国税芸人は見た!「ヤバいほどモテない」お金づかいの3人

お金の使い方や扱い方には、育ちや考え方が現れるものです。現金を蔑ろにし、支払いを渋り、自分の器を超えて無茶な決済をする人は、お金にも人にもモテません。社会にはびこるヤバイ人たちから、「モテないお金の扱い」を学びましょう。

 

ヤバいほどモテないお金1・レジやら人やらに「お金を投げる」

お店のレジでお金を投げる人はほとんどいないと思います。もしいたら、この記事を読む前に、レジの人たちを不快にしたことを深く反省していただきたい。そんな人はいなくとも、友人や知人とのお金のやりとりで投げる人は一定数いるようです。そんな人は誰からもモテません。

先日、経営者の野球大会に参加したのですが、終わりの懇親会でぼくの持ち込んだ著書を買ってくれた人が、代金をテーブルの上で投げました。ぼくが勧めたのではなく、ぼくを招待してくれた人の勧めでしたが「買ってやるよ」と言いながら、1000円札と100円玉を投げたのです。
もちろん、それに対し、その場でなにか不満を言うことはありませんが、場所を移動して飲み直したときに、それを見ていた他の人たちが反応していました。

「お金を投げる人はだめだなあ」

お金を投げるということは、お金を大切にしていない、お金を渡す相手を大切にしていないということです。きっと、ビジネスでも下請けにナメた態度を取るのでしょう。そういう人は、いざというときにお金を大切にしていない態度を隠しきれず、損失を生みます。そこがトレビの泉でなく、お金を投げることにメリットが無いのなら、投げる理由はありません。
評判を落とし、親の教育を疑われるだけです。

 

ヤバいほどモテないお金2・人と人との縁をないがしろに…「交際費を渋る」

誰かが提供してくれた他人との出会いにお金を出さない人には、仕事はやってきません。つまり、お金も集まらない。

人を紹介してもらうというのは、とてつもなく有り難いことです。その人が仕事をくれることもあるし、恋人となることもあるし、一生の友人となることもあります。その人をさらに誰かに紹介することで、感謝されることもあるでしょう。

誰かが用意した紹介の機会を蔑ろにすると、すべての参加者の気持ちを損ねます。人の紹介は時間と同じく金銭的価値のある行為で、大切にしなければいけません。その支払いを渋って参加しないなど、言語道断です。

 

ヤバいほどモテないお金3・プロ相手でも「無料でやらせようとする」

仕事で講演会をやっていると、「一度、会社に来て講演してもらえませんか」と言われることがあります。ここからはぼくの失敗談ですが、昔は気軽に応じて、30分くらい喋って動画を取ることも許可していました。ただ、そういう会社の人達は、成約に至らないこともあるし、予算が他の人より低い傾向にあります。

 

むしろ、ぼくのことを全然知らなかったのに、ネット上の記事を見て、ツイッターを見て、出演番組を遡って、拙著を買ってくれた人たちは、礼節を持って対応してくれます。「一回やってみせてください」なんて言いません。

 

よく芸人チームは「面白いことをやって」なんて酒の席で言われることがありますが、それに対し、みな冷ややかです。口は悪いですが「ナメた態度だな」と思うようです。ヤバイ人達は、売れていない貧乏な芸人には、経験や技術を無料で提供させてもいいと思っているのです。もちろん、そこで披露したことをきっかけに、チップを払ったり仕事をふったりしたという話は、まったく聞いたことがありません。そもそも、そんな人達は、お金が無いし敬意がないので、芸人チームにお金を払わない。

 

技術や知識を盗んでいく人たちは、他の機会でも同様のことをするでしょう。それは、仕事での失敗を生み、人が離れていく行為です。そういうお金の使い方はモテない。

 

 

モテないお金術は、あなたが尊敬の対象であれば、出会うことがありません。でも、あなた自身は実行している可能性がある。ぼくは、芸人という、売れてない=だめなやつというレッテルを貼られる世界にいるので、どんなに執筆や講演を経験しても、ぼくを知らない人からは軽んじられ続けます。だから、モテないお金の使い方の人たちをたくさん見てきました。それを反面教師にして行動し、個人事業者として生計を立てられるようなりました。
お金を大切にすれば、お金にも人にもモテるようになります。

スポンサーリンク

「信じられるのはお金だけ」世代!? 40代の平均貯金額とは

「信じられるのはお金だけ」という名言を残したマツコ・デラックスさん。老後のことを考えてお金を貯めているとのことでしたが、この言葉に激しく同意したアラフォー女性は…

独女がもらえる年金の平均額と、60歳までの目標貯金額を計算してみた!

独身女性が老後にかかるお金はおよそ5,400万円といわれています。この数字は、60歳以上の独身女性の毎月の生活費が全国平均15万円。平均余命が28.68年であることから算出さ…

お弁当越えのコスパ!「ランチ1回140円」で済ませる裏ワザ

お弁当vs外食ランチの差は一ヶ月どれくらい?仕事もプライベートも何かと忙しい40代。朝早く起きてお弁当づくりするのは大変です。話題のお店でご褒美ランチを楽しむことは…

【マネー専門家の事例】40代女性の平均貯蓄額はどれくらい?

