「ヒザに心霊写真の顔みたいのがいる」 眞鍋かをりさんのツイートに共感の嵐!?

1児のママであり、児童虐待問題にも取り組むマルチタレント・眞鍋かをりさん。今年11月に自身の公式Twitterを更新し、注目を集めているようです。世の女性たちから多くの共感を得たツイートとは、一体どのような内容なのでしょうか。

「ヒザに心霊写真…」共感の声が殺到した話題のツイートとは…?

事の発端は、11月5日に投稿されたツイート。そこには「年齢的に脚を出すのも厳しくなってきた」「やっぱり若い頃とは違う」と自身の“老い”について語られており、「膝が違う」「萎んで影ができて、ヒザに心霊写真の顔みたいのがいる」と文章を締めくくっています。

ヒザのたるみによってできた“顔みたいなもの”を“心霊写真”と表現した言い回しに、ネット上では「心霊写真の例えに笑った」「それは膝小僧という妖怪です」と瞬く間に注目の的に。中でもヒザの老化について共感するコメントが多く、「眞鍋さんと同い年だからすごいよく分かる」「足がスッとした感じじゃなく、ゴツゴツした感じになってくるよね」といった声が続出していました。

眞鍋さんといえば、以前にも老化にまつわるツイートが話題に。“劣化”と指摘する声に対して、彼女は「この歳になると『あっ、知ってまーす。どっちかっつーと老化でーす』と開き直って中年の権利を堂々と主張できるから、歳取るのってすき」と一蹴しています。

老いやネット上の罵詈雑言も、常に前向きに捉える眞鍋さん。世の女性たちからは、「その考え方、カッコイイです!」「素敵な歳の取り方をしている眞鍋さんが好き」「その潔さに憧れます」など称賛の声が殺到していました。

歌手のhitomiさん、“老い”の捉え方に物申す!?

眞鍋さんのように、老化について前向きな芸能人は他にも。2000年の大ヒット曲「LOVE 2000」で一世を風靡した歌手のhitomiさんも、公式ブログにて“自身の老い”について明るいコメントを綴っています。

「40代…」とタイトルが入ったブログには、「40代に入り女性は、かなり変わってゆくものなのかもしれませんよね」「体調だって変化してくだろうし、老化だってどんどん始まるしね~」と40代の心境が語られており、「老化してゆく自分も快く受け入れて、いろんなことを楽しんでるオバちゃんになってゆけたらいいな」と“未来の自分”への前向きな気持ちを明かしていました。

さらに彼女は以前にも「『Momm!!』The Museum of modern music」(TBS系)という番組で、「老いることが恥ずかしい日本って、すごい恥ずかしい気がします」「すぐ『おばさん』って言うでしょ?『おばさんですよ? 何か?』って言いたくなる」と“老い”について自論を話す一幕も。

“老化”は誰もがなるいっぽうで、誰もが後ろ向きになりがちなテーマですよね。眞鍋さんやhitomiさんのようにオープンに歳を取っていけたら、人生はもっと楽しくなるかもしれません。

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

7人に1人が「年下上司・女上司はやりにくい」と思ってる。でもそれ本当にやりにくいの?

こんにちは。芸能&経済を中心に、テレビやネットをウォッチしまくるライターの上岡裕子です。先日ネットサーフィンをしていたところ、エン・ジャパン株式会社の「年下上司・女性上司」に関するアンケート調査が目に…

会議の暗黙ルールに喝! 「会議は30分以内をルールにした」というツイートに称賛の嵐

こんにちは。芸能&経済を中心に、テレビやネットをウォッチしまくるライターの上岡裕子です。先日Twitterをチェックしていたところ、気になるツイートを発見。ある社長の「会議は30分以内をルールにした」という投…

Queenは少女漫画!? 70~80年代少女漫画に登場する綺麗すぎるオトコたちの原点

こんにちは。芸能&経済を中心に、テレビやネットをウォッチしまくるライターの上岡裕子です。大ヒット公開中の映画「ボヘミアン・ラプソディ」の巨大なポスターを横目に、私が思い出したのはネット上で盛り上がって…

人脈なんて言葉を使っている奴はクソ!? 林修先生が語る人脈論に感銘の嵐!

こんにちは。芸能&経済を中心に、テレビやネットをウォッチしまくるライターの上岡裕子です。私が最近気になったトピックは、「人脈なんて言葉を使っている奴はクソ!」という過激な一説。11月11日の「林先生が驚く…

魅力のカギは“言葉の力”にアリ!? 知られざるオネエタレントの人気の秘密

今ではテレビでその姿を見ない日はない“オネエタレント”。ネット上でも「オネエが出ると途端に番組が面白くなる」「本当オネエ好き」などの声が相次いでいますが、なぜ日本ではこんなにもオネエが人気なのでしょうか…

「お前はどうすればいいと思う?」カン違い上司のイタい質問が部下のやる気を奪う

こんにちは。芸能&経済を中心に、テレビやネットをウォッチしまくるライターの上岡裕子です。さて、私が最近気になるのは「人材育成」。なかなか一筋縄ではいかず、こちらが良かれと思ってやっていることが、裏目に…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事