バツアリ・子アリ男性が「この女との再婚はない」と感じた意外なポイントって?

 

40代ともなると、いわゆる“バツアリ”な男性とパートナーシップを築いている女性も少なくありません。

また前妻との間に子どもがいるという男性も決して珍しくなく、離婚歴がある男性との交際を視野に入れている女性ほど、ちょっとした課題に感じやすいのも実態です。

そして、相手の男性を真剣に愛している女性ほど「彼の子どもを、受け容れられるだろうか?」が頭をよぎるのと同じく、男性側も「この女性は、僕の子供の存在も認めてくれる人だろうか……?」が気になっている実態に。

同時にそんな男性たちは、交際していく過程で「この女性は、大丈夫かな?」を、案外と冷静にジャッジしているもので、これは子供と同居しているorしていないにかかわらず頭に浮かびがちなテーマだという実情も。

そこで今回は、魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする私、並木まきが、“バツアリ・子供アリ”な男性たちに聞いた「この彼女との結婚は、難しそう」を判断した意外なポイントをご紹介します。

 

ジャッジポイント1:養育費の話をした時に嫌な顔をしてきた

 

「2年付き合った今年41歳になる彼女がいて、その子には婚歴がありませんでした。

最初の頃、僕には婚歴があって子どもが前妻のもとに2人いることを話していたところ、その頃には嫌顔ひとつせずにニコニコと聞いてくれていたので、“この人なら、再婚できるかも”って期待もありました。

けど、交際が長くなり気を使わない間柄になるにつれ、子供の話を嫌がったり養育費を支払っていることに不安を告げてきたりするようになって……。

露骨に文句を言われたわけではなかったけれど、最初の頃は無理をしていたんだなと悟り、それからしばらくして別れました」(41歳男性/専門職)

前妻との間に何があったにせよ、我が子のことは離れて暮らしていても気にかけている男性が多いものです。

養育費については、結婚後に家計を圧迫することにもなりかねないものとは言え、交際の段階で快く思っていないような振る舞いをしてしまうと、彼らの頭には「無理だな」を悟る引き金にもなりやすい傾向があります。

 

ジャッジポイント2:前妻とあからさまに張り合っていた

再婚を視野に入れていました。

彼女には婚歴はなく、僕とは結婚前提で付き合ってくれていたのですが、結婚の話が具体化するにつれて、やけに前妻と張り合っているような発言が増えたのが気になるようになって。

で、彼女の年齢的な不安もあって、早く子どもが欲しいって話になったんですけど、僕には前妻との間にすでに2人の子どもがいるんですよね。

なのに『私も2人は産みたい』『前の奥さんとは2回も作ったくせに、私とは1人しか作れないの!?』などと言い出すようになり、困惑しました。

再婚して2人もつくるとなると、全部で4人の子どもを抱えることになりますが、僕にはその甲斐性もないし、年齢的にも厳しいものがあると感じました。

結局、そのことが気になってどうしても前進できず、僕から言って別れました」(43歳男性/メーカー)

バツアリ男性の過去を丸っと受け止めたいと思っても、なにかの拍子に過去に嫉妬してしまう女性も珍しくありません。

しかしそんな嫉妬心をワガママとして表面に出してしまうと、それによって「無理だ」をジャッジされる引き金にもなりかねないというわけです。

それは確かに……3点めは

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

おすすめ記事

LOVEに関する最新記事