この春買うべきトレンチ、やめるべきパーカーは?40代春ファッションOK・NG

3月に入り気温が高い日も増えてきたので、分厚いコートもそろそろ出番が減ってきました。そんな今、一番に購入したいのがコートやジャケットなどの羽織りもの。シーズンのはじめは、何を買い足していいのかわからない人や、手持ちのアイテムをそのまま着てもOKなのか迷っている人も多いはず。今回は、アラフォー女性におすすめの今季注目の春アウターを厳選してご紹介します。

 

1・トレンチ/バリエ豊富な今季は似合う一枚が見つかるはず

トレンチコート

毎年定番のトレンチコートですが、今季は特にデザインや素材のパターンが豊富。カラーアイテムからチェック柄、透け感素材やリバーシブル、ショート丈まで様々なタイプが登場しています。その中でアラフォーが着やすいのは、膝が隠れるミモレ丈で、落ち感のあるゆったりシルエットで薄軽素材のもの。ベルトをしめればドレスライクにも着られて、体型カバーもできる上、オンオフ使えて活躍の場が広がります。色は定番のベージュかキャメルのほか、グレイッシュなサンドベージュ、ネイビーなども着回しやすいカラーです。今季はカラフルなトレンチも登場していますが、カーキやブルーグレーなど、落ち着いた色がおすすめです。

 

NGトレンチは?

トレンドのデザインだけど…バックプリーツ

歩くたびふんわりと広がるバックプリーツが華やかなトレンチ。今季はいろんなブランドから登場して人気のアイテムです。ですが、ちょっぴり甘いディテールなので、40代は辛口なパンツスタイルと合わせた方がバランスよく着こなせます。プリーツスカートをはじめロングスカートやワンピースと合わせるとバランスが取りづらく、トレンチの持つカッコよさよりフェミニンさが際立ってしまうので、コーディネートの幅が狭まる可能性も。もちろんパンツスタイルが中心の人には問題ないですが、自分のワードローブとのバランスを考えてから取り入れるのをおすすめします。

 

2・パーカー/キレイめな着こなしに羽織れば40代にもマッチ

マウンテンパーカー

アスレジャーの流れを受けて、大人気のマウンテンパーカー。若い世代はショート丈を襟抜きして羽織るのがトレンドですが、アラフォー世代には腰回りが隠れる少し長めのミドル丈がおすすめ。気になる体型もカバーできる上、若作り感が払拭できます。プリーツスカートやタイトスカートなどの女性らしいボトムと合わせると、バランスよく着こなせます。ボーダートップス、デニム、スニーカーにキャップなど、全身スポーティに着こなすと、運動会の保護者感が出てしまうので気をつけて。

 

NGマウンテンパーカーは?

一見可愛くて欲しくなる……ブロックカラー

今シーズンはカラーバリエーションも豊富ですが、バイカラーのものやブロックカラーなど、80年代を彷彿とさせるデザインも人気。しかし、単色よりカジュアルな多色使いのショートアウターは、着回しの点でも避けた方が無難です。単品で見ると可愛いのでつい買いたくなりますが、まずはどう着こなすか手持ちのアイテムとのコーディネートを検討してみてください。

 

3・ジャケット/マニッシュな印象のボックスシルエットが新鮮!

テーラードジャケット

今季は久しぶりに、テーラードジャケットの人気が復活。ボトムとセットアップで購入すれば、コーディネートのバリエーションも増やせてオンオフ問わずに着回せます。ゆったりとしたボックスシルエットに、若い世代はセットアップでミニボトムを合わせるのが流行ですが、大人はテーパードかワイドパンツのものを選んで。ネイビーやグレーのほか、今年らしく着こなすなら淡いベージュやチェック柄もおすすめです。オールマイティに使えるテーラードジャケットは、色や柄、素材違いで揃えたくなるアイテムです。

 

NGテーラードジャケットは?

どうしても昔風に見える……ウエスト細めデザイン

テーラードジャケットも、長めでウエストがくびれたデザインのもの、さらに肩パッドが入ったようなXシルエットを選んでしまうと一気に2000年代のア⚪︎ロちゃんスーツ風になってしまうので要注意。メンズライクなテーラードジャケットでも女性らしいシルエットが出せるので、例えばオフィスシーンやパーティ、結婚式などのイベントではOKかもしれませんが、今季デイリーに取り入れるならボックスシルエットが正解です。

 

いかがだったでしょうか。もちろんこれ以外にも、着流しロングコートやノーカラーコート、Gジャンやライダース、ニットカーデ、サファリジャケットなども春に活躍します。でも、まず最初にこの3つのアウターさえ押さえておけば、春の着回しに役立つので、ぜひお買い物の参考にしてみてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク