「この人はキープでいいや」と男に思われる…?アウトな40代女性の言動って

40代の恋愛でも「キープ」や「セカンド」の話は皆無ではなく、むしろ「いい具合に年齢を重ねているし、物分かりがよさそうだ」などの男側の勝手な誤解によって、真剣恋愛の対象から外されてしまっている女性もいます。

「そろそろ本気で婚活を」と考えている40代女性ほど、“キープ”や“セカンド”の要員にされるのだけは「勘弁!」がホンネかと思いますが、他方で、男性がそういった対象に見てしまう女性には、言動に共通点もある様子。

今回は、魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする私、並木まきが、男性たちから「キープでいいやと思う40代女性の言動」にテーマを絞って、ホンネを調査。

そこから見えてきた、40代でキープやセカンド要員にされてしまう女性ほどやっているNG言動に迫ります。

 

気づけば「キープ」に成り下がっている40代女性の言動1:恥じらいがまったく感じられない

「僕の知る“40代で本命として扱われていない女性”を思い返してみると、揃いも揃って、恥じらいがないですね。

みんな下ネタもガンガン付き合うし、お酒の場ではまるでオジサンのように、ドスのきいた雰囲気で遊び歩いている人たちです。

そういう女性を、男連中はその場には『俺の彼女』って紹介して連れてきますけど、真剣交際でないのは、接し方やその後の展開を見ていればわかる。

失礼ながら女性って、年齢を重ねるとどんどん恥じらいがなくなるし、強気な人も増える印象がありますが、俺らはいくつになっても、本命とか妻として選びたい女性には恥じらいを求める生き物なんですよ。

極端な話をしちゃえば、恥じらいを意識してぶりっ子みたいな40代と、男に媚びるのを恥だと思っているかのように振舞って図太い感じがする40代なら、前者を選ぶ男が多いんじゃないかなぁって経験上、思います」(49歳男性/工場経営)

 

女性のどんな姿を見て“恥じらい”を感じるかは個人差がありそうなものの、“図太さ”を感じさせる言動をしてしまえば、男性からの評価が下がりがちなのは確か。

この歳になってまで男性たちに媚びたくはないものですが、だからと言って、自然体すぎる態度で“ドスをきかせて”しまうことのないよう、留意しておくに越したことはないのかも。

 

 

気づけば「キープ」に成り下がっている40代女性の言動2:自慢話が多く、すぐに男と張り合う

「自分の話で恐縮ですが、飲み会で見た目がタイプな41歳の女性と知り合って、最初は真剣に交際したいなって思っていたんです。

でも、デートを何度か重ねるうちに、その子の話は自慢話が多いうえに、どうも世間の男たちと張り合っているような口ぶりが気になっちゃって。

そんな姿を見ているうちに『顔はタイプだけど、一緒にいたら疲れそうな子だな』って感じ、その子には本当に申し訳ないけど、なんとなく“キープ”って感じの付き合いが続いています。

告白を経たわけでもないけれど定期的な肉体関係もあるし、おそらく相手は付き合っているつもりでいると思うから、悪いなとは思っているんですけどね……」(44歳男性/SE)

 

40代での真剣交際では、その先に結婚を強く意識する男性ほど、一緒にいて安らげない発言が多い女性は容赦なく本命対象からは外しがち。

自慢話や張り合っている話をしているつもりはなくとも、日ごろから男社会で戦っている女性ほど、つい口ぶりが強くなることもあるだけに、気をつけて。

 

男性に○○できない女性はキープ要員に……⁉

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人からよく聞くのが、「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

【40代編集長の婚活記#10】モテ服メイクのルールを全部守ってみた

44歳、未婚独身、ペットなし、会社員。「どうして結婚しなかったんですか?」と聞かれても「別に……」とかつての某女優さんのようにしか言いようがない編集長アサミでござい…

「なぜ彼女は独身なの?」40代独女の本音とは【新連載】

はじめまして。イラストレーターのNobbyです。大学を卒業してすぐフリーランス人生が始まり、絵を描いたりトロンボーンを吹いたり歌ったり、とにかく好き放題で生きてきま…

【40代編集長の婚活記#20】結婚できない40女は〇〇が多すぎる!?

