魅力のカギは“言葉の力”にアリ!? 知られざるオネエタレントの人気の秘密

今ではテレビでその姿を見ない日はない“オネエタレント”。ネット上でも「オネエが出ると途端に番組が面白くなる」「本当オネエ好き」などの声が相次いでいますが、なぜ日本ではこんなにもオネエが人気なのでしょうか。11月5日放送の「新説! 所JAPAN」(フジテレビ系)では、謎に包まれた“オネエの魅力”について明かされました。

なぜオネエタレントはこんなにも人気なのか?

一口に“オネエ”といってもタイプは様々です。例えばはるな愛さんのような身も心も「女性」でありたいオネエもいれば、気持ちはゲイだけど女性になりたい訳ではないという人も。一言では語りきれないオネエ事情ですが、実はその歴史も古いそうです。昔から「異形には異能がある」と言われており、1500年前から“シャーマン”や“持者”としてオネエたちは活躍していました。

古くから神聖な役割を担ってきたオネエですが、最大の特徴といえば“オネエ言葉”。教育評論家・尾木ママこと尾木直樹さんの話によると、オネエ言葉には「安心感」と「癒される効果」があるといいます。

また新宿二丁目きっての有名人・福島光生さんも、オネエ言葉の魅力について「『お前そうじゃないだろ』って言うより『アンタ違うわよ』って言った方が、全然柔らかくなって上手くコミュニケーションがとれるようになる」と話していました。

さらに福島さんは、オネエの言葉には“若い頃に悩んできた体験”が大きく影響していると語っています。例えば母親に自分のことを打ち明けられない悩みは、何かを表現したいという強いエネルギーに。いっぽう初恋の相手に振り向いてもらえない思春期の思い出は、周囲の機微を察知する力に変わるのだそうです。

オネエたちのパイオニア的存在って誰?

今は脚光を浴びているオネエたちですが、その昔は受け入れてもらえない時代もあったとか。そんな彼らの活躍の原点には、オネエたちのパイオニア、カルーセル麻紀さんの存在が大きく影響していました。

以前放送された「アナザーストーリーズ 運命の分岐点」(NHK)で、オネエとしての分岐点を語ってくれたのは美容家のIKKOさん。小さい頃は周囲に受け入れてもらえず、時にはひどい言葉を浴びたこともあったといいます。

そんな時に飛び込んできたニュースが、カルーセル麻紀さんの結婚宣言。この時の心境についてIKKOさんは、「羨ましいと思いました」「男の人でもこんなにキレイになれるんだって」「そういう生き方ができるんだって」と吐露していました。

何よりIKKOさんが惹かれたのは、カルーセル麻紀さんの堂々とした態度。周囲の好奇の目を物ともしないその美しさに、IKKOさんは心打たれて美を追求する道を選んだといいます。そして後にヘアメイクアップアーティストとして活躍し、以後お茶の間を賑わすオネエタレントとして知られるようになっていったのです。

テレビの中では強烈なキャラクターが印象的なオネエタレントたちですが、本当は誰よりも純粋で努力家なのかもしれませんね。

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

7人に1人が「年下上司・女上司はやりにくい」と思ってる。でもそれ本当にやりにくいの?

こんにちは。芸能&経済を中心に、テレビやネットをウォッチしまくるライターの上岡裕子です。先日ネットサーフィンをしていたところ、エン・ジャパン株式会社の「年下上司・女性上司」に関するアンケート調査が目に…

会議の暗黙ルールに喝! 「会議は30分以内をルールにした」というツイートに称賛の嵐

こんにちは。芸能&経済を中心に、テレビやネットをウォッチしまくるライターの上岡裕子です。先日Twitterをチェックしていたところ、気になるツイートを発見。ある社長の「会議は30分以内をルールにした」という投…

Queenは少女漫画!? 70~80年代少女漫画に登場する綺麗すぎるオトコたちの原点

こんにちは。芸能&経済を中心に、テレビやネットをウォッチしまくるライターの上岡裕子です。大ヒット公開中の映画「ボヘミアン・ラプソディ」の巨大なポスターを横目に、私が思い出したのはネット上で盛り上がって…

人脈なんて言葉を使っている奴はクソ!? 林修先生が語る人脈論に感銘の嵐!

こんにちは。芸能&経済を中心に、テレビやネットをウォッチしまくるライターの上岡裕子です。私が最近気になったトピックは、「人脈なんて言葉を使っている奴はクソ!」という過激な一説。11月11日の「林先生が驚く…

「ヒザに心霊写真の顔みたいのがいる」 眞鍋かをりさんのツイートに共感の嵐!?

1児のママであり、児童虐待問題にも取り組むマルチタレント・眞鍋かをりさん。今年11月に自身の公式Twitterを更新し、注目を集めているようです。世の女性たちから多くの共感を得たツイートとは、一体どのような内容…

「お前はどうすればいいと思う?」カン違い上司のイタい質問が部下のやる気を奪う

こんにちは。芸能&経済を中心に、テレビやネットをウォッチしまくるライターの上岡裕子です。さて、私が最近気になるのは「人材育成」。なかなか一筋縄ではいかず、こちらが良かれと思ってやっていることが、裏目に…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事