話題の漫画家・柴田亜美の極限美容に見る「51歳美女のつくりかた」

「南国少年パプワくん」(エニックス)や「自由人HERO」(集英社)など、数々のヒット作を手掛けた超人気漫画家・柴田亜美さん。10月30日放送の「ザ! 世界仰天ニュース」(日本テレビ系)に出演し、その相変わらずの美女っぷりにネット中がざわついているようです。

“美容家”の顔を持つ超人気漫画家・柴田亜美さんとは?

 

この日の番組のテーマは「絶対に食べてはいけない、意外な食べ物」。もともと同番組の大ファンであった柴田さんは、“ザクロを食べて死にかけた体験談”を明かしてくれました。

彼女の仰天エピソードにスタジオ一同が衝撃を受ける一方で、番組視聴者からは「相変わらずお美しい…」「柴田先生が綺麗すぎてびっくり! こっちの方が仰天」など柴田さんの美貌に惹かれる人が続出。

柴田さんといえば、数々の雑誌で美容法や健康食の情報を発信していることでも有名。実は彼女自身も独自の美容法を試しており、「女漫画家の極限美容」と名づけられたブログで数々の美容情報を紹介しています。

その内容は「下半身のむくみを防止するストレッチ」などの体操のやり方から、「ダイエット週間におすすめの“痩せ飯”」「ヘルシーずんだ餅の作り方」といったレシピ情報まで様々。中には「寝相とコリの関係性」や「痩せる食べ合わせ」など、美を追求する者には嬉しいお役立ち情報も満載です。気になる方は、ぜひ一度覗いてみてはいかが?

柴田さんの美ボディGETに至るまでの道のり

実は柴田さんの美容家魂に火をつけたのは、“あるボディセラピスト”の施術がキッカケだったようです。身も心もすり減らす不規則な漫画家生活を送る中、当時42歳だった柴田さんの体重は10kg増量。最大時は身長154.5cmで、体重56kgに達していたといいます。

そこで彼女は一念発起し、食事制限と筋トレを開始。おかげで16kgの減量に成功しますが、長年の漫画家生活で蓄積された身体の歪みは解消されませんでした。

そんな時に救いの手を差し伸べてくれたのが、柔道整復師の小林雄祐先生。彼のボディメンテナンスによって、バランスのよいプロポーションを手に入れることができたそうです。さらにその経験があったおかげで、今では美容家として多くのメディアに取り上げられるように。

2016年にはプライベートサロン「ボディオートクチュール ami」をオープンするも、残念ながら今年9月をもって終了しています。ちなみに同サロンの公式サイトでは、柴田さんの美ボディGETまでの道のりが閲覧できますよ。

現在51歳の柴田亜美さん。今もなお変わらぬ彼女の美貌は、たゆまない努力によって成り立っているのかもしれませんね。

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

植松晃士 オバ見えする女性の「9割ができていない」こと

みなさん、こんにちは。植松晃士です。前回は話題の映画『クレイジー・リッチ』のお話から、40代アップのファッションについてお話させていただきましたが、今回はビューテ…

前髪を変えるだけ!「老け見え」と「朝のめんどくさい」を解決する方法

「髪は女の命」。このフレーズを何度書いただろうというくらい、これまで使ってきましたが、「髪」というよりも「前髪は女の命」だなと最近気づきました。顔の印象を左右す…

定番ボブ、1つ結びでもこんなにエレガント!5分以内のヘアアレンジ3選

アラフォー世代で最も多いと言われているのが、結べる長さのボブスタイル。手入れがしやすく、髪のパサつきも抑えられてツヤ髪がキープできる、大人にうってつけのヘアスタ…

植松晃士 大人のエチケットです! 40代から始めたい「アレの終活」

みなさん、こんにちは。植松晃士です。肌を大胆露出する時期は過ぎてしまいましたが、ちょっと気になったことがあったので、「脱毛」のお話をしたいと思います。というのも…

オバ髪はスタイリングで回避できる! 2つの「若見え仕上げ」で美人髪に

40歳を過ぎると、突如訪れる髪の老化現象。パサつき髪やうねりを防ぐために入念なヘアケアを行ったり、マメに美容室に通ってメンテナンスをする。それでも、どういうわけか…

「ひとつ結びのゴム」どれを使えばいいの?ゆるまない切れない、プロの選び方は

ゴム1本でできる簡単アレンジのド定番・ひとつ結び。40代にとって「オバサン度が上がる」ので、できれば避けたいまとめ髪でもありますが、難しいことはできないし、パパッ…

簡単!時短!40代の「前髪悩み」カンタン解決法ベスト3選

こんにちは、OTONA SALONE編集部です。40代になると髪悩みが増えて中々前髪が決まらないという方も多いのではないでしょうか?今回は、40代の悩み別に似合う前髪をお教えし…

脱出!「さえない前髪」。40代が若見えするセルフカット3つの法則とは?