44歳・独身・恋人いない歴7年。特に「結婚しない」とも「結婚したい」とも思っていなかったが、気づいたら40代で独女だったというOTONA SALONE編集長アサミが婚活を始めて…

【男の本音】美人じゃないのに「なぜかモテる女」8つの特徴

あなたの周りにも、美人でもスタイルが良くもないのに、なぜか男性からモテたり、彼氏が途切れないタイプの女性はいませんか? かたや、美人で仕事もできてスタイルバツグ…

【男性心理】40代バツイチ男と結婚するために大切なこと

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返ります。

【新連載・40代編集長の婚活記#1】40代独女が初めて婚活したらどうなる?

結婚できないんじゃなくて、しないだけです。でも、してみてもいいのかも? 「どうして結婚してないの?」と聞かれても「なんとなく……」としか答えようのないみなさま、こ…

男性が「あれ?この人老けた?」としみじみ思った40代女性の定番ヘアアレンジ3例

男性からの印象は、髪型ひとつで「老けたなぁ」にも「年齢よりも若く見えるなぁ」にもなるのが、実態。デートの日だけでなく、デイリーのちょっとしたシーンでも、その日のヘアスタイル次第で、残る印象はガラリと変…

即、マイナス3歳!40代におすすめの髪の若見えテク3選

「最近、老けてきた……」にお心当たりがある場合、その原因が、ヘアスタイルにある可能性も否めません。40代は、髪型ひとつで若見えもすれば老け見えもする年代だけに、老け顔を回避するなら、髪の印象も最重要課題。…

【40代のスキンケア】顔が老けてきた!? と思ったら見直すべきこと3選

鏡を見て「最近、老け顔が加速したような……?」と感じたり、メイクのりが悪くなったと思ったりしたら、デイリーのスキンケアを見直すべきタイミング。40代の肌は、気候や体調によっても左右されがちなだけに、ついこ…

「うわ、その髪型やめて!」男性が心底ギョッとした40代女性のヘアアレンジ3例

薄毛や白髪などに頭を悩ませている40代女性ほど、アレンジしたヘアスタイリングが強い味方に。スタイリング次第で、コンプレックスをうまくフォローしてくれるだけに、年齢を重ねるにつれ、アレンジのバリエーション…

正直、気持ち悪い!男が苦手に感じた40代女性の「秋チークNG3選」

男ウケを狙いたいシーンだけでなく、ビジネスシーンで男性からの好感度アップを図りたいときにも、メイクによる印象は重要。秋は、夏までのメイクと比較して深みのある表情を狙う40代女性も多いけれど、男性から「気…

絶対ムリ! 男が一瞬で「この女性とは距離を置きたい」と感じた40代女性の会計マナー

デートと会計シーンは、切っても切れない間柄。それだけに、デートの終盤にいざお金を払う場面で、本性が現れ幻滅を招く……というのも、恋愛における“あるある”です。昨今は、男性がご馳走するシーンばかりではなく、…

【男の本音】「うわ~幻滅!」男ウケの悪い40代女性の髪とメイクのNGギャップ3例

「髪は、顔のフレーム」とも言われるだけに、その仕上がりは、全体の印象をも左右するもの。そして、髪の様子とメイクにギャップがありすぎると、男性目線でも「ん?」となりやすいのは否めません。モテを極めるなら…

これやるとオバサン!40代が年齢以上に見える「秋のアイメイク」3つのNG

アイメイクを変えたばかりに「あれ? 年齢より老けて見える……?」になれば残念の極み。特に、秋色アイメイクには40代女性を老けて見せがちな色みも少なくないために、気を抜けません。「今年、アイメイクを冒険する…

【大人のメイクテク】一気に顔が若返る!40代が試したい3つのレスキューテク

雑誌やウェブで見かけたメイク法や、コスメカウンターで試したメイクを再現してみても「あれ? なんだかキマらない……」と思ったことはありませんか?40代は、なにかと顔まわりの変化も訪れやすい年代。トレンドのメ…

モテそうで非モテなプロオバサン!? 男が引く「元プロ彼女」っぽい40代独女って?

少し前に「プロ彼女」という言葉が流行りましたが「プロっぽい」という評価は、恋愛シーンにおいてはマイナスに作用することのほうが多い実情も。一般的な男性は「近づきにくい」「別世界の人」といった感想を抱きや…

LOVEに関する最新記事