合コン経験0のオトコは絶望的!? 優良物件を生み出す“合コン幹事検定”

こんにちは。恋愛フリーライターの中島アイです。今年11月から開講する“合コン幹事検定”。その名の通り合コンを主催するためのノウハウが学べる検定ですが、「合コン」と聞くとどうしても“チャラい”“軽い”… そんなイメージを思い浮かべがちですよね。しかし同検定は、恋愛面のみならずビジネスシーンにまでメリットをもたらすそうです。

一見チャラそうで意外と実用性がある「合コン幹事検定」って何?

“合コン幹事検定”は度々メディアで注目されており、11月6日放送の「バラいろダンディ」(TOKYO MX)では様々なメリットが紹介されました。

主催者である一般社団法人スマート男子育成協会によると、合コンには男性を魅力的に成長させる絶大なパワーが秘められているとのこと。男性が合コンの幹事を務めると、世の女性たちが求めている会話力や気遣い、決断力などが養われます。結果的に男性の恋愛力は向上し、今まで高嶺の花と諦めていた女性からもモテるように。

さらに合コン幹事検定によって養われる力は、恋愛力のみならずビジネススキルまでも。合コン幹事の経験を重ねていくうちに、「営業力」「企画力」「リーダーシップ」「段取り力」「盛り上げ力」などの“ビジネススキル”も培われていきます。恋愛力とビジネス力が一度で手に入る“合コン幹事検定”は、まさに一石一鳥。

11月13日には合コン幹事検定講座の説明会が実施されており、合コンセットの流れや司会進行方法などを指導したようです。残念ながら参加資格は男性のみ。しかし同検定で能力値の高い男性が増えるのであれば、女性にとっても悪くない話になりそうですね。

六本木系外資金融マン、汐留系代理店マン… あなたの幹事力は何レベル?

合コン幹事検定は男性の能力値を養う検定ですが、女性も受けられる合コン検定も世の中には存在します。

日本合コン協会の公式サイトでは、合コンの知識を高める「合コン検定」を実施。名前などの受験者情報と全10問からなる試験問題を入力し、見事合格すると同協会の会員に認定されます。さらに男性には「合コンキング」、女性には「合コンクイーン」の称号が付与され、希望者にはオリジナル名刺の発行も承っているとか。

他にも面白い検定はたくさん。株式会社Kyashが提供するWEBコンテンツ「幹事検定」では、いくつかの質問に答えると自身の幹事力を簡単に診断できます。ちなみに階級は全部で14級。1級は「六本木系外資金融マン」と称され、次いで2級では「汐留系代理店マン」、3級は「赤坂・青山系PR会社女子」など、某有名企業を連想させる結果が表示されます。

実際にネット上では「幹事検定2級だったことを誰かに自慢したい」「宴会のリーダーを決めるときに幹事検定で適正を調べてます」「私の幹事力は港区系スポーツ選手レベルでした」といった、幹事検定に挑戦する人が続々と登場していました。

一見何の役にも立たなそうな検定も、実は意外な場面でその能力が開花されるかも。気になる方は、ぜひ一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

O型で乙女座の女性は気をつけて! 浮気されやすい女性の特徴

こんにちは。恋愛ライターの中島アイです。先日友人とランチをしていたら、「彼氏に浮気された…」という悩みを相談されました。しかも同じ彼氏に浮気をされたのは初めてでなく今回が4度目。私の友人なのでもちろんい…

え、コレってまさかヒゲ…? オトコの淡い幻想をぶっ壊す“オンナのムダ毛問題”

こんにちは。恋愛ライターの中島アイです。女性は何かとお手入れの大変な生き物ですが、中でも面倒くさいのが「ムダ毛の処理」。剃っても剃ってもまた生えてくるので、ムダ毛だけに不毛な戦いを強いられますよね。か…

清楚系よりセクシー系? 男性が好む下着の種類を大調査!

こんにちは。恋愛ライターの中島アイです。新年を迎えて心機一転、下着でも新調しようかとランジェリーショップに訪れた今日この頃。そこでふと気になったのが、“男ウケ”が本当にいい下着の種類です。さまざまな説が…

マンネリ解消は可能なのか?「一緒にいてもつまらない」と感じたらまずは“冒険”しろ!

こんにちは。恋愛ライターの中島アイです。カップルたちに突如襲いかかる「マンネリ」。実は10組に3組のカップルは、マンネリによって“破局”を迎えているそうです。付き合いたての頃はあんなにも幸せだったのに、ど…

男女の結婚観は雲泥の違い!? 現実的な女性ほど生き地獄になりやすい理由

こんにちは。恋愛ライターの中島アイです。巷でよく耳にする「結婚は人生の墓場」という言葉。よく職場の既婚者陣も結婚生活の不満をぼやいているので、思わず“結婚生活の実態”について検索してみました。すると女性…

“安定した収入”は武器になる!? 40オンナこそ「イマドキ男子」を狙うべき2つの理由

こんにちは。恋愛ライターの中島アイです。突然ですが、皆さんは交際相手より高収入だった際に抵抗を感じますか? 男性は何かとプライドの高い生き物。彼を傷つけるのではないかと、本当の収入額をひた隠しにしてき…

「私、子ども嫌いなんです」はタブーワード? オンナが“子ども嫌い”で何が悪い!

こんにちは。恋愛ライターの中島アイです。先日、私の友人が「子ども嫌いの女性に対して、世間は冷たすぎる!!」と嘆いていました。どうやら“子どもはあまり好きじゃない”と意中の男性に話したところ、若干引かれて…

キャラ変女を撃退&オトコにモテる!? 40オンナが目指すべき「ネオぶりっ子」の実態

こんにちは。恋愛ライターの中島アイです。先日、私事ながら合コンに出陣してきました。その場は大いに盛り上がったのですが、一点気になったのが友人の豹変した態度。いつもは汚い言葉を使う友人が、まるで借りてき…

中居正広は“別れる”レベルでNG! 元カレと友達関係になるのは何故ダメなのか?

こんにちは。恋愛ライターの中島アイです。突然ですが、皆さんは別れた元カレと友達関係を築けますか? 後腐れが大嫌いな私はもちろんNOですが、世の中には“今カレがいても元カレと会い続ける”という女性も珍しくは…

松本人志も思わず納得? “若い子と結婚する人は精神年齢が低い”説が一理あるワケ

こんにちは。恋愛ライターの中島アイです。注目すればするほど面白い“芸能人の恋愛観”。12月7日の「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)では、女優・秋吉久美子さんが“若い子と結婚する人は精神年齢が低い”と独特な…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LOVEに関する最新記事