レディ・ガガの靴を作った男、舘鼻則孝が、「岡本太郎記念館」で新作を披露!

舘鼻則孝が「岡本太郎記念館」をジャック!

Homage to Taro Series : Heel-less Shoes “Sun”, Photo by Noritaka Tatehana, ©NORITAKA TATEHANA, 2016

Homage to Taro Series : Heel-less Shoes “Sun”, Photo by Noritaka Tatehana, ©NORITAKA TATEHANA, 2016

レディ・ガガ愛用のヒールのないシューズを、日本人がデザインしていることをご存知でしょうか。

日本伝統の高下駄に着想を得た、「ヒールレスシューズ」をデザインしたのは、舘鼻則孝(たてはな・のりたか)氏。大学の卒業制作で作ったものを、ファッション関係者などにメールで売りこみ、それがレディ・ガガの専属スタイリストの目に止まったのだとか。

舘鼻則孝ポートレート Photo by Noritaka Tatehana, ©NORITAKA TATEHANA, 2016

舘鼻則孝ポートレート Photo by Noritaka Tatehana, ©NORITAKA TATEHANA, 2016

その舘鼻氏が「岡本太郎記念館」で新作の「ヒールレスシューズ」を披露。「舘鼻則孝 呪力の美学」と題された展覧会は、岡本太郎氏のアトリエなどを含む館内全てをジャックした、舘鼻史上最大規模のものとなります。

展覧会限定アイテムも気になる!

Traces of a Continuing History Series, 2015, Photo by GION, ©NORITAKA TATEHANA, 2016

Traces of a Continuing History Series, 2015, Photo by GION, ©NORITAKA TATEHANA, 2016

舘鼻氏の従来の作品のほか、岡本氏の過去の映像と舘鼻則孝の作品が共存する空間も出現。過去と未来が混在する世界へと見る者たちをいざなう、摩訶不思議な展覧会に足を運んでみてはいかがでしょうか。

皮革を使ったアイテムをはじめ、ポストカード、クリアファイル、iPhoneケースなどの限定グッズも気になるところです。
「舘鼻則孝 呪力の美学」
会期:2016年11月3日(木・祝)〜 2017年3月5日(日)
会場:岡本太郎記念館 東京都港区南青山6-1−19
開館時間:10:00〜18:00(最終入館 17:30)
休館日:火 (祝日の場合は開館)、年末年始(12月28日~1月4日)および保守点検日
観覧料:一般620円、小学生310円
http://www.taro-okamoto.or.jp/

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク