夜の夫婦生活はいつまで?50代からの性事情とセックスを拒否するリスク

40歳50歳を過ぎても、夫(妻)が夫婦生活を求めてくることもあります。しかし、体力の限界を感じていたり性欲がまったくわかなかったりすると「いつまでしなくちゃいけないの?」と感じてしまいますよね。

また「こんな歳なのに夫婦生活をしている自分たちは異常なのでは?」と、不安になってしまうこともあるのではないでしょうか。だからといって、性欲があるにもかかわらず我慢をしてしまうと円満な夫婦生活にヒビが入ってしまう可能性もあります

この記事では、「普通はいつまで夫婦生活をするの?」といった疑問についてお答えします。

夫婦生活はいつまで?

夫婦生活がいつまで続くのかは個人差があります。50代を過ぎても終わらないどころか、燃え上がる場合もあります。ここでは、50代からの夫婦生活事情についてご紹介します。

50代・60代でも夫婦生活を楽しんでいることもある

50代・60代のセックス事情を調べたアンケートでは、以下のような結果がわかりました。

(参考:50・60代男女の性に関する調査結果報告|TENGA)

50代では50%に近い男性が、半年以内にセックスをしていることがわかりました。女性も50代・60代共に、約2割が半年以内にセックスを経験しているのです。

また、年齢が高くても新婚の場合、頻繁に夫婦生活を求められることもあります。

60代前半で、新婚なのですが夫婦生活が毎日あって、休日などは、朝と夜もあります。(引用:私の夫は、60代前半で|Yahoo!知恵袋)

年齢に伴い夫婦生活が減っていくこともありますが、むしろ増える・変わらないということもあり得るでしょう。

70歳以上でも夫婦生活を楽しむ人もいる

50代・60代でも夫婦生活はあるといいましたが、80歳に近くなっても夫婦生活がなくならない夫婦も実際にいます。

40代にしか見えないとよく言われる(失礼!)74歳の妻と毎日1-2回のエッチが一月以上続いています。(引用:78歳で毎日のセックスは危険ですか,異常でしょうか?|Yahoo!知恵袋)

「もう○○歳だから…」と年齢を理由に夫婦生活を終わらせる必要はありません。また、相手も年齢が理由では納得できないかもしれません。

一方的に夫婦生活を拒否し続ける3つのリスク

50代でも性欲がある人は少なくありません。ですが、求められたからといって必ずしも応えられるとは限りませんよね。相手を好きでも、体力的にも性欲的にもセックスできない場合はあります。

しかし、一方に性欲があるのに拒否をし続けてしまうと、以下のようなリスクが考えられます。

浮気をされる可能性がある

セックスレスは、男女共に浮気に走る大きな原因になります。どれだけ夫婦の仲がよくても、性欲は別問題です

もし「夫(妻)の行動が怪しい…」と感じた場合は、探偵へ浮気調査の依頼をおすすめします。

【関連記事】
男性・女性別!浮気しているか簡単に見抜く5つの方法

愛されていないと勘違いされ離婚に発展する可能性がある

夫婦生活は性欲を解消するだけではなく、スキンシップにつながり、お互いの愛情を確認する1つの手段でもあります。

そのため、夫婦生活を拒否されお互いの愛情を確認できないと、「愛情がなくなってしまった!」、「一緒にいるのに寂しいし、むなしい」と感じてしまう原因になるのです。

また、「この先ずっとこのままかもしれない…」という不安があると、「離婚して自分を愛してくれる人と一緒にいた方がいいんじゃないか?」と考えるようになってしまうかもしれません。

そのため、一方に性欲がある場合どのように性欲と向き合うのかを考えないと、離婚に発展してしまうかもしれません。

早く老けてしまう可能性がある

いつまでも恋をしていると年齢より若く見られることがあります。原因の1つは、恋をすることで分泌される『神経成長因子』です。この働きによって、いつまでも若々しくいられるのです。

(参考:神経成長因子(NGF)の生理的意義とその合成促進物質)

逆に恋をせず、夫婦生活にも興味がないというような場合、このような因子も分泌されませんし、容姿も気にしなくなるでしょう。これが原因で、若さがなくなってしまったり、ボケが早めにはじまってしまったりするかもしれません。

まとめ|夫婦生活は終わらない

性欲には個人差がありますので、夫婦によっては「もう夫婦生活はいいや」となる場合もあるでしょう。しかし、70代でも夫婦生活をしているケースもあります。

「夫婦生活はいつまで続きますか?」という質問に対しては「双方が満足するまで終わらない」という答えが正しいのでしょう

そのため、一方が拒否する場合は夫婦でしっかり話し合いましょう。また、高齢になってからの夫婦生活は肉体的な負担も増えますので、ケガなどに十分気をつけなければいけません。

