パートナーは大丈夫? 「イケてない風貌のオジサン」だと彼女や妻にもダサい疑惑が…!?

彼氏や夫などが、いわゆる「イケてる」部類だと「奥さんがしっかりしているのだろう」「彼女がちゃんとしているのだろう」などと、“内助の功(!)”的な評価を受けがち。

一方で、失礼ながらも“見るからにイケてない風貌”の男性たちには「パートナーの女性は、何も言わないの!?」などの不名誉な疑惑を向けることもしばしばです。

ビジネスシーンで他者に与える印象は、出世や評価にも直結する面も否めないことから、パートナーが密かに「イケてない」認定を受けているとしたら、私たち女性の生活にも少なからず影響が出てしかり。

今回は、そんな視点から、興味深いリサーチをご紹介します。

 

ビジネスシーンで「イケてない男」にならないために必要な要素って?

資生堂が20~50代男女1,100人を対象に実施した「UNO 男の肌とビジネス印象調査」によれば、ビジネスシーンで会った男性についてチェックするのは、全体平均では「服装」(75.6%)がもっとも多く、次いで「髪型」(74.1%)、「体型」(59.4%)、「スタイル」(59.2%)、「肌」(48.5%)の順に並びました。

 

いずれも基本的な“身だしなみ”と言える要素がズラリと並び、これらが「イケてない」男性ほど、“好感度が低い”傾向が窺えます。

 

また、男性の“肌”をチェックする女性は、男性の1.4倍にものぼるのだそう。

 

さらに、肌の何がどの程度重視されるのかを数値化したところ、男女ともに「肌あれ」の有無を最も重視していることも判明しています。つまり、他人への好感度への影響が最も大きいのも、“肌あれ”であると同調査では分析。

 

40代女性のパートナー世代となると、30〜50代の男性が多数派でしょうから、基本的な“身だしなみ”を整えておく心がけに加え、いかに肌あれさせない肌を育んでもらうかも、ビジネスシーンでの印象を左右する重要な要素と言えるのです。

 

「イケてないオジサン」には「イケてないオバサン」が背後にいそう!?

さて、ここまで読んでいただいたところで「あ。うちの彼、40代になってからスーツにも髪型にも無頓着になってきたかも……」「そういえば、夫が洗顔料を使っているのを見たことないかも。いつもボディソープで顔を洗っているっぽい」などと、心当たりがあった女性もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、パートナーが「イケてないオジサン」に映ってしまえば、見たことも会ったこともない人たちから「きっと彼女や奥さんも、イケてないオバサンなのだろう」の疑惑を向けられるのも、時間の問題です。

 

40代くらいからは自らの“身だしなみ”に無頓着になる男性も増え、これは妻やパートナーなど信頼関係のあるパートナーがいる男性ほど顕著。「不特定多数からモテたい」の願望が薄れると、途端に“イケてない外見”に転落する年頃でもあるのではないでしょうか。

 

今回ご紹介したリサーチを見るかぎりでは、パートナーが好感度の低い身だしなみで出勤しているとなると、出世や評価、成績にも悪影響を及ぼしそうな点は否めず、“モテ狙い”というよりも“社会的な教養”としての“イケてる身だしなみ”が求められているとも考えられます。

 

不名誉な「パートナーの女性は、なにも言わないの!?」を防ぐためには、ここで今一度、第三者的な視点でパートナーの服装、髪型、体型、肌などを厳しい目でジャッジしてあげることも、現代的・内助の功を発揮するための心構えと思って損はないのかも。

 

リサーチによれば、女性のほうが男性の肌に厳しい目を向けているとのことですから、女性が多い職場で働くパートナーがいる女性ほど、日ごろからパートナーの身だしなみをサポートしてあげるに越したことはなさそうです。

さて、あなたのパートナーのいまの外見は、どんな様相でしょうか。

 

参考:「UNO 男の肌とビジネス印象調査」(資生堂)

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

植松晃士「疲れたオバさん」にならない! 40代から見直すべき大切なこと。 

みなさん、こんにちは。植松晃士です。バテそうな毎日。熱中症の話題がひきもきりませんが、40代以上になったら、やっぱり体力や免疫力って必要ですよね~。さて。今回は疲…

「いや、ナシでしょ!」男が厳しい目を向けている40代女性の美容努力3パターン

女性は「美しく見せたい」と努力しているつもりでも、男性視線だと「いや、ナシでしょ!」と思いがちな美容もあります。そのなかには「若い子がしているのはかわいいけど、…

40代の顔が一気に老ける「たるみ」。どうして肌はたるむの?どう対策すればいい?

日に日に深刻になっていく40代のお肌の悩み。中でも顔の印象を一気に老けさせてしまう「たるみ」の悩みは深刻です。オトナサローネの「特集・オトナのたるみケア」に合わせ…

ベースメイクは本当に年齢が出る!若見えする肌づくりの「3大べからず」って?

