そのレギンス、オバ見えしてない?「40代のレギンス」着こなし2つのワナ

この秋冬のコーディネートに欠かせないのが、レギンスを使ったレイヤードスタイル。もう過去のNGアイテムじゃないの? と思っていた40代女性も多いかと思いますが、約10年ぶりに大復活しました!

体型カバーもできて肌の露出を調節できるレギンスは、実はアラフォー向きのアイテムなんです。でも、昔の感覚で取り入れるのは危険なので、ぜひ今季のトレンドを押さえて着こなしに取り入れてみてください。

 

昔のレギンスのトレンドって?

2008年頃から厚手のタイツと共に大ブレイクしたレギンスは、肌にフィットした素材感で、感覚としてはタイツと同じ感覚で取り入れるのが主流。チュニックワンピの下に合わせるのがメインで、ミニスカートやデニムショーパンのインナーとしても着用していました。色はほぼ黒の一択で、デザインや素材感のバリエーションはあまりなく、翌年にレギンスの派生としてトレンカも人気を集めました。

 

今のレギンスの種類は?

今シーズンはレギンスのデザイン、素材、カラーともに豊富なので、体型や年齢、好みによってセレクトが可能です。5つのバリエーションの中から、おすすめ順にご紹介していきたいと思います。

 

1位 サイドスリット

レギンスの裾部分にスリットが入ったタイプ。外側と内側の2パターンあり、足のシルエットが出過ぎないので着痩せ効果も高いデザインです。抜け感も出せてカジュアルからキレイめまで幅広い着こなしにマッチします。

 

2位 リブ

伸びがよく、フィット感はありつつも着心地のいいリブニット素材を使用したレギンス。少しカジュアルな印象にはなりますが、リブの縦ラインが足をすっきりと見せてくれるので、アラフォーでも取り入れやすいアイテムです。

 

3位 裾メロウ

裾が波打ったメロウ仕上げになったレギンスは、少しだけ甘さがプラスされて女性らしい印象になるデザイン。さりげないアクセントになるので、ワンピースなどのロング丈から、少しだけのぞかせると相性よく決まります。

 

4位 12分丈ニット

足元にボリュームが出るロングニットタイプは、どうしてもほっこりしたイメージになりがち。アラフォーが取り入れるなら、厚手タイプや柄、編み目模様があるものを避けることで大人っぽく取り入れることができます。

 

5位 サーマル

表面に凹凸があり保温性も高いサーマルレギンスですが、スポーティなイメージが強く、カジュアルさが際立つデザイン。色によっては下着っぽい印象になってしまうこともあるので、取り入れる際には注意が必要です。

 

レギンスのおすすめ色は?

今シーズンは、カラーバリエーションも豊富。基本の黒・グレー・ネイビーのほか、トレンド感のあるブラウン、カーキ、ベージュなどのくすみカラーは取り入れやすく着こなしのアクセントにも最適です。

 

アラフォーが取り入れるおすすめレギンスコーデ4選

 

レギンス×きれいめニットワンピ

ミモレ丈のゆったりしたニットワンピに、スリット入りのレギンスをあわせたスタイル。ポイントは、パンプスや小さめのバッグなどきちんと感のある小物を合わせることで、防寒ときちんと見えを両立できます。

 

レギンス×とろみ素材ワンピース

女性らしいシルエットのとろみワンピースなら、カジュアルに転びがちなリブレギンスと合わせても洗練感をキープできます。華奢なベルトを合わせたり、アクセをプラスすることでアラフォーでも違和感のないスタイルに。

 

レギンス×シャツワンピ&ニット

ロング丈のシャツワンピと相性のいいレギンスですが、これからの季節はニットをプラスするのもおすすめ。休日にもぴったりなこなれ感のある大人のカジュアルスタイルが楽しめます。

 

レギンス×タイトスカート

レギンスとスカートの色を合わせるのがすっきりと大人見えするコツ。トップスにはボリューム感のあるニットを合わせて、メリハリのあるシルエットを作ることで今っぽさがアップします。

 

アラフォーが失敗しないレギンスコーデのルールは?

