パートナーは大丈夫? 「イケてない風貌のオジサン」だと彼女や妻にもダサい疑惑が…!?

彼氏や夫などが、いわゆる「イケてる」部類だと「奥さんがしっかりしているのだろう」「彼女がちゃんとしているのだろう」などと、“内助の功(!)”的な評価を受けがち。

一方で、失礼ながらも“見るからにイケてない風貌”の男性たちには「パートナーの女性は、何も言わないの!?」などの不名誉な疑惑を向けることもしばしばです。

ビジネスシーンで他者に与える印象は、出世や評価にも直結する面も否めないことから、パートナーが密かに「イケてない」認定を受けているとしたら、私たち女性の生活にも少なからず影響が出てしかり。

今回は、そんな視点から、興味深いリサーチをご紹介します。

 

ビジネスシーンで「イケてない男」にならないために必要な要素って?

資生堂が20~50代男女1,100人を対象に実施した「UNO 男の肌とビジネス印象調査」によれば、ビジネスシーンで会った男性についてチェックするのは、全体平均では「服装」(75.6%)がもっとも多く、次いで「髪型」(74.1%)、「体型」(59.4%)、「スタイル」(59.2%)、「肌」(48.5%)の順に並びました。

 

いずれも基本的な“身だしなみ”と言える要素がズラリと並び、これらが「イケてない」男性ほど、“好感度が低い”傾向が窺えます。

 

また、男性の“肌”をチェックする女性は、男性の1.4倍にものぼるのだそう。

 

さらに、肌の何がどの程度重視されるのかを数値化したところ、男女ともに「肌あれ」の有無を最も重視していることも判明しています。つまり、他人への好感度への影響が最も大きいのも、“肌あれ”であると同調査では分析。

 

40代女性のパートナー世代となると、30〜50代の男性が多数派でしょうから、基本的な“身だしなみ”を整えておく心がけに加え、いかに肌あれさせない肌を育んでもらうかも、ビジネスシーンでの印象を左右する重要な要素と言えるのです。

 

「イケてないオジサン」には「イケてないオバサン」が背後にいそう!?

さて、ここまで読んでいただいたところで「あ。うちの彼、40代になってからスーツにも髪型にも無頓着になってきたかも……」「そういえば、夫が洗顔料を使っているのを見たことないかも。いつもボディソープで顔を洗っているっぽい」などと、心当たりがあった女性もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、パートナーが「イケてないオジサン」に映ってしまえば、見たことも会ったこともない人たちから「きっと彼女や奥さんも、イケてないオバサンなのだろう」の疑惑を向けられるのも、時間の問題です。

 

40代くらいからは自らの“身だしなみ”に無頓着になる男性も増え、これは妻やパートナーなど信頼関係のあるパートナーがいる男性ほど顕著。「不特定多数からモテたい」の願望が薄れると、途端に“イケてない外見”に転落する年頃でもあるのではないでしょうか。

 

今回ご紹介したリサーチを見るかぎりでは、パートナーが好感度の低い身だしなみで出勤しているとなると、出世や評価、成績にも悪影響を及ぼしそうな点は否めず、“モテ狙い”というよりも“社会的な教養”としての“イケてる身だしなみ”が求められているとも考えられます。

 

不名誉な「パートナーの女性は、なにも言わないの!?」を防ぐためには、ここで今一度、第三者的な視点でパートナーの服装、髪型、体型、肌などを厳しい目でジャッジしてあげることも、現代的・内助の功を発揮するための心構えと思って損はないのかも。

 

リサーチによれば、女性のほうが男性の肌に厳しい目を向けているとのことですから、女性が多い職場で働くパートナーがいる女性ほど、日ごろからパートナーの身だしなみをサポートしてあげるに越したことはなさそうです。

さて、あなたのパートナーのいまの外見は、どんな様相でしょうか。

 

参考:「UNO 男の肌とビジネス印象調査」(資生堂)

スポンサーリンク

白髪より気になる…男が密かに「ナシ」認定している40代女性の残念ヘア3選

40代ともなると、これまでよりも白髪に頭を抱える女性も増えてくるのは確か。白髪があると老けて見える要因にもなりやすいだけに、実年齢より下に見せたい女性ほど、白髪染…

40代の顔が一気に老ける「たるみ」。どうして肌はたるむの?どう対策すればいい?

日に日に深刻になっていく40代のお肌の悩み。中でも顔の印象を一気に老けさせてしまう「たるみ」の悩みは深刻です。オトナサローネの「特集・オトナのたるみケア」では、皮…

白髪が簡単に隠せた!おすすめヘアファンデーション3品&失敗しない使い方5点

白髪があるかないかで見た目年齢にかなりの差が出てしまうアラフォー世代。定期的に染めている人も多いと思いますが、数日たてば髪がのびてきて生え際が白くなってきますよ…

少しの違いが大きな差! メイク下手な40代女性ほど「持っていないアイテム」3選

40代ともなってくると、日々のメイクには自分なりのルーティンが確立されてくる女性も珍しくありません。もはや何十年と日常的にメイクをしていれば、極端な話「目を瞑って…

ぷぷぷっ…オバサンくさ!「メイク下手な40代のポーチ」に入っている3大残念グッズ

ポーチの中身は、持ち主の“人となり”をあらわすことも多いもの。そして、残念ながら「メイク下手」と言われる人にほど、共通する持ち物もあります。「言われてみれば、もう…

オススメ!白髪染めを市販の「ヘアマニキュア」に変えてわかった5つのメリット

40代ともなると、大きなテーマの1つとして急浮上するのが白髪問題。他の人の白髪率なども気になってくるお年頃なのか、私自身もこの1~2年の間に「もしかして、まだ白髪出…

「自分で見えない部分」の白髪に困る人、3COINSで今すぐコレ買って!

