最強コスパのモーニングで「朝仕事」に集中!星乃珈琲店が穴場【TOKYOノマドオフィス2】

カフェなどのスペースを作業目的に応じて使い分けるノマドオフィス。それに一番活用しているのは自宅から歩いて3分の星乃珈琲店かも。言わずと知れたハンドドリップコーヒーを味わえる喫茶チェーン。ちょっとレトロな内装も落ち着けていいんですよね。週に一回は通い、回数券までフル活用してます! 回数券は6枚つづりで2000円。450円のコーヒーが1杯333円に!

 

8時から11時まで、333円でモーニングセットが!

常連となる理由はモーニング。荻窪駅の8時オープンから11時まではモーニングとして飲み物を頼むと無料でハーフサイズのトーストとゆでたまごが。このボリュームがおなか一杯になりすぎず、ちょうどいい。朝、起き抜けに1日の予定をちょっと整理したいとき、集中して資料を読み込みたい時なんかはぴったり。だらっとしてしまいそうな朝も、外出してしまえばしっかり起動できちゃうんですよ。

 

基本のモーニング以外にもサラダやフレンチトースト、クロックムッシュなどが付いたバージョンアップ版モーニングも。私のお気に入りはマッシュポテトと半熟たまごにデミグラスソースがかかったエッグスラット。これは基本のモーニング回数券に80円プラスすればオーダーできます。約420円でいただける!週末限定の豪華なホリデーモーニングも。具沢山のスープもついてちょっとしたランチくらいのボリュームです。

 

スポーツ新聞と週刊誌が置いてあります!

もうひとつの星乃珈琲店で仕事したくなる理由はスポーツ新聞と週刊誌。気になるスポーツイベントのあった翌日に各紙の記事を比較したり、文春&新潮の最新号で話題のニュースをチェックしたり。単なる趣味でもあるんですが、いろんな方と交流、対話する機会がある仕事なので、政治経済ネタから下世話なゴシップまで、ひととおり知るためにざっくり読み、ネタを仕込んでいますW(「夜の蝶」業もそうだったりしますよね~)。

 

そんな用途にもぴったりな星乃珈琲店。コメダ珈琲店もすぐ近くにあるのですが、こちらは女性週刊誌からファッション誌まで多岐にわたりすぎてて、つい読み込んで脱線しちゃう。荻窪駅南口の星野珈琲店はスポーツ新聞と文春、新潮、Number、オレンジページと絞られていて、迷いなくさくっと読めるのがいいんです。気分転換にもなるし。

 

Wi-Fiサービスなし!が意外と集中するのにいいんです

 

さらには今どきWifiサービスなし。これ、実は集中するにはいいんです。ネットが通じるとつい調べたり、メールを返したりしちゃうので。リサーチすればするほど深まってキリがなくなるものなので、いただいた手持ちの資料だけでまず原稿を書いて、あとで自宅で答え合わせをするようにまとめる、インタビューしたときのメモや音源だけを参考にして記事の構成を考える、などWifiから切り離された空間で熟考したほうがいいことって実は多い。そんなとき、とくに頭が働く午前中にプチ缶詰めになるんです。

 

荻窪店にはついたてがあって隣が気にならず集中して作業するのにぴったりなブース席や、ゆったりと座れるソファ席、シックなアンティーク風書棚のあるスペースもあったりしてその日の気分、作業も目的に合わせて選べます。奥には密談?ができる扉付きの個室もあるんですよ。シャンデリア付きのゴージャスなスペースも! 今日のオフィスにはシャンデリアがあります、なんて気分も上がるでしょ。

 

チェーン系だからと言って侮るなかれ。回数券を活用したり、雑多な雰囲気だからこそ堂々と資料を広げられたり、安定の味に納得したり、いいことってあるんです。自分のライフスタイルに合った「推しチェーン」、あると便利ですよ。

 

星乃珈琲店

 

スポンサーリンク

どこにも紹介されてない⁉︎目新しい台湾の紙モノみやげは......

台湾マニアのイラストレーター・佐々木千絵さんが、「オトナの必買台湾みやげ」を提案! 「週末ちょっと行ける」玄人目線の2泊3日台湾モデルコースを11カ月!かけて紹介し…

手取り200万円代でも、1年で100万円貯める3つの方法

収入が少ないんだから貯金なんかできるはずはないと、そもそも諦めていませんか? 貯めている人は手取り年収が200万円代でも1年に100万円貯めています。1年に100万円たま…

オバサン「加齢太り」に【朝フルーツ】が激効き!食べまくるだけダイエット法

こんにちは、五行鑑定士の小林です。毎月5日ごろ更新で「九星フラワー占い」を連載しています。さて、私は五行鑑定士を名乗る前の約16年間、健康雑誌で記者としてあらゆる…

パイナップルケーキはもう飽きた⁉︎次の「台湾バラマキ土産」はコレ!