→膝下ロング丈のワンピ&スカートにあわせてちょい見せがベストバランス

レギンスの一番の難点は、足のシルエットを拾いやすいということ。つまり、年齢が出やすい膝が出たコーデだとオバ見えしたり、若作り感が出てしまうこともあるので要注意。ボリュームトップスにあわせて、膝上を見せたコーデをしたい時には、ニット素材は避けてハリのあるレギパンタイプを選べばOKです。

 

アラフォーにはNGなレギンスコーデって?

 

×パーカのアスレジャースタイル

今季、ヒップが隠れるビッグシルエットのスウェットやプルオンパーカなどにレギンスをパンツ感覚で合わせ、サコッシュやウエストポーチを斜めがけしたりキャップを合わせるコーデも人気。でも、カジュアルすぎて若作りに見えてしまうので、40代女性には難易度が高めです。

 

×ほっこりワンピのリラックススタイル

サーマルやワッフルニット、フランネル素材などの着心地のいいロングワンピは、休日につい選びたくなるアイテム。でも、これにレギンスを合わせるとどうしてもルームウエア感が出てしまうので、レイヤードするならデニムやキレイめパンツの方がおすすめです。

 

以上、いかがだったでしょうか。味方につければ着こなしの幅も広がりトレンド感を演出できるレギンス。選択肢の幅が広い今シーズン、取り入れ方が分からないという人は、ぜひ参考にしていただければ嬉しいです。

スポンサーリンク

植松晃士 コレってどうなの? 実は痛い「おブス」な40代の夏ファッション

みなさん、こんにちは。植松晃士です。夏の小旅行の計画は立ててみたかしら? どこかに旅に出るとなると心も浮き立ちますよね~♪羽織ものの肩がけって、実は…!でも、今回…

植松晃士 やっちゃダメ!40代カジュアルの「痛い3点セット」

みなさん、こんにちは。植松晃士です。「花とみつばち」の続編。どういう自己投資をするべきか、どういう大人の女性になるべきかを指南させていただきたいと思います。旬の…

植松晃士 脱・無難おばさん! この春40代が取り入れるべき「3つの流行キーワード」

みなさん、こんにちは。植松晃士です。2月ともなると春ファッションの特集を組んでいたりしますが、実際問題としてはまだ寒いですよね?春物は「靴とバッグ」から取り入れ…

私に似合う色は? パーソナルカラー診断の「カラーチャート」見本帳

自分に似合う色を知りたい、そんな方にオススメなのが「パーソナルカラー診断」です。似合う色=パーソナルカラーを身につけると、肌がキレイに見えたり、イキイキして見え…

植松晃士  それパジャマ⁉ 40代が「着てはいけない」夏ファッション

みなさん、こんにちは。植松晃士です。毎日むしむしと暑い! こんなに暑いと、どういうファッションにしたらいいのか、悩むところですよね~。この夏、ワンピ×ワイドパン…

植松晃士 40代からの「秋トレンド」取り入れかた2018 ─昭和なオバタリアンにならないために─

みなさん、こんにちは。植松晃士です。過酷な夏も過ぎ、朝晩は秋の気配を少しずつ感じますね。今回は“レディーを高める秋”と題して、40アップの女性たちにファッションアド…

踵パカパカよりヤバいのは…? ダメな40代女性ほど履きがちな「パンプス」ワースト3とその対策

周囲からの好感度が高く、“デキる”イメージの女性ほど、“足もと”にも気を配っていると言われます。実際、ワーコルが2月10日の「パンプスの日」にちなんで実施した『働く女…

植松晃士 40代がセールで「買っていいもの、ダメなもの」2018

みなさん、こんにちは。植松晃士です。あっという間に半年が過ぎました。6月後半あたりから、セールが始まってますよね。毎年9月10月くらいまで「もしかして、まだ夏?!」と…