ひろたかおりさんの【男の本音】で取り上げられていましたが、男性が気になっているのはスタイルよりも髪の毛とのこと。女性よりも背が高い人が多いわけですから、立ち話な…

もう失敗しない!「白髪染め」色選びは肌タイプより〇〇が重要だった

白髪染めはカラーバリエーションが少ない、暗い色に仕上がってしまうというのは昔の話。今は薬剤の進化でトレンドカラーも取り入れられるようになりました。また、カラーの…

白髪染め?カラー?美容師おすすめの40代ヘアスタイル別ケア

白く光る髪の毛がちらほら見えはじめると、一気に老けたような気持ちになりますよね。しかも白髪は元気なので、ピョンピョンと目立つのが厄介。染めてしまえば目立たなくな…

痛くならない「若見え」する40代のヘアルール5選

流行を取り入れたファッションを楽しみたいし、季節ごとに新色のリップやアイシャドウをゲットしたい。ヘアスタイルだって、たまには冒険してみたい。40代はまだ老け込むに…

40代のセルフ美容は「電動」がキーワード!? 時短美容もかなう名品3選

最近の美容アイテムの進化は目覚しく、多くの優秀な電動アイテムも続々と登場中。40代の美容では「賢く、満足度高く、効果も欲しい!」なよくばり女性も多いだけに、アナログ美容に限界を感じたら、セルフ美容にも電…

「このオバサン、タチが悪そう」と思われる40代独女のNGコミュニケーション3例

40代になると、若い頃よりも、恋愛には自然体で向き合えるようになる人も少なくありません。しかしあまりにも自然体すぎると「この女性、タチが悪いな……」と男性に引かれてしまうパターンもチラホラ。ひとたび「タチ…

あっという間にマイナス3歳!「わたし老けた?」と思ったら見直したいコスメの“色”3選

40代は、これまでと同じメイクを続けていても、鏡を見ながら「あれ? なんだか老けた……?」と感じる瞬間も多々。その日のコンディションによっても、雰囲気変わりがちではあるものの、もしかするとメイクの“何か”が…

【乾燥対策】40代がニベアとプチプラで対策するならどう組み合わせる?

そろそろ、全身の乾燥が気になり始めた季節。とは言っても、まだがっつりと乾燥対策するのには早いだけに、ゆるっと乾燥対策を始めるのが、今の時期の気分です。40代はプチプラを上手に組み合わせて、満足度の高いお…

男性が「あれ?この人老けた?」としみじみ思った40代女性の定番ヘアアレンジ3例

男性からの印象は、髪型ひとつで「老けたなぁ」にも「年齢よりも若く見えるなぁ」にもなるのが、実態。デートの日だけでなく、デイリーのちょっとしたシーンでも、その日のヘアスタイル次第で、残る印象はガラリと変…

即、マイナス3歳!40代におすすめの髪の若見えテク3選

「最近、老けてきた……」にお心当たりがある場合、その原因が、ヘアスタイルにある可能性も否めません。40代は、髪型ひとつで若見えもすれば老け見えもする年代だけに、老け顔を回避するなら、髪の印象も最重要課題。…

【40代のスキンケア】顔が老けてきた!? と思ったら見直すべきこと3選

鏡を見て「最近、老け顔が加速したような……?」と感じたり、メイクのりが悪くなったと思ったりしたら、デイリーのスキンケアを見直すべきタイミング。40代の肌は、気候や体調によっても左右されがちなだけに、ついこ…

「うわ、その髪型やめて!」男性が心底ギョッとした40代女性のヘアアレンジ3例

薄毛や白髪などに頭を悩ませている40代女性ほど、アレンジしたヘアスタイリングが強い味方に。スタイリング次第で、コンプレックスをうまくフォローしてくれるだけに、年齢を重ねるにつれ、アレンジのバリエーション…

正直、気持ち悪い!男が苦手に感じた40代女性の「秋チークNG3選」

男ウケを狙いたいシーンだけでなく、ビジネスシーンで男性からの好感度アップを図りたいときにも、メイクによる印象は重要。秋は、夏までのメイクと比較して深みのある表情を狙う40代女性も多いけれど、男性から「気…

絶対ムリ! 男が一瞬で「この女性とは距離を置きたい」と感じた40代女性の会計マナー

デートと会計シーンは、切っても切れない間柄。それだけに、デートの終盤にいざお金を払う場面で、本性が現れ幻滅を招く……というのも、恋愛における“あるある”です。昨今は、男性がご馳走するシーンばかりではなく、…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事