誰かを巻き込んだり、巻き込まれたり。いつでもハッピーでいるために

あけましておめでとうございます。

『千と千尋の神隠し』の主題歌『いつも何度でも』。

何年経っても聴くたび胸の奥があたたかくなる、この曲の作詞をされた覚 和歌子さん。

彼女の手がけたタロットカード「ポエタロ」より、カードのテーマに沿って1話ずつ、覚さんのエッセイをお届けします。

 

今回のテーマは、「渦」

2019年にぴったりのメッセージをいただきました!

 

エッセイの前に、カードの解説文から、少し。

 

何かを始めるなら今。

周囲を巻き込みながら、あなたの企みはスピーディに

かたちをなしていきます。

 

昨年は、予想外に誰かに振り回されて疲れちゃったなぁ…という人にも

いろいろな人をパワフルに巻き込んで、1年を駆け抜けたぞ!という人にも

一度立ち止まって、思いを馳せてもらいたいキーワード。

 

どんな渦に巻き込まれて、どのくらいの大きさで

速さで、色で、回っていくのか

 

あるいは、どんなふうにみんなの個性を巻き込んで

どちらの方向に進んでいくのか

 

どちらにしても、渦の曲線を描いていく主導権は

いつでもあなたにあります。

 

荒々しく何かを壊しながら猛進していく渦は、長くは回り続けられません。

まわりの人も、もちろん自分自身もハッピーであり続けられる渦とは?

 

何かを始めたり、新たな目標をたてるのにぴったりな年のはじめ

幼いころ、ただただクルクル回ったり、回るものを見るのが楽しかったみたいに

まずは、理由もなく何かにワクワクしている自分をイメージしてみること。

あとはどっしりと構えて、クルクルと変わっていく景色を楽しみましょう!

 

それでは、覚さんのエッセイをどうぞ。

 

***

 

【渦】巻き込んで巻き込まれて

帯を解かれながら「あーれー」と叫んでくるくる回るギャグを

誰でも一度はやったことがあるはずだ。

 

あ誰でもやらないか。

わたし結構好きです。

 

見ていると、子どもも一人でよく回っている。

女の子は回るとすそが広がるスカートが大好きだ。

 

生クリームを泡立て器でかき回すのは心がおどる。

 

遊園地にも回旋遊具は多いし、

ベイブレードやジャグリングや福引の箱など、

その気になって見てみると生活の中に回るもの回すものはあふれていて、

どれもちょっとしたワクワク感を与えてくれる。

 

回ることは楽しい。

 

回る天体の動きに同調することで、

わたしたちは無意識に宇宙の果てしなさと一体化したいのかもしれない。

 

一方、回り終わったあとめまいを起こしたりするように

回る動作は心身に与える影響が強く、

人間の意識のチャンネルを変えてしまうこともあるようだ。

 

やる気満々なとき、

プロジェクトが勢いを持っているとき、

運命的な出会いに恋愛が最高潮なとき、

相手のパワーが強すぎてタジタジなとき、

「渦」のカードを引いたら、

それは良くも悪くも

巻き込みのエネルギーの強さ烈しさを表している。

 

気づいたら不本意なところに巻き込まれていたとか、

他人を巻き込んでふり回していたとかいうことのないように、

巻き込まれることを楽しむ余裕を持ちたいものです。

 

 

覚 和歌子

©FUKAHORI mizuho

詩人・作詞家

山梨県生れ/千葉県育ち。早大一文卒。平原綾香、smap、新垣勉、夏川りみ、クミコ、ムーンライダーズなどの作詞で、多くの作品をCD化。NHK全国学校音楽コンクール課題曲、校歌、合唱組曲等の作詞なども多く手がける。01年『千と千尋の神隠し』主題歌『いつも何度でも(曲・歌唱/木村弓)』の作詞でレコード大賞金賞。詩集『ゼロになるからだ』(徳間書店)、『はじまりはひとつのことば』(港の人)、『2馬力』(ナナロク社)など。エッセイ、絵本、翻訳など著作多数。映画監督、脚本、舞台演出、朗読、自らのバンドを率いてのソロライブ、米国ミドルベリー大学日本語学特別講師など。詩作を軸足にマルチな活動を展開。

 

***

 

ポエタロ」とは?