ベースの仕上がりは、メイクの中でも年齢が出やすい部分。工程を削ぎ落とした時短メイクを心がけていたとしても、若見えを狙う肌づくりには欠かせないポイントがあります。…

フレンチネイルでも不評に…!? 男ウケ最悪な40代女性の「爪」3大NG

婚活を意識しているタイミングではなくとも、職場や取引先の異性から「ダメなオバサンっぽいなぁ」なんて思われるのは、できるだけ避けたいところ。男性から「これはなしだ…

植松晃士 ご注意!「生活感ある」オバ髪にならない方法

みなさん、こんにちは。植松晃士です。前回のコラムを読んで、さっそくセールに行った方はいらっしゃるかしら?ぜひ、新しいアイテムでフレッシュな自分を見つけてください…

CA流「必ず結果を出す」美ボディダイエット5つの秘策

様々なダイエットにトライしても、途中で挫折したり、リバウンドをくりかえす女性は結構多いのではないでしょうか?私も、今でこそ166センチ、48キロ代をキープしてい…

クラブママ直伝!40代50代の老化を早める「姿勢ブス」4つの習慣って?

軽やかなファッションにチェンジする春の到来ですが、体のラインが一目瞭然なだけに、「姿勢ブス」の女性を多く見かけます。ファッションやヘアメイクが決まっていても、姿…

過労やアレも「ニオイ」の元に!40代女性の体臭3悪要因とカンタン対策

40代になると体型だけでなく「体臭」も気になり始める年齢に。加齢臭は男性だけではなく、実は女性も気をつけなければいけないニオイ。特に女性ホルモンが減り始める35歳こ…

男がひと目でギョッとする…「ダメな40代おばさん」にありがちな化粧ポーチのダメ中身3選

深い仲になった女性の持ち物は、意外と細かい部分まで、チェックしている男性も少なくない実情にあります。「この子は、もしかして浪費家かもしれない」「持ち物を見る限り…

男は敏感…!「ひょっとして性格ブス?」の疑惑を向けられる40代女性の傾向3選

外見の印象がどうであれ「あー、性格ブスってやつね」と男性に思われれば、恋愛チャンスは激減するのが常。パートナー探しを真剣に進めている男性ほど「性格のいい女性とのご縁を狙っています!」も多いだけに、ちょ…

食事会に出没…!? パッと見で「深入りしたくない40代女性」3大NGな傾向って…?

出会いの場においては、パッと見で周囲に好感を与える女性もいれば、残念ながら「あ。この人とは、深入りしたくないな」と思われてしまう人もいるのが実情。パートナーを求めているタイミングや婚活を意識している時…

「ざんねんな40代女性って、こんな人」男性たちの意見が辛辣だけど的を射ていた…

今から、ちょっと不快な言葉を連呼します。ご不快に思われるかたもいらっしゃるかもなので、先に謝っておきます、ごめんなさい。実は私、ついこの前「ざんねんな女性」について真正面から、男性たちと語りあう機会が…

ウソみたいなホントの話…たった「コレだけ」で3kgやせ見えに成功しました!

年末年始には、ふだんより飲食する機会も増えがちなだけに「気をつけていても、太った」を招きやすい時期。美容家として活動する私も、この年末年始で、御多分に洩れず2kg弱増えました。デイリーにヨガやストレッチ…

オバサン上等! 男が思う「コムスメには絶対に負けない」40代女の魅力って…?

「女は若いほどいい」なんて女性からするとイラっとする言葉も耳にするものの、ちまたには「40代くらいの女性のほうが、付き合いやすい」と口にする男性も多いのは確か。今どきの40代は、ひと昔前と比べても気力も見…

接触してこなくても図々しいオバサン…! 40代再婚女性たちが「許せない」元妻エピソード3選

いまや、夫婦のどちらか、あるいは双方が再婚というカップルだって珍しくない時代。過去があるのは悪いことではないけれど、そこで“過去”が“過去”で済まされず、“現在”にまで影響を及ぼすとなると、ウンザリするのも…

20・30代ならよくても…「40代ではさすがにナシ」男に厳しいジャッジを下される女の特徴3例

20代や30代なら「アリ」でも、40代だと「ナシ」になることって、恋愛シーンにおいてはそれなりにあるようです。出会いの場での会話ひとつにも「40代にもなって、さすがにキツイ……」と辛辣なジャッジを下されているケ…

そのアピールいりません! 男が「聞き捨てならない」と嫌悪感を抱く話題3パターン

出会いの場において「私って、こんな人です」をさりげなくアピールするのは、自己PRの観点からはとても重要な心がけ。しかしこの手のアピールは、“やりすぎ”、“あからさますぎ”になった時点で、男性からは嫌悪感を抱…

悪評がここから立つ…!? 後輩女性に不評な40代女性の「金遣い」3選

「彼女になる女性は、後輩女性からも慕われているような性格の人がいい」「結婚を考えたときには、世代を問わずに好かれる女性が好ましいよな」こんなふうに考える男性も少なくなく、“身近な年下女性”からどう思われ…

反則でしょ…! オトコがウンザリした「40代婚活女性」の仰天エピソード3選

「婚活」の名目で出会った女性に対し「この人、本気で結婚する気あるのか……?」と憤りを抱く男性もチラホラいるようです。ひと口に「婚活」と言っても、その温度差には個人差があるだけに仕方のない話でもあるものの…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事