植松晃士 一歩間違うと「オバ見え」です! 大人スニーカーのたしなみ

みなさん、こんにちは。植松晃士です。前回はダイエットのお話をしましたが、今回は足元ファッションのお話。ラクだから。老いも若きもスニーカーちょっとでも理想の体型に…

植松晃士 コレで解決!「品がいい」ファッションに大切な3つのこと

みなさん、こんにちは。植松晃士です。年末行事のひとつとして、前回は「ベストコスメ」をお送りしました。今回はファッション編で、“品”というものを考えてみたいと思いま…

 セールでも絶対購入NG!【トップス】【ワンピ】40代女性が「大後悔」した6アイテム

前回、セールでも絶対購入NG!40代女性が「大後悔」した6つの【スカート】【パンツ】でもご紹介した記事ですが、今回は、40代女性たちに聞いた“買って後悔した”プチプラブランドのワンピース&トップス編をお送りし…

「オバサンひとつ結び」から脱出できた!時間のない私の髪まとめ方法は…

何もしなくても美しい髪をキープできていた若い頃と違って、40代前後になってから、急速に髪質の衰えを感じ始めたという人も多いのではないでしょうか。かく言う私も、35歳くらいから「うねり」によるまとまりのなさ…

[PR]

セールでも絶対購入NG!40代女性が「大後悔」した6つの【スカート】【パンツ】

一部夏セールも始まり、お得に服が買える今の時期。ちょっと時間が空いた時にお気に入りのブランドをのぞいたり、通勤時間や寝る前の時間を利用したネットショッピングがちょっとした楽しみになっている人も多いので…

【着太り】40代の白ボトムスは○○で「若作りオバサン」防止!

まだ5月だというのに、早くも夏日が続いている今年。そんな今の時期に活躍するのが、着こなしに清潔感と女性らしい爽やかさを与えてくれる白ボトム。ベーシックカラーなので40代にも取り入れやすく、トップスの色を…

着やせのコツはパーツで違った!【二の腕・下腹・お尻・太もも】気になる部分別やせテク

気温も上がり、そろそろ薄着になりごまかしが効かなくなる季節。どうせなら少しでも着痩せして見えたい、スタイル良く見えたいと思うのは40代女性たちの本音です。今回は、部位別に着痩せする着こなしのポイントをま…

40代が【飛びついちゃダメ!】この春の流行大反省会

10日間のゴールデンウィークも終わり。年号も令和に変わって早1週間、春のお買い物もひと段落したという人も多いのではないでしょうか。お仕事シーンと違って、長い連休中は着こなしのバリエーションに困った、旅行…

断捨離は何から始めて、どこまで捨てる?後悔しないコツと手順、成功例は

寒暖差が大きかった今年の春。ようやく本格的に暖かくなってきたので、このゴールデンウィークにクローゼットの衣替えをしようと思っている人も多いのではないでしょうか。今回は、クローゼットを占める割合の多いア…

40代は「着映え感」が大切!パッと華やかに見える3つのコーデテクって?

気温もグッと上がり、春本番を迎える4月。そろそろ着こなしも本格的に春っぽくしたいけど、なぜかいつも似たような格好になってしまって、イマイチ気分も上がらない……。なんて人も多いはず。今回は、40代の“着映え”…

新パーソナルカラー診断別、40代女性たちの春のマストバイアイテム

先日は季節外れの雪も降りましたが、春もいよいよ本番のこの時期。気温の上昇とともに、冬から春への着こなしのスイッチングを意識する季節がやってきました。今回は、「パーソナルカラー診断」を元におすすめの春ア…

黒紺グレーばっかり持ってない?「地味コンサバおばさん」を脱出する5つの方法

華やかな色の服が流行る春になっても、結局買い物に行くと無難な色を選んでしまう、というアラフォーの人も多いはず。確かに着回しやすさや、大人でも浮かないという利点はありますが、保守的すぎる着こなしで密かに…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

FASHIONに関する最新記事