出典一覧
  • 50・60代男女の性に関する調査結果報告|TENGA
  • 神経成長因子(NGF)の生理的意義とその合成促進物質

 

★編集部より/あなたの「これってどうなの?」法律素朴な疑問をお寄せください!
無記名でOKです!応募はこちらから

■本記事は「離婚弁護士ナビ」から提供を受けております。著作権は提供会社に帰属します。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

【関連記事】
セックスなしが条件だったのにレスで離婚を迫られた!そんなのアリ!?
夫婦生活の頻度は週に1回が理想!少ない理由と5つの対処法
毎日夫婦生活をするのは異常?毎日求められる4つの理由

 

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人から、よく聞くのが「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

僕たち、独女のコレに弱いです!男性が思わず「ムラムラする瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

【男性心理】40代バツイチ男と結婚するために大切なこと

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返ります。

【男の本音】美人じゃないのに「なぜかモテる女」8つの特徴

あなたの周りにも、美人でもスタイルが良くもないのに、なぜか男性からモテたり、彼氏が途切れないタイプの女性はいませんか? かたや、美人で仕事もできてスタイルバツグ…

いちばん浮気性な男が多い血液型って…?ぶっちゃけアノ血液型です!

「浮気性な男だけは掴みたくない!」と思っている女性は多いもの。40代になってまで、ハラハラする恋愛トラブルには巻き込まれたくない本音だってあります。では、浮気性な…

芸能人は労働基準法で保護されるの?残業代・退職の自由の有無について解説します!

タイトなスケジュールで撮影やコンサートなどの仕事をこなす芸能人は少なくありません。中には過労で体調を崩す芸能人もいますが、彼らに労働基準法は適用されるのでしょうか?契約上、労働基準法は適用されないまず…

「ゼクハラ」って何だか知ってる?36種類もある「○○ハラ」全リスト

財務省事務次官のセクハラ、日大アメフト部のパワハラ、体操女子のパワハラなど、今年もハラスメント問題は頻繁に話題に上がっています。実はハラスメント行為は、セクハラやパワハラ以外にもたくさんの種類がありま…

知ってた?本業+副業でも「8時間以上働けば残業代が出る」ってこと

2018年は『副業解禁元年』と呼ばれており、今年に入ってから副業を解禁した企業も非常に多くなりました。私の友人も、昼間の本業の後、夜は地元のコンビニでアルバイトをしています。以前の話にはなりますが、筆者の…

夫に「隠し子」が…!! 認知している婚外子がいることで起こり得るトラブルって?

去年、1年間付き合った男性と結婚し、今年の初め妊娠が発覚しました。幸せいっぱいの毎日でしたが、先日、夫のスマホの写真フォルダ内に、3、4歳ほどの女の子の写真が複数枚(すべて同じ人物)入っているのを発見し…

大事な会議の日に部下から有給休暇を申請された!拒否することはできる?

「会社の今後の運営方針を決めるような、そんな大事な会議の日に有給休暇を申請された…。」こんなとき、申請拒否することはできるのでしょうか?それとも、どんな理由であれ、労働者のもつ権利である有給休暇の申請…

【意外と知らない?】『婚約』と『婚姻』の違いってなに?

『婚約』と『婚姻』似たような言葉ですが、実は大きな違いがあります。一体どこが違うのでしょうか?『婚約』とは、法律的には『婚姻』の約束をすることです。とはいえ、これだけではよくわからないですよね。この記…

退職したいけど認めてもらえない!どうしたらいい?

「辞めたい」と会社に伝えても、なかなか辞めさせてくれない場合、どうすればよいのでしょうか?会社側から、「辞められたらみんなに迷惑がかかる」「損害賠償を請求するぞ」などと言われたら、なかなか行動に移すこ…

それ、私のお金…!!元婚約者との共同預金は誰のもの?

今年で同棲1年を迎え、付き合って2年の記念日である9月に結婚の約束をしました。7月に約束し、両親への挨拶、式場の下見まで済ませた彼なのに、急にうまくいかなくなって、別れてしまいました…。それ自体、すごく…

知っておきたい「ノルマ達成」合法・違法の分かれ道って?

土日はしっかりと休むことができ、安定した給料をもらえるというイメージの強い郵便局。しかしその実態は、ブラック企業ともいえるほど、劣悪な面もあわせ持っているようです。実は、日本郵便株式会社は、2016年のブ…

そんなのアリ⁉ セックスレスを理由に離婚を迫られた夫婦

結婚したいけど、年齢や体力的にセックスしたくない人も少なくないと思います。しかし、セックスレスが不倫や離婚の原因になってしまうことも少なくありません。たとえ、結婚前に「セックスなしでいいよ」と約束して…

注目の記事

LOVEに関する最新記事