オバ髪が生まれ変わった人は「タオル」「ドライヤー」「○○」を変えている!6つの正解

春の新色リップが欲しい、春らしいブラウスを買い足したい。メイクやファッションは季節ごとに新しいものを買うけれど、ヘアはどうでしょう。ヘアスタイルを変えることはありますが、年を重ねるとあまり季節は関係なくなる気がします。かといって、春だからシャンプーを新しいものにしようということもなく……。なんとなくいつも同じものを使いがちです。

もちろんヘアケア剤は季節を問わず頭皮や髪のコンディションに合わせて替えていくものですが、スキンケアのようにあれこれ試したり替えることって少ないですよね。ついついヘアに関しては後回しになりがち。そこで、季節の変わり目に今使っているものを見直してみてはいかがでしょうか。

ボリューム不足やパサつきなど大人の髪悩みを解消するアイテムをいくつかピックアップしたので、参考にしてみてください。

 

タオルを髪に優しく吸水力の高いものに替えてみる

洗髪後の髪はキューティクルが開いていて無防備な状態。タオルでゴシゴシとこすると摩擦で傷んでしまいますし、濡れたまま放置しておくと髪内部のタンパク質が流れてしまいます。できるだけ早く乾かすことがツヤ髪をキープする近道なのです。

 

髪を早く乾かすためには、ドライヤーをかける前に水分をしっかりとふき取ることがポイント。効率よく水分をふき取るには、吸水性に優れたヘア用のタオルがあると便利です。

 

例えばこちら。ヘアケアメーカーと今治タオルのコラボで生まれたヘアドライ用のタオル。特殊な綿を使い、従来の綿タオルより5倍の吸水力を実現。ふんわりとやわらかい肌触りで、髪を優しく包み込みダメージを軽減してくれます。頭に巻きやすいちょっと長めサイズもうれしい。

アメニモ ヘアドライタオル 34cm×87cm 1,600円+税/ビューティーエクスペリエンス

ドラッグストアやバラエティショップなどで購入できます。

●ビューティーエクスペリエンス 03-6757-7767

 

高機能ドライヤーに替えてみる

ドライヤーの熱が髪を傷める……というのは昔の話。また、単に髪を乾かすものではなく、美髪に導く重要なアイテムになっています。ここ数年、高機能ドライヤーが続々と登場していますが、高額ゆえに手を出せずにいる人も多いのではないでしょうか。私もそのひとりでした。しかし、実際に使ってみると乾かしたあとの質感があきらかに変わり、使い続けることで髪のまとまりやツヤがアップしたように感じています。

 

髪にうるおいを残しながら乾かしてくれるドライヤーが増えているので、髪悩みに合わせて選んでみてください。

 

例えばこちら。髪だけでなく肌のうるおいもキープできるドライヤー。テスコム独自のビューティーテクノロジー「CPN(コラーゲン・プラチナ・ナノサイズミスト)」で、うるおいを与えるだけでなく逃さないから時間がたってもパサつきが気になりません。使い続けることで、カラーや白髪染めの持ちもよくなるんだとか。また、「CPN」は皮脂のバランスを整えてくれるので、頭皮も健やかに導いてくれます。

 

スキンモードの風が肌にコラーゲンを届け、つるんとしたツヤ肌に。

コラーゲンイオンヘアードライヤー TCD5100 19,880円+税/テスコム(編集部調べ)

レバーを押すだけで簡単にプラグを抜くことができる細かい配慮も。海外でも使用もOK。色はスムースピンク(新色)とプラチナホワイトの2色展開。

●テスコム 03-5719-2094

 

トリートメント用のコームを取り入れてみる

髪の栄養補給やダメージ補修にはトリートメントですが、ただつければいいわけではありません。全体にムラなく行きわたらせるためには、コームを使うのがおすすめです。ちょっと面倒な気がしますが、このひと手間でトリートメントの効果がアップするので、ぜひ取り入れたいアイテムです。

 

例えばこちら。髪に優しい設計のヘアケアコーム。頭皮にフィットするなだらかなアーチ、トリートメントが行きわたりやすいすき間、髪を引っ張りすぎないためのリング、手にフィットしやすい持ち手など人間工学を応用したつくりになっています。トリートメントだけでなく、シャンプー前のコーミングにもぴったり。