下ろし前髪、流し前髪、かきあげ、シースルー、オールバック、センターパート、etc……。前髪のデザインは数あるけれど、40代女性は「下ろし前髪」が最も多いのだそう。その…

オバサン見え、パサつき、たるみ…「悩み別」40代にぴったりの簡単ヘアアレンジ3

こんにちは、OTONA SALONE編集部です!自分でヘアアレンジをしてみると「なんか違う……」という経験ないですか?今回は、40代ならではの悩みに特化したヘアアレンジを4つご…

伸ばしかけでもキマる!40代のボブヘア・冬の5選

ひとつ結びにできるボブはまだまだ人気。毛先内巻きの上品なスタイルももちろん素敵ですが、この冬は少し遊びを加えてボブスタイルを楽しんでみませんか?そこで、人気サロ…

70代の親を持つアラフォー世代必見! 緊急時に大活躍する“命のバトン”って何?

こんにちは。フリーライターの山下友里恵です。みなさん突然ですが、「命のバトン」ってご存知ですか? 70代の親を持つ方必見のアイテムなのですが、知っている人はほんの一握り。かくいう私も、最近になって知りま…

マツコも思わず「応援してねーよ!」 ボディビル大会のかけ声が独特すぎると話題

筋肉が好きな人もそうでもない人も、見事なマッチョに目を奪われてしまった経験はありませんか。最近ではマッチョの筋肉だけでなく、マッチョを応援するための“かけ声”が話題に。今回はネット上で大きな注目を集める…

3兆円以上の効果がある?日本を動かす「オンナの宴」の実態

男子禁制の秘密の花園“女子会”。その経済効果は約3兆7000億円に上り、2020年東京オリンピックの経済効果を大きく上回ると言われています。今や日本経済を動かしている“女子会”ですが、なぜここまで著しい成長を遂げ…

ネコは他の動物に比べて研究が進まない…その “ネコさまらしい”理由って何?

今、世の中は空前の猫ブーム。昨年の猫の飼育数が永遠のライバル・犬を初めて上回り、SNS上では可愛い猫の画像をアップする“ニャンスタグラマー”が急増しています。そんな多くの人々を魅了し続ける猫ですが、10月11…

合コンの時代はもう終わり!? 人気急上昇中“マッチングアプリ”の実態を徹底追及!

「理想の人に出会いたい」という男女の切実な願いを叶えてくれる“マッチングアプリ”。10月10日放送の「ねほりんぱほりん」(NHK)では“マッチングアプリにハマる人”をクローズアップし、その人気の秘密と実態につい…

BMIを広めたのは保険会社の陰謀? 林先生も驚く衝撃事実

ダイエットに取り組む際、気になるのが体重と体脂肪率、そして“肥満指数”とも呼ばれる「BMI」ですよね。しかし今年10月に放送された「林先生が驚く 初耳学!」(TBS系)では、“BMIは金儲けのために広められた適当な…

「だめんず・うぉ~か~」作者が教える“こんな男に気をつけろ”

「だめんず・うぉ~か~」(扶桑社)で知られる漫画家の倉田真由美さんが、10月8日放送の「バラいろダンディ」(TOKYO MX)に出演。“だめんず”に騙されないための方法を教えてくれました。だめんずを見分けるプロフ…

「悪魔のおにぎり」が大ヒット! いま悪魔シリーズがブームに?

コンビニのおにぎりといえばツナマヨや明太子、鮭などが定番。特にツナマヨ人気が高いようですが、いま「悪魔のおにぎり」というおにぎりが人気なのはご存知でしょうか?「悪魔のおにぎり」がツナマヨ人気を破って話…

ユニクロ、ワコール、Triumph… ブラジャー市場で巻き起こる美しき下着戦争!

かつては専門メーカーが独占していた“ブラジャー市場”。しかし最近は「ユニクロ」の下着業界進出によって、大きな地殻変動が起きているようです。そこで今回は、そんな知られざる“ブラジャー市場”の実態に迫っていき…

雑菌を想像してゾッとしてしまう!? “足湯”を嫌がる女性急増中!

意外と誰もが持っている“潔癖症”な一面。普段はそこまで潔癖ではないのに、ある限定の場面で極度に潔癖症が発動してしまうという経験はありませんか? 最近ではそんな潔癖症スイッチがONになるシチュエーションに、“…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事