気をつけて!お礼のつもりで現金を包むと「超失礼」になるケースが5つもある!

結婚式やお葬式では、お金を包むことが常識とされています。また、入学や就職などのお祝いにも現金を贈ることが多いかもしれません。

しかし、なかにはお金を渡すことが失礼にあたることもあります。せっかく心をこめて渡したのに、喜んでいただけないのは残念。

そこで今回は、お金を渡すと失礼になる時と、お金に換わる気持ちの伝え方について、考えてみたいと思います。

 

1・目上の方へ現金を贈るのは失礼にあたる

まず、気をつけたいのが目上の方に対する場合です。結婚式やお葬式など、社会通念上お金を包むのが一般的となっているケースを除き、目上の方に現金を贈るのは失礼にあたります。

 

現金は何にでも使えるので、買うものを自分で選んでもらうことができます。いらないと思われるものを贈るよりは、便利な現金のほうがいいのでは、と考えるのももっともです。

 

しかし、現金は「これで好きなものを買いなさい」、という上から目線の印象を与えてしまいます。また、「お金に困っている」と思っているメッセージにもつながります。

 

現金を贈るのは、基本的に立場が上の者から下の者へ、収入が多い者から少ない者へとするものだからです。

 

目上の方へは、その方の好きな物を選んで贈るようにしましょう。物ではない形で、お祝いや、感謝の気持ち、お見舞いなどをしたい場合は、お金よりも何かお手伝いできることがないか考えてみるのもいいのではないでしょうか。

 

2・目上の方のお子さまにも、お金を贈るのは避ける

目上の方に現金を贈るのはNGですが、お子さまにも現金は避けましょう。お誕生にはじまり、入園、入学、卒業、就職など、子どもには多くの節目となる時期があり、そのたびにお金がかかります。

 

しかし、だからといってお祝いに現金はタブー。親御さんである方が充分なことができないから、という意味合いにもとられかねません。

 

お金を贈って「これを足しにしてほしい」というのは、やはり上から目線を感じてしまいます。

 

以前は、入学祝には辞書、就職には万年筆を贈る、などという習慣もありましたが、今は辞書ならスマホで充分、万年筆は手入れが大変で、そもそも文字はキーボードで打つのが中心で、筆記具自体の使用頻度がそれほど多くはありません。

 

やはり、使ってもらえるものを選ぶことが一番でしょう。お子さま自身に使ってもらえるものであれば、クオカードやアマゾンギフトカードなどが一般的に使えていいかもしれません。

 

これらはチケットショップで安く買うこともできますが、株主優待でもらうという方法もあります。

 

株主優待とは、企業が株主に対してお礼としてプレゼントをしてくれるもの。食品メーカーであれば自社製品の詰め合わせ、外食や小売業であれば自社の優待券というものもありますが、中にはクオカードなどの商品券を出している企業もあります。

 

現金よりは、スマートにお渡しできそうです。

 

3・心づくしのおもてなしに現金を渡すのは失礼

お正月やクリスマス、あるいは何かの記念日に、「わが家でお祝いをするから来て」と招待を受けた時には、何を持っていくのがいいでしょうか。

 

部屋を片付け、美味しいお料理を数々作り、料理に合わせて飲み物を用意するのは、時間もお金もかかります。

 

だからといって、「今日はどうもありがとう、大変だったでしょう」と、1人で行ったのなら1万円、2人だったら2万円、いや3万円かな、などと現金を渡すのは、相手の気持ちを台無しにしかねません。

 

なぜなら、相手が心をこめてしたことに対して、値踏みをするような態度に思えてしまうからです。

 

心づくしのおもてなしには、金銭的なやりとりは不向き。こんな時には心から感謝するのが正解です。

 

ただ、手ぶらというわけにもいかない、ということもあるかもしれません。手土産にはお花やお酒などもいいのですが、相手が準備しているものと重複したり、バッティングしたりするようだとかえってご迷惑になることもあるので、確認してからのほうがいいでしょう。

 

あるいは、準備をする方の好みに合わせた雑貨などもいいかもしれませんね。

 

4・ご馳走してもらったお礼に現金もまた失礼

一緒に食事に行ったとき、こちらにはそんな気持ちはないのに、ご馳走するとお申し出いただくことがあります。

 

ご馳走になる理由がみつからない、または理由はわかるが、それなら尚更ご馳走になるわけにはいかない、という時もあるのではないでしょうか。

 

相手は「お礼に」とか、「お詫びに」とか言うかもしれませんが、こちらとしては、そんなたいしたことはしていないと思うこともあります。

 

「そこまでしていただく必要はない」とお断りしても、「いえいえそれでは私の気持ちがすまないので」などというやりとりの末、相手がすべて支払いをした場合はどうしたらいいでしょうか。

 

あとからお金を渡そうとしても、受取ってもらえそうにありません。後から商品券や品物を相手に送るのも相手の気持ちを害してしまうかもしれません。

 

こんな時は、「次は私にご馳走させて」と言ってさわやかにご馳走になるとスマートではないでしょうか。

 

相手の気分を害さず、こちらの気持ちも表せるといいですね。

 

5・お詫びもお金よりまず誠心誠意の謝罪から

もしも、借りていたものを壊してしまったり、失くしてしまったりして迷惑をかけた時はどうしたらいいでしょうか。その分のお金を払えばいい、というわけにもいかないケースも少なくありません。

 

相手は、ただでさえ「丁寧に扱ってくれなかった」という気持ちになっていますので、お金で解決するという雰囲気が出てしまうと、人間関係を壊す事態になりかねません。

 

しかし、相手に損害をあたえたことが確かであれば、その分は支払う必要があります。

 

まずはお詫びをした上で、「この分の代金はこちらで負担させていただくので」と、率直に金額を聞くといいでしょう。

 

聞いた後、速やかにお支払いするのは当然ですが、金額に上乗せをする、あるいは品物も添える、といったことはケースバイケースです。

 

お金や物だけでは、お詫びの気持ちが伝わりません。そればかりか、場合によっては「お金(物)ですまそうとしている」と受取られかねませんので、多すぎる金額も不適切でしょう。

 

迷惑をかけたときは、心からのお詫びが第一です。そして、損害には弁償をするという姿勢が誠意を表すのではないでしょうか。

 

お金を出すことが、かえって不利益になることがあります。有効にお金を使えないのは、とても残念なこと。

 

誰にとっても大切であるはずのお金は、みんなが笑顔になれることに使いたいですね。

 

 

タケイ啓子

ファイナンシャルプランナー(AFP)。36歳で離婚し、シングルマザーに。大手生命保険会社に就職をしたが、その後、保険の総合代理店に転職。保険の電話相談業務に従事。43歳の時に乳がんを告知される。治療を経て、現在は治療とお金の相談パートナーとして、相談、執筆業務を中心に活動中。FP Cafe登録パートナー

 

スポンサーリンク

ほったらかしでも貯まる!「お財布を休ませる」方法って?

触れない日はないといえるお財布。私たちも休みがないと疲れ切ってパワーがなくなってしまうように、お財布も休みがないとお金が貯まるパワーがなくなってしまいます。お金…

気付けば貯金が300万円!年収300万円会社員が実行した3つのルール

貯金とは、「楽しみの先延ばし」です。お金を使わないでいることは、何かを我慢することになります。たとえば、新しい服とか、新しい家電とか。そういったものを得られる楽…

月の手取り23万でも年100万円貯めた!40代女性のテクニック

1ヶ月の手取りが23万円、ボーナス37万円が年に2回、合計で1年間の手取り年収350万円。そんなに多い方ではないかもしれないこの年収で、1年間で100万円貯めた女性がいらっし…

お金のプロって「1年で100万」どう貯めるんですか?FPタケイさんの場合

OTONA SALONEでマネー記事を連載している3人のFPに、まったく同じ「1年で100万貯めてくださいと言われたら、自分ならどうしますか?」という質問しました。三者三様の貯…

【勝手に貯まるオンナ】頑張らないでも貯金が増える!5つのチェックリスト

貯蓄を頑張っても貯まらない女性もいる一方で、頑張らなくても貯まる女性もいます。自分は貯まる女性なのか、気になる方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、5つの…

40歳時点で必要な貯蓄額を、定年から逆算してみると…えっ500万も?