マペペ バスタイムヘアケアコーム 750円+税/シャンティ (3月22日発売)

●シャンティ 0120-56-1114

 

頭皮用エッセンスを加えてみる

健康で美しい髪を育むのは頭皮というのは、もう耳タコですよね。薄毛や白髪予防に頭皮ケアが大切とわかっていても面倒、時間がないなどの理由から続かない人も多いのではないでしょうか。

 

そうはいってもそろそろ本腰を入れてケアをしたい年齢です。洗顔後に化粧水や乳液をつけるように、シャンプー後の清潔な頭皮にスカルプエッセンスを塗布し、マッサージをして。この習慣がツヤやハリ・コシアップにつながります。

 

例えばこちら。

髪と頭皮のエイジングケアに特化した「イーラル」。ボリュームがなくなってきた髪にハリ・コシを与える頭皮用エッセンスがリニューアル。時間がたってもボリューム感をキープしてくれます。メラニン産生を促し、白髪改善にも。

イーラル ピュアエッセンス スカルプ  80ml  4,200円+税/イーラル(サロン専売品)(5月3日発売)

●イーラル お客様相談室 0120-36-1186

 

長年、頭皮や毛髪について研究を重ねてきたアンファー。女性の頭皮環境に特化した「スカルプD ボーテ」の女性用育毛剤。独自の処方で発毛成分を深く浸透させ、抜け毛やボリューム不足にアプローチ。

 

スカルプD ボーテ スカルプエッセンス [医薬部外品]120ml 4,000円+税/アンファー

●アンファー 0120-722-002

 

旬の質感をつくるバームを取り入れてみる

最近のトレンドはセミウエットな質感です。パサつきが気になる40代にはうれしいトレンドといえますね。髪の保湿もしつつ、濡れたような質感をつくるのにぴったりなのがバームです。ナチュラルな素材を使っていて、ボディにも使えるものが多く髪が肌についても安心なのもうれしいところ。

 

例えばこちら。女性美容師が開発に携わった大人女性のためのケアスタイリング「mm(ミリ)」。天然由来成分と美容成分を90%以上(水を含む)配合。やわらかい質感でのばしやすく、旬の束感もつくりやすい。バターなのにベタつきの少ない処方。

mm バター 30g SPF15・PA+ 2,500円+税/ビューティーエクスペリエンス(サロン専売品)

●ビューティーエクスペリエンス 03-6757-7767

 

 

スポンサーリンク

ひと手間で「オバ髪」解消! 40代のヘアアレンジ4選

40歳を過ぎると、肌の衰えだけでなく、髪の老化も一気に加速。その影響なのか、これまで通りのヘアスタイルに違和感を感じてきた……。そんな感覚に陥ったアラフォー女性、多…

1つ結びもサマになる!「ぎりぎり結べるボブ」がいま40代に人気

年齢を重ねるとトレンドのヘアスタイルよりも扱いやすさを重視する傾向に。髪悩みも増えてきますから、当然といえば当然ですよね。「扱いやすさ」には乾かしやすい、スタイ…

一つ結びをおしゃれアレンジにする秘訣って?

シンプルな一つ結びは無難ですが、ただ結ぶだけでは“疲れたおばさん”になりがちという落とし穴が。そこで、手間をかけずにできるおしゃれなひとつ結びの方法をご紹介します…

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

明日からできる!「オバサンひとつ結び」を回避するお手軽3テク

ここ数年、アレンジヘアがブームですが、ゆるふわな無造作ヘアは40代になると挑戦しにくくなりますよね。何かと忙しく、鏡をゆっくり見られない朝は手っ取り早くゴムでひと…

脱オバさん! 結局40代女性に一番似合う最強ヘアって?【特集オトナの髪悩み】

オトナサローネで「脱オバさん」ファッション連載を担当する私は、実は元美容師です。ファッション誌でライターを始めるまでは、実家が美容師だったこともあり、美容師の国…

40代、50代に「前髪」は必要!白髪も薄毛もカバーできる【前髪×ボブ】

なぜか、頭頂部や顔周りに集中して生えてくる白髪。鏡を見ると、分け目からピョンピョン元気に飛び出して気になります。もちろん毛穴が傷つくので抜くのはNG。染めるといっ…

40代の伸ばしかけ肩上ボブもOK!簡単ヘアアレンジ3選

40代女性の間では、ミディアムと同様にボブヘアも人気。手入れが楽で、髪のダメージも抑えられ、しかも女性らしい雰囲気も出せるといいことばかり。「でも、アレンジできな…

「顔のたるみ」をカバー!女っぷりも上がる40代の前髪とは

学生のころ、前髪が決まらないと1日憂うつな気分になっていました。今はさほど気にしませんが(笑)、やはり前髪は女性にとって命ともいえるパーツではないでしょうか。ヘ…

40代の「きちんと美くるりんぱ」、100均のアレで5秒でできます!