「ポエムタロットカード」を縮めた名前、『ポエタロ』。

47枚のカードにはそれぞれ、美しくやわらかい日本語の詩と、

かわいらしくも不思議な魅力のあるイラストが描かれています。

使い方はいたって簡単。シャッフルしたカードの中から、

その時の直感で1枚、あなた自身のためにカードを引いてみてください。

1日のはじまりにその日の指針を得てもいいし、なにか大きなチャレンジの前、

なかなか超えられない壁に直面しているときに。

そのときの気持ちや環境にリンクした、やさしい詩とメッセージが、

次の1歩を踏み出す勇気や確信を与えてくれる不思議なカードです。

あなたの心強い味方になってくれるはず

 

Amazonはこちらから

『ポエタロ いのちの車輪をまわす言葉』

覚 和歌子・著 石川 勇一(相模女子教授)・監修 大野 舞(Denali)・画 カード47枚 ガイドブック付き 3,780円(税込)/地湧社

スポンサーリンク

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人からよく聞くのが、「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

僕たち、独女のコレに弱いです!男性が思わず「ドキドキする瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

「なぜ彼女は独身なの?」40代独女の本音とは【新連載】

はじめまして。イラストレーターのNobbyです。大学を卒業してすぐフリーランス人生が始まり、絵を描いたりトロンボーンを吹いたり歌ったり、とにかく好き放題で生きてきま…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

【男の本音】こんな40代独身女性になってない?男性ががっかりする原因3つ

現在恋人のいる40代独女の皆さま、楽しいお付き合いをしていますか? いくつになっても男性の目は厳しいもの、気を抜いていると「もうやーめた!」と恋心を放棄されてしま…

【男の本音】美人じゃないのに「なぜかモテる女」8つの特徴

あなたの周りにも、美人でもスタイルが良くもないのに、なぜか男性からモテたり、彼氏が途切れないタイプの女性はいませんか? かたや、美人で仕事もできてスタイルバツグ…

私、このままでいいのかな…いえ、間違っていません。9月のタロットカードより

【僧侶】カレシを特定できます40人ほどのボランティアチームの会合にポエタロを持参した時のことだ。チームは「星空を見上げることで人と人、人と自然とつながろう」というスローガンのもとに天体観測、移動プラネタ…

仕事も家事も「やってもやっても評価されない」。その理由は?

【妖精】これでよかったのね編集者の友人S子がある物書きTと仕事をした時のこと。それはそれは細かな注文をつけられてやり直すという作業が半年も続きS子は会うたびに「心が折れそう」とつぶやき見るたびに白髪が増…

暑くて注意力散漫…でも【8月のタロット】は「それでいい」って

【風】決して立ち止まらない風のように米国バーモント州ミドルベリー大学で授業を持たせてもらって3年になる。日本とはスケールの違う広さの敷地の中とんでもなく離れた寄宿棟と教室棟と食堂の間を学生も教師も徒歩…

辛いことがありましたか?【7月おわりのタロット】のお告げは

【線】私たちにはそれぞれの線引きがある先日年配のご婦人から「持病で余命宣告されているがやることをやってしまって人生に悔いはないので家族に迷惑をかけずにできるだけ早く死にたいと思っている。痛くて苦しい時…

どんより、停滞気味の人、その理由は…【7月のタロット】のメッセージ

【さなぎ】熟成の必要小学校のころ蚕(かいこ)を飼育したことがある。乳白色をしたすべすべのイモムシは見た目がおぞましい毛虫と違って言いようのない愛情が湧いた。お菓子の空箱に桑の葉と一緒に10匹ほど入れて持ち…

頑張りすぎてない?【2019年下半期】のタロットのお告げは…

【毛布】あなたの心は叫んでいるのだ子どもの頃スヌーピーのライナスと同じく大好きな毛布があってそれなしでは寝付けなかった。それこそ始終抱えていたのでボロボロになっていく部分を母が切り取り切り取りしている…

最近悩みすぎてませんか?「6月後半のタロット」のお告げは

【本】ごめんなさいのくりかえしひとはなぜ本を読むのだろう。いい文章を味わいたくて。物語にうつつを抜かしたくて。何かを知りたくて。知りたいことが何かを知りたくて。町の書店がどんどん消滅していく中本に目を…

うまくいかないことがある?「6月のタロット」が教えるあなたへのメッセージ

ジブリの名作『千と千尋の神隠し』。公開から何年経っても、主題歌『いつも何度でも』を聴くと、美しい世界や感動が蘇る人も多いはず。そんな、すてきなテーマ曲の作詞をされた覚 和歌子さん。このコーナーでは、彼…

やる気がでないあなたへ。「花のタロット」が伝えるあなたへのメッセージ

【花】散るのに咲く花「花を嫌う人はいない」と思っている人は多いがほとんどの男の人は、それほど花を好きじゃない。たぶんどうでもいいと思っている。花はともかく自分が好きなものを他人も好きだと疑わない人はた…

頑張りすぎてない?「5月のタロット」が教えるあなたへのメッセージ

ジブリの名作『千と千尋の神隠し』。公開から何年経っても、主題歌『いつも何度でも』を聴くと、美しい世界や感動が蘇る人も多いはず。そんな、すてきなテーマ曲の作詞をされた覚 和歌子さん。このコーナーでは、彼…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事