「本来の自分らしく」生きたい人に。今あなたが見落としていることは

つい、明日の仕事のことや遠い将来のことをぐるぐる考えてしまって、

ふと頭によぎる、ささやかな興味や関心は後回しにしていませんか?

なんなら、そのまま忘れてしまったりして。

 

『種』のカードを引くと、解説の文章にはこう書いてあります。

 

ささやかなことでも見逃さないように。

今気になっているそれこそが、あなたをあなたらしく生かし

本来のあなたと出会わせてくれるものです。

 

電話の中吊り広告やテレビのCMに何気なく目をやると、

なぜだかたまに、すっと頭に入ってくる単語やフレーズがあります。

 

それから、ぼんやりとこう思うんです。

 

ああ、そういえば、英会話をはじめたいと思っていたなあとか、

昔あの場所に行ったことがあったな、また行きたいな、とか。

 

なんだかちょっと気になること。

これが『種』なのだそうです。

大樹に育って実をつけるためのエネルギーは、すでに備わっているのだそう。

だからあとは、ていねいに水をやるだけ。

 

どの種がわたしを満足させてくれるのか、すぐには分からないけれど、

どの種にも、まだ見ぬしあわせの可能性が眠っている。

そう考えたら、水をあげたくなってきました。

 

明日の朝、電車の中で、気になっていたレッスの予約をしてみようだとか、

久しぶりのあの人に、少し連絡してみようだとか。

 

そういう小さくてささやかなエネルギーが、1年後、

なぜだか海外で暮らしていたり、思わぬ縁に恵まれることになったり

想像を超えた、自分だけのおもしろい未来をつくってくれるのです。

 

『千と千尋の神隠し』の主題歌『いつも何度でも』の作詞をした、詩人の覚 和歌子さん。

彼女の手がけたタロットカード「ポエタロ」(ポエム+タロット)をめくりながら、

覚さんから毎話1テーマずつメッセージが届きます。

 

今回の覚 和歌子さんのエッセイテーマは『種』。

手元にナッツのご用意を。

 

【種】かめかめぽりぽり

昔好きだった彼はナッツを好んで食べるひとだった。

ナッツさえ食べていれば人は生きていけると信じていた。

事実あまり寝ないのにいつもハツラツとしていたし、

考え方も真っ直ぐで明晰だった。

 

西洋の栄養学と違って、

スピリチュアリズムでは、食べ物はその栄養素ではなく、

そこにつちかった太陽や水や土や人の手のエネルギーを問題にする。

 

種には、芽を出し双葉をひらき茎をのばし、

やがて大樹に育って実をつけるためのすべてのエネルギーが、

すでにみっちりたくわえられているのだ。

 

中学の生物の授業では、

ピーナッツ半かけには2時間直立しているだけのカロリーがあると教わった。

 

実験と称して半かけを食べたのち、

掃除をさぼった罰で先生に「さっき食ったから大丈夫だよな」と言われて

廊下に立たされている男子はあわれだった。

 

ともあれナッツさえ食べていれば大丈夫。

 

お腹いっぱいという感覚にならなくても、

エネルギー的な充実感が感じられれば身体が喜んでいるということ。

 

縄文人たちはひまわりの種やどんぐりをぽりぽりかじりながら

そんなことを考えていたかどうか。

 

未来に有機的な思いのある人や、

ていねいに育てていきたい物事のあるひとに

よく出る「種」のカード。

 

好きだった人のナッツを噛む小気味良い音が、

今でも縄文の小さな打楽器のように記憶の底にこだまする。

 

***

覚 和歌子

©FUKAHORI mizuho

詩人・作詞家

山梨県生れ/千葉県育ち。早大一文卒。平原綾香、smap、新垣勉、夏川りみ、クミコ、ムーンライダーズなどの作詞で、多くの作品をCD化。NHK全国学校音楽コンクール課題曲、校歌、合唱組曲等の作詞なども多く手がける。01年『千と千尋の神隠し』主題歌『いつも何度でも(曲・歌唱/木村弓)』の作詞でレコード大賞金賞。詩集『ゼロになるからだ』(徳間書店)、『はじまりはひとつのことば』(港の人)、『2馬力』(ナナロク社)など。エッセイ、絵本、翻訳など著作多数。映画監督、脚本、舞台演出、朗読、自らのバンドを率いてのソロライブ、米国ミドルベリー大学日本語学特別講師など。詩作を軸足にマルチな活動を展開。

***

 

ポエタロ」とは?

「ポエムタロットカード」を縮めた名前、『ポエタロ』。

47枚のカードにはそれぞれ、美しくやわらかい日本語の詩と、

かわいらしくも不思議な魅力のあるイラストが描かれています。

使い方はいたって簡単。シャッフルしたカードの中から、

その時の直感で1枚、あなた自身のためにカードを引いてみてください。

1日のはじまりにその日の指針を得てもいいし、なにか大きなチャレンジの前、

なかなか超えられない壁に直面しているときに。

そのときの気持ちや環境にリンクした、やさしい詩とメッセージが、

次の1歩を踏み出す勇気や確信を与えてくれる不思議なカードです。

あなたの心強い味方になってくれるはず

 

Amazonはこちらから

『ポエタロ いのちの車輪をまわす言葉』

覚 和歌子・著 石川 勇一(相模女子教授)・監修 大野 舞(Denali)・画 カード47枚 ガイドブック付き 3,780円(税込)/地湧社

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

【12星座ランキング】「あの人、気が利かないな…」と思われがちな星座は?

あなたは気が利くタイプですか? それとも利かないタイプ? 自分は気が利くと思っていても、実は周りからは気が利かないと思われていた……なんてこともありますよね。今回…

【12星座ランキング】サボりすぎ……?「仕事しなさすぎる」星座って!

仕事が嫌いで、取り掛かるまでに時間がかかってしまう。どうやったらうまくサボれるか、そればかり考えてしまう……そんな経験はありませんか?今回は仕事嫌いで、周囲からも…

【12星座ランキング】ダメと言われるとやりたい!あまのじゃく過ぎる星座

ダメ、と言われるとやりたくなってしまう……そんなあまのじゃくな部分は誰しもあると思います。心当たりはありませんか?今回はそんなあまのじゃく星座をランキングしてみた…

【12星座ランキング】流されすぎ…?他人に影響を受けやすい星座は

自分に自信がないと、つい他人の意見に影響され、流されやすくなってしまいますよね。今回はそんな「他人に影響を受けやすい」星座をランキングしてみたいと思います。12星…

【12星座ランキング】意外!? 実は怒らせると怖い星座は……?

見た感じ、いかにも怒らせると怖い人なら用心するのですが、穏やかそうに見えて実は……という人も多いのですよね。今回はそんな、「実は怒らせると怖い星座」をランキングし…

【12星座ランキング】身の程知らずにもほどがある!理想が高すぎる星座

恋人や結婚相手に対し、理想があるのは当然のことですが、最近はその理想が高すぎて結果おひとり様……というケースが増えてきているようです。心当たりはありませんか?今回…

大人のスイーツ占いって?あなたのスイーツを確認してみよう!

スイーツ占いとは、難解とされる東洋の占いを気軽に楽しめるようアレンジしたもの。あなたのスイーツは何かを確認して、気になる運勢をチェックしてみてくださいね!「スイ…

【12星座ランキング】ピンチをチャンスに変えられる星座って?

ピンチが訪れた時、そこで立ち止まるか、そのピンチをチャンスに変換できるかで結果は大きく変わってきます。今回はそんな、「ピンチをチャンスに変えられる」星座をランキ…

【12星座ランキング】たった一度の浮気でも「絶対に許せない」星座は……?

恋人の浮気……もちろん許せないことですが、1度ぐらいなら許してやりなおすカップルもいるでしょう。しかし、たった一度だろうがどんな理由があろうが、浮気は絶対に許せな…

【12星座ランキング】失恋から立ち直れない…「あとをひく」星座は?

失恋は辛い体験ですが、うまく切り替えて前に進める人もいれば、なかなか立ち直れずに引きずってしまうタイプの人もいます。あなたはどちらでしょうか? 今回は失恋を引き…

恋愛がうまくいかない人、解決のキーワードは「男性性」かも?

『千と千尋の神隠し』の主題歌『いつも何度でも』の作詞をした詩人の覚 和歌子さん。彼女が手がけたタロットカード「ポエタロ」から、毎話1テーマずつ、カードに沿った覚さんのエッセイをお届けします。今回のテー…

将来が不安なときこそ「ポジティブ妄想」をどんどん言葉にしていこう!

忙しい毎日を過ごしていると、心地よい夢を見ることすら、なんだか億劫な気持ちになることがありませんか。夢から醒めたあとの現実は、あまりにかけ離れているものだから。『夢』のカードを引くと、解説の文章にこう…

歌うことが好きならば「責任を取れる」のかもしれない【タロット】

『千と千尋の神隠し』の主題歌『いつも何度でも』の作詞を行った、詩人の覚 和歌子さん。今回のワンテーマエッセイは「歌」です。【歌】あなた自身を響きとしてふるわせよう子どもの頃からずっと歌ってきた。小学校…

どうか、「ありのままの自分の声」を出して。このカードを引く人の内面は

『千と千尋の神隠し』の主題歌『いつも何度でも』の作詞を行った、詩人の覚 和歌子さん。あなただけの言葉があり、あなたにしか歌えない歌がある。ありのままの自分に気づくためには、あなたの「声」は。【声】声は…

このカードを引くひとは「土」に引きよせられている【覚 和歌子エッセイ】

『千と千尋の神隠し』の主題歌『いつも何度でも』の作詞を行った、詩人の覚 和歌子さん。彼女が手がけたオラクルカード『ポエタロ』の、各カードのテーマに沿って執筆されたプチエッセイです。第2回目のテーマは「…

迷い悩み、立ち止まる私たちに「ことば」はいつも寄り添う【覚 和歌子エッセイ】

『千と千尋の神隠し』の主題歌『いつも何度でも』の作詞でも知られる、詩人の覚 和歌子(かく わかこ)さん。彼女があるとき偶然の出会いを得て作り上げたのが、「ポエム」+「タロット」の「ポエタロ」です。空から…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

FORTUNEに関する最新記事