40代は、若い子のようなゆるふわアレンジがとたんにオバサンのボサボサ髪に見えてしまいます。だからといってタイトにひっつめれば、よけいにオバサン見え。また、こう雨の…

40代は「毛先だけパーマ」で若見え!ボブ・セミロング・ショート、2019夏ヘアスタイル4選

髪に元気がない、ボリュームが減ってきた、髪がうねってまとまらない。30代後半から徐々に感じはじめる髪の変化。老け見えする要因でもあるぺたんこ髪問題は、40代女性にとって大きなテーマです。問題解決には日々の…

白髪のセルフカバーは、染めるのではなくアレを使って!5つの白髪ケア法

いくつかの白髪に関する意識調査をチェックしたところ、白髪染めをやめるタイミングは65才前後という結果が。60代半ばになればあきらめがつくのか、面倒になるのかは44才の私には未知の世界ですが、たしかに60代まで…

「白髪を抜くと増える」?髪と頭皮5つのウソとホント

テレビや雑誌に加え、インターネットの普及により情報があふれる時代。子どものころから考えると情報量が全く違いますよね。どの情報を信じていいのか、受け取る側のスキルが試される時代です。口コミや知人からの情…

前髪悩みに「シースルー前髪」!40代でも痛くないおススメ8選

美容室に行くと悩むのが前髪です。顔の印象を決めるパーツなので、いつもと変えるだけでも勇気がいるのにトレンドを取り入れるとなるとハードルは高め。特におでこが透けて見える「シースルーバング」は若づくりに見…

ベタベタおばさん髪脱出!ヘアオイル、バームの使い方の正解は?オススメ商品は?

つくり込みすぎない、抜けのあるヘアがトレンド。そんな今っぽいナチュラルな束感づくりに欠かせないのがヘアオイルとバームです。ボディの保湿にも使えるものが多く、髪が肌についても安心という点も人気の理由。ウ…

その紫外線、白髪や薄毛の原因かも!? 4月からは「守りケア」が大切

桜の便りははやかったのに、4月に入り寒さが戻ってきましたね。天候がくるくると変わり不安定な4月は、肌も荒れやすい時期。ということは、頭皮もトラブルが起きやすい季節です。気温の上昇で頭皮も汗をかきやすくな…

使うのはマジックカーラーのみ!前髪や生え際の「ぺたんこゾーン」をふんわり仕上げる3つのコツ

髪に元気がなくなってくるとペタンとしたトップがついつい気になり、前髪や生え際ゾーンは忘れがち。まだまだはっきり薄い!と感じる年齢ではありませんが、ペタンとしやすくなりさみしい印象に。顔まわりはパッと目…

この春40代にショート&ボブが人気!若見えヘアトップ3

重いコートを脱ぎ、薄着になると身も心も軽やかに。年を重ねても春はなぜだかウキウキしてしまいます。そんなウキウキ感にあわせて髪型も春仕様にチェンジしませんか? 40代のぺたんこ髪でもふんわり見えるショート…

暗髪でもおしゃれに見える!簡単「ひとつ結び」で3変化

白髪をしっかりと染めるとどうしても髪色は暗くなります。また、若づくりになりそうと髪色を落ち着かせる人も増えてくる40代。地味に見えがちな暗髪でひとつ結びにしたらオバさん指数が上がってしまいそうですが、ち…

もう失敗しない!「白髪染め」色選びは肌タイプより〇〇が重要だった

白髪染めはカラーバリエーションが少ない、暗い色に仕上がってしまうというのは昔の話。今は薬剤の進化でトレンドカラーも取り入れられるようになりました。また、カラーの手法もさまざまなので、白髪まじりでも色遊…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事