財布? ヤリモク? 年下オトコが年上オンナをナンパする理由

こんにちは。恋愛ライターの中島アイです。突然ですが、みなさんナンパってされたことありますか? 「女性として魅力的だと感じてもらえた」と嬉しく思う反面、「軽そうに見えたのかも」「宗教などの勧誘?」と警戒してしまうことも多いですよね。ネット上でも20代の男性にナンパされたという40代の女性から、相談が寄せられていました。

40代女性をナンパする理由とは?

相談者は、駅の周りをふらふらしていたところ20代後半の男性に声をかけられたという女性。感じも悪くなく楽しそうだったのでファーストフード店でドリンクだけつき合ったものの、なんとなく警戒してしまいフリーメールのアドレスしか教えなかったと明かしています。

女性は40代の自分をナンパしてくるのには、別の目的があるのではと考えて不安になったそう。ネット上で40代の女性をナンパするのにはどういった理由があるのか、意見を求めていました。

相談者の女性が男性のドストライクだった可能性もありますが、多くの人は女性と同じように警戒心を抱いたよう。ネット上では「何かの勧誘だと考えて、今後は一切関わらないほうが良い」「お財布を当てにされているのでは?」「すぐにヤれそうだと思われたのかもしれませんね」といった声が。

またとある女性は20代の息子が「若い女の子にシカトされ続けた結果、心が折れて年上の女性をナンパする」と明かしていたとコメント。明らかに年上の女性であれば冷たくシカトされることもないため、男性はある程度話をして「ここで妥協してはいけない」と気合いを入れなおすそうです。

ナンパを撃退するときに“巧い返し”は逆効果?

「独身だったら自己責任じゃない?」「相手や相性次第だし、好きにしたらいいと思う」という意見はありつつも、年下男性からのナンパは注意が必要という認識が年上女性的にはポピュラーなよう。そこで今回は本郷奏多主演ドラマ「ラブホの上野さん」(フジテレビ系)で知られる「上野_ラブホスタッフ」公式Twitterから、ナンパ撃退方法をご紹介していきます。

同Twitterによると声をかけられた時の一番ベターな対処法は、無視すること。またはっきりとNOを突きつけるのも効果的です。一方でネットなどで話題になっている“ナンパの撃退方法”は、話す内容のきっかけを増やす悪手でしかないそう。

例えば「私が見えるんですか?」と幽霊のフリには、「マジで!? 幽霊なの? 俺、幽霊初めて見たわ、超嬉しいわ。幽霊なら特に時間に縛られてないよね。飯行こうよ」と返答されてしまう可能性が。「私、男ですよ」と男性のフリをしても、まず間違いなくバレる上に「気安く触っていい」という理由を与えてしまうと明かされていました。

中にはいい出会いもある“ナンパ”ですが、事件に巻き込まれるきっかけになってしまうことも事実。自身を守るためにも、相手や引き際の見極めが重要になってくるかもしれませんね。

スポンサーリンク

O型で乙女座の女性は気をつけて! 浮気されやすい女性の特徴

こんにちは。恋愛ライターの中島アイです。先日友人とランチをしていたら、「彼氏に浮気された…」という悩みを相談されました。しかも同じ彼氏に浮気をされたのは初めてでなく今回が4度目。私の友人なのでもちろんい…

え、コレってまさかヒゲ…? オトコの淡い幻想をぶっ壊す“オンナのムダ毛問題”

こんにちは。恋愛ライターの中島アイです。女性は何かとお手入れの大変な生き物ですが、中でも面倒くさいのが「ムダ毛の処理」。剃っても剃ってもまた生えてくるので、ムダ毛だけに不毛な戦いを強いられますよね。か…

清楚系よりセクシー系? 男性が好む下着の種類を大調査!

こんにちは。恋愛ライターの中島アイです。新年を迎えて心機一転、下着でも新調しようかとランジェリーショップに訪れた今日この頃。そこでふと気になったのが、“男ウケ”が本当にいい下着の種類です。さまざまな説が…

マンネリ解消は可能なのか?「一緒にいてもつまらない」と感じたらまずは“冒険”しろ!

こんにちは。恋愛ライターの中島アイです。カップルたちに突如襲いかかる「マンネリ」。実は10組に3組のカップルは、マンネリによって“破局”を迎えているそうです。付き合いたての頃はあんなにも幸せだったのに、ど…

男女の結婚観は雲泥の違い!? 現実的な女性ほど生き地獄になりやすい理由

こんにちは。恋愛ライターの中島アイです。巷でよく耳にする「結婚は人生の墓場」という言葉。よく職場の既婚者陣も結婚生活の不満をぼやいているので、思わず“結婚生活の実態”について検索してみました。すると女性…

“安定した収入”は武器になる!? 40オンナこそ「イマドキ男子」を狙うべき2つの理由

こんにちは。恋愛ライターの中島アイです。突然ですが、皆さんは交際相手より高収入だった際に抵抗を感じますか? 男性は何かとプライドの高い生き物。彼を傷つけるのではないかと、本当の収入額をひた隠しにしてき…

「私、子ども嫌いなんです」はタブーワード? オンナが“子ども嫌い”で何が悪い!

こんにちは。恋愛ライターの中島アイです。先日、私の友人が「子ども嫌いの女性に対して、世間は冷たすぎる!!」と嘆いていました。どうやら“子どもはあまり好きじゃない”と意中の男性に話したところ、若干引かれて…

キャラ変女を撃退&オトコにモテる!? 40オンナが目指すべき「ネオぶりっ子」の実態

こんにちは。恋愛ライターの中島アイです。先日、私事ながら合コンに出陣してきました。その場は大いに盛り上がったのですが、一点気になったのが友人の豹変した態度。いつもは汚い言葉を使う友人が、まるで借りてき…

中居正広は“別れる”レベルでNG! 元カレと友達関係になるのは何故ダメなのか?

こんにちは。恋愛ライターの中島アイです。突然ですが、皆さんは別れた元カレと友達関係を築けますか? 後腐れが大嫌いな私はもちろんNOですが、世の中には“今カレがいても元カレと会い続ける”という女性も珍しくは…

松本人志も思わず納得? “若い子と結婚する人は精神年齢が低い”説が一理あるワケ

こんにちは。恋愛ライターの中島アイです。注目すればするほど面白い“芸能人の恋愛観”。12月7日の「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)では、女優・秋吉久美子さんが“若い子と結婚する人は精神年齢が低い”と独特な…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LOVEに関する最新記事