台湾マニアのイラストレーター・佐々木千絵さんが、「オトナの必買台湾みやげ」を提案! 「週末ちょっと行ける」玄人目線の2泊3日台湾モデルコースを11カ月!かけて紹介し…

台北駐妻がひそかに通う!「104美容(蜜糖VIP)」の効果は翌日から⁉

台湾マニアのイラストレーター・佐々木千絵さんが、「週末ちょっと行ける」玄人目線の2泊3日台湾モデルコースを提案中!ずいぶん長い間ご紹介いただいている2泊3日が、いよ…

【オトナの台湾土産】あの調理器具が、「面白い&コスパよし&使える」と最高のお土産⁉

台湾マニアのイラストレーター・佐々木千絵さんが、「オトナの必買台湾みやげ」を提案! 「週末ちょっと行ける」玄人目線の2泊3日台湾モデルコースを11カ月!かけて紹介し…

圧倒的に日本より安い!知る人ぞ知る台北の美顔はコレ、意外に気軽!

台湾マニアのイラストレーター・佐々木千絵さんが、「週末ちょっと行ける」玄人目線の2泊3日台湾モデルコースを提案中!ずいぶん長い間ご紹介いただいている2泊3日が、いよ…

オススメ土産は、24時間いつでも「小北百貨」や「勝立生活百貨」で手に入る!

台湾マニアのイラストレーター・佐々木千絵さんが、「オトナの必買台湾みやげ」を提案! 「週末ちょっと行ける」玄人目線の2泊3日台湾モデルコースを11カ月!かけて紹介し…

台湾の安くてかわいい「のど飴」がバッチリ効く!京都念慈菴 NIN JIOM

台湾マニアのイラストレーター・佐々木千絵さんが、「オトナの必買台湾みやげ」を提案! 「週末ちょっと行ける」玄人目線の2泊3日台湾モデルコースを11カ月!かけて紹介し…

なんと無料!台湾で「魂のお祓い」収驚をしてもらうと、こんなことが…

台湾マニアのイラストレーター・佐々木千絵さんが、「週末ちょっと行ける」玄人目線の2泊3日台湾モデルコースを提案中! もうずいぶん長いこと連載していますが、まだ2日…

後輩とのコミュニケーションは、教えるよりも○○が大事!NY流、後輩を育てる4つの方法

NYの姉御が遠い空へと旅立ってしまった。その悲しい知らせを聞いたとき、ちょうどその彼女がコーディネイトした某有名ブランドのタイアップ記事をなんとなく眺め、「あぁ、お元気かなあ」と思い出していました。NYの…

10日で5㎏減!「集中玄米ダイエット」で気づいた40代の太らない暮らし方とは

人生2回目の7号食デトックスもなんとか終了! GWの10日間連休(自分自身はほぼ通常営業でしたがW)をつかってのチャレンジでしたが、いや~ 長かった! そしてやりました! その後、するする体重が落ちて回復食…

【実況】GW10日で玄米ダイエットチャレンジ!果たして結果は?

10日間の7号食デトックスも後半戦に突入! GW中はプチ引きこもり生活を続けているのでなんとか誘惑には負けずにいられるけれど、玄米食だけの日々にかなり飽きてきた… そして令和カウントダウンの暴飲暴食ですっか…

【実況】「玄米で毒出し!」7号食ダイエット・元号またぎの10日チャレンジ前半

40年以上ためこんだ毒素を玄米食だけで10日間すごし排出する「7号食ダイエット」。18年3月にチャレンジ、つまづきながらも成功し、なじみのバーでは「間庭重病説」まで流れるほどカラダもすっきり。しばらく快適で健…

費用もお手軽?40代の歯列矯正「部分矯正」のコストと時間は?やってみたデメリットは?#1

GW10連休! フリーランスの私はこの期間は都内で静かに過ごすのが恒例。この10日間を生かして「7号食ダイエット」に再びチャレンジし毒素排出、部屋の模様替えを本格的にする断捨離大作戦、とさまざまなリセットを…

いまオネエでもバイでも、未来の自分がどうかはわからない。「執着しない」NYの生き方

NYでかっこいい人はみんなゲイ……。それを知った日本からのゲストはみんながっくりして帰っていきます。オネエ系が多い日本と違い、アメリカのゲイは爽やかマッチョ系も多く、男っぽいゲイピープルが本当に多いんです…

恋愛に年齢なんて関係ない!いくつになっても現役感のある女性の特徴は……

ズバリ、NYでは恋愛に年齢なんて関係ない! オトコ、オンナ、どっちが上でも20歳の年の差カップルなんてザラにいるし、それに関して外野はやーやー言わずに、自然に受けとめている。そんなの個人の問題だし、精神年…

チャンスは自分で作る!「恋愛会話テクニック」で恋を一歩前進させる!

前回、目があったらにっこり笑顔、というのがニューヨークのコミュニケーション術だと話をしましたが、住んでいたころ、その恩恵を受けたことがありました。あれはEast Villageにあるギャラリーのオープニングパーテ…

「ほめる」「〇〇を上げる」人間関係が3倍よくなるニューヨーカーの習慣

とにかくほめ上手なニューヨーカー。道行くオジサンでさえ「Hi,Gorgeous!」とか「Nice smile!」とかどうでもいいことまで褒めてくれるからうれしい。ま、いい天気だね、くらいの気軽な挨拶なんだけれど、それでも女…

何歳になってもNY女性はモテる!秘密は「○○を堂々宣言している」から

もう春になってしまいましたが、1年でいちばん華やぐ季節、クリスマス前のNYを訪れました。もうティファニーにも興味はないし(卒業したのではなく、自分へのご褒美なんてものを考えるほど経済的にも精神的にも余裕…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LIFEに関する最新記事