かつて、落語家のヨネスケがリポーターを務めた「突撃!隣の晩ごはん」という超人気番組がありましたね。隣の家の晩ごはんが気になるのと同じくらい、隣の家の人や友達の貯…

年収300万と400万では結構違う?「お金の貯め方」のコツ

私のところには「無駄遣いを減らしたい」「お金を貯めたい、増やしたい」というご相談でやってくる40代女性が多いのですが、年収によって「お金の貯め方」のコツは違います…

「1000万円貯蓄する人が買わないもの」とは?ごくごく普通な3つの答え

貯蓄をするなら、1000万円を目標にする人が増えています。40代で、1000万円以上の貯蓄がある人は20.2%*。この数字からは、決して無理な金額ではないようにも思えます。し…

通勤にバス定期券を買うと月に2,390円も損?知らなかった「バス特」活用

通勤にバスを利用している方も多いのではないでしょうか。バスも会社から定期代が支給されているから、と鉄道と同様に定期券を購入していませんか。実は損をしているかもし…

元国税芸人が見てきた「お金持ちが絶対やっていない」7つのこと

仕事が忙しくてお金のことなんて気にしていられない、気にはなるけどどうしていいかわからない、損をするのは嫌だけど積極的に調べたり聞いたりするのは億劫、そう考える女…

40代は借金世代!? 40代の平均「住宅ローン」残高とは

40代で住宅ローンを抱えている人の平均残高はいくらくらいなのだろう? 先日、アラフォーのときに都内の2LDKマンションを購入した知人の40代後半独女が「今年じゅうには住…

ほったらかしでも貯まる!「お財布を休ませる」方法って?

触れない日はないといえるお財布。私たちも休みがないと疲れ切ってパワーがなくなってしまうように、お財布も休みがないとお金が貯まるパワーがなくなってしまいます。お金…

「二度とご飯を食べたくない女性」に転落する7つの行動

元国税局職員 さんきゅう倉田です。おもに、芸人として活動しています。芸人になって10年ほど経つので、その10年で得たスキルで、文章を書いたり、講演会をしたりしています。このような仕事をしていると、たくさん…

【男が語る】年収300万円のイケメンと1000万円のブ男、どっちがコスパか

元国税局職員 さんきゅう倉田です。よしもとで芸人をやっております。「貧乏なイケメンとお金持ちで器量の悪い男どっちがいい?」そんな質問を友人からされたことがありませんか。熟考を要する究極の選択だと思いま…

【男が語る】お金がかかるオンナと、かからないオンナ。どちちがモテるのか?

こんにちは、元国税局職員の芸人、さんきゅう倉田です。さて、女性の友人に「金がかかるオンナとかからないオンナ、どっちがモテるかなあ」と聞かれました。「金がかかるオンナがモテるかい!」と心の中でつっこみな…

コレがバッグに入っていると貧乏に!「お金持ちが持ち歩かないもの」とは?

夏日が散見されるようになってきました。茹だるような暑さではないですが、天気予報で「夏日」と聞くと、夏が近づいている気がします。ぼくは、夏だからといって、海に行くこともプールに行くこともないですし、8月…

【男の意見】男が○○をしなくなったら浮気のサイン。金づかいで見抜く男の浮気本性

こんにちは、元国税局職員 さんきゅう倉田です。さて、芸人はみんな浮気をします。ぼくは、お笑いを初めて10年ですが、たくさんの浮気の話を聞いてきました。売れている売れていないに関わらず、みんな浮気に明け暮…

意外と知らない!芸能人の結婚式に呼ばれたら、ご祝儀はどうする?問題

他者と素敵な人間関係を築く人は、お祝いごとをかかしません。とくに、お笑い界は、めでたいことに敏感です。結婚式に呼ぶのが憚れるような大御所の先輩であれば、結婚の報告だけをすることも多々あります。すると、…

年収8000万の人たちがやってる「ものすごく手間がかかるけれど効果がデカい」節約

先日、クイズ番組の収録に遊びに行ったのですが、楽屋に10人いる中、お弁当が20個余っていました。持って帰りましょう、と誰かが言ったところ、その中にいたお金持ちから順にお弁当を取りに行っていましたが、先…

「もっとお金がほしい人」がインスタを見るとき注意すべき8ポイント

いつの時代も、たくさんの詐欺が溢れています。詐欺とは認定しがたいけれど、知識不足や思慮の浅さに付け込まれて、利益の出ない不動産を買わされてしまう人もいます。先日、ぼくの知り合いの30代の女性が「マンシ…

副業やセカンドキャリアを始めるときに、知っておきたい4つのこと

「仕事を辞めてかわいいカフェをやりたいなあ うふふ」と若い頃は思うものです。そのうち、開業資金や煩雑な手続きのことを知り諦めるわけですが、副業として何かをやるのはとてつもなく素敵なことです。国も副業・…

よく飲む人ほどお金持ちになる?意外だけどシンプルな理由【国税芸人の視点】

交際費とは、難しく言うと接待、慰安、供応、贈答を、得意先や仕入先に行った費用です。広く一般的には、“飲み代”が交際費と認識されていますが、間違いではないでしょう。それ以外にも、付き合いの場や慶弔の出費、…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

MONEYに関する最新記事