢を重ねるごとに「若い頃と、なんとなく肌がちがう」を感じる女性は少なくありません。ちまたにあふれているコスメも、“そのときの自分”に適しているか否かの視点で選ぶようにすると、無駄買いを防ぎつつも、効率…

やりすぎ…! 40代女性の「義母の美容」にまつわる暴走おせっかい3選

40代女性のパートナーの親世代となると、60代後半から70代、場合によっては80代の女性もいらっしゃいます。日ごろから美意識が高い女性ほど、彼や夫の母親との美容談義にも花が咲くものですが、ちまたには「よかれ」…

定番でもデンジャラス…? 男が内心「うーん」と思っている40代女性のデイリーメイク3選

20代や30代の女性がしていると「ちょっとざんねん」で済むのに、40代女性がしていると「痛いオバサン」などと男性からの強烈な不評を招きがちなメイクもあるのが実情です。トレンドを追いすぎて「若づくり?」などの…

男は敏感…!「ひょっとして性格ブス?」の疑惑を向けられる40代女性の傾向3選

外見の印象がどうであれ「あー、性格ブスってやつね」と男性に思われれば、恋愛チャンスは激減するのが常。パートナー探しを真剣に進めている男性ほど「性格のいい女性とのご縁を狙っています!」も多いだけに、ちょ…

食事会に出没…!? パッと見で「深入りしたくない40代女性」3大NGな傾向って…?

出会いの場においては、パッと見で周囲に好感を与える女性もいれば、残念ながら「あ。この人とは、深入りしたくないな」と思われてしまう人もいるのが実情。パートナーを求めているタイミングや婚活を意識している時…

「ざんねんな40代女性って、こんな人」男性たちの意見が辛辣だけど的を射ていた…

今から、ちょっと不快な言葉を連呼します。ご不快に思われるかたもいらっしゃるかもなので、先に謝っておきます、ごめんなさい。実は私、ついこの前「ざんねんな女性」について真正面から、男性たちと語りあう機会が…

ウソみたいなホントの話…たった「コレだけ」で3kgやせ見えに成功しました!

年末年始には、ふだんより飲食する機会も増えがちなだけに「気をつけていても、太った」を招きやすい時期。美容家として活動する私も、この年末年始で、御多分に洩れず2kg弱増えました。デイリーにヨガやストレッチ…

パートナーは大丈夫? 「イケてない風貌のオジサン」だと彼女や妻にもダサい疑惑が…!?

彼氏や夫などが、いわゆる「イケてる」部類だと「奥さんがしっかりしているのだろう」「彼女がちゃんとしているのだろう」などと、“内助の功(!)”的な評価を受けがち。一方で、失礼ながらも“見るからにイケてない風…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LOVEに関する最新記事