世の中の40代は貯蓄をしっかりしているだろうと周りが気になるものの、お金の話は友人にはしづらいものです。貯蓄ができないことを何年も心の片隅にあるものの、一向に貯蓄…

ああ、勘違い…コレやってる人は貯まらない!お金が逃げるやりくり習慣5つ

あなたが「やりくりのつもり」でしている習慣、実はお金が貯まらない習慣かもしれません。当てはまることがあれば要注意。貯まる体質になるためにチェックしてみましょう。…

ほったらかしでもラクラク貯まる!カンタン貯金の仕組み3選

お金を貯めたいと思っていても、なかなか貯まらず「よし来月から!」と思っていませんか? ダイエットと貯金は似ているところがあり、始めようと思ってもなかなか貯まらず…

節約に見えて実は浪費?!やるだけ損のダメ節約4

限られたお金は大切に使いたいものです。節約できるところはしっかり節約して、有効なお金の使い方をしたいですね。ところが、節約のように見えて実は浪費になっていること…

50代独身女性の平均年収と平均貯蓄は?いま貯めておくべき貯蓄額はいくらでしょう

定年退職までの残りがあと10年を切る……そんな50代。それまで漠然としていた「退職後の生活」が急にリアルになり、具体的なことを考えるようになります。50代の女性のマネー…

【総資産300億円!】もしもあなたがジャニーさんの娘だったら、遺産はいくら?相続税は?

ジャニーズ事務所の社長、ジャニー喜多川さんの訃報が届いたのは2019年7月9日のこと。日が経つにつれ、各メディアからはさまざまな報道がなされているように感じます。そこでふと気になったのが、ジャニーさんの遺産…

航空券を安く押さえる㊙テクとは?海外旅行をお安く安全に楽しむコツ5選

JTBの発表によれば、2019年の夏休みに海外旅行をする人は299万人、前年比3.5%増の見込みとのことです。人気は台湾、ハワイ、グアムなど、ショッピングやアクティビティが充実していて、しかも比較的安全なところが…

夫婦で2,000万円!?【一生独身の女性の老後のお金】はいくら必要?

「老後資金として2000万円の蓄えが必要」、2019年6月に金融庁の金融審議会がまとめた報告書が話題になっています。年金だけでは足りないと政府が認めたということ? 今から2000万円も貯められない! など不安を感…

【我慢不要で1年で100万貯まる】40代独身女性におすすめの節約術10選

40代の独身女性が節約をするには、「とにかくガマン」の力技的な方法は不向きです。ストレスが溜まりますし、長続きできません。大切なお金は、使うべきところでは使い、締めるところはしっかり締めていきたいですね…

ご祝儀の相場は◯◯円!オトナ世代の【冠婚葬祭で包むお金】の平均

大人のお付き合いに、冠婚葬祭のご挨拶は欠かせません。お祝いやおくやみなど、自分の思いを相手に伝えられるようにと考えると、包む金額はなかなか悩ましいものではないでしょうか。今回は、冠婚葬祭に包む金額の相…

おひとりさまの1ヶ月の貯蓄平均値は約3万円!貯蓄を倍増させるには?

人生100年時代。シングルの女性が老後のために必要な貯蓄は、2000万円とも3000万円とも言われています。しかし、思うように貯まらないと感じている人も少なくありません。そこで今回は、今の貯蓄を一気に倍増させる…

貯金の上手な県は○○だった!貯蓄ができる都道府県ランキング

県民性、という言葉があるように、都道府県ごとに異なる個性があります。性格や行動パターン、考え方などの傾向は、その地域であれば当たり前のことが、別の場所ではそうではない、ということも。ソニー生命保険が発…

お金が貯まらない人ほど知らない!貯金の基本5つ

貯金を始めて意識したのは、何歳くらいだったでしょうか。お金を貯めて欲しかったものを買うのは、ワクワクするような、もったいないような、なんとも複雑な気持ちになります。そんな「貯金初心者」から年月を経ても…

レジ前で1秒「コレ」を考えるだけでお金が貯まる?

お金を貯めたいからと言って、とにかく何も買わずにガマンする、というやり方はオススメできません。そんな方法はお金よりもストレスがたまり、長続きできないばかりか、反動で爆買いに走ってしまうリスクもあります…

意外とそんなに大変じゃない⁉あと3万円収入アップする方法

今の収入に大きな不満があるわけではなくても、あともう少し、月に3万円の収入がプラスされたらいいのに、と思うことはありませんか。あと3万円あれば、欲しいものをもっと楽に買えたり、貯蓄を増やせたり、と想像が…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

MONEYに関する最新記事